ホーム 海外仮想通貨取引所

海外仮想通貨取引所

ビットメックス(BitMEX)の使い方|初心者向けにFX取引とレバレッジ設定の方法を解説

「FXにはビットメックスがいいらしいけどよくわからない・・・」 「登録したけど使い方がむずかしい・・・」 そんな悩みを持っていませんか? ビットメックスは世界最大の100倍のレバレッジ倍率でFXができる取引所です。 使いこなすことができれば、得するチャンスが増えること間違いなしです! この記事ではビットメックスで暗号資産(仮想通貨)FXをする方法を海外投資エージェントがわかりやすく説明します。 さっそくビットメックスを使いこなしてみましょう!   当サイトからビットメックスに登録すると、いまなら手数料が10%オフ!! 手数料10%オフでビットメックスに登録する! (現在日本居住ユーザーは使用できなくなっています) 目次 ビットメックス(BitMEX)の基本的な取引ルール ビットメックス(BitMEX)の取引画面の使い方 ビットメックス(BitMEX)の入金方法 ビットメックス(BitMEX)でビットコインFXをする方法 ビットメックス(BitMEX)の出金方法 ビットメックス(BitMEX)のQ&A ビットメックス(BitMEX)の使い方 まとめ   ビットメックス(BitMEX)の入金方法 ビットメックスの入金手順 STEP1.国内取引所でビットコインを購入する STEP2.ビットメックスにログインする STEP3.入金用のビットコインアドレスを表示する STEP4.確認したアドレスにビットコインを送金する  STEP1:国内取引所でビットコインを購入する ビットメックスは海外取引所なので日本円の入金ができません。 そのため国内の取引所でビットコインを購入し、ビットメックスに送金する必要があります。 ビットメックスへの入金には、Coincheckを利用するのがおすすめです。   Coincheckには取引所と販売所があります。 取引所を使えば、手数料も無料な上にスプレッドもほとんどないので、非常に安くビットコインを購入することが出来ます。 また送金手数料も0.001BTCと比較的安いです。 Coincheckでビットコインを購入する ビットコインの購入方法|おすすめの買い方や取引所のメリット・デメリットを比較 | CoinPartner(コインパートナー) 暗号資産(仮想通貨)ブームに乗っかりたいけどビットコインの購入方法がわからない…そんなあなたのためにビットコイン取引に必要な最低限の知識やメリット・デメリットを解説し、入金方法と購入方法を教えます!さっそく暗号資産(仮想通貨)取引を始めてみよう! 続きを読む   STEP2:ビットメックスのアカウントを開く まずビットメックスにログインし、上欄の「アカウント」をクリックします。 するとウォレットの画面が表示されます。   STEP3:入金用のビットコインアドレスを表示する 続いて、左欄にある「入金」をクリックします。   するとビットメックスの入金用ビットコインアドレスが表示されます。   表示されているビットコインアドレスをコピーします。   STEP4:確認したアドレスにビットコインを送金する 続いて、国内取引所から先ほどのアドレスにビットコインを送金します。 今回はCoincheckから送金する場合を紹介します。   まずCoincheckにログインします。↑ 「コインを送る」→「ビットコイン」ををクリックします。 「送金先リストの編集」をクリックすると以下の画面が表示されます。 先ほどコピーしたBitMEXのビットコインアドレスを「新規宛先」の欄にペーストします。 なおビットコインアドレスを間違えて入力した場合には資産が消失してしまいます。 間違いがないか必ず確認するようにしましょう。   続いて、ビットメックスに送金するBTCの数量を入力します。 あとは「2段階認証を行う」のボタンをクリックすれば送金完了です。   BitMEXへの入金の反映は比較的早く、およそ数分で反映される場合が多いです。 ビットメックス(BitMEX)の取引画面の使い方 ビットメックスの取引画面は以下の10個の区域に分かれています。 1.取引注文画面・・・暗号資産(仮想通貨)の量と値段を打ち込み注文を出す場所です。 2.レバレッジ変更画面・・・スライダーを左右に移動させることでレバレッジ倍率を変更(1~100倍)することができます。 3.取引詳細画面・・・取引している通貨ペアの詳細情報が表示されます。 4.メニュータブ・・・自身のウォレットや通貨ペアの詳細情報などに飛ぶことができます。 5.通貨ペア選択画面・・・レバレッジ取引をする通貨ペアを選択することができます。 6.オーダーブック・・・現在出されている注文を見ることができます。 7.チャート・・・ローソク足で価格推移を確認できます。 8.デプスチャート・・・現在注文が出ている各価格帯での売り買い注文数量を視覚的に確認できます。 9.直近取引履歴・・・直近で成立した約定履歴を確認できます。 10.オーダー情報画面・・・自身の保有ポジション状況や未成立状態の注文、約定履歴、注文履歴などを確認できます。   ビットメックスの取引画面は日本語に対応しているため、それほど迷うことなく直感的に操作ができる仕様になっています。 ビットメックス(BitMEX)の基本的な取引ルール ビットメックスで取引を始める前に、まずはビットメックスの基本的な取引ルールを覚えておきましょう。 手数料 ビットメックスでかかる手数料は以下の通りです。 種類 金額 Taker手数料 0.075% Maker手数料 -0.025% Funding手数料 -0.375%~0.375%の間で変動(8時間毎) 決済手数料 0.05% 入出金手数料 なし(ただし送金手数料はかかる) Taker手数料は取引板に注文を出す際にかかる手数料で、取引額の0.075%かかります。 一方で、取引板にすでにある注文から取引をする場合には、Maker手数料として取引額の0.025%をもらうことができます。   Funding手数料はポジションをもっていると8時間に一回発生する手数料です。 決済手数料はポジションを清算するたびにかかる手数料です。   また入出金手数料は無料ですが、日本の取引所からビットメックスにビットコインを入金する際にかかる送金手数料は自己負担です。 GMOコインなら、ビットメックスへの送金手数料を取引所が全額負担してくれます! GMOコインから無料でビットメックスに入金する   さらに、いまならCoinPartnerからビットメックスに登録すると、すべての手数料が10%オフでご利用いただけます!   ビットメックスを手数料10%オフで始める! BitMEX(ビットメックス)の手数料はいくら?手数料を安くする裏技も紹介! | CoinPartner(コインパートナー) BitMEXは追証なしで100倍までレバレッジをかけられる取引所として有名です。とはいえ、手数料がとても複雑で、「儲けたつもりが、手数料込みで考えると損していた!」そんなことを防ぐために、手数料について完璧に理解しましょう。 続きを読む   レバレッジ倍率 ビットメックスにおける各通貨の最大倍率は以下の通りです。 通貨 最大レバレッジ ビットコイン(XBT) 100倍 イーサリアム(ETH) 50倍 リップル(XRP) 20倍 EOSトークン(EOS) 20倍 カルダノ(ADA) 20倍 トロン(TRX) 20倍 ライトコイン(LTC) 33.33倍 国内では法規制により最大でも25倍までのレバレッジ取引しかできませんが、ビットメックスであれば100倍のレバレッジ倍率で取引をすることができます。 通貨によって利用できる最大倍率は異なりますが、いずれの通貨も他の取引所に比べてかなり高い倍率でFXをすることができます。 (合わせて読みたい記事⇨ビットコインのレバレッジは何倍?取引所の倍率比較やリスク分析も!)   ロスカット ビットメックスのロスカットラインは以下の通りです。 ポジション ロスカットライン 〜200XBT 0.5% 〜300XBT 1.0% 〜400XBT 1.5% 〜500XBT 2.0% レバレッジをかけている場合は実際のロスカットラインは変化します。 たとえば1XBTを証拠金に100倍のレバレッジをかけ100XBT分の取引をしていた場合、0.5%×100=50%が必要証拠金維持率になります。つまり、証拠金が残り0.5XBTになった時点で取引が自然終了します。   またビットメックスは追証が存在しないため、ロスカットが間に合わなくても借金が発生することはありません。   ロスカットや追証について詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。 ビットコインFX(暗号資産(仮想通貨)FX)とは?やり方やおすすめの国内外FX取引所、メリット・デメリットをご紹介 | CoinPartner(コインパートナー) ビットコインFXとは、ビットコインを用いた証拠金取引です。外国為替のFXと同じように、証拠金を担保に大きな額の取引が可能になります。ただし、ビットコインFXはリターンもリスクも莫大な諸刃の剣です。ビットコインFXをよく知っておきましょう! 続きを読む     注文方法 ビットメックス(BitMEX)でできる注文方法は以下の5種類です。   指値注文・・・「指定した価格より安くなったら買う」もしくは「指定した価格より高くなったら売る」。もっとも基本的な注文方法。 成行注文・・・指定した量の暗号資産(仮想通貨)を「現状もっとも安い方法で買う」もしくは「現状もっとも高い価格で売る」。もっとも基本的な注文方法。 ストップ注文・・・「指定した価格より安くなったら売る」もしくは「指定した価格より高くなったら買う」。損切りに用いる注文方法。 利食い注文・・・「指定した価格より安くなったら買う」もしくは「指定した価格より安くなったら売る」。利確する際に注文方法。 トレイリングストップ・・・現状の価格に対する価格の変動幅を指定する注文方法。 FX初心者であれば指値注文と成行注文ができれば十分でしょう。 ビットメックス(BitMEX)でビットコインFXをする方法 ビットコインFXをする簡単手順 ...

Coinbene(コインベネ)とは?特徴から手数料、登録方法まで全部解説

「Coinbene(コインベネ)ってどんな取引所なのかな、、、?」 とお考えの方も多いのではないでしょうか? 確かにコインベネといった海外の取引所って、いきなり登録するのは不安ですよね! そこで今回は海外投資エージェントがコインベネについて解説します! コインベネの特徴だけでなく、登録方法や出入金の仕方も解説するので、この記事一つでコインベネで取引が始められます! 早速この記事を読んで、コインベネで取引を始めてみましょう! Coinbene(コインベネ)についてまとめると・・・ Coinbene(コインベネ)はシンガポールに拠点を置く海外の取引所 取引できる通貨ペアが200種類以上ある 手数料が安くてお得に取引できる 日本語に対応していて使いやすい 独自の暗号資産(仮想通貨)トークン「CONI」がお得 Coinbene(コインベネ)で取引を始める 目次 Coinbene(コインベネ)とは Coinbene(コインベネ)の特徴 Coinbene(コインベネ)の手数料 Coinbene(コインベネ)の登録方法 Coinbene(コインベネ)の入金・出金方法 Coinbene(コインベネ)に関するQ&A Coinbene(コインベネ):まとめ Coinbene(コインベネ)とは Coinbene(コインベネ)は2017年に設立された、海外の暗号資産(仮想通貨)取引所です。 シンガポールに本社を置き、10ヵ国にオフィスを持つグローバルな取引所です! 世界の暗号資産(仮想通貨)取引所の中でも、取引量がトップ8に入るなど、大規模な暗号資産(仮想通貨)取引所であると言えます! Coinbene(コインベネ)公式サイトはこちら Coinbene(コインベネ)の特徴 Coinbene(コインベネ)の特徴 取り扱い通貨のペアが200以上 手数料が安い 海外取引所なのに日本語に対応 独自取引所トークン「CONI」を発行している 取り扱い通貨のペアが200以上 コインベネの取り扱い通貨ペアは、200種類以上あります! イーサリアム(ETH)やリップル(XRP)など有名なアルトコインはもちろん、国内で取り扱いがない暗号資産(仮想通貨)も取引できます! また基軸通貨はビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、テザー(USDT)の3種類から選ぶことができます。 アルトコインの取引もしたい方はコインベネに登録しておけば、一通り購入したい暗号資産(仮想通貨)を網羅できるでしょう! 手数料が安い コインベネの手数料は、他の海外取引所と比べて安いと言えます。 通貨ペアにもよりますが、取引手数料は0.1%のものが多いです。 さらに詳しくは後ほど述べますが、コインベネではVIP制度というものを設けており、取引量が多くなるほど手数料が安くなります! コインベネであればお得に取引ができそうです! 海外取引所なのに日本語に対応 コインベネは海外の取引所ではありますが、日本語にしっかり対応しています! 海外の取引所を使うとき、日本語に対応していないと大体は英語表記で取引をすることになります。 英語が苦手な方は、しっかり取引ができているのか不安になりますよね! コインベネでは日本語に対応しているため、安心して取引ができます! 独自取引所トークン「CONI」を発行している コインベネでは独自の取引所トークンであるコニー(CONI)を発行しています。 こちらを保有していると、コインベネでの取引手数料がさらに安くなります。! コインベネでたくさん取引をするつもりの方は、購入しておくとお得に取引できるでしょう! Coinbene(コインベネ)で取引を始める Coinbene(コインベネ)の手数料 取引をする上で重要な、Coinbene(コインベネ)の手数料について解説します。 コインベネでの取引にかかる手数料は、少し複雑なので注意しましょう! 取引手数料 コインベネでは取引手数料は、スポット取引(現物取引とレバレッジ取引)と先物取引で異なります。 スポット取引では、メイカーとテイカーで手数料は変わらず、0.1〜0.2%のものが多いと言えます。 先ほど説明した暗号資産(仮想通貨)CONIで手数料を払うと、0.08〜0.16%に取引手数料が割引されます。 先物取引ではメイカーに0.04%、テイカーに0.06%の手数料がかかります。 またコインベネでは現在、VIP制度が設けられており、直近30日の取引量によって手数料が割引されます! (Coinbeneの取引手数料の一覧はこちら) 入金・出金手数料 コインベネの入金・出金手数料について解説します。 コインベネの入金手数料は、無料のようです! コインベネでは最低入金金額が設定されており、最低金額以下で入金すると入金が反映されないので、注意しましょう! 出金手数料については、銘柄ごとに異なります。 出金手数料は、出金のページで確認できます。 出金する場合は、こちらにも注意しましょう! Coinbene(コインベネ)で取引を始める Coinbene(コインベネ)の登録方法 Coinbene(コインベネ)に興味を持った方は、早速登録してみましょう! コインベネの登録は無料で、かつ3分ほどで完了します! 気になったらとりあえず登録しておくのが良いでしょう! 登録方法 Coinbene(コインベネ)の登録には大きく分けて2つのステップがあります。 順に確認しましょう! メールアドレスとパスワードを登録 まずは、Coinbene(コインベネ)の公式サイトにアクセスします。 公式サイトの右上にある、新規登録の欄をクリックしてください。 次にメールアドレスとパスワードを入力し、ユーザー規約に同意するためにチェックボックスに、チェックを入れましょう。 ①〜④の欄を全て埋めたら、⑤の新規登録をクリックすると、登録したメールアドレスに認証メールが届きます。 届いたメールからメール認証を完了する 届いたメールを開くと、上図のような画面が現れます。 上図の青い囲みの部分をクリックすれば登録完了です。 二段階認証の設定方法 次に二段階認証を設定しましょう! ハッキングによって暗号資産(仮想通貨)を失った人のほとんどは、二段階認証を設定していなかったと言われています。 こちらも簡単に登録できるので、口座の登録と合わせて行いましょう。 二段階認証を設定する 口座の登録が完了すると、上図のように人のマークが現れクリックできます。 こちらをクリックし、「個人安全」の箇所をクリックしてください。 クリックすると、認証の方法を選ぶことができます。 今回はGoogle認証で二段階認証を設定します。 「Google Authenticator」をダウンロードして認証を完了する Google認証の箇所をクリックすると、上図のようなQRコードと秘密キーが表示されます。 こちらをGoogleAuthenticatorで読み込み、表示されたコードを確認コードの欄に入力すれば、二段階認証完了です。 GoogleAuthenticatorのダウンロードは、こちらからも行えます。 Google Authenticator 開発元:Google LLC 無料 posted withアプリーチ Coinbene(コインベネ)公式サイトはこちら Coinbene(コインベネ)の入金・出金方法 Coinbene(コインベネ)に登録したところで、早速取引を行うために、入出金を始めとする取引方法を理解しましょう! 入金方法 コインベネへの入金方法も、登録方法と同様に簡単に行えます。 入金する通貨を選択する まずは自分のページの最初の画面を選び、入金の箇所をクリックしましょう。 矢印に従って、入金する暗号資産(仮想通貨)を選択しチェックボックスにチェックを入力してください。 入金アドレスを読み取り入金する アドレスの作成を押すと、上図のように預金先のコードかQRコードが表示されます。 こちらを読み取って暗号資産(仮想通貨)を入金しましょう。 出金方法 出金方法は入金方法に比べて少し大変です。 二段階認証を済ませていないと、出金ができないようになっているので、出金する場合はまず二段階認証を設定しましょう! PINコードを設定する まず入金する時と同様に、自分の最初のページから出金の箇所をクリックします。 するとPINコードと呼ばれる、資金のパスワードを設定するよう求められます。 GoogleAuthenticatorに表示されている認証コードを上の欄に入力し、下の欄に資金のパスワードを自分で設定しましょう。 必要な情報を入力して出金する PINコードを入力したら、出金に必要な情報を入力していきましょう。 出金する暗号資産(仮想通貨)の種類、出金先のアドレス、PINコード、メールコード、二段階認証のコードを入力します。 メールコードは、空欄の「送る」のボタンを押せば、登録したメールアドレス宛にメールコードが届きます。 提出を押せば、出金作業が始まります。 Coinbene(コインベネ)で取引を始める Coinbene(コインベネ)に関するQ&A 日本人でも利用できますか? コインベネは、日本人でも問題なく利用できます! ただし今後の法規制の動きによっては、日本居住者は使えなくなるということもあり得ます。 規制の動きに敏感になっていた方が、安心して取引ができると言えます! Coinbene(コインベネ)のスマホアプリはありますか? コインベネは、スマホのアプリを出しています! コインベネのアプリでも、暗号資産(仮想通貨)の取引が可能です。 こちらのアプリは英語のみ対応しているようなので、その点だけは注意しましょう! コインベネのアプリは、こちらからダウンロードできます! CoinBene 開発元:Coinbene Servicos Digitais Ltda...

Binance(バイナンス)の手数料は安いのか?他の取引所と比較してみた!

「 Binanceの取引手数料は世界一安いと聞いたけど実際はどうなんだろう?」 なんて思っていませんか? たしかに、手数料を把握しておくことは自分の利益を下げないための重要な項目ですよね。 この記事では、海外投資エージェントがBinanceでの手数料4つを解説した後、表を用いて他の取引所と比較していきます。 ぜひこの機会に、Binanceで取引を始めてみましょう! 目次 Binance(バイナンス)とは? Binance(バイナンス)の手数料一覧表 Binance(バイナンス)の取引手数料  Binance(バイナンス)の出金・送金手数料  Binance(バイナンス)のスプレッド  Binance(バイナンス)と主要取引所の手数料比較一覧表  Binance(バイナンス)の手数料に関するQ&A Binance(バイナンス)の手数料まとめ Binance(バイナンス)とは? Binance(バイナンス)とは、2017年7月に香港で誕生した取引所です。 驚くことに、半年あまりでユーザー数が600万人を超え、取引高世界一になった、世界で最も有名と言っても過言ではない取引所です。 社名 Binance 設立 2017年7月 拠点 モナコ 代表取締役 Chang Peng Zhao 取扱い通貨数 約140以上 Binanceの特徴 取引手数料が安い 取扱い通貨が150を超える セキュリティ面の信頼度が高い  以上の3点から、多くのユーザーが利用する取引所です。 セキュリティに関しては2018年に二度の不正アクセスを受けたBinanceでしたが、二度とも資産を流出させることはなく、事件の数時間後にはサーバーを復旧させました。 このように、手数料が安く、信頼も高いBinanceを利用しないのは非常に勿体ないです! バイナンスについてさらに詳しく知りたい方はこちらへ↓ バイナンス(Binance)とは?特徴・評判・登録方法・使い方をわかりやすく解説 | 海外投資エージェント 続きを読む 今すぐBinanceで新規登録! Binance(バイナンス)の手数料一覧表 Binanceでかかる手数料は全部で4つあります。 Binanceでかかる手数料4種類 入金手数料:入金するときにかかる手数料 取引手数料:暗号資産(仮想通貨)の注文をするタイミングでかかる手数料 出金手数料(送金手数料):出金するときにかかる手数料 スプレッド:売値と買値の価格差分が手数料 入金手数料 無料 取引手数料(BNBを使用しない) 0.1% 取引手数料(BNBを使用) 初年度0.05% 出金手数料(送金手数料) 通貨ごとに手数料が設定されている スプレッド ほぼなし この手数料の一覧から分かる通り、手数料として特に気を付けなければならないのは、取引手数料と出金手数料の2つであることがお分かりいただけたと思います。 では、取引手数料と出金手数料について、それぞれ詳しく解説していきます! Binance(バイナンス)の取引手数料 Binanceの取引手数料はどの通貨でも(メイカー・テイカーに関わらず)一律で0.1%で、世界一安いと言われています。 これは、世界で主要な暗号資産(仮想通貨)取引所の手数料と比べると非常に安いです。 取扱い通貨が非常に多い海外暗号資産(仮想通貨)取引所である、BittrexやHuobiは、それぞれ0.25%、0.2%とBinanceに比べると手数料の設定が高いです。 BNBで手数料がさらにお得! BNB(バイナンスコイン)とは、Binanceが独自に発行している暗号資産(仮想通貨)です。 Binanceの取引手数量は一律0.1%とすでに安いのですが、取引手数料の支払いにこのBNBを用いることでなんと半額の0.05%の手数料で取引できるようになります。 ただし、手数料50%OFF期間はBinanceサービス開始の最初の一年間のみで、その後利用し続けることで年々割引率は下がっていきます。 1年目 2年目 3年目 4年目 5年目 50%OFF 25%OFF 12.5%OFF 6.75%OFF なし 5年目にはBNBを使っても使わなくても手数料が取引額の0.1%必要になります。 まだ、口座開設をしていない方は50%OFFの恩恵を受けられるので、ぜひこの機会に口座開設して、お得に取引をしてみて下さい! Binanceで今すぐ新規口座開設! BNB設定の仕方 BNB設定は簡単に行えます。まずはBinanceの公式ホームページにアクセスしてください。 Binance公式HPはこちらから BNB設定の仕方 ログインしてアイコンマークをクリックする BNB設定をONにする。 以上の簡単2ステップです。では、さっそくやってみましょう! ステップ1 Binanceの公式ホームページにアクセスします。 上画像のように赤枠のアイコンマークから自分のメールアドレスをクリックします。 ステップ2 移動した先の画面を下にスクロールすると上画像のようになります。 赤枠のBNB設定をONにします。(はじめからONになっている場合が多いです。) これでBNB設定は終わりです。 取引手数料の計算方法 手数料が安くなることはわかったけど、どのように計算するのかわからない方もいると思います。 つまり手数料が0.1%ということは 取引額×0.001=取引手数料 になります。 仮に10万円分の取引をしたとすれば100,000×0.001=100となり、取引手数料は100円です。 BNBトークンを使った場合は上の取引手数料の計算の後に以下の赤色の数字をかけると計算できます。 取引手数料の計算 0~1年目まで50%OFF→0.5 ...

【CryptoGT使い方】CryptoGT(クリプトGT)の登録・入出金・取引方法を徹底解説!

「CryptoGT(クリプトGT)の使い方がいまいちよくわからない…」 こんな風に思ってはいませんか? 確かに海外取引所でもある分、使い方については少しわかりにくい点もありそうですよね。 この記事では海外投資エージェント編集部がCryptoGT(クリプトGT)の登録から入出金、取引方法までそれぞれ3ステップずつにまとめて詳しく解説していきます! CryptoGTの使い方 STEP1:CryptoGTに登録する STEP2:トレードツールMT5をインストールする STEP3:実際に取引する CryptoGTはこのような流れで誰でも簡単に使うことができます。 ぜひ実際に登録しながらこの記事を読み進めていってください! CryptoGTの登録はこちら 目次   CryptoGT(クリプトGT)とは? 【使い方①】CryptoGT(クリプトGT)の登録方法 【使い方②】CryptoGT(クリプトGT)の入金方法 【使い方③】CryptoGT(クリプトGT)のブラウザ版・アプリ版取引方法 【使い方④】CryptoGT(クリプトGT)の出金方法 CryptoGT(クリプトGT)の使い方に関するQ&A CryptoGT(クリプトGT)の使い方まとめ CryptoGT(クリプトGT)とは? 運営会社 Hatio Ltd 所在地 キプロス 設立年 2018年6月 取扱通貨ペア数 58種類 最大レバレッジ 500倍 追証 × ロスカット倍率 100% 日本語対応 ◯ 2018年6月に設立されたキプロスに拠点を置く、暗号資産(仮想通貨)FXに特化した取引所です。 もとはCryptoCM(クリプトCM)という名前でしたが、同年8月に名称がCryptoGT(クリプトGT)に変更されました。 設立当初から高いレバレッジなどで人気を集めていましたが、リニューアル後からはセキュリティー面の改善や利便性が向上し、さらに人気を集めている暗号資産(仮想通貨)取引所です。 CryptoGTの特徴 豊富な通貨ペアを高いレバレッジで運用できる メールアドレスを登録するだけの3分ほどで口座開設ができる JPY取引USD取引どちらにも対応 ・日本語に完全対応 アルトコインFXのスプレッドが狭い 以下では、CryptoGTに特徴的な4項目について紹介していきます。 CryptoGTの公式サイトはこちら! 豊富な通貨ペアを高いレバレッジで運用できる Crypto GTはビットコインなどの主要暗号資産(仮想通貨)を始め全58種類の通貨ペアを取り扱っています。暗号資産(仮想通貨)だけでなく為替や株式の取引も行うことができます。 また、ほぼ全てのペアで最大500倍までレバレッジをかけることができます。 これは海外取引所の中では最も高いレバレッジ倍率となっており、高いレバレッジで取引したい人にはもってこいの取引所です! 仮想通貨業界No.1レバレッジ! CryptoGTの登録はこちら メールアドレスを登録するだけの3分ほどで口座開設ができる Crypto GTの口座開設に必要なものは、ログインに利用するメールアドレスと設定するパスワードのみです。 そのため、すぐに登録し取引を始めることができます。 これは、海外暗号資産(仮想通貨)取引所ならではのメリットです。 自分の気が向いたタイミングで口座を開設し取引を始めることができるので、ぜひ始めてみてください! JPY取引USD取引どちらにも対応...

【C-CEX】評判は?登録方法・使い方から取り扱い仮想通貨まで徹底解説!

目次 C-CEXを使ってみよう! C-CEXの概要 【C-CEXの特徴1】(オットコイン(OTC)、bitzenyなどの)草コインが多い 【C-CEXの特徴2】登録の手間が少ない C-CEXのメリット C-CEXのデメリット C-CEXの評判は? c-cexの登録方法・使い方 まとめ C-CEXを使ってみよう!   C-CEXとは、所在国も運営会社も不明な海外にある(と予想される)暗号資産(仮想通貨)取引所です。非常に多くの通貨を扱う点で一定のユーザーを得ています。   そんな謎に包まれた暗号資産(仮想通貨)取引所「C-CEX」。調べようと思って検索してみても、まず日本語の記事が少なく全然情報が得られない、、、 そんなあなたのために!書いてみましたこの記事。C-CEXの公式サイトはもちろんのこと、時には海外の記事までリサーチしながら現在判明している情報は全てこの記事に織り込んでいきます!     C-CEXの概要 基本的に取引所を見るとき、まずはその会社の所在地、HP、資本金、社長のプロフィール、上場企業かどうか、、、などからその取引所の信頼度を判断します。ですがここで問題が発覚。   会社の公式HPが存在しない。。。 もちろん、取引所のホームページとは別です。海外の記事もいくつか漁って読んでみたところ、どうやら、 所在国、資本金、会社、社長、、、全て「不明」とのことです。   確かに海外の取引所の中には、ごく少人数で運営しているものがあることは知られていますが、ここまで情報が出てこない企業も珍しいです。 ですが取引所としてのC-CEXは確かに実在するわけで、、、とりあえず特徴を見てみましょう!   【C-CEXの特徴1】(オットコイン(OTC)、bitzenyなどの)草コインが多い C-CEXの最大の特徴は、何と言っても草コイン(目的が不明確だったり、価格が安かったりなどの理由で笑われてしまうほど価値が見出されない通貨)が多いことです。マニアにとっては宝の山と言えるのではないでしょうか。その中でわずかに有名なのはオットコイン(OTC)、bitzeny( ZNY)あたりでしょうか。2017年12月6日現在、196種類の取り扱いがあります。取り扱い通貨数日本最多のコインチェックが13種類、世界で最多と言われているBittrexが200種類以上と言われていることを考えるとその多さが伺えますね。   BitZenyとは?国産暗号資産(仮想通貨)が高騰中!その将来性と問題点、購入方法まで解説! 先日のmonacoinの暴騰に続き、同じく国産通貨であるBitZenyが高騰しましたね。今回は乗り遅れたくないと思っている人も多いはず!そんなBitZenyについて、購入方法にとどまらず、特徴と現状を分析して、問題点と将来性を解説します! 続きを読む   【C-CEXの特徴2】登録の手間が少ない もう一つの大きな特徴は、メアドだけで登録ができる簡便さにあります。国内外問わず、2段階認証には身分証明書の写真を送って承認を受けますがその時間もまちまちです。C-CEXではメアドで登録するだけです。   さて、それらを踏まえて次はメリットデメリットをみてみましょう。   C-CEXのメリット     草コインが多くマニアにとっては宝の山 草コインは変動が激しいので価格が2倍、3倍、、、になったりするような事態がしばしば起こります。通貨取引に少し慣れてきたら、ここでお気に入りのコインを見つけて成長を見守ったりスリルを味わったりするのも面白いかもしれませんね。   簡単に始められる 先述のように口座解説が超超簡単なので、簡単に始めることができます。ただし入金はドルのみ受け付けており、取引はBTCが基本なので、日本国内から始めようとすればまずは他の取引所で持っているBTCをC-CEXに移してから始めることになるでしょう。   C-CEXのデメリット       信用度は高くない 会社がどこにあるかもわからない取引所です。手続きは楽な分、PoloniexやBittrexなど他の海外の有名な取引所と比べると信用度が落ちます。ウォレットを用いて取引するのが無難でしょう。   外れコインが多い メリットの裏返しですが、目的もなく値段変動以外の価値が何もない外れコインが多いです。これらに気をつけなければいけないのはもちろんですが、それ以上に気をつけてほしいのは、胡散臭いセミナーで詐欺コインの上場先としてC-CEXの名前が上がることがあるということです。C-CEXと検索すれば一番上に口座開設のページは出てきますし、セミナーに参加するような初心者がその取引所の信頼度などを調べようとすることは稀でしょう。するとC-CEXがどんな取引所かはわからないけどとりあえず実在してるし本物っぽいなー、と騙されてしまう危険性があります。   C-CEXの評判は? はっきり申し上げると、良くはありません。今回のリサーチでは、海外サイトも口を揃えてそう言っている印象です。ただし、その怪しげな雰囲気に魅力を感じてしまう人が一定数いるのも事実で、「吹っ飛んでもいい額賭けて遊んでみるか」くらいの感覚で首を突っ込んでいる人が多いようです。実際儲けるチャンスはあるわけですしね。     c-cexの登録方法・使い方 さて、ここからはC-CEXの登録方法・使い方編です。   登録方法①ログイン ログインやアカウント整備はめちゃくちゃ簡単です。 まず、C-CEX公式サイトにアクセスします。     ここで"Create account"をクリック。   自分のE-mailを入力し、LoginとPAsswordは自分で好きなように設定します。忘れないようにしましょう。I agree to Terms and Conditions(利用規約と条件に同意します)の欄にチェックを入れ、画面に見える文字を打ち込んで、CREATE ACCOUNTを押すだけ!   すると登録したメールアドレスにメールが送信され、そのメール内の"Click this account to activate your Account!" をクリック。これにて登録完了です!ものの5分で済んでしまいます。   海外サイトの日本語のなさは孤独感みたいなものを感じさせますが、なんとかなります笑。   使い方①入金 ここではドルの入金方法は省き、暗号資産(仮想通貨)を他のアカウントからC-CEXに送る方法を説明します。       この GET NEW ADDRESSから、各種ウォレットからの入金用アドレスを取得しましょう。 そしたら、各種ウォレットの送金手続きに従って送金します。   使い方②買い注文 次に買い注文の方法です。といっても、C-CEXを使う大半の人は国内ないしは海外の他の取引所で既に取引の経験がある方だと思います。基本的にはそれらと変わりないでしょう。画面はPC版の一部ですが、スマホ版も大差はありません。     上図のように、購入したい通貨の量とそれをBTC単価どれくらいで売るかを入力します。   使い方③売り注文 下図のように買い注文と売り注文は並んでいます。買い注文と同様の方法で売り注文も行うことができます。   まとめ いかがでしたか?まだ謎が多いC-CEXについて現在判明している情報を網羅的に開設しました。海外投資エージェントの見解としてこの取引所を格段に推している、というわけではありませんが機会があればぜひ利用してみてほしいと思います!   C-CEX公式サイトはこちら!

海外取引所Bit-Z(ビットジー)とは?特徴・登録方法・使い方を画像付きで解説!

みなさん、暗号資産(仮想通貨)の取引を始めてからしばらくすると様々なアルトコインに手を出し、色々な取引所を使い始めますよね? そんな時に必ず悩むのが、「アルトコインからアルトコインに変える時に一旦BTCや法定通貨を経由しないといけないのがめんどくさいな」であったり、「毎回取られる手数料をどうにか節約できないものか」といったことです。私も最初は色々考えました。 しかし、みんなが必ず悩むことがあるならば、それを解決するサービスも必ず生まれてきます。 そして今回紹介するのは、そういった悩みを解決するサービス「Changelly」です! Changellyを使いこなせば、あなたも明日からBTCや法定通貨を経由しなければならない面倒臭さや手数料のお悩みから解放されるかもしれません! 目次 Changellyとは? Changellyの特徴(メリット) Changellyの使い方 Changellyのデメリット Changellyの評判 ChangellyのQ&A まとめ Changellyとは? 「What is Changelly? - Changelly is an instant cryptocurrency exchange providing the best crypto-to-crypto rates on the...

Changellyとは?基本から使い方やメリットデメリット、評判を解説!

みなさん、暗号資産(仮想通貨)の取引を始めてからしばらくすると様々なアルトコインに手を出し、色々な取引所を使い始めますよね? そんな時に必ず悩むのが、「アルトコインからアルトコインに変える時に一旦BTCや法定通貨を経由しないといけないのがめんどくさいな」であったり、「毎回取られる手数料をどうにか節約できないものか」といったことです。私も最初は色々考えました。 しかし、みんなが必ず悩むことがあるならば、それを解決するサービスも必ず生まれてきます。 そして今回紹介するのは、そういった悩みを解決するサービス「Changelly」です! Changellyを使いこなせば、あなたも明日からBTCや法定通貨を経由しなければならない面倒臭さや手数料のお悩みから解放されるかもしれません! 目次 Changellyとは? Changellyの特徴(メリット) Changellyの使い方 Changellyのデメリット Changellyの評判 ChangellyのQ&A まとめ Changellyとは? 「What is Changelly? - Changelly is an instant cryptocurrency exchange providing the best crypto-to-crypto rates on the...

Kucoin(クーコイン)とは?特徴や登録方法、使い方まで徹底解説!

「KuCoinってどんな取引所なの?」 と思っている方も多いのではないのでしょうか? たしかに、日本語に対応しているとはいえ、海外取引所の登録は不安ですよね! そこでこの記事では海外投資エージェントが、KuCoinがどのような取引所なのかから登録、取引方法まで丁寧にご紹介していきます。 さっそくKuCoinを登録して、暗号資産(仮想通貨)中級者への一歩を踏み出しましょう!日本語対応可能!KuCoinの登録はこちらから 目次 KuCoin(クーコイン)とは?  KuCoin(クーコイン)の特徴 KuCoin(クーコイン)の登録方法 KuCoin(クーコイン)の使い方  KuCoin(クーコイン)に関するQ&A  KuCoin(クーコイン)まとめ KuCoin(クーコイン)とは? KuCoinは香港に所在地を持つ、2017年にできた比較的新しい暗号資産(仮想通貨)取引所です。 KuCoinにしか上場していない暗号資産(仮想通貨)で時価総額がかなり上がっている通貨も多く存在するので注目している人も多いと思います。 初めて海外の取引所を使う、という人にも強くおすすめ出来ます! 【会社概要】 会社名 Kucoin Co.,Limited 設立 2017年11月9日 所在地 FLAT/RM A 20/F KIU FU COMM BLDG 300 LOCKHART RD WAN CHAI HONG KONG 代表者 Michael Gan KuCoin(クーコイン)の特徴 ​ KuCoin(クーコイン)の4つの特徴 独自コインのKCSがある 手数料が安い 取り扱い通貨が多い 日本語対応している 独自コインのKCSがある KuCoinの取引手数料の売上の50%が全てのKCSホルダーに分配されます。 つまりもし、10000KCSを持っていたとすると、KuCoinのトレード手数料が大体一日あたり$310600(2018年1月17日現在)ほどなので、 $310600×0.5×(10000KCS÷総供給量100,000,000) という計算式で一日あたり$15.53もらえることになります。(配当はこちらから計算出来ます) なので、今後KuCoinの取引高が上がれば配当は更に多くなります。KCSを利用して配当金をGET!KuCoinの登録はこちらから 手数料が安い 取引手数料はビットコイン、アルトコインともに購入額の0.1%です。 他の有名な取引所では、Bittrexでは0.25%でPoloniexは0.15~0.25%なので、相当手数料が安いことがわかります。 また、上で述べた通りKCSを持っていると手数料がさらに安くなり、KCSを持っていれば、1000KCS毎に1%、最大30%まで手数料の割引がされます。 つまり、最大0.07%まで取引手数料が安くなります。 取り扱い通貨が多い ​KuCoinは、取り扱い通貨が200種類以上あります。 国内取引所では、多くても10種類くらいしか取り扱っていないのでこれはかなり多い方なのがわかります。 ビットコインやイーサリアムなど、有名なコインだけでなく、ほとんど価値のない 日本語対応している 海外の取引所は日本語対応しているところが少ないです。 BitMEXやHuobiぐらいしか対応していない中、KuCoinは日本語対応していて、取引画面は全部日本語で操作ができます。 (さすがにサポートセンターや公式サイト全てが日本語表示できるわけではありませんが...) UIもとても見やすく、日本の取引所を利用している人が、初めて海外の取引所を使うときにおすすめしたい取引所です。 日本語に対応!KuCoinの登録はこちらから KuCoin(クーコイン)の登録方法 Kucoinの登録方法を解説します。口座開設に必要なのはメールアドレスとパスワードだけです。 アカウント登録 アカウント登録の手順 ...

Fコインの特徴・評判・取り扱い通貨・登録方法を解説!話題の仮想通貨取引所を使いこなそう!

「Fコインってどんな取引所なんだろう?」そんな風に思ってはいませんか? Fコインは比較的新しい取引所で日本語サイトもないので分かりづらいですよね。 この記事では、Fコインの手数料、取り扱い通貨を海外投資エージェントが分かりやすく説明しています。 また、Fコインの使い方も画像付きで分かりやすく解説しています。 目次 Fコインの特徴 Fコインのメリット Fコインの評判・口コミ Fコインの取り扱い通貨 Fコインの手数料 Fコインの登録・口座開設方法 Fコインの2段階認証 Fコインの本人確認 Fコイン まとめ   Fコインの特徴 Fコインの基本的な情報は下の表で確認することができます。 項目 設立日 2018年5月 取引手数料 0.1% 取り扱い通貨 10種類 通貨ペア 30種類 アプリ Android/iosアプリあり 所在地 中国 Fコインは、2018年4月から運営を開始した暗号資産(仮想通貨)取引所です。 創業者はHuobiの元CTO(最高技術責任者)です。大きな取引所を支えていた技術力と信頼から多くのユーザーに期待されています。 実際に、2018年のスタート時点ではFコイン取引所はβ版でしたが、創業1年足らずで1日で当日の世界最高取引高の7500億円を記録しました。 暗号資産(仮想通貨)の取引量の平均が1000億円程度であることを考えるとFコインに対するユーザーの期待が分かります。 Fコインのメリット 独自トークンFTによる利益の配当がある   FTトークンとはFコイン暗号資産(仮想通貨)取引所がが独自に発行しているICOトークンです。 FTトークンをもっていると取引所の収益が配当される、Fコイン取引所の手数料が還元されることで注目を集めています。   このFTトークンでは取引所の収益が配当としてもらえる書きましたが、FTトークンの保有率によって最大80%の収益が配当として配られます。 また、Fコイン取引所では取引手数料が0.1%に設定されていますがFTトークン保有者は50%還元の0.05%になります。 経営の透明性が高い   Fコイン暗号資産(仮想通貨)取引所では、毎日の取引所の収益を公開しています。 暗号資産(仮想通貨)取引所に経営の透明性をもたせるため、Fコイン所有者に配当額を発表するための仕組みだと思われます。 海外では、経営の実態が分からない非公認の取引所が存在します。 また、運営者の暗号資産(仮想通貨)の持ち逃げ事件なども起きています。 経営の透明性があることでこういったリスクが抑えられています。 安全性が高い   Fコインでは、顧客資産の95%をコールドウォレットを用いて管理しています。 コールドウォレットとは、暗号資産(仮想通貨)管理するためのウォレットで、常時ネットに接続しておらず資産の移動をする際にのみネットに繋がる仕組みのウォレットのことをいいます。 そのため、ウイルスなどの危険にさらされる時間が短くなり、ハッキングなどによる資産の流失を防ぎやすくなります。 また、Fコインでは2段階認証も導入しています。 2段階認証とは、パスワードに合わせて認証用のコードがもう一つ必要になります。 パスワードが盗まれても、もう一つコードが必要になるので乗っ取られて暗号資産(仮想通貨)を流失するリスクを抑えることができます。 これら2つの点からFコインは安全性が高いと言えます。 口座開設がとても簡単   Fコインは、口座開設の際に、本人確認が必要ありません。 メールアドレスやパスワードなどを入力するだけで取引を開始することができるので1分ほどで口座開設は完了します。 ただし、2BTCもしくは20ETH以上の取引を行う際には本人確認が必要になります。   Fコインの評判・口コミ 配当が毎日もらえるので嬉しい   配当が毎日もらえて嬉しいという意見は多くありました。 暗号資産(仮想通貨)のトレードで利益を出すのは大変なので毎日しっかり配当のもらえるFコインはすごく人気です。 FTトークンの価値上昇に疑問   Fコイン暗号資産(仮想通貨)取引所を使う人にとっては意味のある通貨になっていますが、それ以外は使い道がありません。 その使い道や将来性に不安を感じ長期保有を避ける人もたくさんいます。 Fコインの取り扱い通貨 Fコインは ビットコイン(BTC) イーサリアム(ETH) リップル(XRP) ライトコイン(LTC) ビットコインキャッシュ(BCH) イーサリアムクラシック(ETC) イオス(EOS) ビットコインSV(BCH) アイオタ(IOTA) FTトークン(FT) の10種類の通貨を取り扱っています。   米ドル、BTC、ETH、FTの4つの通貨を軸に30種類の通貨ペアがあります。 Fコインの手数料 暗号資産(仮想通貨)取引所 取引手数料 Fコイン 0.1% Binance 0.1% GMOコイン 0.01% DMMビットコイン 無料 Fコインの手数料は海外暗号資産(仮想通貨)取引所としては平均的な価格です。 FTトークンを使用する場合は手数料が50%になるので実質的な手数料は0.05%になっていて海外暗号資産(仮想通貨)取引所としては非常に安いです。 ビットコインやイーサリアムなどを買う際には国内取引所をおすすめします。 アルトコインなどを購入する際はFコインをおすすめします。 Fコインの登録・口座開設方法   Fコインの登録には本人確認書類の提出が必要ありません。そのため、1分程度で登録することができます。 まずは公式サイト(https://www.fcoin.com/)のトップページにある「sign up」をクリックしてください 上のような画面になります。メールアドレスを入力し緑のRegisterボタンをクリックしてください。 この画面では、図をパズルの穴に当てはめます。クリックしたまま横にずらしちょうどいい所でとめましょう。 図がはまっていれば承認され次に進みます。 登録したアドレスにはFコインからメールが届きます。 メールアドレス、パスワード、ユーザーネームなどを入力します。 「Email code」と書かれている所には先ほど届いたメールにコードが書かれているので確認し入力しましょう。 入力が終わり次第緑のボタンを押し次に進みましょう。 再度、パズルが出てきます。もう一度同じことをします。 パズルが終わると、左下に口座開設が成功したと表示されます。 先ほど、登録したメールアドレスとパスワードを使いログインし、取引を始めましょう! Fコインの2段階認証   まず、スマホにアプリをインストールする必要があります。 Androidの方は「Google認証」をインストールします。 iosの方は「Authenticator」をインストールします。 「settings」から「SEQURITYsettings」に移動しOTPのリンクをクリックします。 表示された緑のボタンをクリックし次に進んでください! 表示されたQRコードをAndroidの方はGoogle認証、iosの方はAuthenticatorを使って読み取ります。 読み取ると、6桁のコードが表示されます。読み取るとメールアドレスにもコードが送られてきます。 メールに送られてきたコードを先に、読み取り表示された6桁のコードを最後の欄に入力し 緑のボタンを押せば2段階認証完了です。 Fコインの本人確認 Fコインでは、口座開設時には本人確認は必要ありませんが、一度に2BTCもしくは20ETH以上の入出金を行う場合には、パスポートによる本人確認が必要になります。 ウェブサイトからログインして取引画面を表示させます。 そして、赤く囲まれているところをクリックしてください! 緑のボタンをクリックし次の画面に移動してください! 緑のボタンを再度押し、次の画面に移動してください。   パスポートの顔写真、パスポートの顔写真のページ・Fcoinとその日の日付を書いた紙をもった自分の写真の3枚の写真をアップロードします。 緑のボタンをクリックし本人確認の申請の完了です。 Fコイン まとめ いかがでしたか? 今回はFコインの特徴やメリットそして使い方について書きました。 Fコインは、創業者に対する技術力の期待も高く、これからさらに人気になっていくであろう取引所です。 この記事をみて、取引所の登録を判断してください!    

FCoin(エフコイン)取引所の登録方法・使い方は?配当の確認方法まで詳しく解説!

​「FCoinてどんな取引所だろう」「FCoinの配当って何?」 と疑問に思っている方も多いと思います。 確かに海外の取引所ですし、取引所の特徴などがわかりにくいですよね。 そこでこの記事では、FCoinの特徴や登録方法、取引方法、配当について海外投資エージェントが画像付きで​詳しく解説していきます! この記事を読めばすぐにあなたもFCoinで取引できるようになるでしょう! 目次 FCoin(エフコイン)取引所とは? FCoin(エフコイン)取引所の登録・口座開設方法 FCoin(エフコイン)取引所の使い方 配当金額の確認方法 FCoin(エフコイン)取引所まとめ FCoin(エフコイン)取引所とは? 拠点​ ​中国 ​日本語対応 ​× 取り扱い通貨数​ ​80種類ほど ​レバレッジ取引 ​× ​取引手数料 ​0.1% ​入金手数料 ​無料 ​出金(送金)手数料 ​少し ​スプレッド ​少し FCoinは、2018年4月に設立されたばかりの新しい暗号資産(仮想通貨)取引所です。 FCoinは、大手の海外取引所であるHuobi(フオビー)の元CTOであるZhang Jianが創設しました。 Huobi(フォビー)とは?セキュリティが強い取引所の特徴・メリット・デメリット・使い方を紹介! | CoinPartner(コインパートナー) Huobi(フォビー)はセキュリティがとても強固な取引所で、海外取引所が信頼できず使っていなかった方にオススメです。他にもレバレッジ取引ができたり通貨の上場が早かったりと、他の取引所にはない魅力を紹介します! 続きを読む 本拠地は中国にあり、英語には対応していますが、日本語には対応していません。 ※FCoinの日本版であるFCoinJPは日本語対応しています。 独自トークンFTを用いた、配当システムが人気を呼び、1日の取引量が世界一になったこともあります。 取り扱い通貨数は約80種類で、海外の取引所の中では、特別多い方ではありません。 他の海外取引所と比べて、 FCoinの手数料は平均的になっています。FCoin(エフコイン)の口座開設はこちら FCoin(エフコイン)取引所の登録・口座開設方法 FCoinの口座を開設し、取引を開始するには以下の3つの手順を行う必要があります。 FCoinの口座開設方法 アカウントの登録 2段階認証の設定 KYC(本人確認)認証の設定 アカウントの登録 まずFCoinの公式サイトに移動し、右上にある「Sign Up」をクリックします。 以下のような画面になるので、メールアドレスを入力し、「Register」をクリックします。 ​ すると以下のようなパズルが出てくるので、左側にあるパズルのピースを右側にある枠と重なるようにドラッグして移動させます。 この画面は何度か出てきますが、同様の作業を行います。 ​ 次に、ユーザー名・パスワード・メールアドレス認証コードを入力します。 ユーザー名には、名前と苗字をアルファベットでスペースを開けずに入力します。 パスワードは、大文字・小文字・数字・記号を一文字以上使う必要があります。 メールアドレス認証コードには、FCoinからのメールに記載されている6桁の数字を入力します。 入力した情報に誤りがないことを確認し、チェック欄をクリックしたら、「Register」をクリックします。 ​ ログイン画面に移動するので、メールアドレスと先ほど設定したパスワードを入力し、「Login」をクリックします。 ​ メールアドレスに6桁の認証コードが送られてくるので、入力し、「Submit」をクリックします。 ​ 以下の画面に移動したらアカウントの登録は完了です。 ​ 2段階認証の設定 セキュリティを高めるために、2段階認証を設定する必要があります。 2段階認証にはスマホアプリの「Google Authenticator」を使用します。 Google Authenticator 開発元:Google LLC 無料 posted withアプリーチ ​まずログイン後、画面右上にある自分のユーザー名をクリックし、「Setting」をクリックします。 ​​ 「SECURITY SETTING」を選択し、OTPと書いてある右側にある「Link」をクリックします。 ​ 下側に「Verification Code」と書かれている部分をクリックします。 ​ QRコードが表示されるので、Google Authenticatorを起動し、QRコードを読み取ります。 Google Authenticator​を開き、右上にある「+」を押し、「バーコードをスキャン」を選択するとQRコードを読み取ることができます。 メールで送られてきた6桁の認証コードと、Google Authenticator​で生成される6桁の数字を画面の下側に入力し、「Comferm」をクリックします。 ​ 以下のように、OTPの右側に「Change」と書かれていたら、2段階認証の設定は完了です。 ​ KYC(本人確認)認証の設定 ​KYC認証は、本人確認のことで、必須ではありませんが、2BTCまたは20ETH以上の出金を行う際に必要になります。 まず先ほどと同様にログイン後、画面右上にある自分のユーザー名をクリックし、「Setting」をクリックします。​ ​ 「USER CENTER」にある「KYC...

Biboxとは?仮想通貨取引所の特徴・評判・手数料・登録方法を解説!

​「Biboxってどんな取引所なんだろう」そんな風に思ってはいませんか? 海外の取引所ってどんな取引所なのか調べづらいですよね。 この記事では海外投資エージェントがBiboxのメリットや特徴を解説しています。 また、登録方法について画像付きで分かりやすく解説しています。 この記事がBiboxでの快適な取引に繋がれば幸いです。 目次 Biboxの特徴 Biboxのメリット Biboxのデメリット Biboxの評判・口コミ Biboxの取り扱い通貨 Biboxの手数料 Biboxの登録方法 Biboxの2段階認証 Biboxの本人確認 ​Bibox まとめ ​ Biboxの特徴 設立日 2017年11月 取り扱い通貨 70種類以上 通貨ペア数 70種類以上 取引方法 現物/レバレッジ取引 アプリ あり(ios/Android) 所在地 エストニア Biboxは、2017年11月より運営をしている中国の取引所です。中国の取引所ではありますがエストニアなど多数の場所に拠点を置いていて、中国の 規制の影響を受けづらくなっています。 Biboxの創業者は世界で取引高4位にもなったOkcoinの元共同創業者とHuobiの初期メンバーです。 創業者には既に実績があるのでトラブルの危険性は低くなっています。 Biboxの大きな特徴はAIが導入されていることです。BiboxではAIが取引所内のセキュリティーの監視を行ったり、Biboxに上場する暗号資産(仮想通貨)を選別しています。 また、独自トークンを発行するなどBinanceに似た特徴も見ることができます。 Biboxの口座開設はこちら Biboxのメリット ​ ​ ​これから更なる成長が期待されているBiboxですが、実際にどのようなメリットがあるのでしょうか。 ​独自トークンBIXによる配当がある ​BIXとはBiboxがイーサリアム上に独自トークンとして発行した暗号資産(仮想通貨)です。 時価総額ランキングは現在93位に位置していてBiboxが4半期ごとに買い戻しを行っているため安定的な投資の対象として人気を集めています。 BIXには所有者に配当を配る仕組みがあります。一定の条件を満たしたBIXの所有者は週に1回Biboxの週間利益の30%を配当として受け取ることができます。 一定の条件とは 外部ウォレットではなくBiboxのアカウント上にBIXを保存しておくこと 毎週金曜日の18時までに一度はトレードをすること この二つの条件をクリアしているBIXの所有者には毎週金曜日に配当が入金されます。 また、所有者はBinanceなどと同様に手数料を50%オフで取引が可能になります。 ​手数料が安い ​Biboxは取引手数料が0.1%と取り扱い暗号資産(仮想通貨)数の豊富な海外暗号資産(仮想通貨)取引所としては非常に安い手数料になっています。 また、さきほども説明したようにBiboxではBIXを所有していると手数料の50%の割引を受けることができます。 ただ、永遠に50%オフされるわけではなく1年ごとに割引率が変化していく仕組みになっています。 ​期間 ​割引率 ​1年 ​50% ​2年 ​25% ​3年 ​12.5% ​4年 ​6.25% ​5年 ​0% 上の表のように1年ごとに割引率は半分に減っていきます。そして、最終的には割引はなくなる仕組みになっています。 ただ、1年目などは実質0.05%という低い手数料で取引できるのでその期間を有効活用するようにしましょう。 Biboxの口座開設はこちら 取扱通貨が多い ​BiboxにはBTC建てで取引できる通貨が75種類もあります。 その他にも、米ドル建て・ETH建て・BIX建てでも取引することが可能になっています。 そのため、たくさんの通貨ペアから自分に合った取引を行うことができます。 取引量が多い ​Biboxは比較的新しい取引所ですが、既に1日の取引高ランキングで10位にランクインするなど取引高が非常に上昇しています。 取引高が多いことにはメリットがあり、取引量が多いことは流動性が高いということなので取引がとても成立しやすくなっています。 また、この取引量になってからもサーバーの大きな障害などはないので、安心して取引することができます。 スマホアプリで取引できる Biboxにはスマホアプリがあります。スマホアプリは、Androidにもiosにも対応しているのでスマホをお持ちの方であればスマホアプリを利用することができます。 そのため、急な相場変動があってもその場でスマホで取引できるのでチャンスを逃しにくくなります。 Biboxのデメリット ​   急成長中のBiboxにはまだデメリットもいくつか見当たります。 日本円の入出金ができない ​Biboxには日本円で入金することができません。 Biboxに入金をする際にはビットコインが必要です。そのため、一度国内の暗号資産(仮想通貨)取引所でビットコインを購入し入金するという手間がうまれてしまいます。 日本語に対応していない ​Biboxは日本語に対応していません。 もし、Biboxを利用したい場合には英語や中国語、韓国語のいずれかをある程度理解できる必要があります。 最低限の使い方は分かりますが、完全に理解していない状態で大きな取引をすることは操作ミスなどのリスクがあるので避けるようにしましょう。 Biboxの評判・口コミ ​   ​Biboxは実際にどのような評価を受けているのでしょうか。 ほとんどBinanceのクローン ​ Biboxです。今はあそこだけなのかな、扱っているの。ほぼBinanceクローン(基幹が一緒なのかも)な感じのUIで使いやすいですね。 — Yasukuni (@Yasukuni13) December 30, 2017 Biboxで扱っている通貨数は79種類ととても多いですが、Binanceなどの通貨数と比較すると少し少ないです。 それでも、Biboxの銘柄が面白いと注目される理由はBinanceなどには上場していない草コインがいくつもあるからです。 Biboxでしか買えない草コインも多数あるのでその暗号資産(仮想通貨)を買うためにBiboxの口座開設を行う方も多いです。 Biboxの取り扱い通貨 ​ ​ ​Biboxではビットコインやリップル、イーサリアムなどの主要な暗号資産(仮想通貨)はもちろん数多くの草コインといわれるマイナーな暗号資産(仮想通貨)も取り扱っています。 Biboxで扱っている通貨は ビットコイン(BTC) イーサリアム(ETH) ライトコイン(LTC) リップル(XRP) イオストークン(EOS) ダッシュ(DASH) など79種類ほどあります。 公式サイト(Bibox)で全ての通貨ペアを確認することができます。 Biboxの手数料 ​ ​ ​Biboxの手数料はとても安い基準になっています。 似た特徴のある海外暗号資産(仮想通貨)取引所と比べても手数料においては優位な数字になっています。 ​取引所 ​取引手数料​ Bibox ​0.1%(0.05%) Binance ​​​0.1%(0.05%)​ ​​ ​Bitfinex Maker:0%~1% Taker:​0.1%~0.2% ​BitMEX ​Maker:-0.025% Taker:0.075% BiboxとBinanceは独自トークンを所有していることで手数料が0.05%になるのでそれも踏まえると、平均的な手数料よりも安いと考えることができます。 しかし、国内の取引所であれば手数料は無料であることの方が多いのでビットコインや主要なアルトコインを購入するときは国内の暗号資産(仮想通貨)取引所を利用するようにしましょう。 買いたいアルトコインが海外の暗号資産(仮想通貨)取引所で取り扱われている場合にはBiboxなどの海外暗号資産(仮想通貨)取引所を利用するようにしましょう。   Biboxの登録方法 ​ ​ 公式サイトにログイン ​まずは公式サイト(Bibox)を表示します。 ​ 右上の赤枠に囲まれている「sign...

CoinExとは?BCH基軸取引所の特徴・評判・手数料・口座開設方法を解説!

​「CoinEx(コインエックス)って、どんな取引所なんだろう」 そんな疑問を持っているかと思います。 最近CoinExは、BCHを基軸コインとして採用したりと、BCHファンに注目を浴びている取引所です。 海外投資エージェント編集部は、取引所の特徴を通して、そのメリットとデメリットから、登録・口座開設方法まで解説していきます。 この記事を通して、CoinExについて理解していきましょう! 目次 CoinExの特徴  CoinExのメリット  CoinExのデメリット  CoinExの評判 CoinExの取り扱い通貨  CoinExの手数料一覧  CoinExの登録・口座開設方法  CoinExのまとめ​ CoinExの特徴 ​ ​設立日 ​2017年12月27日 ​所在地 ​イギリス ​取り扱い通貨 ​65種類(2019年2月6日現在) ​取引手数料 0.1%(メイカー・テイカー両方) ​簡単な特徴 ​BCH(ビットコインキャッシュ)を基軸通貨に採用 ​アプリ ​あり CoinExは、元々は香港で、現在はイギリスに拠点を移した海外取引所です。 CEOである、Haipo Yangは中国の大手マイニングプールviaBTCの設立メンバーで、そこではビットコインやビットコインキャッシュのマニングを行っていました。 その点、暗号資産(仮想通貨)業界の経験値は非常に高いので信頼性があると言えるでしょう。 CoinExの公式サイトはこちらから! CoinExのメリット   CoinExのメリット 基軸通貨がビットコインキャッシュ(BCH) 独自トークン「CET」は配当が貰える 取り扱い通貨が多い スマホアプリで取引ができる 安全性が高い  基軸通貨がビットコインキャッシュ(BCH) ​ CoinExは、基軸通貨としてビットコインキャッシュ(BCH)を世界で初めて採用しました。 ビットコインと比べて、決済スピードが格段に速いので、送金手数料を安く抑えることができます。 また、スマートコントラクトも実装されていることから、実用的な通貨になり得ると言われています。 BCHを基軸コインに置くということは、CoinExがBCHに期待を寄せているかが分かりますね。 BCHファンには魅力的な取引所でしょう。  独自トークン「CET」は配当が貰える ​ CoinExは、独自トークンであるCoinEx Token(CET)を保有することで、配当を受け取ることができます。 このコインは、海外取引所であるBinance のBNBと同じ、取引所内で使える取引所トークンとなっています。 総発行枚数は100億CETで、配当は取引所利益の80%と高い利率です。 加えて、いろいろな特典が存在します。 ​CETを保有するだけで今後上場して欲しいトークンに投票することができる ​CET/BTC、CET/BCH、CET/USDTなどのペアで取引を行える CoinExが四半期毎に買い戻すので、希少性が上がり、ある程度価値が担保されている CETで取引手数料を支払うと50%控除される このようなメリットが存在するので、CoinExで取引をするならば保有して損はないトークンです。 取扱通貨が多い CoinExは、取り扱い通貨が65種類と豊富です。 2018年5月には、日本でも人気のリップルの取り扱いが開始され、今後も様々な通貨が追加されることが期待されます。 スマホアプリで取引できる ​ スマホアプリサービスも用意されています。 外出中など、パソコンを開けない状況でもチャートの確認、取引を行うことができるので便利ですね。 ちなみに、アプリはiOS・Android両方に対応しています。 安全性が高い CoinExは、セキュリティが安心できることもメリットとして挙げられます。 コールドウォレット(資産を外部ネットワークと遮断)とマルチシグネチャ(取引の署名に複数の秘密鍵が必要)、というハッキングを防ぐ技術が採用されています。 すでに万全の体制ではありますが、仮に不正アクセスなどで資産が流出してしまったとしても、ユーザーの資産は100%保障されているので資産を預ける上で安心できます。  CoinExのデメリット ​ CoinExのデメリット レバレッジ取引ができない 日本円の入出金ができない  レバレッジ取引ができない CoinExでは、レバレッジ取引をすることができません。現物取引のみの対応となります。 なので、海外取引所でよくみられる特徴である、高レバレッジを掛けて取引することが目的という方には、残念ながらおすすめきません。 日本円の入出金ができない 日本円を使用して、入出金ができません。 なので、CoinExにお金を振り込むには、日本の取引所でBTCを購入して送金しなければなりません。 なお、国内取引所から振り込むには、送金手数料が無料のGMOコインがおすすめです! 海外取引所で取引したいけれど、送金手数料がお得な取引所で口座開設していないという方はまず新規口座開設をしてください。 今すぐGMOコインに新規口座開設!  CoinExの評判・口コミ ​ここまでCoinExの特徴などを解説してきましたが、実際のユーザーはどのように感じているのかを口コミを通してみていきましょう! ​アプリが使いやすい 【取引所の紹介】Coinex 中国に本社がある取引所ですが今回日本語対応がアプリ中追加され、とても見やすく使いやすくなりました! 何と言ってもアプリで取引する人にとってはここが1番使いやすいです? 簡単に売り買いできるのでまだ自分の取引所見つけれてない方は是非! ↓https://t.co/bv1bKE2zoX pic.twitter.com/bDqFnXvB0E —...
- Advertisment -

Most Read

BINANCE(バイナンス)の投票とは?参加方法や過去の投票結果、通貨に投票する際の判断基準をわかりやすく解説!

「BINANCE(バイナンス)の投票ってどんな機能なんだろう…」 このような疑問を持っていませんか? たしかに他の取引所ではあまり見られない機能である分、BINANCE(バイナンス)自体は知っていてもその中の投票機能についてはなかなか理解する機会はありませんよね。 この記事では海外投資エージェントがそんなBINANCE(バイナンス)の投票機能における基本的な特徴や投票のメリットについて解説していきます。 さらには投票の参加方法や投票の際に通貨をどんな基準で選べば良いのか3つのポイントについても紹介していきます! BINANCE(バイナンス)の投票についてまとめると... バイナンスに新規上場する通貨を決めるための人気投票 バイナンスに口座を持っている人であれば保有しているBNB数に応じて投票することができる 応援しているプロジェクトが勝てばそのトークンをもらえる可能性がある 2018年から1年弱の休止期間を経て2019年に形式を変えて復活 投票する際はプロジェクトの価値・将来性や開発体制の信頼性、コンプライアンスをチェックする BINANCEの登録はこちら 目次   BINANCE(バイナンス)とは BINANCE(バイナンス)の投票とは BINANCE(バイナンス)の投票のメリット BINANCE(バイナンス)の過去の投票結果 BINANCE(バイナンス)の投票への参加方法 BINANCE(バイナンス)で投票する通貨を見極める3つのポイント BINANCE(バイナンス)の投票まとめ BINANCE(バイナンス)とは BINANCE(バイナンス)のおすすめポイント 取引高・登録者数世界一の超人気取引所! 最大レバレッジは125倍 200種類以上もの豊富な取扱通貨 取引手数料は一律0.1%と比較的安め バイナンス(Binance)は全世界において圧倒的な人気を誇っている暗号資産(仮想通貨)取引所で、「世界一の暗号資産(仮想通貨)取引所」とも言われています。 設立年 2017年7月 CEO Changpeng Zhao(趙長鵬、ジャオ・チャンポン) 登録者数 1000万人以上(2018年11月時点) 取引高 1日あたり120億ドル(約1.3兆円) 最大レバレッジ 125倍 取扱通貨 現物:175種類 FX:24種類 取引手数料 0.1% 取引高・登録者数世界一という圧倒的な人気を誇る取引所として知られており、安い手数料や通貨の豊富さでも人気を拡大しています。 また独自通貨のBNB(バイナンスコイン)を扱っており、手数料をBNB払いに設定すれば通常の半分(0.05%)の手数料で取引ができることも大きな魅力です。 BINANCEの登録はこちら バイナンス(Binance)とは?特徴・評判・登録方法・使い方をわかりやすく解説 |...

MEX(メックス)とは?仮想通貨FX取引所の特徴から登録方法・使い方まで画像で完全解説!

暗号資産(仮想通貨)FXには「MEX」という取引所が良いらしいけど、どんな取引所なんだろう? そうお考えではないですか? そんなあなたのために、この記事ではMEXの特徴と、具体的な使い方を解説します! 目次 MEX(BitMEX)の特徴 MEX(BitMEX)の注意点 MEX(BitMEX)の登録方法 MEX(BitMEX)の2段階認証設定方法 MEX(BitMEX)の入出金方法 MEX(BitMEX)の基本的な使い方 MEX(BitMEX)まとめ   MEX(BitMEX)の特徴 MEXは、正しくはBitMEX(ビットメックス)という海外の暗号資産(仮想通貨)取引所です。 FXに特化した取引所として多くのトレーダーに親しまれ、MEX(メックス)の愛称がついています。 世界一の取引高を誇るMEXを使いこなすことができれば、暗号資産(仮想通貨)で得するチャンスをひろげることができます! MEX公式ホームページ それではさっそくMEXの特徴を見てみましょう! サービス内容一覧表 取り扱い通貨 BTC(XBT/USD) ETH(ETH/XBT) XRP(XRP/XBT) BCH(BCH/XBT) LTC(LTC/XBT) ADA(ADA/XBT) TRX(TRX/XBT) 取引の種類 デリバティブ取引 入出金手数料 無料 取引手数料 -0.050%~0.075% レバレッジ 最大100倍 MEXではビットコインが「BTC」ではなく「XBT」と表記されます。 最大100倍のレバレッジ取引が可能 <各取引所のビットコイン最大レバレッジ倍率> 取引所 最大レバレッジ倍率 BitMEX 100倍 bitFlyer 4倍 DMMビットコイン 4倍 GMOコイン 4倍 Poloniex 2.5倍 MEXの最大の特徴は、最大100倍のレバレッジ取引ができることです! 国内では金融庁の規制により最大でも25倍のレバレッジ取引しかできませんが、MEXは香港の取引所であるため金融庁の規制対象外であり100倍のレバレッジ取引をすることができます! レバレッジ倍率が低いと得られる利益に限界がありますが、レバレッジが100倍であれば小さな値動きでも大きな利益をあげることができます! 一方で、ロスカットが早くなり小さな価格変動でも大損してしまうリスクも発生します。 追証がないので借金が発生しない 通常の取引所ではサーバーのエラーなどでロスカットが遅れ証拠金を超える損失が生まれた際には、損失を補填する追加保証金が借金として請求されます。 例えばbiFlyerでは証拠金の50%未満になった時点で強制的にロスカットが起きるはずでしたが、ロスカットが正しく機能せず450万円の借金が生まれてしまうような事例もあります。   その点MEXでは損失がでた場合でも追証が発生しないため、元手がゼロのなることはあっても借金が発生することはありません! MEXの公式ホームページにおいても借金が発生しないことが明言されているので、高いレバレッジ倍率でも安心して取引することができます。 Q 破産する可能性はありますか? A いいえ。弊社の証拠金・清算プロセスは、BitMEX でのトレーダーの証拠金残高がゼロ未満になるのを確実に回避するように、巧妙に設計されています。 Source: BitMEX公式ホームページ 本人確認が必要ない 国内の取引所では、規制によりパスポート写真の提出など本人確認が必要です。本人確認書類の提出後も審査などにより実際に取引ができるようになるまで数日かかる場合も多いです。 MEXでは本人確認書類の提出が必要なく、メールアドレスの登録だけですぐに取引を行うことができます。そのため取引を開始するまで約1分しかからず利便性がとても高い特徴を持ちます! テストネットでデモトレードができる FXは利益が大きくなる分損失も大きくなるため、チャートが読めない初心者にとってはなかなか挑戦しづらいものです。またMEXは機能が多い分、操作が複雑であるため操作ミスも起きやすい仕様になっています。 そこでMEXでは実際のお金ではなくデモトレードができるテストネットを公開しています。 実際にお金を動かす前に暗号資産(仮想通貨)FXがどのようなものかを体験することができるのです。 テストネットでは0.01BTCを元手にデモトレードを開始します。   なおテストネットの価格はメインネットに対応していないので取引量もかなりすくなくあてになりません。チャートを読む練習などには適さないので、あくまで注文の出す方法を練習したり、APIが正しく機能するかなどを試す際に使いましょう。 テストネットはこちらから。   MEX(BitMEX)の注意点  日本円の入金ができない MEXは海外の取引所であるため日本円の入金ができません。 そのためMEXで取引を行うには、必ず国内でビットコインを購入しMEXに送金する必要があります。 暗号資産(仮想通貨)や海外取引所に慣れていない初心者にとっては、暗号資産(仮想通貨)の送金は少々不便に感じるかもしれません。   MEXへのビットコインの送金は、GMOコインがおすすめです。 ビットコインの取引手数料も送金手数料も無料であるため、手数料がかかることなく送金を行うことができます。また上場企業であるGMOグループが運営する取引所であるため、操作ミスなどにも迅速に対応してもらえます! GMOコイン公式ホームページへ GMOコインの評判・メリット・デメリットは?口コミから見える実態を調査! | CoinPartner(コインパートナー) GMOクリック証券でも有名なGMOグループが暗号資産(仮想通貨)取引所を開設したということで、みなさんも高い前評判は聞いたことがあるかもしれません。その実態は?設立当初のウリは現在どうなっているのでしょうか? 続きを読む   現物取引はできない MEXはFXに特化した取引所です。 FXでは暗号資産(仮想通貨)を購入した・売却したと「仮定」して取引をするため、現物の暗号資産(仮想通貨)と法定通貨がやりとりされることはありません。 証拠金としてビットコインを使うので、トレード結果によってビットコインの数量が増減します。   現物取引とFXの詳しい違いはこちらをご覧ください。 暗号資産(仮想通貨)FXとは?おすすめ取引所を比較、税金からスプレッドまで詳しくご紹介 | CoinPartner(コインパートナー) 暗号資産(仮想通貨)FXとは、暗号資産(仮想通貨)を用いた証拠金取引です。外国為替のFXと同じように、相場が下がっている時でも利益を上げることができます。ただし、暗号資産(仮想通貨)FXはリターンもリスクも莫大な諸刃の剣です。暗号資産(仮想通貨)FXをよく知っておきましょう! 続きを読む   日本語訳の精度がイマイチ 海外の暗号資産(仮想通貨)取引所の中では珍しく、MEXのホームページやスマホアプリは日本語に対応しています。 とはいうものの、日本語訳の質は低くところどころなにが言いたいのかわからない箇所があります。 上のスクリーンショットを見るとわかるように、MEX特有の固有名詞が多いということもありますが、何が言いたいのかわからない箇所が大半ですね。 「日本語に対応しているし全く問題なさそう!」と思っているとどこかで行き詰まったり、よくわからないまま操作ミスをしてしまう危険性があるので気をつけましょう。 スマホアプリがない MEXはApp StoreやGoogle Play等にスマホアプリを公開していません。 しかしショートカットをホーム画面に追加することで、アプリのようにMEXで取引することができます。   MEX(BitMEX)の登録方法 MEXの口座開設手順はこれだけ! メールアドレスとパスワードを設定する 送られてくるメールのリンクをクリックする MEXは本人確認が不要であるためメールアドレスの登録だけで口座開設することができます。 登録料・維持費はともに無料で登録は1分で終わります。   さらに以下のリンクからMEXに登録すると6ヶ月のあいだ手数料が10%オフになります! MEXの口座をおトクに開設する!   メールアドレスとパスワードを設定する   MEXの登録ページからMEXに登録するメールアドレスとログインパスワードを設定します。 メールアドレスは他の取引所との併用では無く、ハッキングリスクを低減させるためにもMEX専用のメールアドレスを作り、それを登録したほうが良いでしょう。 名前は必須ではありませんが、2段階認証端末が使えなくなってしまった場合に使うため登録しておいたほうが良いかもしれません。 手数料10%オフでMEXを始める 送られてくるメールのリンクをクリックする 登録ボタンをクリックすると、登録したメールアドレス宛に確認メールが届くので、メールを検証をクリックすれば登録は完了です。   MEX(BitMEX)の2段階認証設定方法 MEXでは2段階認証をおこなわずとも取引を開始することは可能ですが、セキュリティの向上には必須なので必ず行うようにしましょう! 2段階認証の必要性などについてはこちらの記事をご覧ください。 2FA(2段階認証)とは?暗号資産(仮想通貨)のセキュリティで必須の2FAのバックアップ・再設定方法などを解説! | CoinPartner(コインパートナー) 暗号資産(仮想通貨)投資では、なぜ2FA(2段階認証)が必須なのでしょうか? 2FAで面倒な経験をしたCoinPartnerが、必須な理由と、2FAを設定しただけで安心してはいけない理由などを、どこよりも丁寧に解説します!! 続きを読む   それで2段階認証の手順を説明します。 まずMEXにログインします。 右上のメールアドレスの欄をクリックし「アカウントとセキュリティ」を選択します。 次に「2段階認証を有効化」の欄から2段階認証アプリを選択します。 コインパートナーではGoogleAuthenicatorをおすすめしています。 スマホのGoogle Autenicatorのアプリで表示されるQRコードを読み取ります。 スマホにGoogle...

BitMEXの評判は?特徴やメリット・デメリットを初心者向けに解説

「BitMEX(ビットメックス)の評判ってどうなの?」 と思っている方も多いかと思います。 BitMEXは最大レバレッジが100倍であること以外にも様々なメリットがあります。 そんなBitMEXの特徴やメリット、デメリット、評判を詳しく解説しています。 この記事を読めば、BitMEXの良さがすぐにわかります! 目次 BitMEXとは BitMEXのメリット BitMEXの特徴を他の取引所と比較 BitMEXのデメリット BitMEXの評判・口コミ BitMEXの評判 まとめ   BitMEXとは BitMEXは、レバレッジ(FX)取引に特化した海外の取引所です。 レバレッジ取引とは、元手の何倍もの資金を使って暗号資産(仮想通貨)を売買する手法のことです。 海外の取引所ですが、日本語にも対応しており、英語が苦手な方でも問題なく利用できます。 取引の種類 レバレッジ取引 最大レバレッジ倍率 100倍 通貨ペア 8種類 取引手数料 -0.025%/0.075% スプレッド 約0.01% 日本語対応 ◯ スマホアプリ × BitMEXは、取り扱い通貨数は多くないですが、すべての通貨がレバレッジ取引を行うことができます。 取引量が多く、手数料も安いので大変おすすめの取引所です。BitMEXの口座開設はこちら! BitMEXのメリット BitMEXのメリットはいくつかありまあすが、ここでは6つ紹介します。 BitMEXのメリット レバレッジ100倍まで対応している 取引量が多い アルトコインでもレバレッジ取引ができる 追証がなく安全性が高い 手数料が安い 登録は本人確認がいらない レバレッジ100倍まで対応している BitMEXの最大の特徴は、レバレッジを100倍までかけることができる点です。 レバレッジ取引とは、元手の何倍もの資金を使って暗号資産(仮想通貨)を売買する手法のことです。 例えば、元手が10万円の場合、レバレッジを100倍にすると、1000万円の取引を行うことができます。 その分、ハイリスク・ハイリターンな投資手法になります。 国内のレバレッジ取引に対応している取引所と最大レバレッジを比較すると以下のようになります。 取引所名 最大レバレッジ倍率 BitMEX(ビットメックス) 100倍 GMOコイン 10倍 DMM Bitcoin(DMMビットコイン) 4倍 BITPoint(ビットポイント) 4倍 bitbank Trade(ビットバンク・トレード) 20倍 国内では、法律でレバレッジ取引が25倍までしか認められていません。 そのため、レバレッジを大きくかけて取引することができません。 レバレッジ取引がしたいのであれば、BitMEXで行いましょう。 暗号資産(仮想通貨)のレバレッジ取引とは?メリット・デメリット、おすすめ取引所や儲けるポイントまで解説します! | CoinPartner(コインパートナー) 暗号資産(仮想通貨)のレバレッジ取引とは、暗号資産(仮想通貨)を用いた証拠金取引のことを言います。暗号資産(仮想通貨)のレバレッジ取引はハイリスクハイリターンの取引方法です。この記事では、レバレッジ取引のメリット・デメリット、おすすめ取引所から儲けるポイントまで解説します! 続きを読む 取引量が多い BitMEXは、世界最大級の取引量を誇る取引所です。 以下の画像のように、ビットコインだけで言えば、BitMEXは圧倒的に一番取引量の多い取引所です。 取引量が多いと、取引に流動性が高くなります。 そのため、売買が成立しやすいというメリットがあります。 また取引量が多いということは、それだけ多くの人に信頼されているということでもあります。 アルトコインでもレバレッジ取引ができる BitMEXでは、アルトコインもレバレッジ取引を行うことができます。 多くの国内の取引所は、ビットコインのみレバレッジ取引を行うことができます。 また、アルトコインのレバレッジ取引が可能な場合であっても、最大レバレッジはとても低くなっています。 取引所名 レバレッジ取引対応通貨 最大レバレッジ倍率 BitMEX(ビットメックス) ビットコイン(BTC/XBT) イーサリアム(ETH) リップル(XRP) ライトコイン(LTC) EOS トークン(EOS) ビットコインキャッシュ(BCH) トロン(TRX) カルダノ(ADA) 100倍 50倍 20倍 33.33倍 20倍 20倍 20倍 20倍 GMOコイン ビットコイン(BTC) イーサリアム(ETH) リップル(XRP) ライトコイン(LTC) ビットコインキャッシュ(BCH) 10倍 5倍 5倍 5倍 5倍 DMM Bitcoin(DMMビットコイン) ビットコイン(BTC) イーサリアム(ETH) リップル(XRP) ライトコイン(LTC) ビットコインキャッシュ(BCH) イーサリアムクラシック(ETC) ネム(XEM) 4倍 4倍 4倍 4倍 4倍 4倍 4倍 BITPoint(ビットポイント) ビットコイン(BTC) 4倍 bitbank Trade(ビットバンク・トレード) ビットコイン(BTC) 20倍 以上のように、BitMEXではアルトコインを高いレバレッジで取引することが可能になっています。 追証がなく安全性が高い BitMEXでは追証がありません。 追証とは追加保証金の略語で、一定の証拠金維持率を下回った場合に追加で証拠金を入金することです。 つまり追証とは、レバレッジ取引に失敗してしまった時に発生する取引所への借金のことです。 追証がないということは、BitMEXでレバレッジ取引をして借金を負う可能性はないため、安心して取引することができます。 BITPointやbitFlyerでは追証があるので、気をつける必要があります。 手数料が安い BitMEXは手数料が安く設定されています。 特にmaker手数料は-0.025%なので、取引すると手数料を受け取ることができます。 taker手数料は0.075%なので、なるべくmakerで注文することをお勧めします。 また、実質的な取引手数料を意味するスプレッドもとても狭くなっています。 BitMEX(ビットメックス)の手数料はいくら?手数料を安くする裏技も紹介! | CoinPartner(コインパートナー) BitMEXは追証なしで100倍までレバレッジをかけられる取引所として有名です。とはいえ、手数料がとても複雑で、「儲けたつもりが、手数料込みで考えると損していた!」そんなことを防ぐために、手数料について完璧に理解しましょう。 続きを読む 登録は本人確認がいらない 国内の取引所では、規制によりパスポート写真の提出など本人確認が必要です。 本人確認書類の提出後も審査などにより、実際に取引ができるようになるまで数日かかる場合も多いです。 しかしBitMEXでは、本人確認書類の提出が必要なく、メールアドレスの登録だけですぐに取引を行うことができます。 そのため取引を開始するまで約1分しかからず利便性がとても高いです。 【完全版】BitMEX(ビットメックス)の登録方法と使い方|画像付きで詳しく解説! | CoinPartner(コインパートナー) BitMEX(ビットメックス)は100倍レバレッジ取引が可能な香港の暗号資産(仮想通貨)取引所です。取引画面や仕組みが少し複雑ですが、登録方法から取引方法などを詳しく解説したこの記事を読めば、使い方をマスターできること間違いなしでしょう! 続きを読む BitMEXの特徴を他の取引所と比較 取引手数料、レバレッジに対応している通貨、最大レバレッジ倍率、追証の有無、ロスカット、スマホアプリの有無について、取引所5社で比較しています。 取引所名 取引手数料 (maker/taker) スプレッド レバレッジ取引 対応通貨 最大レバレッジ 倍率 追証 ロスカット スマホアプリ BitMEX(ビットメックス) -0.025%...

BitMEX(ビットメックス)の手数料はいくら?手数料を安くする裏技も紹介!

「BitMEXを使ってみようと思うけど手数料はどのくらいなの?」 「何回も取引しているうちに、気付いたら手数料で大損してた!なんてことがないようにしたい」 そうお悩みではありませんか? そんなあなたに朗報です! この記事を読めば、取引の種類ごとに手数料を解説しているのでBitMEXの手数料について完璧にわかります! しかも、レバレッジ取引で手数料負けしない方法やメイカー手数料というものを使って稼ぐ方法、さらに、BitMEXの手数料を安くする裏技も紹介します! この記事があなたの稼ぎの手助けになれば幸いです。   BitMEXの公式サイト   BitMEX(ビットメックス)とは?追証無しの100倍トレードを使いこなせ! | CoinPartner(コインパートナー) BitMEX(ビットメックス)は、香港に拠点を置く暗号資産(仮想通貨)取引所です。目玉のレバレッジはなんと最高100倍!しかも日本語対応!そんなBitMEXについて、登録方法から使い方、そして取引の方法まで、コインパートナーが全部解説します! 続きを読む 目次 BitMEXの手数料一覧表! BitMEXのTaker手数料 BitMEXのMaker手数料 BitMEXのFunding手数料 BitMEXの決済手数料 BitMEXの入出金手数料 BitMEXのレバレッジに注意しよう! BitMEXの手数料を国内の有名取引所と比較 BitMEXでお得に取引する方法 BitMEXのFunding手数料履歴の確認方法 BitMEXの手数料を安くする裏技 BitMEXの手数料まとめ   BitMEXの手数料一覧表! BitMEXでかかる手数料は大きく分けて5つあります。 ビットコインFX取引をする際はこの手数料を全て把握し、お得に取引するようにしましょう! この5つの手数料を表でまとめると以下のようになります↓↓ 種類 金額 Taker手数料 0.075% Maker手数料 -0.025% Funding手数料 -0.375%~0.375%の間で変動(8時間毎) 決済手数料 0.05% 入出金手数料 なし(ただし送金手数料はかかる)   それぞれの手数料について詳しく説明していきましょう。 BitMEXのTaker手数料 Taker手数料は別名、成行注文手数料とも呼ばれます。 これは、注文を出したらすぐに取引が成立する値段で暗号資産(仮想通貨)のやり取りをするときにかかる手数料のことをいいます。   例えば、 ビットコインの相場がちょうど100万円のとき「1ビットコインを100万円で買うぞ!」と注文を出した場合は、すぐ取引が成立します。 このように、相場の現在値で注文を出し、すぐに取引を成立させる注文を成行注文といいます。 成行注文する際にかかる手数料がTaker手数料です。 また、成行注文の他に指値注文という取引方法があります。指値注文はMaker手数料のところで詳しく説明しますが、取引する値段を自分で指定することができます。 成行注文は指値注文と比べてすぐに取引が成立するというメリットがあります。 暗号資産(仮想通貨)の注文方法とは?成行注文と指値注文のメリット・デメリットまとめ! | CoinPartner(コインパートナー) 暗号資産(仮想通貨)の現物取引には2種類の注文方法(成行注文と指値注文)があります。この記事では、成行注文と指値注文のメリット・デメリット、使い分け方まで解説しています!さらに、BITPOINTの実際の取引画面を用いて注文の具体的手順も解説します! 続きを読む   種類 金額 Taker手数料 0.075%   BitMEXのMaker手数料 Maker手数料は指値注文手数料とも呼ばれます。 指値注文は成行注文とは違い、取引する値段を自分で指定することができる注文方法です。 先程の例を用いて説明します。 ビットコインの相場が100万円のとき「1ビットコインを95万円で買うぞ!」って言った場合は、すぐには取引が成立しませんよね。こういう注文方法を指値注文といいます。 指値注文ですと、自分の指定する値段で取引できるメリットがありますが、ビットコインの相場が指定した値段にならなかった場合、取引は成立しません。   指値注文をする際にかかるMaker手数料は-0.025%です。 「えっ、マイナスってどういうこと?」って思いますよね。なんと、BitMEXでは指値注文をすると手数料が貰えるのです! 例えば、1BTC(今のレートで約450000円)の指値注文が成立すると、0.00025BTC(今のレートで約112円)が受け取れます。 BitMEXでは指値注文をすると手数料が貰えることから、ほとんどの投資家が指値注文を利用しています。   「オーダーブック」で全ユーザーの指値注文を確認することができます↓↓ 相場とずれた値段で注文を出すということは、相場が動きやすくなります。 相場より高い値段で注文出す人が多いと相場は上昇し、逆に相場より低い値段で注文を出す人が多いと、相場は下降していきます。 取引所としては相場は動いてくれた方が取引が活発になるので、ありがたいわけです。 したがって、BitMEXではMaker手数料をマイナスにしているのです。 BitMEXで取引する際は指値注文をするようにし、Maker手数料で稼ぎましょう!! 種類 金額 Maker手数料 -0.025%   BitMEXのFunding手数料 BitMEXでは「ロング(買い)」か「ショート(売り)」のポジションをとっているときにFunding手数料というものがかかります。 これは毎回の取引ではなく、8時間ごとに手数料が取られるという仕組みになっています。 ちなみに日本時間の5時・13時・21時の8時間おきにとられます。 Funding手数料は-0.375%から0.375%の間で変動し、時によって変わります。 Funding手数料は「資金調達率」のところで確認することができます。   資金調達率がプラスの時は、「ロング(買い)」ポジションの場合は手数料を払う必要があり、逆に「ショート(売り)」ポジションの場合は手数料をもらうことができます。 資金調達率がマイナスの時は、「ロング(買い)」ポジションだと手数料をもらうことができ、「ショート(売り)」ポジションの場合は手数料を払うことになります。   ロングポジション ショートポジション 資金調達率プラス 手数料を払う 手数料を貰らえる 資金調達率マイナス 手数料を貰らえる 手数料を払う   上の写真の例では資金調達率が-0.0245%なので、1BTC(今のレートで約450000円)のロングポジションを持っていた場合、0.000245BTC(今のレートで約110円)を受け取ることができます。   種類 金額 Funding手数料 -0.375%~0.375%の間で変動   BitMEXの決済手数料 決済手数料とは持っているポジションを決済する際にかかる手数料です。 BitMEXの決済手数料は0.05%となっています。 10万円分のポジションを決済したときは50円、100万円分のポジションを決済したときは500円がかかります。 ポジションを決済する度に決済手数料がかかってしまいますので、頻繁な取引はあまりおすすめできません。   種類 金額 決済手数料 0.05%   BitMEXの入出金手数料 入出金手数料とは暗号資産(仮想通貨)を入出金する際にかかる手数料です。 入金手数料と出金手数料に分けて説明していきます。 入金手数料 BitMEXでは入金するときに手数料を一切取っていません。   ですが、BitMEXに入金しようと思った場合は日本円を直接入金することはできません。 いったん日本円をビットコインに変えてから、ビットコインをBitMEXに送る必要があります。   ビットコインをBitMEXに送るとき、BitMEXは入金手数料は取りませんが、送金手数料(マイナー手数料)がかかってしまいます。 送金手数料とは、ビットコインのマイナーに支払う手数料で、払えば払うほど早く送金できます。 ビットコインにかかる手数料は下記の記事で詳しく解説しています↓↓   ビットコイン(BTC)の手数料とは?入出金・取引・送金にかかる手数料を比較し、安いお得な取引所を3つ紹介! | CoinPartner(コインパートナー) ビットコインの手数料っていくらかかるの?と思っても手数料の種類は多いし取引所によって違うため比較するのはとても難しいですよね。そこで今回はコインパートナーがビットコインにかかる手数料をすべて紹介し、安くておすすめできる取引所を3つに厳選しました 続きを読む   出金手数料 出金手数料も、入金手数料と同様で手数料はかかりません。 ただし、BitMEXから他のところへビットコインを送る場合、BitMEX自体にお金を払うことはありませんが、普通に送金手数料がかかるので注意してください。   種類 金額 入金手数料 無料 出金手数料 無料   BitMEXのレバレッジに注意しよう! BitMEXで取引をする場合、レバレッジをかけると思いますが、レバレッジをかけた分だけ手数料が変化するので注意してください。 例えば、元手10万円でレバレッジをかけないで取引する場合、Taker手数料は75円支払い、Maker手数料は25円受け取れます。 しかし、それをBitMEXの最高であるレバレッジ100倍で取引するとTaker手数料は7500円支払い、Maker手数料は2500円の受け取りになります。 つまり、成行注文で取引すると元手のお金に対して7.5%もの手数料がかかってしまうことになるのです。 レバレッジ取引は大きな利益をあげられる可能性がありますが、その分手数料も大きくなってしまいますので、注意が必要です。     BitMEXの手数料まとめ Taker手数料は0.075% Maker手数料は0.025% レバレッジで手数料は大きくなる Funding手数料は0.375%~-0.375%で変動する 決済手数料は0.05% ...