post

66 投稿0 コメント

BitMEXの評判は?特徴やメリット・デメリットを初心者向けに解説

*BitMEXは、金融庁の法律改正をうけ、2020年5月1日を持って日本居住者へのサービス提供をストップしました。     BitMEXは最大レバレッジが100倍であること以外にも様々なメリットがあります。 そんなBitMEXの特徴やメリット、デメリット、評判を詳しく解説しています。 この記事を読めば、BitMEXの良さがすぐにわかります! 目次 BitMEXとは BitMEXのメリット BitMEXの特徴を他の取引所と比較 BitMEXのデメリット BitMEXの評判・口コミ BitMEXの評判 まとめ   BitMEXとは BitMEXは、レバレッジ(FX)取引に特化した海外の取引所です。 レバレッジ取引とは、元手の何倍もの資金を使って暗号資産(仮想通貨)を売買する手法のことです。 海外の取引所ですが、日本語にも対応しており、英語が苦手な方でも問題なく利用できます。 取引の種類 レバレッジ取引 最大レバレッジ倍率 100倍 通貨ペア 8種類 取引手数料 -0.025%/0.075% スプレッド 約0.01% 日本語対応 ◯ スマホアプリ × BitMEXは、取り扱い通貨数は多くないですが、すべての通貨がレバレッジ取引を行うことができます。 取引量が多く、手数料も安いので大変おすすめの取引所です。BitMEXの口座開設はこちら! BitMEXのメリット BitMEXのメリットはいくつかありまあすが、ここでは6つ紹介します。 BitMEXのメリット レバレッジ100倍まで対応している 取引量が多い アルトコインでもレバレッジ取引ができる 追証がなく安全性が高い 手数料が安い 登録は本人確認がいらない レバレッジ100倍まで対応している BitMEXの最大の特徴は、レバレッジを100倍までかけることができる点です。 レバレッジ取引とは、元手の何倍もの資金を使って暗号資産(仮想通貨)を売買する手法のことです。 例えば、元手が10万円の場合、レバレッジを100倍にすると、1000万円の取引を行うことができます。 その分、ハイリスク・ハイリターンな投資手法になります。 国内のレバレッジ取引に対応している取引所と最大レバレッジを比較すると以下のようになります。 取引所名 最大レバレッジ倍率 BitMEX(ビットメックス) 100倍 GMOコイン 10倍 DMM Bitcoin(DMMビットコイン) 4倍 BITPoint(ビットポイント) 4倍 bitbank Trade(ビットバンク・トレード) 20倍 国内では、法律でレバレッジ取引が25倍までしか認められていません。 そのため、レバレッジを大きくかけて取引することができません。 レバレッジ取引がしたいのであれば、BitMEXで行いましょう。   取引量が多い BitMEXは、世界最大級の取引量を誇る取引所です。 以下の画像のように、ビットコインだけで言えば、BitMEXは圧倒的に一番取引量の多い取引所です。 取引量が多いと、取引に流動性が高くなります。 そのため、売買が成立しやすいというメリットがあります。 また取引量が多いということは、それだけ多くの人に信頼されているということでもあります。 アルトコインでもレバレッジ取引ができる BitMEXでは、アルトコインもレバレッジ取引を行うことができます。 多くの国内の取引所は、ビットコインのみレバレッジ取引を行うことができます。 また、アルトコインのレバレッジ取引が可能な場合であっても、最大レバレッジはとても低くなっています。 取引所名 レバレッジ取引対応通貨 最大レバレッジ倍率 BitMEX(ビットメックス) ビットコイン(BTC/XBT) イーサリアム(ETH) リップル(XRP) ライトコイン(LTC) EOS トークン(EOS) ビットコインキャッシュ(BCH) トロン(TRX) カルダノ(ADA) 100倍 50倍 20倍 33.33倍 20倍 20倍 20倍 20倍 GMOコイン ビットコイン(BTC) イーサリアム(ETH) リップル(XRP) ライトコイン(LTC) ビットコインキャッシュ(BCH) 10倍 5倍 5倍 5倍 5倍 DMM Bitcoin(DMMビットコイン) ビットコイン(BTC) イーサリアム(ETH) リップル(XRP) ライトコイン(LTC) ビットコインキャッシュ(BCH) イーサリアムクラシック(ETC) ネム(XEM) 4倍 4倍 4倍 4倍 4倍 4倍 4倍 BITPoint(ビットポイント) ビットコイン(BTC) 4倍 bitbank Trade(ビットバンク・トレード) ビットコイン(BTC) 20倍 以上のように、BitMEXではアルトコインを高いレバレッジで取引することが可能になっています。 追証がなく安全性が高い BitMEXでは追証がありません。 追証とは追加保証金の略語で、一定の証拠金維持率を下回った場合に追加で証拠金を入金することです。 つまり追証とは、レバレッジ取引に失敗してしまった時に発生する取引所への借金のことです。 追証がないということは、BitMEXでレバレッジ取引をして借金を負う可能性はないため、安心して取引することができます。 BITPointやbitFlyerでは追証があるので、気をつける必要があります。 手数料が安い BitMEXは手数料が安く設定されています。 特にmaker手数料は-0.025%なので、取引すると手数料を受け取ることができます。 taker手数料は0.075%なので、なるべくmakerで注文することをお勧めします。 また、実質的な取引手数料を意味するスプレッドもとても狭くなっています。 登録は本人確認がいらない 国内の取引所では、規制によりパスポート写真の提出など本人確認が必要です。 本人確認書類の提出後も審査などにより、実際に取引ができるようになるまで数日かかる場合も多いです。 しかしBitMEXでは、本人確認書類の提出が必要なく、メールアドレスの登録だけですぐに取引を行うことができます。 そのため取引を開始するまで約1分しかからず利便性がとても高いです。 BitMEXの特徴を他の取引所と比較 取引手数料、レバレッジに対応している通貨、最大レバレッジ倍率、追証の有無、ロスカット、スマホアプリの有無について、取引所5社で比較しています。 取引所名 取引手数料 (maker/taker) スプレッド レバレッジ取引 対応通貨 最大レバレッジ 倍率 追証 ロスカット スマホアプリ BitMEX(ビットメックス) -0.025% / 0.075% 約0.01% ビットコイン イーサリアム リップル ライトコイン EOS トークン ビットコインキャッシュ トロン カルダノ 100倍 50倍 20倍 33.33倍 20倍 20倍 20倍 20倍 なし 0% なし GMOコイン 0% / 0% 約1% ビットコイン イーサリアム リップル ライトコイン ビットコインキャッシュ 10倍 5倍 5倍 5倍 5倍 なし 75% iOS版 Android版 DMM...

BitMEX(ビットメックス)の手数料はいくら?手数料を安くする裏技も紹介!

*BitMEXは、金融庁の法律改正をうけ、2020年5月1日を持って日本居住者へのサービス提供をストップしました。       「BitMEXを使ってみようと思うけど手数料はどのくらいなの?」 「何回も取引しているうちに、気付いたら手数料で大損してた!なんてことがないようにしたい」 そうお悩みではありませんか? そんなあなたに朗報です! この記事を読めば、取引の種類ごとに手数料を解説しているのでBitMEXの手数料について完璧にわかります! しかも、レバレッジ取引で手数料負けしない方法やメイカー手数料というものを使って稼ぐ方法、さらに、BitMEXの手数料を安くする裏技も紹介します! この記事があなたの稼ぎの手助けになれば幸いです。   BitMEXの公式サイト   BitMEX(ビットメックス)とは?追証無しの100倍トレードを使いこなせ! | CoinPartner(コインパートナー) BitMEX(ビットメックス)は、香港に拠点を置く暗号資産(仮想通貨)取引所です。目玉のレバレッジはなんと最高100倍!しかも日本語対応!そんなBitMEXについて、登録方法から使い方、そして取引の方法まで、コインパートナーが全部解説します! 続きを読む 目次 BitMEXの手数料一覧表! BitMEXのTaker手数料 BitMEXのMaker手数料 BitMEXのFunding手数料 BitMEXの決済手数料 BitMEXの入出金手数料 BitMEXのレバレッジに注意しよう! BitMEXの手数料を国内の有名取引所と比較 BitMEXでお得に取引する方法 BitMEXのFunding手数料履歴の確認方法 BitMEXの手数料を安くする裏技 BitMEXの手数料まとめ   BitMEXの手数料一覧表! BitMEXでかかる手数料は大きく分けて5つあります。 ビットコインFX取引をする際はこの手数料を全て把握し、お得に取引するようにしましょう! この5つの手数料を表でまとめると以下のようになります↓↓ 種類 金額 Taker手数料 0.075% Maker手数料 -0.025% Funding手数料 -0.375%~0.375%の間で変動(8時間毎) 決済手数料 0.05% 入出金手数料 なし(ただし送金手数料はかかる)   それぞれの手数料について詳しく説明していきましょう。 BitMEXのTaker手数料 Taker手数料は別名、成行注文手数料とも呼ばれます。 これは、注文を出したらすぐに取引が成立する値段で暗号資産(仮想通貨)のやり取りをするときにかかる手数料のことをいいます。   例えば、 ビットコインの相場がちょうど100万円のとき「1ビットコインを100万円で買うぞ!」と注文を出した場合は、すぐ取引が成立します。 このように、相場の現在値で注文を出し、すぐに取引を成立させる注文を成行注文といいます。 成行注文する際にかかる手数料がTaker手数料です。 また、成行注文の他に指値注文という取引方法があります。指値注文はMaker手数料のところで詳しく説明しますが、取引する値段を自分で指定することができます。 成行注文は指値注文と比べてすぐに取引が成立するというメリットがあります。 暗号資産(仮想通貨)の注文方法とは?成行注文と指値注文のメリット・デメリットまとめ! | CoinPartner(コインパートナー) 暗号資産(仮想通貨)の現物取引には2種類の注文方法(成行注文と指値注文)があります。この記事では、成行注文と指値注文のメリット・デメリット、使い分け方まで解説しています!さらに、BITPOINTの実際の取引画面を用いて注文の具体的手順も解説します! 続きを読む   種類 金額 Taker手数料 0.075%   BitMEXのMaker手数料 Maker手数料は指値注文手数料とも呼ばれます。 指値注文は成行注文とは違い、取引する値段を自分で指定することができる注文方法です。 先程の例を用いて説明します。 ビットコインの相場が100万円のとき「1ビットコインを95万円で買うぞ!」って言った場合は、すぐには取引が成立しませんよね。こういう注文方法を指値注文といいます。 指値注文ですと、自分の指定する値段で取引できるメリットがありますが、ビットコインの相場が指定した値段にならなかった場合、取引は成立しません。   指値注文をする際にかかるMaker手数料は-0.025%です。 「えっ、マイナスってどういうこと?」って思いますよね。なんと、BitMEXでは指値注文をすると手数料が貰えるのです! 例えば、1BTC(今のレートで約450000円)の指値注文が成立すると、0.00025BTC(今のレートで約112円)が受け取れます。 BitMEXでは指値注文をすると手数料が貰えることから、ほとんどの投資家が指値注文を利用しています。   「オーダーブック」で全ユーザーの指値注文を確認することができます↓↓ 相場とずれた値段で注文を出すということは、相場が動きやすくなります。 相場より高い値段で注文出す人が多いと相場は上昇し、逆に相場より低い値段で注文を出す人が多いと、相場は下降していきます。 取引所としては相場は動いてくれた方が取引が活発になるので、ありがたいわけです。 したがって、BitMEXではMaker手数料をマイナスにしているのです。 BitMEXで取引する際は指値注文をするようにし、Maker手数料で稼ぎましょう!! 種類 金額 Maker手数料 -0.025%   BitMEXのFunding手数料 BitMEXでは「ロング(買い)」か「ショート(売り)」のポジションをとっているときにFunding手数料というものがかかります。 これは毎回の取引ではなく、8時間ごとに手数料が取られるという仕組みになっています。 ちなみに日本時間の5時・13時・21時の8時間おきにとられます。 Funding手数料は-0.375%から0.375%の間で変動し、時によって変わります。 Funding手数料は「資金調達率」のところで確認することができます。   資金調達率がプラスの時は、「ロング(買い)」ポジションの場合は手数料を払う必要があり、逆に「ショート(売り)」ポジションの場合は手数料をもらうことができます。 資金調達率がマイナスの時は、「ロング(買い)」ポジションだと手数料をもらうことができ、「ショート(売り)」ポジションの場合は手数料を払うことになります。   ロングポジション ショートポジション 資金調達率プラス 手数料を払う 手数料を貰らえる 資金調達率マイナス 手数料を貰らえる 手数料を払う   上の写真の例では資金調達率が-0.0245%なので、1BTC(今のレートで約450000円)のロングポジションを持っていた場合、0.000245BTC(今のレートで約110円)を受け取ることができます。   種類 金額 Funding手数料 -0.375%~0.375%の間で変動   BitMEXの決済手数料 決済手数料とは持っているポジションを決済する際にかかる手数料です。 BitMEXの決済手数料は0.05%となっています。 10万円分のポジションを決済したときは50円、100万円分のポジションを決済したときは500円がかかります。 ポジションを決済する度に決済手数料がかかってしまいますので、頻繁な取引はあまりおすすめできません。   種類 金額 決済手数料 0.05%   BitMEXの入出金手数料 入出金手数料とは暗号資産(仮想通貨)を入出金する際にかかる手数料です。 入金手数料と出金手数料に分けて説明していきます。 入金手数料 BitMEXでは入金するときに手数料を一切取っていません。   ですが、BitMEXに入金しようと思った場合は日本円を直接入金することはできません。 いったん日本円をビットコインに変えてから、ビットコインをBitMEXに送る必要があります。   ビットコインをBitMEXに送るとき、BitMEXは入金手数料は取りませんが、送金手数料(マイナー手数料)がかかってしまいます。 送金手数料とは、ビットコインのマイナーに支払う手数料で、払えば払うほど早く送金できます。 ビットコインにかかる手数料は下記の記事で詳しく解説しています↓↓   ビットコイン(BTC)の手数料とは?入出金・取引・送金にかかる手数料を比較し、安いお得な取引所を3つ紹介! | CoinPartner(コインパートナー) ビットコインの手数料っていくらかかるの?と思っても手数料の種類は多いし取引所によって違うため比較するのはとても難しいですよね。そこで今回はコインパートナーがビットコインにかかる手数料をすべて紹介し、安くておすすめできる取引所を3つに厳選しました 続きを読む   出金手数料 出金手数料も、入金手数料と同様で手数料はかかりません。 ただし、BitMEXから他のところへビットコインを送る場合、BitMEX自体にお金を払うことはありませんが、普通に送金手数料がかかるので注意してください。   種類 金額 入金手数料 無料 出金手数料 無料   BitMEXのレバレッジに注意しよう! BitMEXで取引をする場合、レバレッジをかけると思いますが、レバレッジをかけた分だけ手数料が変化するので注意してください。 例えば、元手10万円でレバレッジをかけないで取引する場合、Taker手数料は75円支払い、Maker手数料は25円受け取れます。 しかし、それをBitMEXの最高であるレバレッジ100倍で取引するとTaker手数料は7500円支払い、Maker手数料は2500円の受け取りになります。 つまり、成行注文で取引すると元手のお金に対して7.5%もの手数料がかかってしまうことになるのです。 レバレッジ取引は大きな利益をあげられる可能性がありますが、その分手数料も大きくなってしまいますので、注意が必要です。     BitMEXの手数料まとめ Taker手数料は0.075% Maker手数料は0.025% レバレッジで手数料は大きくなる Funding手数料は0.375%~-0.375%で変動する 決済手数料は0.05% ...

BitMEX(ビットメックス)の特徴・メリットは?登録方法と使い方まで徹底的に解説!

*BitMEXは、金融庁の法律改正をうけ、2020年5月1日を持って日本居住者へのサービス提供をストップしました。       「BitMEXを試してみたいけど、どんな取引所なんだろう?」 そんな疑問をもっていませんか? たしかに海外の取引所であるBitMEXには不安をおぼえてしまいますよね。   BitMEXはレバレッジが100倍までかけることができるFXに特化した取引所です。 国内取引所では、最大でも5倍程度のレバレッジしかかけることができません。 なんとなく怖いからといってBitMEXを使わずにいるのは得するチャンスを逃していると言えます。   そんなあなたのためにBitMEXの特徴や注意点、具体的な使い方を海外投資エージェントがまとめました! これでもうBitMEXについて迷うことはありません。さっそくBitMEXをマスターしてしまいましょう! さっそくBitMEXに登録する! 目次 BitMEX(ビットメックス)の特徴・メリット BitMEX(ビットメックス)の取り扱い通貨 BitMEX(ビットメックス)の手数料 BitMEX(ビットメックス)のカンタン登録・口座開設方法  BitMEX(ビットメックス)の入金方法  BitMEX(ビットメックス)の取引画面・チャートの使い方 BitMEX(ビットメックス)の出金方法  BitMEX(ビットメックス)の注意点 【上級者向け】BitMEXを更に使いこなそう! BitMEX(ビットメックス)の使い方Q&A  BitMEX(ビットメックス) まとめ BitMEX(ビットメックス)の特徴・メリット 世界一の取引所との呼び声も高いBitMEXですが、BitMEXの特徴は主に以下の6点です。 BitMEXのメリット レバレッジ倍率100倍は世界最大! ビットコイン取引高が世界一! 追証がないため借金が発生しない! 本人確認が不要! テストネットでトレードの練習ができる! 世界最大の100倍のレバレッジ取引が可能! BitMEXは香港の取引所であるため、金融庁の規制対象外であり100倍のレバレッジ取引をすることができます! 国内取引所は2019年からレバレッジ4倍規制が予定されているので、BitMEXの優位性が高くなります。 レバレッジが100倍であれば小さな値動きでも大きな利益をあげることができます! さっそくBitMEXに登録する! ビットコイン取引高世界一! CoinMarketCapより BitMEXは世界のビットコインの取引高の約20%を占めるビットコイン取引高世界一の取引所です。 取引量の少ない取引所だと額の大きい注文が通りにくかったり、急な価格変動が起きやすいですが、BitMEXであれば大き注文がいつでも安心してできます! 追証がないので借金が発生しない! 通常の取引所ではサーバーのエラーなどでロスカットが遅れ、証拠金を超える損失が生まれた際には、損失を補填する「追加証拠金」が請求されます。 しかし、BitMEXでは損失がでた場合でも追加証拠金が発生しないため、元手がゼロになることはあっても借金が発生することはありません! BitMEXの公式ホームページにおいても借金が発生しないことが明言されているので、高いレバレッジ倍率でも安心して取引することができます。 Q 破産する可能性はありますか? A いいえ。弊社の証拠金・清算プロセスは、BitMEX でのトレーダーの証拠金残高がゼロ未満になるのを確実に回避するように、巧妙に設計されています。 Source: BitMEX公式ホームページ 追証なしのBitMEXはこちら 本人確認が必要ない 国内の取引所では規制により、パスポート写真の提出など本人確認が必要です。 本確認書類の提出後も審査などにより、実際に取引ができるようになるまで数日かかる場合も多いです。   BitMEXでは、本人確認書類の提出が必要なくメールアドレスの登録だけで取引を行うことができます。 そのため取引を開始するまで約1分しかからず、利便性がとても高い特徴を持ちます! さっそくBitMEXに登録する! テストネットでデモトレードができる! FXは利益が大きくなる分、損失も大きくなるため、チャートが読めない初心者にとってはなかなか精神的な参入障壁は高いものです。 そこでBitMEXでは実際のお金ではなく、デモトレードができるテストネットを公開しています! 実際にお金を動かす前に暗号資産(仮想通貨)FXがどのようなものかを体験することができるのです! テストネットでは0.01BTCを元手にデモトレードを開始します。   なおテストネットの価格はメインネットに対応していないので、取引量もかなりすくなくあてになりません。 チャートを読む練習などには適さないので、あくまで注文の出す方法を練習したり、APIが正しく機能するかなどを試す際に使いましょう。 テストネットはこちらから。 BitMEX(ビットメックス)の取り扱い通貨 BitMEXで取り扱いのある暗号資産(仮想通貨)は以下の8種類です。 ビットコイン(XBT) イーサリアム(ETH) リップル(XRP) ...

ビットメックス(BitMEX)の使い方|初心者向けにFX取引とレバレッジ設定の方法を解説

*BitMEXは、金融庁の法律改正をうけ、2020年5月1日を持って日本居住者へのサービス提供をストップしました。   「FXにはビットメックスがいいらしいけどよくわからない・・・」 「登録したけど使い方がむずかしい・・・」 そんな悩みを持っていませんか? ビットメックスは世界最大の100倍のレバレッジ倍率でFXができる取引所です。 使いこなすことができれば、得するチャンスが増えること間違いなしです! この記事ではビットメックスで暗号資産(仮想通貨)FXをする方法を海外投資エージェントがわかりやすく説明します。 さっそくビットメックスを使いこなしてみましょう!   当サイトからビットメックスに登録すると、いまなら手数料が10%オフ!! 手数料10%オフでビットメックスに登録する!   目次 ビットメックス(BitMEX)の基本的な取引ルール ビットメックス(BitMEX)の取引画面の使い方 ビットメックス(BitMEX)の入金方法 ビットメックス(BitMEX)でビットコインFXをする方法 ビットメックス(BitMEX)の出金方法 ビットメックス(BitMEX)のQ&A ビットメックス(BitMEX)の使い方 まとめ   ビットメックス(BitMEX)の入金方法 ビットメックスの入金手順 STEP1.国内取引所でビットコインを購入する STEP2.ビットメックスにログインする STEP3.入金用のビットコインアドレスを表示する STEP4.確認したアドレスにビットコインを送金する  STEP1:国内取引所でビットコインを購入する ビットメックスは海外取引所なので日本円の入金ができません。 そのため国内の取引所でビットコインを購入し、ビットメックスに送金する必要があります。 ビットメックスへの入金には、Coincheckを利用するのがおすすめです。   Coincheckには取引所と販売所があります。 取引所を使えば、手数料も無料な上にスプレッドもほとんどないので、非常に安くビットコインを購入することが出来ます。 また送金手数料も0.001BTCと比較的安いです。 Coincheckでビットコインを購入する ビットコインの購入方法|おすすめの買い方や取引所のメリット・デメリットを比較 | CoinPartner(コインパートナー) 暗号資産(仮想通貨)ブームに乗っかりたいけどビットコインの購入方法がわからない…そんなあなたのためにビットコイン取引に必要な最低限の知識やメリット・デメリットを解説し、入金方法と購入方法を教えます!さっそく暗号資産(仮想通貨)取引を始めてみよう! 続きを読む   STEP2:ビットメックスのアカウントを開く まずビットメックスにログインし、上欄の「アカウント」をクリックします。 するとウォレットの画面が表示されます。   STEP3:入金用のビットコインアドレスを表示する 続いて、左欄にある「入金」をクリックします。   するとビットメックスの入金用ビットコインアドレスが表示されます。   表示されているビットコインアドレスをコピーします。   STEP4:確認したアドレスにビットコインを送金する 続いて、国内取引所から先ほどのアドレスにビットコインを送金します。 今回はCoincheckから送金する場合を紹介します。   まずCoincheckにログインします。↑ 「コインを送る」→「ビットコイン」ををクリックします。 「送金先リストの編集」をクリックすると以下の画面が表示されます。 先ほどコピーしたBitMEXのビットコインアドレスを「新規宛先」の欄にペーストします。 なおビットコインアドレスを間違えて入力した場合には資産が消失してしまいます。 間違いがないか必ず確認するようにしましょう。   続いて、ビットメックスに送金するBTCの数量を入力します。 あとは「2段階認証を行う」のボタンをクリックすれば送金完了です。   BitMEXへの入金の反映は比較的早く、およそ数分で反映される場合が多いです。 ビットメックス(BitMEX)の取引画面の使い方 ビットメックスの取引画面は以下の10個の区域に分かれています。 1.取引注文画面・・・暗号資産(仮想通貨)の量と値段を打ち込み注文を出す場所です。 2.レバレッジ変更画面・・・スライダーを左右に移動させることでレバレッジ倍率を変更(1~100倍)することができます。 3.取引詳細画面・・・取引している通貨ペアの詳細情報が表示されます。 4.メニュータブ・・・自身のウォレットや通貨ペアの詳細情報などに飛ぶことができます。 5.通貨ペア選択画面・・・レバレッジ取引をする通貨ペアを選択することができます。 6.オーダーブック・・・現在出されている注文を見ることができます。 7.チャート・・・ローソク足で価格推移を確認できます。 8.デプスチャート・・・現在注文が出ている各価格帯での売り買い注文数量を視覚的に確認できます。 9.直近取引履歴・・・直近で成立した約定履歴を確認できます。 10.オーダー情報画面・・・自身の保有ポジション状況や未成立状態の注文、約定履歴、注文履歴などを確認できます。   ビットメックスの取引画面は日本語に対応しているため、それほど迷うことなく直感的に操作ができる仕様になっています。 ビットメックス(BitMEX)の基本的な取引ルール ビットメックスで取引を始める前に、まずはビットメックスの基本的な取引ルールを覚えておきましょう。 手数料 ビットメックスでかかる手数料は以下の通りです。 種類 金額 Taker手数料 0.075% Maker手数料 -0.025% Funding手数料 -0.375%~0.375%の間で変動(8時間毎) 決済手数料 0.05% 入出金手数料 なし(ただし送金手数料はかかる) Taker手数料は取引板に注文を出す際にかかる手数料で、取引額の0.075%かかります。 一方で、取引板にすでにある注文から取引をする場合には、Maker手数料として取引額の0.025%をもらうことができます。   Funding手数料はポジションをもっていると8時間に一回発生する手数料です。 決済手数料はポジションを清算するたびにかかる手数料です。   また入出金手数料は無料ですが、日本の取引所からビットメックスにビットコインを入金する際にかかる送金手数料は自己負担です。 GMOコインなら、ビットメックスへの送金手数料を取引所が全額負担してくれます! GMOコインから無料でビットメックスに入金する   さらに、いまならCoinPartnerからビットメックスに登録すると、すべての手数料が10%オフでご利用いただけます!   ビットメックスを手数料10%オフで始める! BitMEX(ビットメックス)の手数料はいくら?手数料を安くする裏技も紹介! | CoinPartner(コインパートナー) BitMEXは追証なしで100倍までレバレッジをかけられる取引所として有名です。とはいえ、手数料がとても複雑で、「儲けたつもりが、手数料込みで考えると損していた!」そんなことを防ぐために、手数料について完璧に理解しましょう。 続きを読む   レバレッジ倍率 ビットメックスにおける各通貨の最大倍率は以下の通りです。 通貨 最大レバレッジ ビットコイン(XBT) 100倍 イーサリアム(ETH) 50倍 リップル(XRP) 20倍 EOSトークン(EOS) 20倍 カルダノ(ADA) 20倍 トロン(TRX) 20倍 ライトコイン(LTC) 33.33倍 国内では法規制により最大でも25倍までのレバレッジ取引しかできませんが、ビットメックスであれば100倍のレバレッジ倍率で取引をすることができます。 通貨によって利用できる最大倍率は異なりますが、いずれの通貨も他の取引所に比べてかなり高い倍率でFXをすることができます。 (合わせて読みたい記事⇨ビットコインのレバレッジは何倍?取引所の倍率比較やリスク分析も!)   ロスカット ビットメックスのロスカットラインは以下の通りです。 ポジション ロスカットライン 〜200XBT 0.5% 〜300XBT 1.0% 〜400XBT 1.5% 〜500XBT 2.0% レバレッジをかけている場合は実際のロスカットラインは変化します。 たとえば1XBTを証拠金に100倍のレバレッジをかけ100XBT分の取引をしていた場合、0.5%×100=50%が必要証拠金維持率になります。つまり、証拠金が残り0.5XBTになった時点で取引が自然終了します。   またビットメックスは追証が存在しないため、ロスカットが間に合わなくても借金が発生することはありません。   ロスカットや追証について詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。 ビットコインFX(暗号資産(仮想通貨)FX)とは?やり方やおすすめの国内外FX取引所、メリット・デメリットをご紹介 | CoinPartner(コインパートナー) ビットコインFXとは、ビットコインを用いた証拠金取引です。外国為替のFXと同じように、証拠金を担保に大きな額の取引が可能になります。ただし、ビットコインFXはリターンもリスクも莫大な諸刃の剣です。ビットコインFXをよく知っておきましょう! 続きを読む     注文方法 ビットメックス(BitMEX)でできる注文方法は以下の5種類です。   指値注文・・・「指定した価格より安くなったら買う」もしくは「指定した価格より高くなったら売る」。もっとも基本的な注文方法。 成行注文・・・指定した量の暗号資産(仮想通貨)を「現状もっとも安い方法で買う」もしくは「現状もっとも高い価格で売る」。もっとも基本的な注文方法。 ストップ注文・・・「指定した価格より安くなったら売る」もしくは「指定した価格より高くなったら買う」。損切りに用いる注文方法。 利食い注文・・・「指定した価格より安くなったら買う」もしくは「指定した価格より安くなったら売る」。利確する際に注文方法。 トレイリングストップ・・・現状の価格に対する価格の変動幅を指定する注文方法。 FX初心者であれば指値注文と成行注文ができれば十分でしょう。 ビットメックス(BitMEX)でビットコインFXをする方法 ビットコインFXをする簡単手順 ...

Coinbene(コインベネ)とは?特徴から手数料、登録方法まで全部解説

「Coinbene(コインベネ)ってどんな取引所なのかな、、、?」 とお考えの方も多いのではないでしょうか? 確かにコインベネといった海外の取引所って、いきなり登録するのは不安ですよね! そこで今回は海外投資エージェントがコインベネについて解説します! コインベネの特徴だけでなく、登録方法や出入金の仕方も解説するので、この記事一つでコインベネで取引が始められます! 早速この記事を読んで、コインベネで取引を始めてみましょう! Coinbene(コインベネ)についてまとめると・・・ Coinbene(コインベネ)はシンガポールに拠点を置く海外の取引所 取引できる通貨ペアが200種類以上ある 手数料が安くてお得に取引できる 日本語に対応していて使いやすい 独自の暗号資産(仮想通貨)トークン「CONI」がお得 Coinbene(コインベネ)で取引を始める 目次 Coinbene(コインベネ)とは Coinbene(コインベネ)の特徴 Coinbene(コインベネ)の手数料 Coinbene(コインベネ)の登録方法 Coinbene(コインベネ)の入金・出金方法 Coinbene(コインベネ)に関するQ&A Coinbene(コインベネ):まとめ Coinbene(コインベネ)とは Coinbene(コインベネ)は2017年に設立された、海外の暗号資産(仮想通貨)取引所です。 シンガポールに本社を置き、10ヵ国にオフィスを持つグローバルな取引所です! 世界の暗号資産(仮想通貨)取引所の中でも、取引量がトップ8に入るなど、大規模な暗号資産(仮想通貨)取引所であると言えます! Coinbene(コインベネ)公式サイトはこちら Coinbene(コインベネ)の特徴 Coinbene(コインベネ)の特徴 取り扱い通貨のペアが200以上 手数料が安い 海外取引所なのに日本語に対応 独自取引所トークン「CONI」を発行している 取り扱い通貨のペアが200以上 コインベネの取り扱い通貨ペアは、200種類以上あります! イーサリアム(ETH)やリップル(XRP)など有名なアルトコインはもちろん、国内で取り扱いがない暗号資産(仮想通貨)も取引できます! また基軸通貨はビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、テザー(USDT)の3種類から選ぶことができます。 アルトコインの取引もしたい方はコインベネに登録しておけば、一通り購入したい暗号資産(仮想通貨)を網羅できるでしょう! 手数料が安い コインベネの手数料は、他の海外取引所と比べて安いと言えます。 通貨ペアにもよりますが、取引手数料は0.1%のものが多いです。 さらに詳しくは後ほど述べますが、コインベネではVIP制度というものを設けており、取引量が多くなるほど手数料が安くなります! コインベネであればお得に取引ができそうです! 海外取引所なのに日本語に対応 コインベネは海外の取引所ではありますが、日本語にしっかり対応しています! 海外の取引所を使うとき、日本語に対応していないと大体は英語表記で取引をすることになります。 英語が苦手な方は、しっかり取引ができているのか不安になりますよね! コインベネでは日本語に対応しているため、安心して取引ができます! 独自取引所トークン「CONI」を発行している コインベネでは独自の取引所トークンであるコニー(CONI)を発行しています。 こちらを保有していると、コインベネでの取引手数料がさらに安くなります。! コインベネでたくさん取引をするつもりの方は、購入しておくとお得に取引できるでしょう! Coinbene(コインベネ)で取引を始める Coinbene(コインベネ)の手数料 取引をする上で重要な、Coinbene(コインベネ)の手数料について解説します。 コインベネでの取引にかかる手数料は、少し複雑なので注意しましょう! 取引手数料 コインベネでは取引手数料は、スポット取引(現物取引とレバレッジ取引)と先物取引で異なります。 スポット取引では、メイカーとテイカーで手数料は変わらず、0.1〜0.2%のものが多いと言えます。 先ほど説明した暗号資産(仮想通貨)CONIで手数料を払うと、0.08〜0.16%に取引手数料が割引されます。 先物取引ではメイカーに0.04%、テイカーに0.06%の手数料がかかります。 またコインベネでは現在、VIP制度が設けられており、直近30日の取引量によって手数料が割引されます! (Coinbeneの取引手数料の一覧はこちら) 入金・出金手数料 コインベネの入金・出金手数料について解説します。 コインベネの入金手数料は、無料のようです! コインベネでは最低入金金額が設定されており、最低金額以下で入金すると入金が反映されないので、注意しましょう! 出金手数料については、銘柄ごとに異なります。 出金手数料は、出金のページで確認できます。 出金する場合は、こちらにも注意しましょう! Coinbene(コインベネ)で取引を始める Coinbene(コインベネ)の登録方法 Coinbene(コインベネ)に興味を持った方は、早速登録してみましょう! コインベネの登録は無料で、かつ3分ほどで完了します! 気になったらとりあえず登録しておくのが良いでしょう! 登録方法 Coinbene(コインベネ)の登録には大きく分けて2つのステップがあります。 順に確認しましょう! メールアドレスとパスワードを登録 まずは、Coinbene(コインベネ)の公式サイトにアクセスします。 公式サイトの右上にある、新規登録の欄をクリックしてください。 次にメールアドレスとパスワードを入力し、ユーザー規約に同意するためにチェックボックスに、チェックを入れましょう。 ①〜④の欄を全て埋めたら、⑤の新規登録をクリックすると、登録したメールアドレスに認証メールが届きます。 届いたメールからメール認証を完了する 届いたメールを開くと、上図のような画面が現れます。 上図の青い囲みの部分をクリックすれば登録完了です。 二段階認証の設定方法 次に二段階認証を設定しましょう! ハッキングによって暗号資産(仮想通貨)を失った人のほとんどは、二段階認証を設定していなかったと言われています。 こちらも簡単に登録できるので、口座の登録と合わせて行いましょう。 二段階認証を設定する 口座の登録が完了すると、上図のように人のマークが現れクリックできます。 こちらをクリックし、「個人安全」の箇所をクリックしてください。 クリックすると、認証の方法を選ぶことができます。 今回はGoogle認証で二段階認証を設定します。 「Google Authenticator」をダウンロードして認証を完了する Google認証の箇所をクリックすると、上図のようなQRコードと秘密キーが表示されます。 こちらをGoogleAuthenticatorで読み込み、表示されたコードを確認コードの欄に入力すれば、二段階認証完了です。 GoogleAuthenticatorのダウンロードは、こちらからも行えます。 Google Authenticator 開発元:Google LLC 無料 posted withアプリーチ Coinbene(コインベネ)公式サイトはこちら Coinbene(コインベネ)の入金・出金方法 Coinbene(コインベネ)に登録したところで、早速取引を行うために、入出金を始めとする取引方法を理解しましょう! 入金方法 コインベネへの入金方法も、登録方法と同様に簡単に行えます。 入金する通貨を選択する まずは自分のページの最初の画面を選び、入金の箇所をクリックしましょう。 矢印に従って、入金する暗号資産(仮想通貨)を選択しチェックボックスにチェックを入力してください。 入金アドレスを読み取り入金する アドレスの作成を押すと、上図のように預金先のコードかQRコードが表示されます。 こちらを読み取って暗号資産(仮想通貨)を入金しましょう。 出金方法 出金方法は入金方法に比べて少し大変です。 二段階認証を済ませていないと、出金ができないようになっているので、出金する場合はまず二段階認証を設定しましょう! PINコードを設定する まず入金する時と同様に、自分の最初のページから出金の箇所をクリックします。 するとPINコードと呼ばれる、資金のパスワードを設定するよう求められます。 GoogleAuthenticatorに表示されている認証コードを上の欄に入力し、下の欄に資金のパスワードを自分で設定しましょう。 必要な情報を入力して出金する PINコードを入力したら、出金に必要な情報を入力していきましょう。 出金する暗号資産(仮想通貨)の種類、出金先のアドレス、PINコード、メールコード、二段階認証のコードを入力します。 メールコードは、空欄の「送る」のボタンを押せば、登録したメールアドレス宛にメールコードが届きます。 提出を押せば、出金作業が始まります。 Coinbene(コインベネ)で取引を始める Coinbene(コインベネ)に関するQ&A 日本人でも利用できますか? コインベネは、日本人でも問題なく利用できます! ただし今後の法規制の動きによっては、日本居住者は使えなくなるということもあり得ます。 規制の動きに敏感になっていた方が、安心して取引ができると言えます! Coinbene(コインベネ)のスマホアプリはありますか? コインベネは、スマホのアプリを出しています! コインベネのアプリでも、暗号資産(仮想通貨)の取引が可能です。 こちらのアプリは英語のみ対応しているようなので、その点だけは注意しましょう! コインベネのアプリは、こちらからダウンロードできます! CoinBene 開発元:Coinbene Servicos Digitais Ltda...

【CryptoGT使い方】CryptoGT(クリプトGT)の登録・入出金・取引方法を徹底解説!

「CryptoGT(クリプトGT)の使い方がいまいちよくわからない…」   こんな風に思ってはいませんか? 確かに海外取引所でもある分、使い方については少しわかりにくい点もありそうですよね。   この記事では海外投資エージェント編集部がCryptoGT(クリプトGT)の登録から入出金、取引方法までそれぞれ3ステップずつにまとめて詳しく解説していきます! CryptoGTの使い方 STEP1:CryptoGTに登録する STEP2:トレードツールMT5をインストールする STEP3:実際に取引する CryptoGTはこのような流れで誰でも簡単に使うことができます。 ぜひ実際に登録しながらこの記事を読み進めていってください! CryptoGTの登録はこちら 目次   CryptoGT(クリプトGT)とは? CryptoGT(クリプトGT)の登録方法 CryptoGT(クリプトGT)の入金方法 CryptoGT(クリプトGT)のブラウザ版・アプリ版取引方法 CryptoGT(クリプトGT)の出金方法 CryptoGT(クリプトGT)の使い方に関するQ&A CryptoGT(クリプトGT)の使い方まとめ CryptoGT(クリプトGT)とは? 運営会社 Hatio Ltd 所在地 キプロス 設立年 2018年6月 取扱通貨ペア数 58種類 最大レバレッジ 500倍 追証 × ロスカット倍率 100% 日本語対応 ◯ 2018年6月に設立されたキプロスに拠点を置く、暗号資産(仮想通貨)FXに特化した取引所です。 もとはCryptoCM(クリプトCM)という名前でしたが、同年8月に名称がCryptoGT(クリプトGT)に変更されました。 設立当初から高いレバレッジなどで人気を集めていましたが、リニューアル後からはセキュリティー面の改善や利便性が向上し、さらに人気を集めている暗号資産(仮想通貨)取引所です。 CryptoGTの特徴 豊富な通貨ペアを高いレバレッジで運用できる メールアドレスを登録するだけの3分ほどで口座開設ができる JPY取引USD取引どちらにも対応 ・日本語に完全対応 アルトコインFXのスプレッドが狭い 以下では、CryptoGTに特徴的な4項目について紹介していきます。 CryptoGTの公式サイトはこちら! 豊富な通貨ペアを高いレバレッジで運用できる Crypto GTはビットコインなどの主要暗号資産(仮想通貨)を始め全58種類の通貨ペアを取り扱っています。暗号資産(仮想通貨)だけでなく為替や株式の取引も行うことができます。 また、ほぼ全てのペアで最大500倍までレバレッジをかけることができます。 これは海外取引所の中では最も高いレバレッジ倍率となっており、高いレバレッジで取引したい人にはもってこいの取引所です! メールアドレスを登録するだけの3分ほどで口座開設ができる Crypto GTの口座開設に必要なものは、ログインに利用するメールアドレスと設定するパスワードのみです。 そのため、すぐに登録し取引を始めることができます。 これは、海外暗号資産(仮想通貨)取引所ならではのメリットです。 自分の気が向いたタイミングで口座を開設し取引を始めることができるので、ぜひ始めてみてください! JPY取引USD取引どちらにも対応...

iForex(アイフォレックス)の特徴や評判、口座開設方法などを徹底解説!

「iForex(アイフォレックス)ってどんなFX業者なんだろう?」 あなたは今、そうお考えではないですか? 有名な海外FX業者ということもあって気になるけど、本当に安心して利用できるのか、不安ですよね。 この記事では海外投資エージェントがiForex(アイフォレックス)の特徴やメリット・デメリット、登録方法、使い方について詳しく解説していきます。 この記事を読めばiForex(アイフォレックス)についての不安点や疑問点が解決し、すぐにでも取引を始められます! 早速iForex(アイフォレックス)について学んでいきましょう。 iForex(アイフォレックス)の特徴を簡単にまとめると… 20年以上の実績とライセンスを保有したうえでの運営で信頼性バツグン!! 追証なしのゼロカット(自動ロスカット)システムで借金のリスクはゼロ ロスカット水準はなんと0%!! スプレッドが狭く、取扱銘柄は800種類以上 日本語完全対応で、カスタマーサポートも充実 スキャルピング禁止なので注意 iForexの登録はこちこちらから 目次   iForex(アイフォレックス)とは iForex(アイフォレックス)のメリット iForex(アイフォレックス)の注意点・デメリット iForex(アイフォレックス)の口コミ・評判 iForex(アイフォレックス)の手数料・スプレッド iForex(アイフォレックス)キャンペーン・ボーナス iForex(アイフォレックス)スマホアプリ iForex(アイフォレックス)登録方法・口座開設方法 iForex(アイフォレックス)入金・出金方法【使い方】 iForex(アイフォレックス)まとめ iForex(アイフォレックス)とは 運営会社 Formula Investment House...

海外取引所での仮想通貨の簡単な購入方法・買い方|日本国内には無い仮想通貨が買える!

「海外取引所で暗号資産(仮想通貨)を購入してみたいけど、何だか難しそうだな、、、」 そんな悩みを抱えてはいませんか? 確かに、「海外」取引所を使って暗号資産(仮想通貨)を購入するのに何かハードルがあるように感じますよね。 この記事では、そんな悩みを海外投資エージェントが解決します! 海外での暗号資産(仮想通貨)購入方法から、おすすめの取引所、おすすめの暗号資産(仮想通貨)、注意点やコツなど徹底的に解説していきます! 海外取引所での暗号資産(仮想通貨)の購入方法 海外取引所で暗号資産(仮想通貨)を購入するのは3つのSTEPで簡単に出来ます! 海外取引所では、国内では購入できない暗号資産(仮想通貨)が何百何千とあります! 登録は3分もあれば完了するので是非登録してみてください! 国内にはない暗号資産(仮想通貨)が150種類以上/ Binanceの登録はこちら   目次 海外取引所で暗号資産(仮想通貨)を購入するメリット 海外取引所での暗号資産(仮想通貨)の購入はたったの3STEP 海外取引所で暗号資産(仮想通貨)の現物を買うならBinance(バイナンス)がおすすめ 海外取引所でしか購入できないおすすめの暗号資産(仮想通貨) 【購入する前に知っておきたい】海外に送金するならGMOコインが一番おすすめ 実際の海外取引所での購入方法をBinance(バイナンス)で解説 海外取引所で暗号資産(仮想通貨)を購入する時の注意点 海外で暗号資産(仮想通貨)を購入する時のコツ 暗号資産(仮想通貨)の購入方法に関するQ&A〜海外ver〜 海外取引所の暗号資産(仮想通貨)購入方法 まとめ   海外取引所で仮想通貨を購入するメリット わざわざ海外取引所を使う意味がいまいち分からない方もいると思います。 まずは、海外取引所を暗号資産(仮想通貨)の購入に使うメリットを解説します! 取扱通貨が日本国内取引所の10倍以上ある!   まず一番のメリットは、海外の取引所は取扱暗号資産(仮想通貨)の種類がとても豊富です!! 例えばBinance(バイナンス)には、160種類以上の暗号資産(仮想通貨)を取り扱っています! 日本国内では一番取扱通貨が多いCoincheckでも14種類なので、Binance一つでCoincheckの10倍以上もの暗号資産(仮想通貨)を選ぶことができます! また、現在暗号資産(仮想通貨)自体は2000種類以上あるとも言われているので、今は全くの無名だが将来的に爆上がりするコインが海外取引所なら見つかるかもしれません。 Binanceの登録はこちら 海外取引所は取引手数料が圧倒的に安い!   海外取引所は、取引手数料が安いという魅力があります。 例えば、Binanceでは取引手数料が0.1%となっています。 国内取引所は、スプレッドと合わせて平均的に1〜3%ほどあるので、Binanceの手数料の安さが分かると思います! また、Binanceでは、BNB(バイナンスコイン)を手数料の支払いに使うことで最大50%の割引にもなります! Binanceの登録はこちら 最大500倍のレバレッジがかけられる!   海外取引所は、最大で500倍のレバレッジがかけることができます! 日本国内の取引所は、現在最大4倍になっており、金融庁の方針的に今後は2倍に統一されるようです。 CryotoGTという海外取引所では、ビットコインFXに最大500倍のレバレッジをかけることができます! ハイリスクにはなりますが、ハイリターンを狙う人にとっては海外取引所の高いレバレッジは魅力的になるでしょう。 CryptoGTの登録はこちら 海外取引所での仮想通貨の購入はたったの3STEP 海外取引所で暗号資産(仮想通貨)の購入はたったの3STEPでできます! 国内取引所の口座を既に持っている場合は、新規口座開設から購入までで10分程で完了します。 ①海外取引所に口座開設する   最初に海外取引所に口座開設をします! 海外取引所は、本人確認書類が不要でメールアドレスとパスワードの設定で完了するところがほとんどです! 登録自体は3分もあれば完了すると思います! ②国内取引所から送金する   現状ほとんどの海外取引所には日本円の入金が出来ません。 そのため国内の取引所からBTCやETHなどの暗号資産(仮想通貨)を海外取引所に送金します。 海外取引所へ送金するならGMOコインがおすすめです! GMOコインでは、暗号資産(仮想通貨)の送金手数料が無料なため、お得に送金出来ちゃいます! GMOコインの登録はこちら ③暗号資産(仮想通貨)を購入する   入金が完了しましたら、その暗号資産(仮想通貨)で、欲しい物を購入します。 取引所によって建替できる暗号資産(仮想通貨)が異なりますので気をつけましょう。 海外取引所で仮想通貨の現物を買うならBinance(バイナンス)がおすすめ 日本では取り扱っていないような暗号資産(仮想通貨)が欲しい方は、Binance(バイナンス)がおすすめです! Binanceは、「世界一の取引所」と称されるほどの名実共に高い取引所です。 Binanceは、160種類以上の暗号資産(仮想通貨)を取り扱っていますので、国内では見つからないような通貨がきっと見つかります! また、取引手数料が0.1%と非常に安いので、他に海外取引所よりもお得に取引することが出来ます! 国内にはない暗号資産(仮想通貨)を買うなら/ Binanceの登録はこちら 海外取引所でしか購入できないおすすめの仮想通貨 日本国内では購入できない暗号資産(仮想通貨)の中で将来性が高いと思われるおすすめの物を3つ紹介します! 海外取引所でしか購入できないおすすめの暗号資産(仮想通貨)3つ ウェーブス(WAVES) バイナンスコイン(BNB) コスモス/アトム(COSMOS/ATOM) ウェーブス(WAVES) ウェーブスは、独自のトークンを発行できるプラットフォーム型の暗号資産(仮想通貨)です! ウェーブスには、スマートコントラクトが導入されており、ウェーブスのプラットフォームでは、たったの1WAVES(約150円)支払えば、誰もが気軽にトークンを発行することができます。 実際にあの「バーガーキング」では、独自のWhoppercoinを発行しポイントして利用しているようです。 現状では、開発途上という印象がありますが、今後の動向次第では大きく成長する可能性を秘めていると思われます。 BinanceでWAVESを購入する バイナンスコイン(BNB) BNB(バイナンスコイン)は、Binanceが発行しているトークンです。 BNBは、希少性を維持するために四半期毎にBinanceが買戻し、その分を破棄(バーン)されています。 このBNBは、Bianceでとても役に立つ機能があります!BNBを使うことで手数料が安くなったり、新規上場通貨の投票に参加できたり、基軸通貨として使うこともできます! 草コイン特有の持っていて使い道が無くなったという事態には陥らない草コインになっています。 BinanceでBNBを購入する コスモス/アトム(COSMOS/ATOM) Cosmos(コスモス)とは、全く異なるブロックチェーンを繋げて、相互に運用・拡張できるようにするプロジェクトです。ATOM(アトム)は、そのCOSMOS上で使われるトークンを指します。 現状の発行されている暗号資産(仮想通貨)は、多くが独自のブロックチェーンを構築していますが、いきなり「BTCとETHを直接取引する」ことはできません。 そこでCosmosは、自身を仲介させることで異なるブロックチェーン同士を繋ぎます。 CosmosはDAppsをjavaなどのメジャーなプログラミング言語で開発が可能なため、DApps開発で覇権を握っているイーサリアムからCosmosへの流入可能性が考えられています。 BinanceでCosmosを購入する 【購入する前に知っておきたい】海外に送金するならGMOコインが一番おすすめ ここまで海外取引所での購入方法の流れや、オススメの取引所・暗号資産(仮想通貨)を紹介してきましたが、実際に購入する前に知っておいてもらいたいことがあります! 海外取引所に送金するために使う取引所はGMOコインが一番おすすめです! GMOコインは、送金手数料が無料になっています!(各マイナーに対しての手数料は仕組み上かかります) それに加え、日本円の入出金手数料も無料なので、海外取引所で利益を得て換金する際にもお得に出金できます! 使い勝手もよく、手数料もお得なため、総合的に海外取引所を使用するならば、国内取引所ではGMOコインがおすすめです! 海外送金手数料無料/ GMOコインの登録はこちら 実際の海外取引所での購入方法をBinance(バイナンス)で解説 次は、実際におすすめの取引所であるBinanceでの暗号資産(仮想通貨)を購入する際の手順を解説します! 先ほど紹介した海外取引所でしか買えないおすすめの3つの通貨は、Binanceで購入することができます! Binanceの公式サイトはこちら Binanceへの入金方法 Binanceへの入金方法 BinanceにログインしてBTCアドレスを表示 GMOコインからBTCアドレスへ送金する BinanceにログインしてBTCアドレスを表示 まずはBinanceにログインして、BinanceのBTCのアドレスを表示します。↑ 右上にある「Funds」→「Deposits」とクリックすると上のような画面になります。 通貨名を「BTC」に選択するとBinanceのBTC送金用のアドレスが表示されます。 ここのアドレスはコピーしておきましょう! GMOコインからBTCアドレスへ送金する 次にGMOコインにログインしていきます。 画面左側メニューから「入出金」→「暗号資産(仮想通貨)」→「送付」とクリックします。 そして通貨を「ビットコイン(BTC)」に選択します。 ビットコインの送金先の記入画面になりますので、先ほどコピーしたBinanceのBTCアドレスを貼り付けます 「登録する」をクリックすると送金画面になり、送金まで実行できます。 Binanceでの注文方法 次は、Binanceでの実際の注文方法です! 取引画面の見方から実際の取引方法まで画像と共に説明していきます! Binance取引画面の見方 こちらが取引画面です。右側上部で取引したい通貨を選択できます。そして、左側にあるのが取引板です。 赤文字が売り板、緑文字が買い板で、今出ている売り注文、買い注文を見ることができます。 赤文字の一番下が最も安値の売り板、緑文字の一番上が最も高値の買い板で、その二つの境目には最終約定価格が表示されています。注文の履歴は右下に一覧として表示されます。 そして中央、チャートの下に位置するのが取引フォームです。 Binanceの注文方法 Binanceでは、「Market:成行注文」 「Limit:指値注文」 「Stop-Limit:逆指値注文」での取引が可能です。 ここでは、成行注文について画像と共に紹介します。 成行注文は、とてもシンプルで購入したい・売却したい量を入力するだけで大丈夫です! こちらの成行注文は、「今すぐにこの通貨が欲しい!!」といった時に使うのがおすすめです。 指値注文と逆指値注文の方法については下の記事に詳しく載っているので見てみてください! Binanceの登録はこちら GMOコインの登録はこちら   海外取引所で仮想通貨を購入する時の注意点 ここまでで、おすすめの取引所・暗号資産(仮想通貨)、実際に購入する流れまで分かったかと思います。 ここからは、海外取引所で暗号資産(仮想通貨)を購入する上で知っておいてもらいたいことについて説明します! 2段階認証は必ず設定しよう   海外取引所を使って暗号資産(仮想通貨)を購入するなら、2段階認証は必ず行いましょう! 2段階認証は、暗号資産(仮想通貨)取引を行う上で最低限のセキュリティ対策です。 2段階認証はアプリを使って簡単にできるので、設定を行うのに何ら心配はいりません! 簡単に儲かるような話には注意しよう   海外取引所には、国内取引所では買えないような暗号資産(仮想通貨)が何百何千とあります。 絶対儲かるような話は、99%ないので気をつけましょう。 また、「芸能人や有名人が関わっているから儲かる」といった話にも要注意です。 過去には、スピンドル(通称:ガクトコイン)という通貨に、あの芸能人のGACKT氏が広告塔になっていると話題になりました。 ですが結局は、スピンドルは詐欺だったと言われているのが現状です。 暗号資産(仮想通貨)は多くの種類がありますので、このような美味しい話には慎重になって投資を行いましょう。 海外で仮想通貨を購入する時のコツ 次に、海外取引所で暗号資産(仮想通貨)を購入する時に知っておいて欲しいコツを紹介します! ちょっとしたことですが、意識するとしないとでは違いが出ると思います! 信頼性の高い暗号資産(仮想通貨)かどうか確認しよう   先ほども一度言及しましたが、購入する暗号資産(仮想通貨)の信頼性の確認は行いましょう。 運営・開発元は怪しくないか、機能や仕組み、将来性はどうか調べてみましょう。 様々な暗号資産(仮想通貨)を調べることで、また別の興味ある暗号資産(仮想通貨)・プロジェクトが見つかるかもしれません! 海外取引所でしか購入できない暗号資産(仮想通貨)は、一度調べてから購入するようにしましょう! 常に最新情報にアンテナを張って取引のタイミングを見極めよう   暗号資産(仮想通貨)取引は、未だ情報格差が目立つような状況です。 もし価格の影響しそうなニュースにいち早く反応することができれば、勝率を上昇させることが可能です。 そのために、暗号資産(仮想通貨)にまつわるニュースを常にチェックしたり、何かしらのコミュニティに入って情報にアンテナを張っておくのが重要になります。 仮想通貨の購入方法に関するQ&A〜海外ver〜 海外の暗号資産(仮想通貨)取引所は安全ですか? 「海外取引所は安全」と一概に言い切ることはできません。 それは、海外取引所はそれぞれ拠点を置いている国が違うため、各国で規制が異なっているからです。 ただ、各取引所が顧客の資産をどのように管理しているか等は、調べたら簡単に見つけることが出来ますので、取引所を使用する前に調べてみてください。 英語に自信が無くても海外の取引所は使えますか? 海外取引所の中には、日本語対応している取引所があります! bybitやCryptoGTなどは日本語対応しているので問題なく使えると思います。 日本語に対応していない取引所を使う際は、翻訳や使い方を調べて使う必要があります。 未成年でも海外取引所は使えますか? 海外取引所は、未成年でも使うことが出来ます! ただし、現状国内では未成年の方が口座開設できる取引所はないので、クレジットカードなどで海外取引所に入金する必要はあります。 海外取引所でおすすめのスマホアプリはありますか? 目的別におすすめのスマホアプリを紹介します。 レバレッジ取引がしたい方は、bybitのスマホアプリ 現物取引がしたい方は、Binanceのスマホアプリがそれぞれおすすめです。 海外取引所での利益は課税されますか? 海外取引所で出した利益は課税されます。 申告を忘れてしまうと脱税となってしますので気をつけましょう。 海外取引所の仮想通貨購入方法 まとめ 海外取引所での暗号資産(仮想通貨)購入方法について広く深く説明してきました! 海外取引所で暗号資産(仮想通貨)を購入するにあたって、特に以下のこれらのことは頭に入れておいてもらいたいです! 海外取引所の暗号資産(仮想通貨)購入方法 まとめ 海外取引所では何百以上の暗号資産(仮想通貨)がお得に買える 暗号資産(仮想通貨)購入までに必要な手順はたったの3つ 海外取引所で現物を買うならBinanceがおすすめ ...

海外仮想通貨投資の始め方|高レバレッジ・大量種類の仮想通貨を求めている人必見マニュアル

「海外取引所で暗号資産(仮想通貨)を始めるのってどうやればいいんだろう、、、」 そんな悩みを抱えてはいませんか? 確かに、海外取引所での暗号資産(仮想通貨)の始め方ってなんだか不安を抱えてしまいますよね。 この記事では、海外投資エージェントがそんな海外取引所での暗号資産(仮想通貨)の始め方を1から解説します! 始め方から、おすすめの取引所、注意点や勝率をあげるコツなど幅広く深くお教えします! 海外暗号資産(仮想通貨)投資の始め方 海外取引所で暗号資産(仮想通貨)を始めるのは、たったの3STEPで出来ます! 国内では買えない暗号資産(仮想通貨)が何百種類もあったり、最大レバレッジ500倍と特徴的な魅了が海外取引所にはあります! 海外取引所の口座開設は1分もあれば終わるので是非やってみてください! おすすめ海外取引所No.1 bybitの登録はこちら   目次 海外取引所での暗号資産(仮想通貨)の始め方〜簡単3STEP〜 海外取引所で暗号資産(仮想通貨)を始めるメリット 海外取引所で暗号資産(仮想通貨)を始めるならここ!おすすめ取引所BEST3 【1分で終わる】海外取引所の実際の登録2STEP (bybitを具体的にだす) 海外取引所に送金するならGMOコインがおすすめ! 海外取引所で暗号資産(仮想通貨)を始める上での注意点 【始める前に知っておきたい】海外取引所で勝率を上げるためのコツ 暗号資産(仮想通貨)の始め方に関するQ&A 〜海外ver〜 海外取引所の暗号資産(仮想通貨)始め方 まとめ   海外取引所での仮想通貨の始め方〜簡単3STEP〜 海外取引所で暗号資産(仮想通貨)を始めるにはたったの3STEPで始められます! もともと国内取引所に口座を持って入れば10分ほどあれば海外取引所で暗号資産(仮想通貨)を始めることができます! bybitの登録はこちら 1st STEP:海外取引所に口座開設をする   まずは、海外取引所に口座開設をします! 海外取引所は、本人確認書類の提出がいらず、メールアドレスとパスワードの登録だけで済むところが多いです! そのため登録は3分もあれば完了します!   海外取引所は、それぞれ特徴的なので、目的にあった取引所にまずは登録しましょう!   レバレッジ取引を求めている方は「 bybit(バイビット) 」 おすすめの海外取引所No.1 bybitの登録はこちら   160種類以上の暗号資産(仮想通貨)を求めている方は「 Binance(バイナンス) 」がおすすめです! 国内にない暗号資産(仮想通貨)の購入なら Binanceの登録はこちら   2nd STEP:海外取引所に入金する   口座開設が完了したら、次に取引所に入金していきます。 海外取引所への入金は、BTCやETHなどの暗号資産(仮想通貨)を国内取引所から送付します。 入金する際は、アドレス等を間違えないように気をつけて行いましょう。 GMOコインの登録はこちら 3rd STEP:暗号資産(仮想通貨)を購入する   入金が完了したのを確認したら、暗号資産(仮想通貨)を実際に購入しましょう。 取引所によっては、基軸通貨が異なりますので、気をつけましょう。   海外取引所で仮想通貨を始めるメリット 海外取引所では、暗号資産(仮想通貨)を簡単に買えることが分かったかと思いますが、、 そもそも海外取引所を使って暗号資産(仮想通貨)を始めるメリットとは何か、についてお伝えします! 海外取引所で暗号資産(仮想通貨)を始めるメリット 国内は最大4倍でも、海外では最大500倍までレバレッジがかけられる! 日本国内には無い暗号資産(仮想通貨)を取引できる! 国内は最大4倍でも、海外では最大500倍のレバレッジがかけれる!   海外取引所を使い始める人の多くは、より高いレバレッジを求めています。 実際、国内取引所の最大レバレッジ4倍であり、また今後金融庁の方針的に2倍に統一されるようです。 対して、CryptoGTなどの海外取引所では最大500倍のレバレッジをかけることができます! ハイリスク・ハイリターンを求めている人は、海外取引所を使ってみるのがおすすめです! CryptoGTの登録はこちら 日本国内には無い暗号資産(仮想通貨)を取引できる!   海外取引所には、日本国内では購入できない暗号資産(仮想通貨)がたくさんあります。 現状の国内取引所では、トークン含め20種類ほどのものしか購入することができません。 ですが、Binance(バイナンス)という海外取引所を使えば160種類以上の暗号資産(仮想通貨)が購入可能です! まだ全く知られておらず、爆上がりする可能性を秘めている通貨が海外取引所には多く眠っています! Binanceの登録はこちら 海外取引所で仮想通貨を始めるならここ!おすすめ取引所BEST3 海外取引所を使うメリットが充分理解できたかと思います! ここでは、多くの海外取引所を実際に使ってみて分かったおすすめの取引所BEST3を紹介します! おすすめの海外取引所BEST3 bybit(バイビット) CryptoGT(クリプトGT) ...

【Augur(REP)購入方法】オーガーのお得な買い方は?おすすめの取引所はPoloniex!

「Augur(オーガー)を買いたい!でもベストな購入方法がわからない・・・」 面白いアルトコインを見つけたら、どこで買うのがお得かすぐに知りたいですよね。 この記事ではAugurを取り扱う3社の取引所を比較した結果、Poloniexで買うことをおすすめしています! Poloniexをオススメする理由と、実際にPoloniexでリスクを購入する方法を紹介します! さらにAugurの特徴や、購入後の保管方法までわかるようにしているので参考にしてみてください! Augurとは?特徴や将来性をおさらい! 未来予測市場を作る! Augurはイーサリアムを元にした分散型予測市場です。 未来の出来事を予想して掛け金を立て、正しければ報酬を得る仕組みです。 これを用いてみんなで未来を予想しようというのがAugurのコンセプトです。 Augurの通貨単位はREPで、Augurは英語で「占い師」、「予言」という意味、REPは「Reoutation(評判)」からとっています。 ギャンブルを公正に行える! Augurではユーザーが自由に賭け事を作ったり、参加できます。 Augurの賭け事の特徴はユーザーがすべての取引を監視でき、胴元のいない公正な取引ができることです! 予想に関する取り決め、掛け金、オッズ、事実認定などが、スマートコントラクトによりすべてブロックチェーンに記録されています。 ただし、国によっては賭け事として法規制の対象となる恐れもあるという問題点もあります。 保険に革命をもたらすかも! 実は、保険は賭け事に似ています。 「この先の一定期間中に病気になる」という予測に掛け金を立てると、病気になった場合報酬がもらえます。 この掛け金と報酬がそれぞれ保険料と保険金に当たります。 よって分散型予測市場は、胴元のいないより公正な保険として利用できると言われています! 目次 Augurの購入はPoloniexがおすすめ!全3社の取引所を比較してわかった結果 PoloniexでAugurを購入するまでの流れ 買い方の3ステップ! Augurはどうやって保管する?おすすめのウォレットを紹介!  Augurの購入方法についてのまとめ   Augurの購入はPoloniexがおすすめ!全3社の取引所を比較してわかった結果 Augurが買える取引所3社比較早見表 Augurの取引を行っている主要な3つの取引所Poloniex、BITTREX、Krakenで手数料を比較しました! 取引所 取引手数料 取り扱い銘柄数 Poloniex Maker:0.15~0.0% Taker:0.25%~0.05% 約70種 BITTREX 0.25% 250種以上 Kraken 0.16~0.0% 17種 (Maker手数料・・・取引板を立てる際の手数料、Taker手数料・・・取引板を消費して取引する場合の手数料) (PoloniexとKrakenについては高額な取引をした場合に手数料が低くなります。)   手数料と銘柄数からおすすめはBittrexかPoloniexですが、基本的にBittrexは新規口座開設をストップしている(2018/04/20現在)ため、海外投資エージェントとしてはPoloniexをおすすめします! ちなみにKrakenはアメリカの取引所ですが日本語に対応しています!ただし登録や入金に時間がかかってしまう場合があるようです。 英語でも使いやすい!初級者から上級者までオススメのPoloniex Poloniexは世界最大級の取引所の一つで、シンプルで洗練されたチャートが使いやすく、その高い機能性から取引の上級者に好んで使われている取引所です。 英語表記なので使いづらそうに見えるかもしれませんが、目で見てわかりやすいUIなので初心者の人も直感的に操作できると思います! さらにPoloniexではレバレッジ取引もできるので、暗号資産(仮想通貨)のレバレッジ取引をしたい方にもオススメです。 Poloniex公式ホームページ PoloniexでAugurを購入するまでの流れ 買い方の3ステップ! さっそくPoloniexで取引を行う方法を実践していきます! ここでは3つのステップが必要で、 口座を開設する 入金する 取引を始める の順に行います。 スマートフォンのアプリは非公式のものしか存在しないのでブラウザで行いましょう。 STEP1 口座を開設する 口座の開設に必要なものはメールアドレスと本人認証用のパスポートの2つです! 用意ができたらPoloniexのトップページにアクセスします。 Poloniexにここからアクセス! 上の画面で国名とメールアドレス、パスワードを設定してアカウントを作成します。 入力したメールアドレスに届く確認用のURLにアクセスしてメールアドレスを認証します。届かない場合はメールフィルターに引っかかっている可能性もあるので迷惑メールボックスなどもチェックしましょう! 次に以下の本人確認画面に移ります!本人確認についてはこちらの記事に詳しく書いていますが簡潔に説明します! 上の画面で名前と住所、電話番号を入力します。 I agree to the Term of Use にチェックをつけたら「Begin Verification」をクリック!   ※住所の書き方について 海外では日本とは逆に、小さい方から順に住所を書いていきます。 例えば「東京都豊島区東池袋3丁目7番9号ASONE東池袋ビル301」の場合、 「#301, ASONE Higashi-ikebukuro Bldg, 3-7-9,...

TOP AUTHORS

0 投稿0 コメント
0 投稿0 コメント
0 投稿0 コメント
0 投稿0 コメント
59 投稿0 コメント
66 投稿0 コメント
0 投稿0 コメント
- Advertisment -

Most Read

Filecoin(ファイルコイン/FIL)の購入方法とマイニングについてチャート分析を踏まえた将来性・価格動向と共に解説!

「Filecoin(ファイルコイン/FIL)ってどうやって購入しよう?」 あなたは今こうお考えではないですか? 確かに今後の将来性があるなら購入したいですよね。 この記事では海外投資エージェントがファイルコイン購入におすすめの取引所やそこでの購入方法、将来性、マイニングについてなど徹底的に解説していきます! この記事を読めばファイルコインを取引やマイニングでスムーズに手に入れることができます! ファイルコインの魅力 ICO資金調達額は歴代2位の280憶円超えで上場前から大きな期待 ウィンボルクス兄弟など多くの有名投資家も目をつけているコイン! 今のネットワークを支配しているHTTPに代わる新たなネットワークを作成 Googleなどの大企業もファイルコインの基盤となるIPFSネットワークを採用 業者に資金を預けるだけの投資、ファイルコインの配当が最も高いマイニングもおすすめ! FIL購入におすすめの取引所 Binanceの詳細を見る 目次   Filecoin(ファイルコイン/FIL)とは Filecoin(ファイルコイン/FIL)の将来性は?チャート分析を踏まえて今後を予想! Filecoin(ファイルコイン/FIL)購入におすすめの取引所 Filecoin(ファイルコイン/FIL)の購入ステップ Filecoin(ファイルコイン/FIL)のマイニングとは Filecoin(ファイルコイン/FIL)のマイニングにおすすめの会社 Filecoin(ファイルコイン/FIL)に関するQ&A Filecoin(ファイルコイン/FIL)まとめ Filecoin(ファイルコイン/FIL)とは プロジェクト名 Filecoin(ファイルコイン) トークン名 FIL コンセンサスアルゴリズム Proof of Storage 発行上限 20億FIL 時価総額 ¥100,654,894,872 時価総額ランキング 39位 公式サイト 公式HP Twitter ファイルコインは2017年からICOが開始され、2020年10月にローンチされた比較的新しいコインです。 ここからは有名投資家たちも上場前から注目していたファイルコインの特徴を解説していきます! ICOの資金調達額が歴代2位 ファイルコインのICO資金調達額は280億円以上で歴代2位を記録しています! このICOにはウィンクルボス兄弟やスカイプ、コインベース、スタンフォード大学など多くの有名投資家や大企業が参加しています。 このような多くの資産を運用している投資家が投資しているファイルコインは上場前から将来性がかなり期待されていました。 ネットワークの仕組み変革するIPFS ファイルコインは分散型ストレージシステムです。 ユーザー同士で直接データファイルを共有できるP2P方式というブロックチェーン技術を用いることで今まで使われていたHTTP方式のネットワーク問題を解決します! ユーザー同士が直接やり取りするので管理者に依存せず、負荷が分散されアクセス集中でサーバーが重くなることも減り、データ管理のコストも削減できます。 Google、NASA、Wikipediaなど多くの大企業がこのようなIPFSのネットワークを採用すると発表しているので今後も多くの需要が見込まれます! まさにファイルコインはネットワークをHTTPからIPFSに変革させる重要なコインと言えるでしょう。 FILを買うならココ Binanceの詳細を見る Filecoin(ファイルコイン/FIL)の将来性は?チャート分析を踏まえて今後を予想! Filecoin(ファイルコイン/FIL)のチャート分析・価格動向

WBTC(Wrapped Bitcoin)とは?特徴・将来・購入できる取引所・BTCとの違いを解説!

「WBTC(ラップドビットコイン/Wrapped Bitcoin)ってどんな暗号資産なんだろう?」 あなたは今こうお考えではないですか? 確かにビットコインと似ていますが国内取引所にはない銘柄なのでわからないですよね。 この記事では海外投資エージェントがWBTCの特徴やメリット、チャート分析、購入におすすめの取引所まで詳しく解説していきます! この記事を読めばWBTCの特性を理解し今日から取引することができます! WBTCの魅力 保有・送金だけじゃない!WBTCを使えばイーサリアム上でBTCが利用可能に BTCを保有しつつBTCをDeFi系レンディングサービスに使える! 価格は1BTC=1WBTC、BTCのステーブルコイン BTCを保有しつつ更にそのBTCを資金運用したい方におすすめ! BTC保有だけが目的ならWBTCは購入しない方がおすすめ WBTC購入にオススメ Binanceの詳細を見る 目次   Wrapped Bitcoin(ラップドビットコイン/WBTC)とは Wrapped Bitcoin(ラップドビットコイン/WBTC)のメリット Wrapped Bitcoin(ラップドビットコイン/WBTC)の将来性は?チャート分析を踏まえて今後を予想! Wrapped Bitcoin(ラップドビットコイン/WBTC)購入におすすめの取引所 WBTCとBTCは何が違うの? Wrapped Bitcoin(ラップドビットコイン/WBTC)に関するQ&A Wrapped...

COSMOS(コスモス/ATOM)の購入方法|将来性・価格動向をチャート分析と共に解説!

「COSMOS(コスモス/ATOM)はどのように購入すればよいだろう?」 あなたは今こうお考えではないですか? 確かに国内取引所では見かけない通貨なのでよくわからないですよね。 この記事では海外投資エージェントがCOSMOSの特徴やチャート分析を踏まえた将来性、購入できる取引所と購入方法までわかりやすく解説していきます! この記事を読めば最適な取引所でCOSMOSを購入することができます! COSMOSの魅力 基礎となるTendermintで分散型取引所やDAppsが作成できる! 異なるブロックチェーンを繋げる技術は多くの開発者から注目されてる Biance DEX(分散型取引所)にも使われており将来性が高い 一時よりかなり価格が下がったので買うなら今! 報酬が高いステーキングが人気! ATOM購入に最適 Binanceの詳細を見る 目次   COSMOS(コスモス/ATOM)とは COSMOS(コスモス/ATOM)は購入するべき?将来性を踏まえて解説! COSMOS(コスモス/ATOM)購入におすすめの取引所 COSMOS(コスモス/ATOM)の購入ステップ COSMOS(コスモス/ATOM)に関するQ&A COSMOS(コスモス/ATOM)まとめ COSMOS(コスモス/ATOM)とは 価格 ¥497.59 JPY 時価総額 ¥103,327,983,472 JPY 市場ランキング 29位 発行上限 237,928,231 ATOM コンセンサスアルゴリズム PoS 公式サイト 公式HP Twitter 2014年にJae Kwon氏によってビットコインやイーサリアムのスケーラビリティ問題を解決するためにTendermint Inc.が設立されました。 ビットコインは新しいブロック作成に10分ほどかかりますが、COSMOSは1~3秒でブロック作成が可能です。 また、異なるブロックチェーン同士をつなぐクロスチェーン技術を持ち合わせることから様々な分野での活躍が期待され注目を集めています。 基盤はTendermint COSMOSはTendermintというシステムを基盤としています。 Tendermintはブロックチェーンなどの分散化ネットワークでの不正を防止したり、簡単なプログラミング言語でDApps(分散型アプリケーション)を作成するなど優れた技術です。 大手取引所BinanceはこのTendermint技術を使ってBinance Chainという独自のブロックチェーンを作り上げました。 BinanceがTendermintを利用したことでCOSMOSの注目度そして将来性も上がったと考えられます。 優れたクロスチェーン技術 暗号資産(仮想通貨)は様々な種類が存在しますが、ブロックチェーンが異なるため暗号資産(仮想通貨)同士の交換ができません。 COSMOSは取引所を介さずCOSMOS...

USD Coin(USDC)とは?特徴・将来・購入できる取引所・USDTとの違いを解説!

「USDCってどんな仮想通貨(暗号資産)だろう?」 あなたは今こうお考えではないですか? USD(アメリカドル)に似ている表記ですが、日本では取り扱っていないのでよくわからないですよね。 この記事では海外投資エージェントがUSD Coin(USDC)の特徴やメリット、チャート分析を踏まえた将来性やUSDCを購入できる取引所まで徹底的に解説していきます! この記事を読めばUSDCについて正しく理解し、今日からUSDCの取引を始めることができます! USDCの特徴 USDTより圧倒的に信頼性が高い米ドルのステーブルコイン 価格変動が少なく安定した取引を実現 VISAやゴールドマンサックスなどの大手企業と提携するほどの信頼度 外部監査と資産保有証明を公開していて透明性が高い イーサリアムベースのコインで送金スピードが速い USDC購入におすすめの取引所 Binanceの詳細を見る 目次   USD Coin(USDC)とは USD Coin(USDC)のメリット USD Coin(USDC)の最新チャート・将来性 USD Coin(USDC)購入におすすめの取引所 USDTとUSDCの違いはなに? USD Coin(USDC)を保管するウォレット USD...