mizuno

54 投稿0 コメント

VinDax(ヴィンダックス)とは?その特徴、登録方法から使い方まで徹底解説!

「VinDax(ヴィンダックス)ってどんな海外取引所なんだろう?」 あなたは今こうお考えではないですか? 確かに日本でもあまりか聞かない取引所なのでわからないことが多いと思います。 この記事では海外投資エージェントがVinDaxの特徴やリアルな口コミ、登録方法、使い方まで詳しく解説していきます! この記事を読めばVinDaxについて理解し、今日から取引することができます。 VinDaxの魅力 取扱通貨数は200種類以上とかなり豊富! 取引手数料はどこよりも安い0.05% 信頼性の高い投資IEOができる! 簡単な条件で無料でコインがもらえるエアドロップを開催している 詐欺コインと呼ばれるNOAHPを新規上場させたので今後の動きに注意が必要 豊富な取扱通貨 VinDaxの詳細を見る 目次   VinDax(ヴィンダックス)の基本情報 VinDax(ヴィンダックス)のメリット VinDax(ヴィンダックス)のデメリット VinDax(ヴィンダックス)の手数料 VinDax(ヴィンダックス)の取扱通貨 VinDax(ヴィンダックス)の登録・口座開設方法 VinDax(ヴィンダックス)の使い方 VinDax(ヴィンダックス)に関するQ&A VinDax(ヴィンダックス)まとめ VinDax(ヴィンダックス)の基本情報 拠点 ベトナム 設立 2019年3月 取引方法 現物取引 取扱通貨数 200種類以上 対応言語 英語 スマホアプリ android版のみ 公式サイト 公式HP Twitter VinDaxは2019年3月にできたベトナムを拠点に置く比較的新しい海外取引所です。 VinDaxはオリジナルコインのVDを発行しており、VDを利用すると手数料が40%OFFになるなどお得に取引することができます! 豊富な取扱通貨 VinDaxの詳細を見る VinDax(ヴィンダックス)のメリット ここからはVinDaxのメリットを解説していきたいと思います! VinDaxのメリット 取扱通貨数は200種類以上と豊富! 取引手数料0.05%で非常に安い 信頼性の高い投資IEOに参加できる ...

スマホアプリがある海外取引所おすすめランキングや比較表を紹介!海外取引所アプリで暗号資産(仮想通貨)を取引しよう!

「スマホアプリで取引できる海外取引所ってあるのかな?」 あなたは今こうお考えではないですか? たしかにスマホアプリがあれば海外取引所でも気軽に取引することができますよね。 この記事では海外投資エージェントがスマホアプリがあるおすすめ海外取引所、アプリで使える機能やその比較まで徹底的に解説していきます! この記事を読めば国内取引所のように海外取引所のスマホアプリを使いこなせます! 海外取引所スマホアプリ 国内取引所のようにいつでもどこでも取引できる! 簡単な英語表記で直感的に操作ができる 日本語対応のスマホアプリも多く存在する アラート機能で値動きがわかり取引のチャンスを逃さない! スマホアプリが使いやすい bybitの詳細を見る 目次   海外取引所のスマホアプリって実際どうなの? スマホアプリが便利な海外取引所ベスト3 海外取引所スマホアプリ機能比較表 海外取引所のスマホアプリを利用する際の注意点 海外取引所のスマホアプリに関するQ&A 海外取引所スマホアプリまとめ 海外取引所のスマホアプリって実際どうなの? 海外取引所のスマホアプリって実際どうなの?と思う方もいらっしゃるかと思います。 基本的には国内取引所のスマホアプリと同じでアプリ内で入出金、取引、二段階認証設定や本人確認認証などができます! 多くの海外取引所が公式スマホアプリをリリースしておりいつでもどこでも取引ができるようになっています。 アプリ内は簡単な英語で表記されているので海外のアプリでも慣れれば使いこなせるかと思います! また、スマホアプリも日本語対応している取引所もあるので、英語が苦手な方はそのような取引所を選ぶと良いでしょう。 海外取引所によってスマホアプリ内の機能が異なるので詳しくは下記にある海外取引所スマホアプリ機能比較表をご覧ください。 スマホアプリが便利な海外取引所ベスト3 スマホアプリで利用できる bybit Binance FTX bybit bybitスマホアプリ 日本語対応 アラート機能対応 ウィジェット機能対応 ...

仮想通貨取引所世界ランキング8選!取引所を選び間違えないためのポイントも解説!

「暗号資産(仮想通貨)取引所の世界ランキングってどうなってるの?」 と感じている方も多いと思います。 確かに、暗号資産(仮想通貨)取引所を選ぶ際、世界で人気の取引所は何か気になりますよね。 ただ、上の悩みを持ったまま何も知らず取引所を選ぶと損をする場合があるため、海外投資エージェントが実際に利用した経験をもとに暗号資産(仮想通貨)取引所の世界ランキングを紹介していきます。 この記事をを読めば、暗号資産(仮想通貨)取引所の世界ランキングを完璧に理解してすぐに暗号資産(仮想通貨)を取引することができます。 仮想通貨取引所の世界ランキングについて簡単にまとめると 1位:bybit 2位:FXGT 3位:Binance 4位:FTX 5位:CryptoGT 6位:HitBTC 7位:Kucoin 8位:changelly 世界ランキングNo.1のbybitの詳細を見る! 目次を開く 1. おすすめの仮想通貨取引所 世界の暗号資産(仮想通貨)取引所の比較一覧 【結論】この2つの取引所に登録することがおすすめ 2. 仮想通貨取引所ランキング 1位:bybit 2位:FXGT 3位:Binance 4位:FTX 5位CryptoGT 6位HitBTC 7位Kucoin ...

仮想通貨WAVES(ウェーブス)の購入方法を将来性と共に解説!

「WAVES(ウェーブス)ってどうやって購入するんだろう?」 そんな疑問をお持ちではないですか? 確かに国内で取り扱っていない通貨に関しては様々な疑問が生まれますよね! そこで今回は海外投資エージェントが最新価格やチャートから分かるWAVES(ウェーブス)の将来性や購入方法を徹底解説します! この記事を読めば、おすすめの取引所でWAVESを購入して取引できるようになります! この記事を簡単にまとめると、、、 WAVESは独自のトークンを発行できる。 LPoS方式を採用している。 海外取引所なら購入できる。 WAVESを購入するならBinanceがおすすめ! 日本語に対応している! Binanceの詳細を見る 目次   WAVES(ウェーブス)の特徴 WAVES(ウェーブス)の今後・将来性とは? WAVES(ウェーブス)の購入方法 WAVES(ウェーブス)を購入できるおすすめ取引所3選 WAVES(ウェーブス)に関するQ&A WAVES(ウェーブス)購入のまとめ WAVES(ウェーブス)の特徴 WAVES(ウェーブス)の基本情報 通貨単位 WAVES 総発行量 100,000,000WAVES 開発者 Sasha Ivanov 承認アルゴリズム LPoS方式 公式サイト Twitter medium Telegram reddit YouTube discord WAVES(ウェーブス)とは、2016年に最も金額を集めたロシア発のICOプロジェクトであり、個人が独自のトークンを発行できるプラットフォーム型の暗号資産(仮想通貨)です! 独自のトークンを発行できる ウェーブスでは誰でも簡単に独自のトークンを発行することができます。 独自のトークンは、トークンの名前・総発行量・最小単位などを決めるだけで発行することができます。 また、トークンを発行する目的・用途によって機能をカスタマイズすることができるので、「個人」や「小規模事業者」に対して強みを発揮しやすいです。 LPoS方式を採用している WAVESではブロックの承認システムに「LPoS方式(Leased Proof of Stake)」という珍しいシステムを採用しています。 LPoS方式とは、各ユーザーがトランザクションデータをすべて所有しているフルノードに自分の持っているWAVESを貸し出すことのできる方式です。 ウェーブスを借りる側はブロック生成がしやすくなって手数料をもらうことができ、貸す側は利息としてエアドロップを得ることができるのでWin-Winなシステムとなっています。 政府からの容認を受けやすい WAVESが拠点としているロシアでは暗号資産(仮想通貨)の規制が始まります。 法定通貨の存在を脅かすものとして、暗号資産(仮想通貨)が規制される動きは当然ですが、Wavesは暗号資産(仮想通貨)が法定通貨に取ってかわることを目指しているのではなく、様々なものをトークン化し、それらで取引を行うことができる便利な世の中を目指しています。 そのため、政府からの容認を比較的受けやすいのです。 実際、どのような対応を取られていくのかは不明なので、政府の動向はこれからも確認する必要があります。   独自のトークンを発行できる! Binanceの詳細を見る WAVES(ウェーブス)の今後・将来性とは? WAVESの最新価格・チャート TradingView提供のWAVESUSDチャート ...

Chiliz EXCHANGEとは?特徴・メリット・デメリット・登録方法など徹底解説!

「Chiliz EXCHANGE(チリーズエクスチェンジ)ってどんな取引所なんだろう?」 そんな疑問をお持ちではないですか? 確かに、海外の取引所って情報も多くないし、安全に利用できるか不安ですよね! そこで、今回は海外投資エージェントがChiliz EXCHANGE(チリーズエクスチェンジ)の特徴からメリット・デメリット・登録方法まで徹底解説していきます! この記事を簡単にまとめると、、、 スポーツチームなどの公式ファントークンを取引できる。 Binanceなどから出資を受けているので信頼性が高い。 日本語に対応しているため使いやすい。 登録は約3分で出来るので始めやすい! 公式ファントークンを取引できる! Chiliz EXCHANGEの詳細を見る 目次   Chiliz EXCHANGE(チリーズエクスチェンジ)の特徴 Chiliz EXCHANGE(チリーズエクスチェンジ)のメリット Chiliz EXCHANGE(チリーズエクスチェンジ)のデメリット Chiliz EXCHANGE(チリーズエクスチェンジ)の手数料 Chiliz EXCHANGE(チリーズエクスチェンジ)の取扱通貨 Chiliz...

LATOKEN(ラトークン)の特徴や評判、口座開設方法などを徹底解説!

「LATOKEN(ラトークン)ってどんな取引所なの?」 と思っている方も多いと思います。 確かに、LATOKENは日本であまり聞き慣れない海外取引所であるため、どんな取引所なのか把握しづらいですよね。 そこで、海外投資エージェントがLATOKENの特徴、メリット、取扱通貨数、登録方法から使い方まで詳しく解説していきます。 この記事を読めば、LATOKENの全体像がはっきりとわかり、すぐに仮想通貨を取引することができます。 LATOKENを簡単にまとめると 独自トークンのLAを発行している 日本発の暗号資産c0banが上場した 強固なセキュリティ対策がある 高速で取引ができる セキュリティが高い! LATOKENの詳細をみる 目次   LATOKEN(ラトークン)の特徴 LATOKEN(ラトークン)のメリット LATOKEN(ラトークン)のデメリット LATOKEN(ラトークン)の口コミ・評判 LATOKEN(ラトークン)の手数料 LATOKEN(ラトークン)の取扱通貨 LATOKEN(ラトークン)のスマホアプリ LATOKEN(ラトークン)の登録方法・口座開設方法 LATOKEN(ラトークン)の使い方 LATOKEN(ラトークン)に関するQ&A LATOKEN(ラトークン)の特徴 LATOKENの基本情報 設立年 2017年 取扱通貨数 227種類 日本語対応 ✕ スマホアプリ ○ 公式アカウント 公式サイト Twitter LATOKENとは暗号資産(仮想通貨)などの資産をトークン化して取引することができる海外の仮想通貨取引所です。 LATOKENはブロックチェーン技術を用いて、石油、金、絵画などの資産をトークン化し、安価で簡単に暗号資産(仮想通貨)を取引できるプラットフォームを提供しています。 すでに50万人以上のユーザーがLATOKENを利用している上に500以上の取引ペアに対応しているため、人気がある取引所となります。 独自トークンの「LA」 LATOKENは資金調達時に発行した独自のLAトークンを発行しています。 LAトークンはすでにHitBTCやKuCoinなど9つの取引所に上場しており、LATOKENはさらに多くの取引所にLAトークンを上場させようと努力しています。 LATOKENの規模が大きくなればなるほどLAトークンも認知され、流動性が高まります。 そのため、LAトークンの価格変動を予想する上ではLATOKENの動向に注目する必要があります。 LATOKENの詳細をみる  日本発のc0banが上場した LATOKENは日本発のc0banが上場しました。 c0banとは動画広告サービスを提供している日本発祥の暗号資産(仮想通貨)です。 あなたは動画広告を閲覧することでc0banを得ることができる上に、c0banをLATOKENで他の暗号資産(仮想通貨)に交換することができます。 LATOKEN(ラトークン)のメリット LATOKENのメリット 安全性が高い 安価でスムーズに取引できる 高速で暗号資産(仮想通貨)を取引できる 強固なセキュリティ対策をしている LATOKENはユーザー資産の99.5%をオフラインで管理するコールドウォレットを使用しています。 そのため、ハッキングされる心配なく、安心して暗号資産(仮想通貨)を取引することができます。 暗号資産(仮想通貨)を低コストで取引できる LATOKENを利用する際に資産をトークン化することによって低コストで暗号資産(仮想通貨)を売買することができます。 トークン化とは価値のあるものをトークンの形で表すことで、価値および所有権の記録があるものは全てトークン化することができます。 これにより、第三者を仲介せずに暗号資産(仮想通貨)を取引できるため、従来よりも安くスムーズに取引することができます。 暗号資産(仮想通貨)を高速で取引できる LATOKENは分散型取引プラットフォームとして2017年に設立され、有向非循環グラフ(DAG)技術が取り入れられています。 DAGによって暗号資産(仮想通貨)の交換速度とトランザクション量を高速化することができます。 そのため、あなたはストレスなく暗号資産(仮想通貨)を取引することができます。 高速で暗号資産(仮想通貨)を取引できる! LATOKENの詳細をみる LATOKEN(ラトークン)のデメリット LATOKENのデメリット 日本語に対応されていない ...

仮想通貨EOS(イオス)の購入方法とは?EOSの特徴や将来性と共に徹底解説!

「仮想通貨EOS(イオス)ってどうやって購入するんだろう?」 そんな疑問をお持ちではないですか? 確かに海外の仮想通貨って情報も少ないし安全に利用できるか不安ですよね! そこで今回は海外投資エージェントが最新価格やチャートから分かるEOS(イオス)の将来性や購入方法を徹底解説します! この記事を読めば、おすすめの取引所でEOS(イオス)をお得に取引できるようになります! この記事を簡単にまとめると、、、 EOSはトランザクション処理速度が非常に優れている。 EOS上では取引手数料が無料。 コンセンサスアルゴリズムにDPoSを採用している。 EOSを取引するならBinanceがおすすめ! 日本語に対応している! Binanceの詳細を見る 目次   EOS(イオス)の特徴 EOS(イオス)の今後・将来性とは? EOS(イオス)の購入方法 EOS(イオス)を購入できるおすすめ取引所 EOS(イオス)で仮想通貨FXができるおすすめ取引所 EOS(イオス)に関するQ&A EOS(イオス)購入のまとめ EOS(イオス)の特徴 基本情報 通貨単位 EOS 発行年 2017年 開発者 Brendan Blumer Daniel Larimer トランザクション処理速度(件数/秒) 1,000,000以上 承認アルゴリズム DPoS 公式サイト Facebook Twitter Instagram LinkedIn YouTube GitHub medium 仮想通貨EOS(イオス)は2017年に、「EOSプロジェクト」を遂行するための資金調達に用いられた暗号資産(仮想通貨)です。 トランザクション処理速度が1,000,000以上と他をよせつけないほどの圧倒的な数値を誇っています。 トランザクション処理速度がとても優れている トランザクションとは「暗号資産(仮想通貨)データの取引」のことで、EOSはこのトランザクション処理速度が他を圧倒するほど速いです。 名称 処理速度(件数/秒) EOS(イオス) 1,000,000以上 BTC(ビットコイン) 6 ETH(イーサリアム) 15 XRP(リップル) 1,500 Google 40,000 ビットコインやイーサリアムなどでは送金する際に起こる遅延問題であるスケーラビリティ問題が深刻化しています。 ですがご覧の通りEOSはトランザクション処理速度が圧倒的に速いので、今後EOSのユーザーが増加したとしてもこの問題が起こる可能性は極めて低いでしょう。 取引手数料が無料 EOSは手数料を取らない代わりに年率5%のトークンが配布される仕組みになっているため、取引手数料が無料です。 取引手数料がかからないため、将来的にEOSをビジネスで利用する企業にとっては大きなコスト削減になります。 DPoSを採用している DPoS(Delegated Proof of Stake)とはEOSが採用しているコンセンサスアルゴリズムです。 簡単に言うと、PoW(Proof of Work)とPoS(Proof...

ビットコインSV(BSV)の購入方法をチャート分析を踏まえた将来性・価格動向と共に解説!

「ビットコインSVってどんな仮想通貨なんだろう?」 あなたは今こうお考えではないですか。 確かに日本では扱っていないので詳しい情報がわからないですよね。 この記事では海外投資エージェントがビットコインSVの特徴やチャート分析を踏まえた将来性、購入できる取引所と購入方法まで詳しく解説していきます。 この記事を読めばビットコインSVの正体がはっきりわかり、取引まで開始できます! ビットコインSVの将来性 ビットコインを改良してできた第二のBTC 無駄を省いたシンプルさは汎用性が非常に高い 時価総額ランキング13位! BSV取引におすすめの取引所はFTX BSVを買うならココ FTXの詳細を見る 目次   BitcoinSV(ビットコインSV)とは BitcoinSV(ビットコインSV)は購入するべき?将来性を踏まえて解説! BitcoinSV(ビットコインSV)が購入できるおすすめ取引所3選 BitcoinSV(ビットコインSV)の購入ステップ BitcoinSV(ビットコインSV)に関するQ&A BitcoinSV(ビットコインSV)まとめ BitcoinSV(ビットコインSV)とは 価格 ¥19,531.19 JPY 時価総額 ¥363,336,359,163 JPY 市場ランキング 12位 発行上限 2100万 コンセンサスアルゴリズム PoW ビットコインSVとはビットコイン(BTC)→ビットコインキャッシュ(BCH)→ビットコインSV(BSV)と2回のハードフォークを経てできたものです。 ここからはビットコインSVの特徴を紹介していきます。 安全かつシンプルな機能 まず、ビットコインキャッシュはビットコインの取引量増加により生じた送金コストと処理時間の増大(スケーラビリティ問題)を解決するために生まれました。 そのビットコインキャッシュがハードフォークされた際に生まれたのがビットコインSVになります! そしてビットコインSVは初期ビットコインのように無駄な機能を省き、ブロックサイズを大きくしてよりスムーズに安全に使用できることが目指されました。 ハッシュ戦争で敗北 ビットコインキャッシュがハードフォークされた際、ビットコインSVとビットコインABCに分かれました。 ビットコインSV:スムーズに使用できるほかはシンプル ビットコインABC:イーサリアムのような拡張機能の付け足しが可能 方向性がかなり異なることから対立は続き、どちらがより長いブロックチェーンを作成できるかを競うハッシュ戦争に発展しました。 ハッシュ戦争はビットコインABCが勝ったので、ビットコインキャッシュの通貨単位や名称を引き継ぎ、現在のビットコインキャッシュとなっています。 そして、敗北したビットコインSVは現在ビットコインキャッシュとは別物として存在します。 BSVが買える取引所 FTXの詳細を見る BitcoinSV(ビットコインSV)は購入するべき?将来性を踏まえて解説! BitcoinSV(ビットコインSV)のチャート分析・価格分析 TradingView提供のBSVBTCチャート ...

ポルカドット(DOT)の購入方法|チャート分析を踏まえ将来性・価格動向と共に解説!

「polkadot(ポルカドット)って人気みたいだけどなんでなんだろう?」 あなたは今こうお考えではないですか。 たしかに人気のDeFiトークンですが他と何が違うのかわかりませんよね。 この記事では海外投資エージェントがポルカドットのチャート分析を踏まえた将来性、購入できるおすすめ取引所から購入方法まで詳しく解説していきます。 この記事を読めばポルカドットの将来性や他のDeFiトークンとの違いが分かるようになります! ポルカドットの魅力 より多くのトランザクションを簡単に処理できる点でイーサリアムより優れている 新しいブロックチェーンを作る技術は多くのアプリ開発者が注目しているため将来性が高い 現在のweb環境下の問題を解決した完全分散型のwebを実現し次世代のインターネット環境を担う DOTを買うならBinanceがおすすめ! 今すぐDOTが購入できる Binanceの詳細を見る 目次   polkadot(ポルカドット)とは polkadot(ポルカドット)は購入するべき?将来性を踏まえて解説! polkadot(ポルカドット)購入におすすめの取引所3選 polkadot(ポルカドット)の購入ステップ polkadot(ポルカドット)に関するQ&A polkadot(ポルカドット)まとめ polkadot(ポルカドット)とは 価格 ¥540.15 JPY 時価総額 ¥481,816,248,950 JPY 市場ランキング 10位 発行上限 1000万 コンセンサスアルゴリズム GRANDPA ポルカドットはイーサリアムの共同創業者ギャビン・ウッド氏によって作られ、5月にローンチ、8月に取引が開始されました。 2021年1月現在、時価総額4位の人気DeFiトークンです! ポルカドットの特徴は以下の通りです。 より多くのトランザクションを簡単に処理 これまでのビットコインやイーサリアムのブロックチェーンはそれぞれが独立し一方向のみでした。 しかし、ポルカドットはパラチェーンを介してブロックチェーン間の相互運用性を実現しました。 また、トランザクションは順番に処理されることがほとんどですが、パラチェーン間のやり取りは並列処理で行われます。 よってポルカドットはイーサリアムより多くのトランザクションを簡単に処理することを可能にしました。 より高度なアプリやサービスを作成 異なるブロックチェーンを繋げるポルカドットのリレーチェーンは独自のアプリケーションロジックを持つことができるように十分に汎用的です。 そのため新しいブロックチェーンや機能を生み出すことが可能になり、それを使ったより高度なアプリやサービスの開発が実現できます。 このような技術からポルカドットは多くのアプリケーション開発者からも注目されています。 完全分散型のwebを確立 ポルカドットはweb3.0というプロトコルセットを登場させ、今までとはまったく別の新しいアプリケーション作成方法を提供しました。 この技術はユーザーが受け取っている情報や提供しているデータ、支払っている金額などについてユーザーに強力で検証可能な保証を提供し、管理者に権限が集中することを防ぎます。 またブロックチェーンにおいても、ポルカドットのリレーチェーンを通すことで情報や信頼できるトランザクションを交換できるインターネットが可能になります。 DOT購入におすすめの取引所 Binanceの詳細を見る polkadot(ポルカドット)は購入するべき?将来性を踏まえて解説! polkadot(ポルカドット)のチャート分析・価格分析 TradingView提供のDOTBTCチャート ...

Chainlink(チェーンリンク/LINK)の購入方法|今後や将来性、チャート分析と共に徹底解説!

「Chainlink(チェーンリンク)って人気みたいだけどこれからどうなるのかな?」 あなたは今こうお考えではないですか。 確かにこれからからも上がる可能性があるのならば購入したいですよね。 この記事では、海外投資エージェントがChainlinkのチャート分析や価格動向を踏まえた将来性・今後、購入できる取引所、買い方や保管方法まで解説していきます! Chainlinkとは 外部システムに繋がり管理する最初のミドルウェア 国際機関SWIFTとも連携 今後もChainlinkを使った技術発展が期待される 購入するなら長期保有がオススメ LINKを購入するならココ Binanceの詳細を見る 目次   Chainlink(チェーンリンク/LINK)とは Chainlink(チェーンリンク/LINK)は購入するべき?将来性を踏まえて解説! Chainlink(チェーンリンク/LINK)が購入できるおすすめ取引所3選 Chainlink(チェーンリンク/LINK)の購入ステップ Chainlink(チェーンリンク/LINK)に関するQ&A Chainlink(チェーンリンク/LINK)まとめ Chainlink(チェーンリンク/LINK)とは Chainlink(チェーンリンク)はSergey Nazarov氏によって作られ、2019年5月にメインのネットワークがローンチされました。 イーサリアムベースの通貨でオラクルの分散型ネットワークを構築しています。 また、Chainlinkには以下のような特徴があります。 ミドルウェアとしての重要な役割 Chainlinkはソフトウェアとハードウェアの中間処理を行うミドルウェアの役割が期待されます。 スマートコントラクトの弱点をなくし、APIやwebアプリケーション、クレジットカードの銀行システムと結びつけることを可能にしました。 Chainlinkはこのような外部システムに繋がり安全に監視し管理できる最初のミドルウェアです。 国際機関SWIFTと連携 SWIFT(国際銀行間通信協会)は世界各地の銀行に電子メッセージを伝送するサービスを行っている国際機関です。 2016年にSWIFTはChainlinkを使ったPoCを発表しています。 このような大きな機関との連携で今後ますますの発展が期待されています! また、SWIFT以外にも多くの企業がChainlinkの技術を支持しています。 LINKを買うならBinance Binanceの詳細を見る Chainlink(チェーンリンク/LINK)は購入するべき?将来性を踏まえて解説! Chainlink(チェーンリンク/LINK)チャート分析・価格分析

TOP AUTHORS

0 投稿0 コメント
0 投稿0 コメント
0 投稿0 コメント
0 投稿0 コメント
54 投稿0 コメント
65 投稿0 コメント
0 投稿0 コメント
- Advertisment -

Most Read

XM(エックスエム)の特徴や評判、口座開設方法などを徹底解説!

「XM Trading(エックスエム)って人気みたいだけど、どんなFX業者なんだろう」   こう思ってはいませんか?   海外FX業者の中では圧倒的な人気を誇っていると言えるXMですが、何故こんなにも人気があるのでしょうか?   この記事では海外投資エージェントがXM(エックスエム)について特徴、メリット・デメリット、手数料やキャンペーンの情報から、登録方法や使い方まで網羅的に紹介しています。   この記事を読めばXM(エックスエム)の全体像をしっかりと掴み、XM(エックスエム)でスムーズに取引を始められるようになります。   早速XM(エックスエム)について学んでいきましょう!   XMを簡単に説明すると... 海外FX業者では人気No.1! レバレッジは最大888倍 57種類もの取扱ペア数 登録するだけで3000円分が手に入る豊富なキャンペーンボーナス付き 日本語完全対応で国内取引所のような使いやすさ 登録するだけで3000円がもらえる! XMの詳細を見る 目次   XM(エックスエム)の基本スペック・サービスを他のFX業者と徹底比較! XM(エックスエム)とは XM(エックスエム)のメリット XM(エックスエム)のデメリット XM(エックスエム)の取扱通貨ペア XM(エックスエム)の評判・口コミ XM(エックスエム)の取引口座タイプ XM(エックスエム)の手数料・スプレッド XM(エックスエム)のキャンペーンボーナス XM(エックスエム)のスマホアプリ XM(エックスエム)の登録方法・口座開設方法 XM(エックスエム)の使い方 ...

VinDax(ヴィンダックス)とは?その特徴、登録方法から使い方まで徹底解説!

「VinDax(ヴィンダックス)ってどんな海外取引所なんだろう?」 あなたは今こうお考えではないですか? 確かに日本でもあまりか聞かない取引所なのでわからないことが多いと思います。 この記事では海外投資エージェントがVinDaxの特徴やリアルな口コミ、登録方法、使い方まで詳しく解説していきます! この記事を読めばVinDaxについて理解し、今日から取引することができます。 VinDaxの魅力 取扱通貨数は200種類以上とかなり豊富! 取引手数料はどこよりも安い0.05% 信頼性の高い投資IEOができる! 簡単な条件で無料でコインがもらえるエアドロップを開催している 詐欺コインと呼ばれるNOAHPを新規上場させたので今後の動きに注意が必要 豊富な取扱通貨 VinDaxの詳細を見る 目次   VinDax(ヴィンダックス)の基本情報 VinDax(ヴィンダックス)のメリット VinDax(ヴィンダックス)のデメリット VinDax(ヴィンダックス)の手数料 VinDax(ヴィンダックス)の取扱通貨 VinDax(ヴィンダックス)の登録・口座開設方法 VinDax(ヴィンダックス)の使い方 VinDax(ヴィンダックス)に関するQ&A VinDax(ヴィンダックス)まとめ VinDax(ヴィンダックス)の基本情報 拠点 ベトナム 設立 2019年3月 取引方法 現物取引 取扱通貨数 200種類以上 対応言語 英語 スマホアプリ android版のみ 公式サイト 公式HP Twitter VinDaxは2019年3月にできたベトナムを拠点に置く比較的新しい海外取引所です。 VinDaxはオリジナルコインのVDを発行しており、VDを利用すると手数料が40%OFFになるなどお得に取引することができます! 豊富な取扱通貨 VinDaxの詳細を見る VinDax(ヴィンダックス)のメリット ここからはVinDaxのメリットを解説していきたいと思います! VinDaxのメリット 取扱通貨数は200種類以上と豊富! 取引手数料0.05%で非常に安い 信頼性の高い投資IEOに参加できる ...

スマホアプリがある海外取引所おすすめランキングや比較表を紹介!海外取引所アプリで暗号資産(仮想通貨)を取引しよう!

「スマホアプリで取引できる海外取引所ってあるのかな?」 あなたは今こうお考えではないですか? たしかにスマホアプリがあれば海外取引所でも気軽に取引することができますよね。 この記事では海外投資エージェントがスマホアプリがあるおすすめ海外取引所、アプリで使える機能やその比較まで徹底的に解説していきます! この記事を読めば国内取引所のように海外取引所のスマホアプリを使いこなせます! 海外取引所スマホアプリ 国内取引所のようにいつでもどこでも取引できる! 簡単な英語表記で直感的に操作ができる 日本語対応のスマホアプリも多く存在する アラート機能で値動きがわかり取引のチャンスを逃さない! スマホアプリが使いやすい bybitの詳細を見る 目次   海外取引所のスマホアプリって実際どうなの? スマホアプリが便利な海外取引所ベスト3 海外取引所スマホアプリ機能比較表 海外取引所のスマホアプリを利用する際の注意点 海外取引所のスマホアプリに関するQ&A 海外取引所スマホアプリまとめ 海外取引所のスマホアプリって実際どうなの? 海外取引所のスマホアプリって実際どうなの?と思う方もいらっしゃるかと思います。 基本的には国内取引所のスマホアプリと同じでアプリ内で入出金、取引、二段階認証設定や本人確認認証などができます! 多くの海外取引所が公式スマホアプリをリリースしておりいつでもどこでも取引ができるようになっています。 アプリ内は簡単な英語で表記されているので海外のアプリでも慣れれば使いこなせるかと思います! また、スマホアプリも日本語対応している取引所もあるので、英語が苦手な方はそのような取引所を選ぶと良いでしょう。 海外取引所によってスマホアプリ内の機能が異なるので詳しくは下記にある海外取引所スマホアプリ機能比較表をご覧ください。 スマホアプリが便利な海外取引所ベスト3 スマホアプリで利用できる bybit Binance FTX bybit bybitスマホアプリ 日本語対応 アラート機能対応 ウィジェット機能対応 ...

仮想通貨取引所世界ランキング8選!取引所を選び間違えないためのポイントも解説!

「暗号資産(仮想通貨)取引所の世界ランキングってどうなってるの?」 と感じている方も多いと思います。 確かに、暗号資産(仮想通貨)取引所を選ぶ際、世界で人気の取引所は何か気になりますよね。 ただ、上の悩みを持ったまま何も知らず取引所を選ぶと損をする場合があるため、海外投資エージェントが実際に利用した経験をもとに暗号資産(仮想通貨)取引所の世界ランキングを紹介していきます。 この記事をを読めば、暗号資産(仮想通貨)取引所の世界ランキングを完璧に理解してすぐに暗号資産(仮想通貨)を取引することができます。 仮想通貨取引所の世界ランキングについて簡単にまとめると 1位:bybit 2位:FXGT 3位:Binance 4位:FTX 5位:CryptoGT 6位:HitBTC 7位:Kucoin 8位:changelly 世界ランキングNo.1のbybitの詳細を見る! 目次を開く 1. おすすめの仮想通貨取引所 世界の暗号資産(仮想通貨)取引所の比較一覧 【結論】この2つの取引所に登録することがおすすめ 2. 仮想通貨取引所ランキング 1位:bybit 2位:FXGT 3位:Binance 4位:FTX 5位CryptoGT 6位HitBTC 7位Kucoin ...