【C-CEX】評判は?登録方法・使い方から取り扱い仮想通貨まで徹底解説!

C-CEXを使ってみよう!

 

C-CEXとは、所在国も運営会社も不明な海外にある(と予想される)暗号資産(仮想通貨)取引所です。非常に多くの通貨を扱う点で一定のユーザーを得ています。

 

そんな謎に包まれた暗号資産(仮想通貨)取引所「C-CEX」。調べようと思って検索してみても、まず日本語の記事が少なく全然情報が得られない、、、

そんなあなたのために!書いてみましたこの記事。C-CEXの公式サイトはもちろんのこと、時には海外の記事までリサーチしながら現在判明している情報は全てこの記事に織り込んでいきます!

 

 

C-CEXの概要

基本的に取引所を見るとき、まずはその会社の所在地、HP、資本金、社長のプロフィール、上場企業かどうか、、、などからその取引所の信頼度を判断します。ですがここで問題が発覚。

 

会社の公式HPが存在しない。。。

もちろん、取引所のホームページとは別です。海外の記事もいくつか漁って読んでみたところ、どうやら、

所在国、資本金、会社、社長、、、全て「不明」とのことです。

 

確かに海外の取引所の中には、ごく少人数で運営しているものがあることは知られていますが、ここまで情報が出てこない企業も珍しいです。

ですが取引所としてのC-CEXは確かに実在するわけで、、、とりあえず特徴を見てみましょう!

 

【C-CEXの特徴1】(オットコイン(OTC)、bitzenyなどの)草コインが多い

C-CEXの最大の特徴は、何と言っても草コイン(目的が不明確だったり、価格が安かったりなどの理由で笑われてしまうほど価値が見出されない通貨)が多いことです。マニアにとっては宝の山と言えるのではないでしょうか。その中でわずかに有名なのはオットコイン(OTC)、bitzeny( ZNY)あたりでしょうか。2017年12月6日現在、196種類の取り扱いがあります。取り扱い通貨数日本最多のコインチェックが13種類、世界で最多と言われているBittrexが200種類以上と言われていることを考えるとその多さが伺えますね。

 

【C-CEXの特徴2】登録の手間が少ない

もう一つの大きな特徴は、メアドだけで登録ができる簡便さにあります。国内外問わず、2段階認証には身分証明書の写真を送って承認を受けますがその時間もまちまちです。C-CEXではメアドで登録するだけです。

 

さて、それらを踏まえて次はメリットデメリットをみてみましょう。

 

C-CEXのメリット

 

 

草コインが多くマニアにとっては宝の山

草コインは変動が激しいので価格が2倍、3倍、、、になったりするような事態がしばしば起こります。通貨取引に少し慣れてきたら、ここでお気に入りのコインを見つけて成長を見守ったりスリルを味わったりするのも面白いかもしれませんね。

 

簡単に始められる

先述のように口座解説が超超簡単なので、簡単に始めることができます。ただし入金はドルのみ受け付けており、取引はBTCが基本なので、日本国内から始めようとすればまずは他の取引所で持っているBTCをC-CEXに移してから始めることになるでしょう。

 

C-CEXのデメリット

 

 

 

信用度は高くない

会社がどこにあるかもわからない取引所です。手続きは楽な分、PoloniexやBittrexなど他の海外の有名な取引所と比べると信用度が落ちます。ウォレットを用いて取引するのが無難でしょう。

 

外れコインが多い

メリットの裏返しですが、目的もなく値段変動以外の価値が何もない外れコインが多いです。これらに気をつけなければいけないのはもちろんですが、それ以上に気をつけてほしいのは、胡散臭いセミナーで詐欺コインの上場先としてC-CEXの名前が上がることがあるということです。C-CEXと検索すれば一番上に口座開設のページは出てきますし、セミナーに参加するような初心者がその取引所の信頼度などを調べようとすることは稀でしょう。するとC-CEXがどんな取引所かはわからないけどとりあえず実在してるし本物っぽいなー、と騙されてしまう危険性があります。

 

C-CEXの評判は?

はっきり申し上げると、良くはありません。今回のリサーチでは、海外サイトも口を揃えてそう言っている印象です。ただし、その怪しげな雰囲気に魅力を感じてしまう人が一定数いるのも事実で、「吹っ飛んでもいい額賭けて遊んでみるか」くらいの感覚で首を突っ込んでいる人が多いようです。実際儲けるチャンスはあるわけですしね。

 

 

c-cexの登録方法・使い方

さて、ここからはC-CEXの登録方法・使い方編です。

 

登録方法①ログイン

ログインやアカウント整備はめちゃくちゃ簡単です。

まず、C-CEX公式サイトにアクセスします。

 

 

ここで”Create account”をクリック。

 

自分のE-mailを入力し、LoginとPAsswordは自分で好きなように設定します。忘れないようにしましょう。I agree to Terms and Conditions(利用規約と条件に同意します)の欄にチェックを入れ、画面に見える文字を打ち込んで、CREATE ACCOUNTを押すだけ!

 

すると登録したメールアドレスにメールが送信され、そのメール内の”Click this account to activate your Account!” をクリック。これにて登録完了です!ものの5分で済んでしまいます。

 

海外サイトの日本語のなさは孤独感みたいなものを感じさせますが、なんとかなります笑。

 

使い方①入金

ここではドルの入金方法は省き、暗号資産(仮想通貨)を他のアカウントからC-CEXに送る方法を説明します。

 

 

 

この GET NEW ADDRESSから、各種ウォレットからの入金用アドレスを取得しましょう。

そしたら、各種ウォレットの送金手続きに従って送金します。

 

使い方②買い注文

次に買い注文の方法です。といっても、C-CEXを使う大半の人は国内ないしは海外の他の取引所で既に取引の経験がある方だと思います。基本的にはそれらと変わりないでしょう。画面はPC版の一部ですが、スマホ版も大差はありません。

 

 

上図のように、購入したい通貨の量とそれをBTC単価どれくらいで売るかを入力します。

 

使い方③売り注文

下図のように買い注文と売り注文は並んでいます。買い注文と同様の方法で売り注文も行うことができます。

 

まとめ

いかがでしたか?まだ謎が多いC-CEXについて現在判明している情報を網羅的に開設しました。海外投資エージェントの見解としてこの取引所を格段に推している、というわけではありませんが機会があればぜひ利用してみてほしいと思います!

 

C-CEX公式サイトはこちら!

- Advertisment -

最新記事