ホーム 海外仮想通貨取引所 その他の取引所 Changellyとは?基本から使い方やメリットデメリット、評判を解説!

Changellyとは?基本から使い方やメリットデメリット、評判を解説!

みなさん、暗号資産(仮想通貨)の取引を始めてからしばらくすると様々なアルトコインに手を出し、色々な取引所を使い始めますよね?

そんな時に必ず悩むのが、「アルトコインからアルトコインに変える時に一旦BTCや法定通貨を経由しないといけないのがめんどくさいな」であったり、「毎回取られる手数料をどうにか節約できないものか」といったことです。私も最初は色々考えました。

しかし、みんなが必ず悩むことがあるならば、それを解決するサービスも必ず生まれてきます。

そして今回紹介するのは、そういった悩みを解決するサービス「Changelly」です!

Changellyを使いこなせば、あなたも明日からBTCや法定通貨を経由しなければならない面倒臭さや手数料のお悩みから解放されるかもしれません!

Changellyとは?

「What is Changelly? – Changelly is an instant cryptocurrency exchange providing the best crypto-to-crypto rates on the market.」(公式HPより)

つまり、簡単に言えば自分が持っている暗号資産(仮想通貨)を最も良いレートで他の暗号資産(仮想通貨)に変えてくれるサービスです。

現在暗号資産(仮想通貨)は1000種類以上存在すると言われていますが、任意の暗号資産(仮想通貨)から任意の暗号資産(仮想通貨)に自由に両替することは難しいのが現状です。その理由は、暗号資産(仮想通貨)を他の暗号資産(仮想通貨)に変える場合基本的に取引所で一旦BTCやETH(一部の取引所ではLTCやDOGEなども)と交換する必要があるからです。

例えば自分が持っているXEMをXRPに変えようと思った時、まずXEMを取引所でBTCやETHもしくは法定通貨に変えてから、それをXRPに変える必要があるのです。

もし1000種類の暗号資産(仮想通貨)を任意に交換するとしたらそのペアの数は約50万にもなってしまうので、このような形が取られています。

 

そこで、間に他の通貨を挟むことによる二度手間を無くそうと生まれたのがこのChangellyです。

 

なお、クレジットカード(VisaまたはMasterCard)を使えば、法定通貨(米ドルとユーロ)で暗号資産(仮想通貨)を買うこともできますが、円は対応しておらず、円と米ドル(もしくはユーロ)の間での為替手数料が加わって割高になるためおすすめしません。

Changellyの基本情報

Changellyは2013年にチェコのMinerGate社が始めたサービスです。暗号資産(仮想通貨)のマイニングをやっている人の中にはMinerGateというマイニングツールを使っている人もいるかと思いますが、そこと同じ会社です。普段からMinergateを使ってマイニングをしている人はこれだけでも安心できますね。

 

では、Changellyの仕組みについて詳しく解説していきます。

 

coincheck(コインチェック)やZaif(ザイフ)のような取引所との違い

では、このChangellyは他の取引所とどのように違うのでしょうか?

まず、取引所と言ってパッと思いつくのは自分が買いたい(もしくは売りたい)値段と量を指定して取引できる板形式の取引所ではないでしょうか。また、CoincheckでBTC(ビットコイン)以外のアルトコインを取引しようと思うと、販売所形式になっているのを知っている人も多いかと思います。

しかし、Changellyはそのどちらとも違います。

下の図がChangellyの仕組みです。

ChangellyのHPより

まずあなたは暗号資産(仮想通貨)Aを暗号資産(仮想通貨)Bに変えたいとすると、あなたがまずChangellyに暗号資産(仮想通貨)Aを送金します。するとChangellyは世界中の市場から一番良いレートを探してきて、そこで暗号資産(仮想通貨)Aを暗号資産(仮想通貨)Bに変え、その後手数料を差し引いてあなたのウォレットに送金してくれます。

このような仕組みなので、Changellyを「取引所」と呼ぶのは多少語弊があるかもしれませんね。

 

Changellyの特徴(メリット)

Changellyが良く使われるということは、もちろんいくつかメリットがあります。

手数料が安い

まず、Changellyは他の取引所に比べて手数料が安くなることが多い。

それが顕著に現れるのが、アルトコインからアルトコインに変える時です。

他の取引所では、大抵の場合まずアルトコイン①から基軸通貨であるBTC(ビットコイン)や主要な通貨であるETH(イーサ)等に変え、またそのBTC等をアルトコイン②に変えなければなりません。なので、手数料を2回分取られます。

一方、Changellyでアルトコイン①からアルトコイン②に直接両替すると手数料はもちろん1回分だけで済むので、結局手数料が安くなることが多いのです。

 

例えば、1XRP=100円、1XEM=50円、1BTC=10000XRP、1BTC=20000XEMの時に10000XRPをXEMに変える場合を考えてみましょう。

(1)BTCを基軸通貨として扱う取引所で変えた時(取引手数料をChangellyと同じ0.5%とします)

まず、10000XRP=1BTCですが取引手数料として0.5%取られるので1回目の取引を終えた時に10000XRPが0.995BTCになっています。次に、1BTC=20000XEMなので0.995BTC=19900XEMですが、ここでもまた手数料0.5%取られるので19800.5XEM(=990025円)となります。

つまり、最初100万円分あったXRPが取引を終えた時には約99万円分のXEMになっており、1万円も取引手数料を取られたことになります。

一方、

(2)Changellyで変えた場合(手数料は一律0.5%)

10000XRPはそのまま20000XEMとなり、手数料0.5%だけ取られて19900XEMになります。つまり、100万円分のXRPは99万5000円分のXEMになり、他の取引所を使用した場合に比べて5000円も得したことになります。

 

もちろんこれは一例ですが、日本の取引所はChangellyの0.5%よりも高い手数料を取っているところも多いことや、Changellyが様々な取引所から最良のレートを探し出してきていることを考えると、他を使用した場合に比べてChangellyの手数料が安くなることが多いのは事実でしょう。

取り扱い通貨が豊富

Changellyは取り扱い通貨が非常に豊富です。日本の取引所では取り扱い数の多いcoincheckですら現在13種類ですが、Changellyはなんと80種類以上もの通貨を取り扱っています。そして、その種類は徐々に増えていっているようです。

ただ存在する全ての通貨を扱っているわけではないので、日本のbitFlyerZaifで扱われているMONA(モナコイン)など、一部扱われていない有名通貨があることも事実です。しかし、80という数は取引所としては十分の出来でしょう。

日本語に対応している

Changellyは現在12もの言語に対応しており、その中に日本語も含まれます。一部日本語化されていない文章もありますが、普通に通貨両替所として使うだけなら全て日本語化されており、英語が苦手な人でも簡単に使えるようになっています。

日本語に対応していない海外の取引所も多い中で、これは心強いですね!

アルトコイン同士の交換ができる

手数料のところでも述べましたが、アルトコイン同士の交換ができるというのはChangellyの大きな特徴です。これによって手数料を節約できますし、時間や手間も削減できます。他の取引所にはあまり無い特徴なので、上手く使えば大きなメリットになりそうですね!

登録が簡単(本人認証不要)

Changellyはメールアドレスの登録のみで使用でき、日本の取引所のように住所などの個人情報を入力する必要はありませんし、もちろん免許証やパスポートなどで本人確認する必要もありません。

個人情報を入力してから更に本人確認するのは大きな手間なのでこれを省けるのは大きなメリットですし、個人情報が漏洩する心配も無いのは良いですね!

 

Changellyの使い方

ではでは、実際にどうやってChangellyを使うのか見ていきましょう。

Changellyの登録方法

まずは、Changellyへの登録方法から。

先ほども書いたようにChangellyはメールアドレスだけで登録できるので、準備するのものはメールアドレスだけです。他の取引所に登録する際に使っているもので構いません。

また、Google+やFacebook、Twitterのアカウントを持っている人はそれらのアカウントと「連携させることで登録することもできますが、以下ではメールアドレスでの登録方法を説明していきます。

まずはここからChangellyのページを開きます

すると、出てきた画面の上部は下のようなに表示なっていると思います。これは現在英語表示なので、日本語表示に変えてみましょう(英語を充分理解できる方はこのままでも大丈夫です)。

まずは、アメリカ合衆国の国旗の横に「English」と表示されているところをクリックしてください。すると下のような表示になると思うので、日の丸と共に表示される「日本語」をクリックしましょう。

クリックしたら、今度は下の画面の右上にある「Sign Up」という文字をクリック。

すると下の画面が表示されるので、「メールアドレスを入力してください」の下にある空欄に自分のメールアドレスを入力します。

入力が終わったら、「I’m not a robot」の左にある四角の空欄をクリックして、指示に従ってあなたがロボットでは無いことを示してください。

下のような表示が出るので、この場合だと9枚の写真のうち車が写っている写真を選んでください。

 

この場合は左上、ど真ん中、左下、右下の4つですね。

これが車ではなく「vehicle」(乗り物)や「store front」(店頭)、「street signs」(標識)などの場合もあります。

 

それが終われば、緑色の「サインアップを続行」というところをクリックしましょう。

しばらくすると登録したメールアドレスに初期パスワードが届くので、トップページ(下の画面)の右上にある「Log in」を押して、それを使ってログインします。

下の「メールアドレスを入力してください」に自分のメールアドレスを入力し、「パスワードを入力してください」に送られてきた初期パスワードを入力し、再度ロボットではないことを示してください。

これで晴れてログインできました!

 

なお、セキュリティのために初期パスワードは自分で変更しておきましょう。

パスワードの変更方法

ログインした後、右上の「マイアカウント」をクリックを押すと「History」と「Profile」の二つが表示されるので、「Profile」をクリック。

すると画面の左に下のような表示が現れるので、3つの空欄を押して「Save」を押しましょう。

また、その右に「2-step Verification is off」と表示されているかと思います。これは、二段階認証が設定されていないことを示しているので、セキュリティのために二段階認証も設定しておきましょう。

二段階認証の設定方法

先ほどパスワードを変更した時と同じ画面の中央付近に下のような表示があるかと思います。

中央の英語をそれっぽく和訳すると「二段階認証によって、あなたのアカウントをパスワードとあなたのスマートフォンの両方で守ることができます。アカウントにログインする時、もしくは資金を引き出す時に「Google Authenticatoe」というアプリに表示されるコードを入力する必要があります」という感じになります。

要するに、「セキュリティのために二段階認証は必ず設定しましょう」ということです。

スマートフォンで「Google Authenticator」とダウンロード(無料)した後、緑色の「Enable」を押しましょう。すると2次元バーコードが表示されるので、「Google Autheticator」で読み取り、上の空欄にあなたのパスワードと下の空欄に「Google Authenticator」で表示された6桁の数字を入力すれば完了です。

Chagellyで実際に両替してみよう。

そこまで終われば、早速Changellyで暗号資産(仮想通貨)を両替していきましょう。

両替方法は簡単で、まずはトップ画面で交換する通貨を選びます。下の画像ではXRPをBTCに交換することになっています。

通貨のペアを選択したら、緑の「交換」をクリック。

次に下の画像のような画面が出てくるので、金額とレートを確認したら緑の「次へ」をクリックしてください。

なお、ここで交換する通貨の量が少なすぎると「次へ」を押しても下のように赤文字が出てきて次に進めません。

これは、暗号資産(仮想通貨)を送金する時のネットワーク手数料が足りないからです。もう少し金額を増やしましょう。

十分な金額を入力すると、次に下のような画面が出てくるので、受け取りたい通貨のウォレットのアドレスを空欄に入力しましょう。この場合はBTCのアドレスになります。

入力したら「Next」を押します。(一つ前の画面では「次へ」でしたが、ここはなぜか日本語化されていません・・・)

すると下のような画面が出てきます(下の画像は一例です。実際は各取引に沿った内容が表示されます)。

送信先アドレスや金額・レート等を確認して、それで良ければ「確認して決済を行う」をクリックしてください。

そうすると、次の画面で送信先アドレスが出てくるので、そのアドレスに交換したい通貨(この場合はXRP)を送金してください。

この時、細切れで送金するのではなく、両替したい量の通貨を一度に全て送金してください。

 

以上で両替は終了です。

あとは数分から数十分待てば、自分が最初指定したウォレットに送金されているはずです。

 

Changellyのデメリット

Changellyにはもちろんデメリットも存在します。何事も上手い話ばかりではありません。

手数料が高くなることもある

Changellyのメリットとして安い手数料を挙げましたが、もちろん手数料が高くなることもあります。例えばBinanceは取引手数料が0.1%ですし、手数料をBNBで支払えばその半額の0.05%になります。なので、Changellyの0.5%と比べてもさらに安くなっています。

なので、Changellyを使う時は他の取引所のレートと手数料を見てChangellyの方が安いことを確認してからにしましょう。

リアルタイムのレートで交換できない

Changellyは販売所形式や板取引での取引所形式ではないので、取引を行なっている数十分の間にレートが変動します。

なので、事前に提示されたレートより良くなることもありますが、反対に悪くなることもあるので注意が必要です。

本人認証が不要なため、規制対象になる可能性がある

メリットの項目で述べたようにChangellyは本人確認が不要ですが、ご存知のように日本の取引所では本人確認が義務付けられています。義務付けられている理由は複数ありますが、その一つが「マネーロンダリング(資金洗浄)の防止」です。

暗号資産(仮想通貨)の特性や技術的妥当性を考えると可能性は非常に低いですが、2018年1月下旬にCoincheckからハッキングされた5億2千万枚ものXEMの一部もChagnellyに送金されましたし、本人確認不要を理由にChangellyが規制対象になる可能性はゼロではありません。

 

 

Changellyの評判

Changellyの評判は気になるところですよね。みんなの感想を見ていきましょう。

このような感じで、Changellyに関して良い評判は見つかりました。

一方で、Twitterでしばらくしばらく探した限りではChangellyに関する悪い評判は見つかりませんでした。安心して使えそうですね。

 

ChangellyのQ&A

さてさて、Changellyに関して色々と説明してきましたが、疑問点は色々あると思います。そこで、Q&A形式でよくある疑問に答えていきましょう!

一度作ったアカウントって削除できる?

残念ながら、一度アカウントを作成すると削除することはできません。しかし、逆に言えば、忘れた頃に再び使おうと思った時、再度登録する手間を省くことができます。

Changellyって時間かかる?遅い?

公式HPにはだいたい5分〜30分で両替が完了すると表記されてありますが、たまに数時間かかることもあります。

これは取引する通貨によるもので、例えばBTCなどは送金詰まりを起こしていることが多いので、時間がかかることが多いようです。しかしこれはChangellyを使用していなくてもBTCを送金する際は必ず直面する問題なので仕方ないですね。逆に、他の通貨であればサクッと終わることが多いようです。

しかしChangellyはその仕組み上送金を2度行なっているので、他の取引所で成行注文を行なった場合に比べて時間がかかることは事実です。

Changellyで両替したら、最初に提示されたレートと最終的なレートが違ってたんだけど?

先ほども述べた通り、Changellyは送金を2度行なっているので、その間にレートが変動する場合があります。

レートが良くなるか悪くなるかはタイミングと運次第ですね。

Changellyで両替しても税金ってかかる?

はい、かかります(あなたが日本に住んでいる場合)。日本では暗号資産(仮想通貨)同士の取引でもしっかりと課税されるので、Changellyであったとしても例外ではありません。しっかりと確定申告をして納税しましょう。

Changellyでの両替ってキャンセルできる?

残念ながら、一度行なった取引はキャンセルできません。これはChangellyに限ったことではなく、ブロックチェーンを使用した全ての暗号資産(仮想通貨)の取引では一度取引を行うと(ウォレットからウォレットへ送金してしまうと)、それを取り消すことはできません。なので、送金を行う前に金額やレート、アドレスをしっかりと確認しましょう。

Changellyでトラブルが発生した!どうすれば良い!?

落ち着いてサポートに連絡しましょう。

トップページの一番下に下の画像のような表示があると思うので、真ん中の列上から2番目の「Support」を押してください。

すると下のような画面が出てくるので、「Requester」の欄に自分のメールアドレス、「Subject」の欄に件名を入力し、その下の大きな欄に本文を入力しましょう。英語を書けるなら英語で書くことが望ましいですが、書けないのであればGoogle翻訳を使ってしまいましょう。

その下の「Which currency are you interested in?」で自分が送った通貨を選択し、さらに一つ下の「What type of question are you interested in?」でどのようなトラブルが発生したか選択します。両替に失敗したなら「A transaction is failed」、なかなか通貨が届かないなら「Being sent for too long」、もしくはChangellyのサービスに対して何か提案やクレームがあるなら「Suggestion on how to improve your service」などを選びましょう。

慌てず騒がず落ち着いてサポートに連絡すればきっちりと対応してくれるようで、送金失敗などの緊急事態でも解決できたという報告がネット上に上がっています。

XEM(NEM)を両替したいんだけどできないよ?

元々ChangellyはXEMの両替に対応していたのですが、どうやらサービスを停止したようです。今現在(2018年2月6日)、XEMはChangellyで取引できません。

 

まとめ

以上がChangellyの説明になります。

このChagnellyを使いこなせば今よりもっとお得に暗号資産(仮想通貨)取引をできるはずなので、頑張ってくださいね!

Changellyはこちらから

- Advertisment -

最新記事

Binance(バイナンス)の手数料を解説!クレジットカード決済やBinance futures・マージン取引の手数料も

「Binance(バイナンス)の手数料は安いって聞いたけど実際のところどうなんだろう?」 あなたは今こうお考えではないですか。 たしかに手数料の具体的な比較や数字がないとわからないですよね。 この記事では海外投資エージェント編集部がBinanceで手数料がいつかかるか、詳しい料金や、他の取引所との比較などを解説していきたいと思います。 この記事を読めばBinanceを利用する際にかかる料金をすべて把握しスムーズに取引できます! Binanceの手数料について クレジットカードを利用すると決済手数料がかかる Binance futuresは取引手数料が異なる Binanceは手数料がどこよりも安い! BNBを使うと手数料がさらにお得に \ 世界最大級の取引所 / Binanceの詳細を見る 目次   Binance(バイナンス)の手数料一覧表 Binance(バイナンス)の入金手数料 Binance(バイナンス)の取引手数料 Binance(バイナンス)の手数料を安くするBNBとは? Binance(バイナンス)の出金(送金)手数料 Binance(バイナンス)手数料に関するQ&A Binance(バイナンス)の手数料まとめ Binance(バイナンス)の手数料一覧表 入金手数料 無料 出金手数料 通貨ごとに異なる スポット取引手数料 メイカー:~0.1% テイカー:~0.1% 先物取引手数料 (Binance futures) メイカー:~0.02% テイカー:~0.04% Binanceでかかる手数料は以下の3つになります。 入金手数料 出金手数料 取引手数料 入金手数料は無料ですが、クレジットカードの利用や国内取引所の経由によって手数料がかかる場合があります。 また、取引手数料は先物取引(FX取引)や現物取引、信用取引などそれぞれ異なります。 ここからはそれぞれの詳しい詳細や手数料を安くする方法を紹介していきます! Binanceについて詳しく知りたい方はこちら https://kaigai-fxcoin.com/posts/350/ Binanceの詳細を見る Binance(バイナンス)の入金手数料 Binanceへの入金手数料は無料です。 入金方法は以下の2通りです。 ...

BitForex(ビットフォレックス)の特徴や評判、口座開設方法などを徹底解説!

「BitForex(ビットフォレックス)ってどんな取引所なの?」 と思っている方も多いと思います。 確かに、BitForex(ビットフォレックス)は海外の仮想通貨取引所ということもあって、安心して利用できるのか不安になりますよね。 そこで、海外投資エージェントがBitForex(ビットフォレックス)の特徴、メリット・デメリット、登録方法から使い方まで詳しく紹介していきます。 この記事を読めば、BitForex(ビットフォレックス)の特徴を完璧に理解でき、すぐに仮想通貨を取引することができます。 BitForexを簡単にまとめると 世界で200以上の国と地域に350万人以上のユーザーがいる 独自トークンの「BFトークン」をもっていると配当がもらえる スマホアプリが使いやすい 将来ユーザーの増加に期待できる 世界トップクラスの人気! BitForexの登録はこちらから! 目次   BitForex(ビットフォレックス)の特徴 BitForex(ビットフォレックス)のメリット BitForex(ビットフォレックス)のデメリット BitForex(ビットフォレックス)の口コミ・評判 BitForex(ビットフォレックス)の手数料 kBitForex(ビットフォレックス)の取扱通貨 BitForex(ビットフォレックス)のスマホアプリ BitForex(ビットフォレックス)の登録方法・口座開設方法 BitForex(ビットフォレックス)の使い方 BitForex(ビットフォレックス)まとめ BitForex(ビットフォレックス)の特徴 BitForexの基本情報 会社所在地 シンガポール 設立年 2018年 取引の種類 現物取引・仮想通貨FX 取扱通貨数 153種類 最大レバレッジ 100倍 日本語対応 なし スマホアプリ あり 公式アカウント 公式サイト 公式ブログ Twitter BitForex(ビットフォレックス)は、2018年にシンガポールで設立された新しい海外の仮想通貨取引所となっています。 BitForexは新しい取引所にも関わらず、世界で200以上の国と地域に350万人以上のユーザーがいるため非常に人気です。 BitForexの登録は5分以内にでき、すぐに入金と取引まですすめられるためストレスなくスムーズに取引できます。 独自トークンの「BFトークン」 BitForexは独自トークンであるBFトークンを発行しています。 BFトークンの総発行枚数は100億枚で配分先は以下の通りです。 配分先 割合 取引マイニング 40% 地域福祉 24% 運営が所持 20% プライベートプレースメント 8% コーナーストーン 8% BFトークンの保有者にBFトークンの多くの割合が配分されるため、BFトークンが売られ過ぎてBFトークンの価格が暴落する危険性があります。 BitForexはBFトークンの価格の暴落を避けるために取引利益の80%を使ってBFのトークンを買い戻すバーン(焼却)を行っているため価格が暴落する心配なく、安心して取引することができます。 マイナーな仮想通貨を取り扱っている BitForexは将来性のある仮想通貨を多く取り扱っています。 BitForexは国内取引所にはないエルフ (ELF)や有名な海外仮想通貨取引所であるBAINANCE(バイナンス)も取り扱っていないリヴェイン(REV)など珍しい仮想通貨を取引できるため投資の幅を広げることができます。 このような有名ではない仮想通貨は新しい技術の導入や法整備などで将来価格が急激に上がる可能性があるため、仮想通貨の特徴や市場の動向を考慮しながら購入しておくことがおすすめです。 根強い人気がある BitForexが設立された当初は世界の仮想通貨取引所の中で6番目に取引量が多く、人気の海外仮想通貨取引所でした。 現在は世界の400もある仮想通貨取引所の取引高ランキングにおいて26番目に位置しており、日本国内トップクラスの人気を誇るbitFlyerよりも取引高が多いです。 そのため、BitForexは安定した人気がある取引所なので安心して仮想通貨を取引することができます。 BitForexの登録はこちらから! BitForex(ビットフォレックス)のメリット BitForexのメリット ...

海外FXの税金はどのくらいかかる?海外FXにかかる税金や確定申告のやり方について解説!

「海外FXにかかる税金や確定申告についてしっかりと理解したい...」 こう思ってはいませんか? たしかに海外FXにかかる税金は国内とは違うのか、実際どれくらいの税金がかかるのかなど、税金に関する事柄は一見複雑で難しいですよね。 この記事ではそんな海外FXにかかる税金の種類や確定申告の際の実際の計算方法をわかりやすく解説しています。 さらに海外FXで利益をあげた際の4つの節税方法や実際の確定申告の流れも紹介しているので、海外FXの税金に関する知識を網羅的に理解することができます! この記事のポイント 確定申告は年間の所得から課税金額をまとめ、実際に支払っている金額と調整するための申告制度 給与所得者と非給与所得者で確定申告が必要になる条件が異なる 国内FXと海外FXでは税区分・税率の扱いが異なる 経費をできるだけ計上するなど、節税対策は豊富に行うことができる 目次   海外FXの税金や確定申告の基礎知識 確定申告をする方必見!海外FXにかかる税金を計算してみよう 税金面での海外FXと国内FXの違い 海外FXで利益を出したときの確定申告方法 海外FXで確定申告をする際の4つの税金対策 海外FXの税金と確定申告に関するQ&A 海外FXの税金と確定申告まとめ 海外FXの税金や確定申告の基礎知識 海外FXの税金や確定申告の基礎知識 そもそも確定申告とは 海外FXで確定申告にかかる税金を計算してみよう 海外FXにかかる税金を計算する前にまずは海外FXや確定申告に関する基本的な知識からみていきましょう。 そもそも確定申告とは 確定申告とは、1年間の所得をまとめてそれにかかる税金を計算し、最終的に国に納めるべき税額を報告する手続きのことです。 毎年1月1日〜12月31日までの所得を基に計算し、翌年の2月16日〜3月15日の間に税務署にて手続きをすることで確定申告は完了となります。 会社員などの給与所得者の給料に関しては会社側が納税義務を代行するためあまり身近には感じないかもしれませんが、海外FXといった給料以外の所得に関しては一定額を超えると確定申告の必要が出てくるので注意しましょう。 海外FXで確定申告が必要な条件 海外FXによって利益を獲得した場合確定申告の必要条件は給与所得者か非給与所得者かによって次のように分けられます。 給与所得者 年間利益が20万円を超える場合 会社員、パート、アルバイト等 非給与所得者 年間利益が38万円を超える場合 専業主婦、トレーダー等 給与所得者も非給与所得者もこの金額を超えると確定申告の必要が出てきます。 また、海外FXにかかわらず以下の条件に当てはまる人も確定申告が必要になるので注意しましょう。 海外FXの利益に関わらず確定申告が必要な人 個人事業主 給与の金額が2,000万円を超える人 給与を2箇所以上から受けている人 同族会社の役員やその親族などでその会社からの給与に加えて貸付金の利子などの収入がある人 確定申告をする方必見!海外FXにかかる税金を計算してみよう 海外FXで税金がかかる所得の計算方法 ...

Gemini(ジェミナイ/ジェミニ)とは?海外仮想通貨取引所のメリット・デメリット・評判まで詳しく解説!

「Gemini(ジェミナイ/ジェミニ)ってどんな海外取引所なんだろう?」 あなたは今こうお考えではないですか? 確かに海外取引所となると情報量も少なくよくわからないですよね。 この記事では海外投資エージェントがGeminiのメリットやデメリット、取扱通貨から手数料まで詳しく解説していきます! この記事を読めば、Geminiについての疑問点が解消され、すぐに取引を始めることができるようになります。 Geminiを簡単に説明すると 取引所ランキング総合第1位! 今なお進化し続ける取引所 強固なセキュリティ対策 世界50か国以上に対応! 日本居住者は利用できない 取引所ランキング総合1位 Geminiの登録はこちらから 目次   Gemini(ジェミナイ/ジェミニ)とは Gemini(ジェミナイ/ジェミニ)のメリット Gemini(ジェミナイ/ジェミニ)のデメリット Gemini(ジェミナイ/ジェミニ)の口コミ・評判 Gemini(ジェミナイ/ジェミニ)の手数料 Gemini(ジェミナイ/ジェミニ)の取扱通貨 Gemini(ジェミナイ/ジェミニ)に関するQ&A Gemini(ジェミナイ/ジェミニ)まとめ Gemini(ジェミナイ/ジェミニ)とは 所在地 アメリカ,ニューヨーク 設立 2015 設立者 ウィンボルクス兄弟 取引通貨 29種類 利用可能地域 50か国以上 スマホアプリ あり 公式アカウント Twitter Instagram Facebook Gemini(ジェミナイ/ジェミニ)は2015年に設立され、ニューヨークに拠点を置く取引所です。 セキュリティが固く、2020年cryptocompareの取引所ランキングでは総合1位を誇ったこともある実力です。 現在、日本居住者は利用できませんが設立以来その規模をどんどん拡大し、利用可能地域を広げています。 現在アジアでは韓国、香港、シンガポールなどで利用でき、日本進出も近いのではないかと期待されています。 Geminiの登録はこちらから Gemini(ジェミナイ/ジェミニ)のメリット ここからはGeminiの3つのメリットを紹介していきたいと思います。 Geminiのメリット 取引所ランキング総合第1位 強固なセキュリティ対策 今なお進化し続ける取引所 取引所ランキング総合第1位 Geminiは2020年7月のCrypto Compareの取引所ランキングで世界第1位にランクインしました。 総合力が高く、セキュリティ対策も万全です。 設立当初は取扱通貨は3種類、利用可能地域は数か国だったのが、今では29種類の取扱通貨をそろえ50か国以上の地域で利用可能になりました。 今後もその規模を拡大し、ユーザー数は増え、流動性も増し、更なるサービス向上が期待される注目の取引所です。 ぜひこの機会に登録してみてはいかがでしょうか。 Geminiの登録はこちらから 強固なセキュリティ対策 Geminiはセキュリティ対策が非常に整っています。 2019年には世界最大の会計事務所であるDeloitteのセキュリティ評価テストに仮想通貨取引所で初の合格を果たし、2020年7月には初のハードウェアセキュリティキーを提供しています。 また、サイバー攻撃などの被害にあったことも一度もなく、安心して利用することができます。 今なお進化し続ける海外取引所 Geminiは2015年設立以来その規模を拡大し、初めてイーサリアム取引を政府から公認されたり、オークション形式を採用するなど、新しい取り組みを行ってきました。 また、2020年10月にはイーサリアム以来最も期待されているという新規コインのFIL(ファイルコイン)が上場されました。 今後もさまざまな挑戦をし、サービスの向上が見込まれる取引所です。 Geminiの登録はこちらから Gemini(ジェミナイ/ジェミニ)のデメリット ここからはGeminiの2つのデメリットを紹介していこうと思います。 Geminiのデメリット 日本居住者は利用できない ...

bybit(バイビット)の登録方法とは?画像付きでわかりやすく解説!

「bybitの登録ってどうやるんだろう、、、」 そんな疑問をお持ちの方が多いのではないでしょうか? 確かにbybitは海外の取引所なので、登録方法など不明な点が多いかもしれません。 そこで今回は海外投資エージェントがbybitの登録方法について画像付きで解説します! この記事を読んで早速bybitの登録を始めてみましょう! bybitの登録方法を簡単にまとめると 登録は携帯番号かメールアドレスの認証をする 二段階認証の設定はGoogle Authenticatorがおすすめ 登録は3分でできる! 登録は無料で出来る! \ 3分で無料登録!/ bybitの詳細を見る 目次   bybit(バイビット)とは bybit(バイビット)の登録方法・口座開設方法 bybit(バイビット)の使い方 bybit(バイビット)の登録に関するQ&A bybit(バイビット)の登録方法:まとめ bybit(バイビット)とは bybit(バイビット)とは、2018年に設立された海外の取引所です。 ビットコイン(BTC)・イーサリアム(ETH)・イオス (EOS)・リップル(XRP)・テザー(USDT)の5種類の通貨でレバレッジ取引が行えます。 bybitは国内の取引所にはない特徴が多数存在します! bybitの特徴 海外取引所なのに日本語の対応が手厚い レバレッジ倍率最大100倍で取引できて、ゼロカットシステムも搭載 取引方法によっては手数料がもらえる サーバーが優秀なので取引遅延が起こりにくい 口座開設は3分でできる そのため高いレバレッジ倍率での取引を日本語で簡単にかつ安全に行いたい人に向いていると言えます! \ 最大レバレッジ100倍で取引可能!/ bybitの詳細を見る bybitの評判について詳しく知りたい方はこちらの記事も参考にしてください! https://kaigai-fxcoin.com/posts/253/ bybit(バイビット)の登録方法 bybitに興味を持った方は、早速登録してみましょう! bybitの登録は、本人確認がいらず3分ほどで登録も完了するので手軽に始めることができます! 少しでも気になった方は利用するのをぜひおすすめします! \...