Chainlink(チェーンリンク/LINK)の購入方法|今後や将来性、チャート分析と共に徹底解説!

「Chainlink(チェーンリンク)って人気みたいだけどこれからどうなるのかな?」

あなたは今こうお考えではないですか。

確かにこれからからも上がる可能性があるのならば購入したいですよね。

この記事では、海外投資エージェントがChainlinkのチャート分析や価格動向を踏まえた将来性・今後、購入できる取引所、買い方や保管方法まで解説していきます!

Chainlinkとは

  • 外部システムに繋がり管理する最初のミドルウェア
  • 国際機関SWIFTとも連携
  • 今後もChainlinkを使った技術発展が期待される
  • 購入するなら長期保有がオススメ

Chainlink(LINK)ロゴ

LINKを購入するならココ

Binanceの詳細を見る

Chainlink(チェーンリンク/LINK)とは

Chainlink(チェーンリンク/LINK) ロゴ

Chainlink(チェーンリンク)はSergey Nazarov氏によって作られ、2019年5月にメインのネットワークがローンチされました。

イーサリアムベースの通貨でオラクルの分散型ネットワークを構築しています。

また、Chainlinkには以下のような特徴があります。

ミドルウェアとしての重要な役割

Chainlinkはソフトウェアとハードウェアの中間処理を行うミドルウェアの役割が期待されます。

スマートコントラクトの弱点をなくし、APIやwebアプリケーション、クレジットカードの銀行システムと結びつけることを可能にしました。

Chainlinkはこのような外部システムに繋がり安全に監視し管理できる最初のミドルウェアです。

国際機関SWIFTと連携

SWIFT(国際銀行間通信協会)は世界各地の銀行に電子メッセージを伝送するサービスを行っている国際機関です。

2016年にSWIFTはChainlinkを使ったPoCを発表しています。

このような大きな機関との連携で今後ますますの発展が期待されています!

また、SWIFT以外にも多くの企業がChainlinkの技術を支持しています。

LINKを買うならBinance

Binanceの詳細を見る

Chainlink(チェーンリンク/LINK)は購入するべき?将来性を踏まえて解説!

Chainlink(チェーンリンク/LINK)チャート分析・価格分析

2020年12月現在、CoinMarketCapでのChainlinkの時価総額ランキングは7位です。

2020年8月にはDeFiはバブル並みに上昇し、Chainlinkも急激に高騰しました。

また、この時期Chainlinkは以下のようにさまざまな提携を行っていました。

  • 7/25:韓国トップ銀行の外国為替レートを分散型金融(DeFi)に接続
  • 8/1:米国のコロラド州と新たな宝くじゲームのハッカソン開催で提携

バブルがはじけた結果、現在ではかなり下落しているように思われますがChainlinkの技術の需要は今後も高まっていく見込みです。

Chainlink(チェーンリンク/LINK)今後の将来性

現在、時価総額ランキングでは7位とかなり高いので急激に上がることはあまり考えられません。

短期保有には向いていないと思われます。

しかし、Chainlinkはスマートコントラクトの弱点をなくし外部と繋がり安全な管理を可能にする最初のミドルウェアです。

長期的な目で見ると、これからもさまざまな分野で活躍し導入される可能性が十分ありますので全体的には上昇するのではないかと思われます。

Chainlink(チェーンリンク/LINK)が購入できるおすすめ取引所3選

ここからはChainlinkを購入することができるおすすめの取引所を3つ紹介していきたいと思います。

Link購入におすすめの取引所

  • Binance
  • FTX
  • OKex

 Binance

BINANCEバナー

Binanceは世界最大級の海外取引所でユーザー数は1000万人をこえ、引量が多く流動性が非常に高いのでマイナーなコインでもスムーズに取引ができます。

Chainlink(Link)は以下の通貨で購入することができます。

BTC・USDT・ETH・EUR・AUD・TRY・TUSD・BKRW・USDC・BUSD

Binanceは取扱通貨数200種類以上と非常に豊富なので、他の取引所では扱っていない珍しいコインを購入することができます。

日本語にも対応しており、本人確認なしで取引を開始できるので手軽に始めることができます!

Binanceの詳細を見る

FTX

FTXバナー

FTXは2020年8月には新たにDeFi銘柄のインデックス先物「UNISWAP-PERP」の取り扱いを開始するなど、他の取引所にはない多様なサービスを行っています

Chainlink(Link)は以下の通貨で購入することができます。

USD・USDT

FTXは取扱銘柄数76種類で、主要仮想通貨やアルトコイン、取引所トークンやOIL(石油)トークンまで取引をすることができます!

こちらも、本人確認なしで手軽に始めることができます!

FTXの詳細を見る

OKEx

OKEx(オーケーイーエックス)ロゴ

OKExは取扱通貨数は100以上、中国の三大仮想通貨取引所の1つです。

Chainlink(Link)はUSDTで購入することができます。

また、OKExでは現物取引・先物取引・パーペチュアルスワップ・オプション取引・通貨購入といった様々な取引方法を楽しむことができます!

日本人利用者も多い人気の取引所となっております。

OKExの詳細を見る

Chainlink(チェーンリンク/LINK)の購入ステップ

ここからはChainlink(チェーンリンク)購入の流れを説明していきます。

LINKの買い方

  • 口座開設をする
  • 入金する
  • LINKを購入する

口座開設をする

Chainlinkは国内取引所では購入できないので先ほど紹介した海外取引所などで口座開設をします。

Chainlinkを購入するのに最もおすすめの取引所はBinanceです!

Binanceは海外取引所ですが、公式HPとスマホアプリは日本語対応ですのでかなり使いやすいです。

入金・出金制限はありますが本人確認なしで利用できるので今すぐにでもChainlinkを購入することができます!

詳しい登録方法は以下のリンクからどうぞ

Binanceの詳細を見る

入金する

海外取引所ですと国内取引所から仮想通貨を送金する形で入金をします。

送金する際におすすめの国内取引所は送金手数料無料でスプレッドも狭いGMOコインです!

また、Binanceは国内からクレジットカードでBTCなどの仮想通貨を購入(入金)できます。

手数料は割高になりますが、面倒な送金手続きがなくなりかなり便利です。

詳しくは以下のリンクからどうぞ

LINKを購入する

ChainlinkはLINKという表記です。

まずはLINKが購入できる取引所にログインし、取引画面に移動してください。

こちらはBinanceの取引画面になります。

どこの取引所でも赤枠のような通貨を検索する機能があると思います。

LINKと検索し取引したいペアを選択してください。

Chainlink(チェーンリンク/LINK)に関するQ&A

ここからはChainlink(チェーンリンク)に関するよくある質問にお答えしていきます。

日本では購入できないの?

Chainlinkは国内取引所では購入することができません。

国内取引所で仮想通貨を購入し、海外取引所に送金してLINKを購入する流れになります!

国内取引所で買える仮想通貨でLINKを買うのならば、Binanceがオススメです。

Chainlinkの大幅下落は問題ない?

Chainlinkは2020年8月にバブル並みの高騰・下落をしましたが、BTCやETHの影響が大きいようです。

Chainlinkは外部システムと繋がり安全に管理する最初のミドルウェアとして機能し、今までさまざまな機関や企業と連携がとられてきました。

これからもさまざまな連携が図られ重要な技術として需要がありそうです。

そのため長期的な目で見れば上昇していくのではないかと思われます。

Chainlink(チェーンリンク/LINK)まとめ

Chainlinkまとめ

  • 外部システムに繋がり管理する最初のミドルウェア
  • 国際機関SWIFTとも連携
  • 今後もChainlinkを使った技術発展が期待される
  • 購入するなら長期保有がオスス

この記事ではChainlinkのチャート分析や価格動向を踏まえた将来性、購入できる取引所、買い方や保管方法まで解説してきました。

最新の情報を確認し、チャートを分析してから慎重に購入しましょう。

LINKを購入するならココ

Binanceの詳細を見る

この記事の監修者
海外投資エージェント編集部
本サイトの記事作成を担当している”海外投資エージェント編集部”です。当編集部は、国内外金融経験者によって監修されています。当サイトは仮想通貨メディアCoinPartnerを運営する株式会社CoinOtakuによって運営されています。
- Advertisment -

最新記事