仮想通貨の取引ができる海外FX業者3選!注意事項やメリットも優しく解説!

「仮想通貨って海外FX業者で取引できるの?」

 

と思っている方も多いと思います。

 

確かに仮想通貨を海外FX業者で取引するメリットは何か分かりにくいですよね。

 

そこで海外投資エージェントが、仮想通貨を取引できる海外FX業者、仮想通貨を海外FX業者で取引するメリット、注意事項などを詳しく解説していきます。

 

この記事を読めば、仮想通貨を海外FX業者で取引するメリットや注意事項が完璧に分かるようになります!

 

仮想通貨を海外FX業者で取引すると

  • 日本より高いレバレッジで取引できる!
  • 損益通算できる!
  • キャンペーン、ボーナスが豊富である!fxgtバナー今から仮想通貨を海外FX業者で始めるならFXGTがオススメです!日本語サポートもあり、入出金手数料無料です!FXGTで仮想通貨を取引する!

仮想通貨を取引できる海外FX業者3選

FXGT

fxgtバナー

FXGTの4つの特徴

  • 土日も仮想通貨の取引ができる
  • 最大レバレッジは500倍!
  • ゼロカットシステムを採用
  • 狭いスプレッドで取引ができる

 

FXGTはCryptoCT(クリプトGT)という仮想通貨取引所が2019年12月に設立した新しい海外FX業者です。

 

他の海外FX業者は平日しか取引できない場合が多いですが、FXGTは土日も仮想通貨の取引ができます。

 

さらに、仮想通貨の最大レバレッジは500倍と少ない資金でも取引することができます。

 

ゼロカットシステムを採用しているので預けた証拠金以上の損失はなく、安心して取引できます。

 

また、BTCUSDを取引する時HotForexの最低スプレッドは26.0であるのに対してFXGTは1.75と狭いスプレッドで取引することができます。

 

FXGTで仮想通貨を取引する!

 

 

HotForex(ホットフォレックス)

HotForex

HotForexの4つの特徴

  • MT4とMT5の口座に対応
  • ゼロカットシステムを採用
  • 資金を分離アカウントで管理するから安心
  • 24時間の専用サポート

 

HotForexはHF Markets Groupが10年前に設立した、FXや仮想通貨などが取引できる海外FX業者です。

 

MT4と新たにプライスボードと詳細を搭載したMT5の両方の口座に対応しています。

 

また、ゼロカットシステムを採用しているので預けた証拠金以上の損失はなく高いレバレッジでも安心して取引できます。

 

他にも、クライアントの資金を分離アカウントで管理しているため安全に取引することができます。

 

平日は24時間専用のサポートを受けることができるのも魅力的です。

 

HotForexで仮想通貨を取引する!

 

IFC Markets

IFC Markets

IFC Marketsの3つの特徴

  • MT4とMT5の口座に対応
  • ビットコイン先物を取引できる
  • 24時間体制の顧客サポートで安心

 

IFC MarketsはIFCM Groupが2006年に設立した株、先物、CFD、仮想通貨など取引する対象が豊富な海外FX業者です。

 

MT4と新たにプライスボードと詳細を搭載したMT5の両方の口座を使うことができます。

 

また、ビットコイン先物を取り扱っているので、ユーザーは現物取引ではできない売り注文から始めることができます。(ビットコイン先物とは? )

 

24時間体制の顧客サポートがあり安心して利用することができます。

 

IFC Marketsで仮想通貨を取引する!

 

仮想通貨を海外FX業者で取引するメリット

日本より高いレバレッジで取引できる

 

海外FX業者は預けた証拠金以上の取引ができるレバレッジ取引が日本よりも高い水準でできます。

 

国内の取引所 最大レバレッジ
国内仮想通貨取引所 4倍
国内FX会社 25倍
海外のFX業者 最大レバレッジ
FXGT 500倍
HotForex 10倍

 

表から海外のFX業者は国内の取引所よりもレバレッジが高く、少ない資金で取引することができます。

 

また、国内仮想通貨の取引所は2021年4月までにレバレッジが4倍から2倍になることが決定しているのでさらに国内と海外のレバレッジの差が開くことになります。

 

国内と海外のレバレッジの差が開く前から最大レバレッジ500倍のFXGTで取引することをオススメします!

 

FXGTで仮想通貨を取引する!

 

損益通算ができる

 

仮想通貨を取引した時日本の取引所で損益通算はできませんが、海外のFX業者はFXなどの同じ雑所得内であれば損益通算することができます。

 

損益通算とは

 

損益通算とは一定期間の中で利益と損失を相殺することです。

 

投資をして利益と損失が出た場合は利益から損失分を差し引いてその分だけ税金を減らすことが出来ます。

 

海外FX業者で取引すると損益通算ができる

 

例えば、年間利益で仮想通貨で50万円、年間損失が海外FXで15万だとします。

 

仮想通貨の年間利益は50万円

 

海外FXの年間損失は15万円

 

損益通算すると50万円ー15万円=35万円となります。

 

50万円の利益から35万円の利益になりました。

 

支払う税金としては利益35万円分のみとなるのでかなり節税できます。

キャンペーン・ボーナスが豊富である

 

日本の取引所は毎日10名限定に1000円プレゼントや一定金額以上仮想通貨を買うと抽選で有名人のサインなどの特典に対して、

 

海外FX業者は全員に初回80%入金ボーナスや回数無制限の30%入金ボーナスなどキャンペーン・ボーナスが日本より豊富で規模が大きいです。

 

FXGTで仮想通貨を取引する!

 

 

海外FX業者で取引するときの注意事項

土日は取引できない場合がある

 

海外FX業者の中に土日は仮想通貨の取引ができない業者があります。

 

土日に大きな価格変動がある可能性を考慮すると毎週金曜日に仮想通貨をエグジットしておくのも一つの手です。

 

追証なしか確認する

 

預けた証拠金が不足した場合、追加で支払いをしないといけない追証があるとレバレッジが高い海外FX業者での取引は危険です。

 

預けた証拠金よりも損失が出た場合、代わりに業者が払うゼロカット方式であるか確認しましょう。

 

FXGTであればゼロカットシステムが使われているので安心して取引できます!

 

FXGTで仮想通貨を取引する!

 

日本語対応されているか気をつける

 

海外FX業者のサイトには日本語対応されていない業者があります。

 

そのため日本語設定できるのか、いつでも聞けるサポートは充実しているのか前もって確認する必要があります。

 

FXGTは安心の日本語対応と24時間365日サポートの対応がありオススメです!

 

FXGTで仮想通貨を取引する!

 

仮想通貨を海外FX業者で取引するときかかる税金は?

仮想通貨は累進課税

 

日本の取引所で取引した場合も海外FX業者で取引した場合でも仮想通貨の税金は総合課税の雑所得に分類されます。

 

この雑所得は利益が大きいほど税金の額も大きくなる累進課税が適用されます。

 

税金のために取引内容を記録

 

仮想通貨は利益の大きさによって税金が変わる累進課税なので取引を行った海外FX業者の取引履歴がダウンロードできるのか確認しましょう。

 

もし、できなければどれだけ利益を出したのかこまめに記録しましょう。

仮想通貨を取引できる海外FX業者のまとめ

仮想通貨を取引できる海外FX業者のまとめ

  • 日本より高いレバレッジで取引できる
  • 損益通算ができる
  • キャンペーン・ボーナスが豊富である
  • 最短3分で登録できる海外FX業者のFXGTがオススメ!

 

結論としてハイリスクハイリターンで短期的に利益を出したい人は海外FX業者で仮想通貨の取引をオススメします。

 

海外FX業者は日本よりも仮想通貨に対する規制がされていないのでより高いレバレッジで取引することができます。

 

日本の取引所で満足してない方や、豊富なキャンペーン・サービスを利用したい方はぜひ海外FX業者で仮想通貨を取引してみるのはいかがでしょうか?

 

FXGTで仮想通貨を取引する!

 

海外取引所への送金手数料無料

GMOコイン

海外投資エージェントおすすめ

海外取引所を徹底比較
2021年最新!主要海外取引所ランキング
海外仮想通貨入門
海外取引所での仮想通貨の始め方
ボーナスが豪華な海外取引所
海外取引所の豪華なボーナスやキャンペーン最新版
海外取引所で仮想通貨レンディング
利率の高い海外取引所で不労所得の作り方

海外取引所を始めて使う

海外取引所おすすめランキング