ホーム 海外仮想通貨取引所 その他の取引所 BitMEX(ビットメックス)の手数料はいくら?手数料を安くする裏技も紹介!

BitMEX(ビットメックス)の手数料はいくら?手数料を安くする裏技も紹介!

「BitMEXを使ってみようと思うけど手数料はどのくらいなの?」

「何回も取引しているうちに、気付いたら手数料で大損してた!なんてことがないようにしたい」

そうお悩みではありませんか?

そんなあなたに朗報です!

この記事を読めば、取引の種類ごとに手数料を解説しているのでBitMEXの手数料について完璧にわかります!

しかも、レバレッジ取引で手数料負けしない方法やメイカー手数料というものを使って稼ぐ方法、さらに、BitMEXの手数料を安くする裏技も紹介します!

この記事があなたの稼ぎの手助けになれば幸いです。

 

BitMEXの公式サイト

 

BitMEX(ビットメックス)は、香港に拠点を置く暗号資産(仮想通貨)取引所です。目玉のレバレッジはなんと最高100倍!しかも日本語対応!そんなBitMEXについて、登録方法から使い方、そして取引の方法まで、コインパートナーが全部解説します!

 

BitMEXの手数料一覧表!

BitMEXでかかる手数料は大きく分けて5つあります。

ビットコインFX取引をする際はこの手数料を全て把握し、お得に取引するようにしましょう!

この5つの手数料を表でまとめると以下のようになります↓↓

種類 金額
Taker手数料 0.075%
Maker手数料 -0.025%
Funding手数料 -0.375%~0.375%の間で変動(8時間毎)
決済手数料 0.05%
入出金手数料 なし(ただし送金手数料はかかる)

 

それぞれの手数料について詳しく説明していきましょう。

BitMEXのTaker手数料

Taker手数料は別名、成行注文手数料とも呼ばれます。

これは、注文を出したらすぐに取引が成立する値段で暗号資産(仮想通貨)のやり取りをするときにかかる手数料のことをいいます。

 

例えば、

ビットコインの相場がちょうど100万円のとき「1ビットコインを100万円で買うぞ!」と注文を出した場合は、すぐ取引が成立します。

このように、相場の現在値で注文を出し、すぐに取引を成立させる注文を成行注文といいます。

成行注文する際にかかる手数料がTaker手数料です。

また、成行注文の他に指値注文という取引方法があります。指値注文はMaker手数料のところで詳しく説明しますが、取引する値段を自分で指定することができます。

成行注文は指値注文と比べてすぐに取引が成立するというメリットがあります。

暗号資産(仮想通貨)の現物取引には2種類の注文方法(成行注文と指値注文)があります。この記事では、成行注文と指値注文のメリット・デメリット、使い分け方まで解説しています!さらに、BITPOINTの実際の取引画面を用いて注文の具体的手順も解説します!

 

種類 金額
Taker手数料 0.075%

 

BitMEXのMaker手数料

Maker手数料は指値注文手数料とも呼ばれます。

指値注文は成行注文とは違い、取引する値段を自分で指定することができる注文方法です。

先程の例を用いて説明します。

ビットコインの相場が100万円のとき「1ビットコインを95万円で買うぞ!」って言った場合は、すぐには取引が成立しませんよね。こういう注文方法を指値注文といいます。

指値注文ですと、自分の指定する値段で取引できるメリットがありますが、ビットコインの相場が指定した値段にならなかった場合、取引は成立しません。

 

指値注文をする際にかかるMaker手数料は-0.025%です。

「えっ、マイナスってどういうこと?」って思いますよね。なんと、BitMEXでは指値注文をすると手数料が貰えるのです!

例えば、1BTC(今のレートで約450000円)の指値注文が成立すると、0.00025BTC(今のレートで約112円)が受け取れます。

BitMEXでは指値注文をすると手数料が貰えることから、ほとんどの投資家が指値注文を利用しています。

 

「オーダーブック」で全ユーザーの指値注文を確認することができます↓↓

BitMEXのオーダーブックの画像

相場とずれた値段で注文を出すということは、相場が動きやすくなります。

相場より高い値段で注文出す人が多いと相場は上昇し、逆に相場より低い値段で注文を出す人が多いと、相場は下降していきます。

取引所としては相場は動いてくれた方が取引が活発になるので、ありがたいわけです。

したがって、BitMEXではMaker手数料をマイナスにしているのです。

BitMEXで取引する際は指値注文をするようにし、Maker手数料で稼ぎましょう!!

種類 金額
Maker手数料 -0.025%

 

BitMEXのFunding手数料

BitMEXでは「ロング(買い)」か「ショート(売り)」のポジションをとっているときにFunding手数料というものがかかります。

これは毎回の取引ではなく、8時間ごとに手数料が取られるという仕組みになっています。

ちなみに日本時間の5時・13時・21時の8時間おきにとられます。

Funding手数料は-0.375%から0.375%の間で変動し、時によって変わります。

Funding手数料は「資金調達率」のところで確認することができます。

資金調達率の画像

 

資金調達率がプラスの時は、「ロング(買い)」ポジションの場合は手数料を払う必要があり、逆に「ショート(売り)」ポジションの場合は手数料をもらうことができます。

資金調達率がマイナスの時は、「ロング(買い)」ポジションだと手数料をもらうことができ、「ショート(売り)」ポジションの場合は手数料を払うことになります。

 

ロングポジション ショートポジション
資金調達率プラス 手数料を払う 手数料を貰らえる
資金調達率マイナス 手数料を貰らえる 手数料を払う

 

上の写真の例では資金調達率が-0.0245%なので、1BTC(今のレートで約450000円)のロングポジションを持っていた場合、0.000245BTC(今のレートで約110円)を受け取ることができます。

 

種類 金額
Funding手数料 -0.375%~0.375%の間で変動

 

BitMEXの決済手数料

決済手数料とは持っているポジションを決済する際にかかる手数料です。

BitMEXの決済手数料は0.05%となっています。

10万円分のポジションを決済したときは50円、100万円分のポジションを決済したときは500円がかかります。

ポジションを決済する度に決済手数料がかかってしまいますので、頻繁な取引はあまりおすすめできません。

 

種類 金額
決済手数料 0.05%

 

BitMEXの入出金手数料

入出金手数料とは暗号資産(仮想通貨)を入出金する際にかかる手数料です。

入金手数料と出金手数料に分けて説明していきます。

入金手数料

BitMEXでは入金するときに手数料を一切取っていません。

 

ですが、BitMEXに入金しようと思った場合は日本円を直接入金することはできません。

いったん日本円をビットコインに変えてから、ビットコインをBitMEXに送る必要があります。

 

ビットコインをBitMEXに送るとき、BitMEXは入金手数料は取りませんが、送金手数料(マイナー手数料)がかかってしまいます。

送金手数料とは、ビットコインのマイナーに支払う手数料で、払えば払うほど早く送金できます。

ビットコインにかかる手数料は下記の記事で詳しく解説しています↓↓

 

ビットコインの手数料っていくらかかるの?と思っても手数料の種類は多いし取引所によって違うため比較するのはとても難しいですよね。そこで今回はコインパートナーがビットコインにかかる手数料をすべて紹介し、安くておすすめできる取引所を3つに厳選しました

 

出金手数料

出金手数料も、入金手数料と同様で手数料はかかりません。

ただし、BitMEXから他のところへビットコインを送る場合、BitMEX自体にお金を払うことはありませんが、普通に送金手数料がかかるので注意してください。

 

種類 金額
入金手数料 無料
出金手数料 無料

 

BitMEXのレバレッジに注意しよう!

BitMEXで取引をする場合、レバレッジをかけると思いますが、レバレッジをかけた分だけ手数料が変化するので注意してください。

例えば、元手10万円でレバレッジをかけないで取引する場合、Taker手数料は75円支払い、Maker手数料は25円受け取れます。

しかし、それをBitMEXの最高であるレバレッジ100倍で取引するとTaker手数料は7500円支払い、Maker手数料は2500円の受け取りになります。

つまり、成行注文で取引すると元手のお金に対して7.5%もの手数料がかかってしまうことになるのです。

レバレッジ取引は大きな利益をあげられる可能性がありますが、その分手数料も大きくなってしまいますので、注意が必要です。

 

 

BitMEXの手数料まとめ

  • Taker手数料は0.075%
  • Maker手数料は0.025%
  • レバレッジで手数料は大きくなる
  • Funding手数料は0.375%~-0.375%で変動する
  • 決済手数料は0.05%
  • 入出金手数料は無料(ただし、送金手数料がかかる)

BitMEXでレバレッジ取引を始める!

BitMEX(ビットメックス)は100倍レバレッジ取引が可能な香港の暗号資産(仮想通貨)取引所です。取引画面や仕組みが少し複雑ですが、登録方法から取引方法などを詳しく解説したこの記事を読めば、使い方をマスターできること間違いなしでしょう!

 

ここまで、BitMEXのビットコインFXでかかる手数料を解説しました。

では、BitMEXの手数料は他の取引所と比べて安いのでしょうか?高いのでしょうか?

全ての手数料を他の有名取引所と比較し、BitMEXの手数料はどうなのか検証していきます。

 

BitMEXの手数料を国内の有名取引所と比較

BitMEXと3つの有名取引所の各手数料を比較してみましょう!

 

種類 BitMEX GMOコイン DMM Bitcoin bitbank Trade
Taker手数料 0.075% 無料 無料 0.01%
Maker手数料 -0.025% 無料 無料 0.01%
Funding手数料 -0.375%~0.375% 0.04%/日 0.05%/日 0.01%/日
入金手数料 無料 無料 無料 無料
出金手数料 無料 無料 無料 540円~756円
決済手数料 0.05% 無料 無料 無料

 

BitMEXはとても特徴的な取引所であると言えるでしょう。

Taker手数料や決済手数料は他の取引所より高くなっています。

しかし、マイナス手数料を実施しているのはBitMEXのみですので、上手く取引すれば他の取引所よりとてもお得に取引できるでしょう。

 

ただし、売買手数料が安いからといって安心してはいけません。

実は、『スプレッド』というものがあって売買している間にお金が目減りしていた!ということがあるので注意しましょう。

「スプレッドって聞いたことはあるけど、いまいちよくわからない!」

というあなたは、気づかぬうちに損してしまわないようにこちらの記事を読んでください↓↓

「取引手数料無料」という一文に魅力を感じて暗号資産(仮想通貨)の取引を始めようと考えている人は多いのではないでしょうか。株やFXだと何かと手数料を取られて最終的には残金が大きく下回っているなんてことはよくありますが、暗号資産(仮想通貨)ではそういった心配がないのは魅力的ですよね。しかし、よく考えてみると暗号資産(仮想通貨)だけこんなおいしい仕組みになっているのはおかしいと思いませんか?今回は手数料無料の影に隠れているスプレッドという仕組みについて紹介します!この記事を読んで暗号資産(仮想通貨)にまつわる市場原理について詳しくなりましょう!目次スプレッドとはなぜスプレッドは発生するの? 現物取引をするにはどこがいいの?各取引所のスプレッドを徹底比較! 暗号資産(仮想通貨)のスプレッドと税金 暗号資産(仮想通貨)スプレッドに関する気になるQ&A 暗号資産(仮想通貨)スプレッドまとめスプレッドとはスプレッドとは「買値と売値の差額」のこと!暗号資産(仮想通貨)取引所について調べた時に、誰しもが「手数料無料!」という宣伝をみたことがあるのではないでしょうか。株やFXでは通常入金や出金、さらには売買などあらゆる手数料が発生するのに対して暗号資産(仮想通貨)ではそれらが一切無料というのだからとても魅力的ですよね。手数料が無料であることは私たちユーザーにとっては非常にお得なシステムですが、あまりにも虫が良すぎる話だとは思いませんか?重要な収入源であるはずの手数料が全くないとしたら取引所はどこから利益を得ているのでしょうか。ここで重要となるのがスプレッドという考えです。スプレッドとは販売所取引の際に生ずる売値と買値の差のことを言います。上の画像はbitFlyerの取引画面ですが、ここでは1BTCを購入するのに738,562JPYが必要で、売却するには721,174JPYが必要であることがわかります。購入金額が売却価格よりも高いことから「購入するには値段が高く、売却するには値段が安い」という構図ができていることが読み取れるでしょう。この二つの価格差738,562-721,174=17,388JPYのことをスプレッドと言います。そしてこのスプレッドについて理解しておかないと思わぬ損を生むことがあるのです。スプレッドが広いと損をする可能性が高い!

 

BitMEXでお得に取引する方法

BitMEXは他の取引所と比べて特徴的な取引所でした。BitMEXの特徴を上手く利用できれば、他の取引所よりお得に取引できます。

そこで、BitMEXでお得に取引するための方法をご紹介します。

以下の3つがとても重要です。

  • 手数料負けを防ぐ!
  • Maker手数料で稼ぐ!
  • Funding手数料で稼ぐ!

1つずつ説明していきます。

手数料負けを防ぐ方法

手数料負けとは、稼いだ金額以上に手数料の方が大きくかかってしまって、結局損をしてしまうということをいいます。

BitMEXの手数料の仕組みは複雑ですので、「よっしゃ!ちょっと儲かった!」と思っていたら、手数料を考慮すると実は損していたということもありえます。

しっかりと手数料について理解をしてから取引に臨むようにしましょう!

例えばですが、10万円の元手に100倍のレバレッジをかけて1000万円分の取引をする場合、

暗号資産(仮想通貨)を買うときも売るときもTaker手数料であれば、それぞれ0.075%ずつかかりますので計0.15%かかります。

1000万円の0.15%っていったら15000円です。

「よっしゃ!元手10万円で運用して1万円もうけたぞ!」と思ったつもりが手数料で15000円かかるので5000円損してた…ということもありえます。

このようなことを防ぐために、できるだけ「成行注文」ではなく、「指値注文」で取引するようにしましょう!

 

Maker手数料で稼ぐ方法

Maker手数料とレバレッジを合わせることで、うまくやれば手数料で稼ぐことができます。

暗号資産(仮想通貨)の買いと売り、どちらも指値注文で行うことができたとしたら-0.025%×2で-0.05%ですから0.05%のMaker手数料を受け取ることができるわけです。

つまり、元手10万円に100倍のレバレッジをかけて、1000万円の取引をすればMaker手数料で5000円手に入れることができるわけです。

これによりMaker手数料で稼ぐことができます!!

とはいえ、レバレッジは大きくすればするほど、ほんの少しでも相場が下に動けばロスカットになってしまいますから、この方法でそう簡単に稼ぎまくれるというわけでもありません…

Maker手数料で稼ごうとしてレバレッジを大きくすることはリスクも伴います。

 

Funding手数料で稼ぐ方法BitMEXはFunding手数料でもお得に取引することができます。

上記でも説明しましたが、

資金調達率がプラスの時は、「ロング(買い)」ポジションの場合は手数料を払う必要があり、逆に「ショート(売り)」ポジションの場合は手数料をもらうことができます。

また、資金調達率がマイナスの時は、「ロング(買い)」ポジションだと手数料を受け取ることができ、「ショート(売り)」ポジションの場合は手数料を払うことになります。

したがって、

「資金調達率がプラス→「ショート(売り)」ポジションを持つ。また、資金調達率がマイナス→「ロング(買い)」ポジションを持つ。」

とすることでお得に取引できるようになります!

BitMEXのFunding手数料履歴の確認方法

BitMEXの資金調達手数料は-0.375%~0.375%の間で変動しますが、その変動の履歴は確認することができます。

まず、左下のほうにある『詳細』をクリックします。

そしたら資金調達履歴というボタンがでてくるので、それをクリックしたら過去の資金調達率の履歴を見ることができます。

ここで自分がどれだけFunding手数料を支払っているのか、または受け取っているのかを確認することができます。

BitMEXの手数料を安くする裏技

BitMEXでお得に取引する方法を紹介してきましたが、とても簡単でもっとお得な裏技をご紹介します!

その裏技を使えば、なんと手数料が半年間10%引きになります。これは上記で3つ紹介したお得に取引する方法よりも断然お得です。

その方法はとても簡単で、コインパートナーからBitMEXに登録するだけです!

BitMEXの公式サイトはこちら!

BitMEXに登録する方法はこちらの記事で画像つきでわかりやすく解説しています↓↓

MEXは世界一の取引高を誇る暗号資産(仮想通貨)FX取引所です。レバレッジ100倍のMEXを使いこなせば、暗号資産(仮想通貨)で得するチャンスが広がります。この記事ではそんなMEXの特徴だけでなく利用するリスクを解説し、具体的な使い方を画像で説明します。

登録は1分で終わるので、いますぐやってみましょう!

BitMEXの手数料まとめ

いかがでしたでしょうか?BitMEXの手数料について解説しました。

今一度、BitMEXの手数料についてまとめます。

BitMEXの手数料まとめ

  • Taker手数料は0.075%
  • Maker手数料は0.025%
  • レバレッジで手数料は大きくなる
  • Funding手数料は0.375%~-0.375%で変動する
  • 決済手数料は0.05%
  • 入出金手数料は無料(ただし、送金手数料がかかる)

 BitMEXの手数料はちょっと複雑で、ちゃんと理解していないとおもわぬところで損する危険性もありましたが、この記事を読むことで損せずにお得に取引する方法がわかったと思います。

コインパートナーからBitMEXに登録すると半年間手数料が10%引きになります!

ぜひともこのキャンペーンを活用して、快適にお得にFX取引をしてください!

BitMEXに登録する!

- Advertisment -

最新記事

ShapeShiftとは?世界最大級の仮想通貨両替所をお得に使おう!

目次 ShapeShift (シェイプシフト)とは? ShapeShiftの特徴1~両替が瞬時にできる~ ShapeShiftの特徴2~手数料がない~ ShapeShiftのメリット ShapeShiftのデメリット ShapeShiftの使い方 ShapeShiftのQ&A ShapeShiftのまとめ   ShapeShift (シェイプシフト)とは? ShapeShiftとは、本来 "人間が人間以外のものに姿を変えること” を意味する英単語であり、2014年8月にスイスで設立された暗号資産(仮想通貨)同士の両替所です。 会社概要 会社名:ShapeShift AG 創業日:2014年8月1日 本社所在地:Gubelstrasse 11  6300 Zug Switzerland(スイス) 取り扱い通貨:ビットコイン、イーサリアム、リップルなど69種 電話番号:323 786 3761 ウエブサイト:www.shapeshift.io(言語を日本語に設定したのがこちら⇒https://ja.shapeshift.io)  会社理念 "A simple and beautiful piece of financial innovation"...

BINANCE(バイナンス)の投票とは?参加方法や過去の投票結果、通貨に投票する際の判断基準をわかりやすく解説!

「BINANCE(バイナンス)の投票ってどんな機能なんだろう…」 このような疑問を持っていませんか? たしかに他の取引所ではあまり見られない機能である分、BINANCE(バイナンス)自体は知っていてもその中の投票機能についてはなかなか理解する機会はありませんよね。 この記事では海外投資エージェントがそんなBINANCE(バイナンス)の投票機能における基本的な特徴や投票のメリットについて解説していきます。 さらには投票の参加方法や投票の際に通貨をどんな基準で選べば良いのか3つのポイントについても紹介していきます! BINANCE(バイナンス)の投票についてまとめると... バイナンスに新規上場する通貨を決めるための人気投票 バイナンスに口座を持っている人であれば保有しているBNB数に応じて投票することができる 応援しているプロジェクトが勝てばそのトークンをもらえる可能性がある 2018年から1年弱の休止期間を経て2019年に形式を変えて復活 投票する際はプロジェクトの価値・将来性や開発体制の信頼性、コンプライアンスをチェックする BINANCEの登録はこちら 目次   BINANCE(バイナンス)とは BINANCE(バイナンス)の投票とは BINANCE(バイナンス)の投票のメリット BINANCE(バイナンス)の過去の投票結果 BINANCE(バイナンス)の投票への参加方法 BINANCE(バイナンス)で投票する通貨を見極める3つのポイント BINANCE(バイナンス)の投票まとめ BINANCE(バイナンス)とは BINANCE(バイナンス)のおすすめポイント 取引高・登録者数世界一の超人気取引所! 最大レバレッジは125倍 200種類以上もの豊富な取扱通貨 取引手数料は一律0.1%と比較的安め バイナンス(Binance)は全世界において圧倒的な人気を誇っている暗号資産(仮想通貨)取引所で、「世界一の暗号資産(仮想通貨)取引所」とも言われています。 設立年 2017年7月 CEO Changpeng Zhao(趙長鵬、ジャオ・チャンポン) 登録者数 1000万人以上(2018年11月時点) 取引高 1日あたり120億ドル(約1.3兆円) 最大レバレッジ 125倍 取扱通貨 現物:175種類 FX:24種類 取引手数料 0.1% 取引高・登録者数世界一という圧倒的な人気を誇る取引所として知られており、安い手数料や通貨の豊富さでも人気を拡大しています。 また独自通貨のBNB(バイナンスコイン)を扱っており、手数料をBNB払いに設定すれば通常の半分(0.05%)の手数料で取引ができることも大きな魅力です。 BINANCEの登録はこちら バイナンス(Binance)とは?特徴・評判・登録方法・使い方をわかりやすく解説 |...

MEX(メックス)とは?仮想通貨FX取引所の特徴から登録方法・使い方まで画像で完全解説!

暗号資産(仮想通貨)FXには「MEX」という取引所が良いらしいけど、どんな取引所なんだろう? そうお考えではないですか? そんなあなたのために、この記事ではMEXの特徴と、具体的な使い方を解説します! 目次 MEX(BitMEX)の特徴 MEX(BitMEX)の注意点 MEX(BitMEX)の登録方法 MEX(BitMEX)の2段階認証設定方法 MEX(BitMEX)の入出金方法 MEX(BitMEX)の基本的な使い方 MEX(BitMEX)まとめ   MEX(BitMEX)の特徴 MEXは、正しくはBitMEX(ビットメックス)という海外の暗号資産(仮想通貨)取引所です。 FXに特化した取引所として多くのトレーダーに親しまれ、MEX(メックス)の愛称がついています。 世界一の取引高を誇るMEXを使いこなすことができれば、暗号資産(仮想通貨)で得するチャンスをひろげることができます! MEX公式ホームページ それではさっそくMEXの特徴を見てみましょう! サービス内容一覧表 取り扱い通貨 BTC(XBT/USD) ETH(ETH/XBT) XRP(XRP/XBT) BCH(BCH/XBT) LTC(LTC/XBT) ADA(ADA/XBT) TRX(TRX/XBT) 取引の種類 デリバティブ取引 入出金手数料 無料 取引手数料 -0.050%~0.075% レバレッジ 最大100倍 MEXではビットコインが「BTC」ではなく「XBT」と表記されます。 最大100倍のレバレッジ取引が可能 <各取引所のビットコイン最大レバレッジ倍率> 取引所 最大レバレッジ倍率 BitMEX 100倍 bitFlyer 4倍 DMMビットコイン 4倍 GMOコイン 4倍 Poloniex 2.5倍 MEXの最大の特徴は、最大100倍のレバレッジ取引ができることです! 国内では金融庁の規制により最大でも25倍のレバレッジ取引しかできませんが、MEXは香港の取引所であるため金融庁の規制対象外であり100倍のレバレッジ取引をすることができます! レバレッジ倍率が低いと得られる利益に限界がありますが、レバレッジが100倍であれば小さな値動きでも大きな利益をあげることができます! 一方で、ロスカットが早くなり小さな価格変動でも大損してしまうリスクも発生します。 追証がないので借金が発生しない 通常の取引所ではサーバーのエラーなどでロスカットが遅れ証拠金を超える損失が生まれた際には、損失を補填する追加保証金が借金として請求されます。 例えばbiFlyerでは証拠金の50%未満になった時点で強制的にロスカットが起きるはずでしたが、ロスカットが正しく機能せず450万円の借金が生まれてしまうような事例もあります。   その点MEXでは損失がでた場合でも追証が発生しないため、元手がゼロのなることはあっても借金が発生することはありません! MEXの公式ホームページにおいても借金が発生しないことが明言されているので、高いレバレッジ倍率でも安心して取引することができます。 Q 破産する可能性はありますか? A いいえ。弊社の証拠金・清算プロセスは、BitMEX でのトレーダーの証拠金残高がゼロ未満になるのを確実に回避するように、巧妙に設計されています。 Source: BitMEX公式ホームページ 本人確認が必要ない 国内の取引所では、規制によりパスポート写真の提出など本人確認が必要です。本人確認書類の提出後も審査などにより実際に取引ができるようになるまで数日かかる場合も多いです。 MEXでは本人確認書類の提出が必要なく、メールアドレスの登録だけですぐに取引を行うことができます。そのため取引を開始するまで約1分しかからず利便性がとても高い特徴を持ちます! テストネットでデモトレードができる FXは利益が大きくなる分損失も大きくなるため、チャートが読めない初心者にとってはなかなか挑戦しづらいものです。またMEXは機能が多い分、操作が複雑であるため操作ミスも起きやすい仕様になっています。 そこでMEXでは実際のお金ではなくデモトレードができるテストネットを公開しています。 実際にお金を動かす前に暗号資産(仮想通貨)FXがどのようなものかを体験することができるのです。 テストネットでは0.01BTCを元手にデモトレードを開始します。   なおテストネットの価格はメインネットに対応していないので取引量もかなりすくなくあてになりません。チャートを読む練習などには適さないので、あくまで注文の出す方法を練習したり、APIが正しく機能するかなどを試す際に使いましょう。 テストネットはこちらから。   MEX(BitMEX)の注意点  日本円の入金ができない MEXは海外の取引所であるため日本円の入金ができません。 そのためMEXで取引を行うには、必ず国内でビットコインを購入しMEXに送金する必要があります。 暗号資産(仮想通貨)や海外取引所に慣れていない初心者にとっては、暗号資産(仮想通貨)の送金は少々不便に感じるかもしれません。   MEXへのビットコインの送金は、GMOコインがおすすめです。 ビットコインの取引手数料も送金手数料も無料であるため、手数料がかかることなく送金を行うことができます。また上場企業であるGMOグループが運営する取引所であるため、操作ミスなどにも迅速に対応してもらえます! GMOコイン公式ホームページへ GMOコインの評判・メリット・デメリットは?口コミから見える実態を調査! | CoinPartner(コインパートナー) GMOクリック証券でも有名なGMOグループが暗号資産(仮想通貨)取引所を開設したということで、みなさんも高い前評判は聞いたことがあるかもしれません。その実態は?設立当初のウリは現在どうなっているのでしょうか? 続きを読む   現物取引はできない MEXはFXに特化した取引所です。 FXでは暗号資産(仮想通貨)を購入した・売却したと「仮定」して取引をするため、現物の暗号資産(仮想通貨)と法定通貨がやりとりされることはありません。 証拠金としてビットコインを使うので、トレード結果によってビットコインの数量が増減します。   現物取引とFXの詳しい違いはこちらをご覧ください。 暗号資産(仮想通貨)FXとは?おすすめ取引所を比較、税金からスプレッドまで詳しくご紹介 | CoinPartner(コインパートナー) 暗号資産(仮想通貨)FXとは、暗号資産(仮想通貨)を用いた証拠金取引です。外国為替のFXと同じように、相場が下がっている時でも利益を上げることができます。ただし、暗号資産(仮想通貨)FXはリターンもリスクも莫大な諸刃の剣です。暗号資産(仮想通貨)FXをよく知っておきましょう! 続きを読む   日本語訳の精度がイマイチ 海外の暗号資産(仮想通貨)取引所の中では珍しく、MEXのホームページやスマホアプリは日本語に対応しています。 とはいうものの、日本語訳の質は低くところどころなにが言いたいのかわからない箇所があります。 上のスクリーンショットを見るとわかるように、MEX特有の固有名詞が多いということもありますが、何が言いたいのかわからない箇所が大半ですね。 「日本語に対応しているし全く問題なさそう!」と思っているとどこかで行き詰まったり、よくわからないまま操作ミスをしてしまう危険性があるので気をつけましょう。 スマホアプリがない MEXはApp StoreやGoogle Play等にスマホアプリを公開していません。 しかしショートカットをホーム画面に追加することで、アプリのようにMEXで取引することができます。   MEX(BitMEX)の登録方法 MEXの口座開設手順はこれだけ! メールアドレスとパスワードを設定する 送られてくるメールのリンクをクリックする MEXは本人確認が不要であるためメールアドレスの登録だけで口座開設することができます。 登録料・維持費はともに無料で登録は1分で終わります。   さらに以下のリンクからMEXに登録すると6ヶ月のあいだ手数料が10%オフになります! MEXの口座をおトクに開設する!   メールアドレスとパスワードを設定する   MEXの登録ページからMEXに登録するメールアドレスとログインパスワードを設定します。 メールアドレスは他の取引所との併用では無く、ハッキングリスクを低減させるためにもMEX専用のメールアドレスを作り、それを登録したほうが良いでしょう。 名前は必須ではありませんが、2段階認証端末が使えなくなってしまった場合に使うため登録しておいたほうが良いかもしれません。 手数料10%オフでMEXを始める 送られてくるメールのリンクをクリックする 登録ボタンをクリックすると、登録したメールアドレス宛に確認メールが届くので、メールを検証をクリックすれば登録は完了です。   MEX(BitMEX)の2段階認証設定方法 MEXでは2段階認証をおこなわずとも取引を開始することは可能ですが、セキュリティの向上には必須なので必ず行うようにしましょう! 2段階認証の必要性などについてはこちらの記事をご覧ください。 2FA(2段階認証)とは?暗号資産(仮想通貨)のセキュリティで必須の2FAのバックアップ・再設定方法などを解説! | CoinPartner(コインパートナー) 暗号資産(仮想通貨)投資では、なぜ2FA(2段階認証)が必須なのでしょうか? 2FAで面倒な経験をしたCoinPartnerが、必須な理由と、2FAを設定しただけで安心してはいけない理由などを、どこよりも丁寧に解説します!! 続きを読む   それで2段階認証の手順を説明します。 まずMEXにログインします。 右上のメールアドレスの欄をクリックし「アカウントとセキュリティ」を選択します。 次に「2段階認証を有効化」の欄から2段階認証アプリを選択します。 コインパートナーではGoogleAuthenicatorをおすすめしています。 スマホのGoogle Autenicatorのアプリで表示されるQRコードを読み取ります。 スマホにGoogle...

BitMEXの評判は?特徴やメリット・デメリットを初心者向けに解説

「BitMEX(ビットメックス)の評判ってどうなの?」 と思っている方も多いかと思います。 BitMEXは最大レバレッジが100倍であること以外にも様々なメリットがあります。 そんなBitMEXの特徴やメリット、デメリット、評判を詳しく解説しています。 この記事を読めば、BitMEXの良さがすぐにわかります! 目次 BitMEXとは BitMEXのメリット BitMEXの特徴を他の取引所と比較 BitMEXのデメリット BitMEXの評判・口コミ BitMEXの評判 まとめ   BitMEXとは BitMEXは、レバレッジ(FX)取引に特化した海外の取引所です。 レバレッジ取引とは、元手の何倍もの資金を使って暗号資産(仮想通貨)を売買する手法のことです。 海外の取引所ですが、日本語にも対応しており、英語が苦手な方でも問題なく利用できます。 取引の種類 レバレッジ取引 最大レバレッジ倍率 100倍 通貨ペア 8種類 取引手数料 -0.025%/0.075% スプレッド 約0.01% 日本語対応 ◯ スマホアプリ × BitMEXは、取り扱い通貨数は多くないですが、すべての通貨がレバレッジ取引を行うことができます。 取引量が多く、手数料も安いので大変おすすめの取引所です。BitMEXの口座開設はこちら! BitMEXのメリット BitMEXのメリットはいくつかありまあすが、ここでは6つ紹介します。 BitMEXのメリット レバレッジ100倍まで対応している 取引量が多い アルトコインでもレバレッジ取引ができる 追証がなく安全性が高い 手数料が安い 登録は本人確認がいらない レバレッジ100倍まで対応している BitMEXの最大の特徴は、レバレッジを100倍までかけることができる点です。 レバレッジ取引とは、元手の何倍もの資金を使って暗号資産(仮想通貨)を売買する手法のことです。 例えば、元手が10万円の場合、レバレッジを100倍にすると、1000万円の取引を行うことができます。 その分、ハイリスク・ハイリターンな投資手法になります。 国内のレバレッジ取引に対応している取引所と最大レバレッジを比較すると以下のようになります。 取引所名 最大レバレッジ倍率 BitMEX(ビットメックス) 100倍 GMOコイン 10倍 DMM Bitcoin(DMMビットコイン) 4倍 BITPoint(ビットポイント) 4倍 bitbank Trade(ビットバンク・トレード) 20倍 国内では、法律でレバレッジ取引が25倍までしか認められていません。 そのため、レバレッジを大きくかけて取引することができません。 レバレッジ取引がしたいのであれば、BitMEXで行いましょう。 暗号資産(仮想通貨)のレバレッジ取引とは?メリット・デメリット、おすすめ取引所や儲けるポイントまで解説します! | CoinPartner(コインパートナー) 暗号資産(仮想通貨)のレバレッジ取引とは、暗号資産(仮想通貨)を用いた証拠金取引のことを言います。暗号資産(仮想通貨)のレバレッジ取引はハイリスクハイリターンの取引方法です。この記事では、レバレッジ取引のメリット・デメリット、おすすめ取引所から儲けるポイントまで解説します! 続きを読む 取引量が多い BitMEXは、世界最大級の取引量を誇る取引所です。 以下の画像のように、ビットコインだけで言えば、BitMEXは圧倒的に一番取引量の多い取引所です。 取引量が多いと、取引に流動性が高くなります。 そのため、売買が成立しやすいというメリットがあります。 また取引量が多いということは、それだけ多くの人に信頼されているということでもあります。 アルトコインでもレバレッジ取引ができる BitMEXでは、アルトコインもレバレッジ取引を行うことができます。 多くの国内の取引所は、ビットコインのみレバレッジ取引を行うことができます。 また、アルトコインのレバレッジ取引が可能な場合であっても、最大レバレッジはとても低くなっています。 取引所名 レバレッジ取引対応通貨 最大レバレッジ倍率 BitMEX(ビットメックス) ビットコイン(BTC/XBT) イーサリアム(ETH) リップル(XRP) ライトコイン(LTC) EOS トークン(EOS) ビットコインキャッシュ(BCH) トロン(TRX) カルダノ(ADA) 100倍 50倍 20倍 33.33倍 20倍 20倍 20倍 20倍 GMOコイン ビットコイン(BTC) イーサリアム(ETH) リップル(XRP) ライトコイン(LTC) ビットコインキャッシュ(BCH) 10倍 5倍 5倍 5倍 5倍 DMM Bitcoin(DMMビットコイン) ビットコイン(BTC) イーサリアム(ETH) リップル(XRP) ライトコイン(LTC) ビットコインキャッシュ(BCH) イーサリアムクラシック(ETC) ネム(XEM) 4倍 4倍 4倍 4倍 4倍 4倍 4倍 BITPoint(ビットポイント) ビットコイン(BTC) 4倍 bitbank Trade(ビットバンク・トレード) ビットコイン(BTC) 20倍 以上のように、BitMEXではアルトコインを高いレバレッジで取引することが可能になっています。 追証がなく安全性が高い BitMEXでは追証がありません。 追証とは追加保証金の略語で、一定の証拠金維持率を下回った場合に追加で証拠金を入金することです。 つまり追証とは、レバレッジ取引に失敗してしまった時に発生する取引所への借金のことです。 追証がないということは、BitMEXでレバレッジ取引をして借金を負う可能性はないため、安心して取引することができます。 BITPointやbitFlyerでは追証があるので、気をつける必要があります。 手数料が安い BitMEXは手数料が安く設定されています。 特にmaker手数料は-0.025%なので、取引すると手数料を受け取ることができます。 taker手数料は0.075%なので、なるべくmakerで注文することをお勧めします。 また、実質的な取引手数料を意味するスプレッドもとても狭くなっています。 BitMEX(ビットメックス)の手数料はいくら?手数料を安くする裏技も紹介! | CoinPartner(コインパートナー) BitMEXは追証なしで100倍までレバレッジをかけられる取引所として有名です。とはいえ、手数料がとても複雑で、「儲けたつもりが、手数料込みで考えると損していた!」そんなことを防ぐために、手数料について完璧に理解しましょう。 続きを読む 登録は本人確認がいらない 国内の取引所では、規制によりパスポート写真の提出など本人確認が必要です。 本人確認書類の提出後も審査などにより、実際に取引ができるようになるまで数日かかる場合も多いです。 しかしBitMEXでは、本人確認書類の提出が必要なく、メールアドレスの登録だけですぐに取引を行うことができます。 そのため取引を開始するまで約1分しかからず利便性がとても高いです。 【完全版】BitMEX(ビットメックス)の登録方法と使い方|画像付きで詳しく解説! | CoinPartner(コインパートナー) BitMEX(ビットメックス)は100倍レバレッジ取引が可能な香港の暗号資産(仮想通貨)取引所です。取引画面や仕組みが少し複雑ですが、登録方法から取引方法などを詳しく解説したこの記事を読めば、使い方をマスターできること間違いなしでしょう! 続きを読む BitMEXの特徴を他の取引所と比較 取引手数料、レバレッジに対応している通貨、最大レバレッジ倍率、追証の有無、ロスカット、スマホアプリの有無について、取引所5社で比較しています。 取引所名 取引手数料 (maker/taker) スプレッド レバレッジ取引 対応通貨 最大レバレッジ 倍率 追証 ロスカット スマホアプリ BitMEX(ビットメックス) -0.025%...

BitMEX(ビットメックス)の手数料はいくら?手数料を安くする裏技も紹介!

「BitMEXを使ってみようと思うけど手数料はどのくらいなの?」 「何回も取引しているうちに、気付いたら手数料で大損してた!なんてことがないようにしたい」 そうお悩みではありませんか? そんなあなたに朗報です! この記事を読めば、取引の種類ごとに手数料を解説しているのでBitMEXの手数料について完璧にわかります! しかも、レバレッジ取引で手数料負けしない方法やメイカー手数料というものを使って稼ぐ方法、さらに、BitMEXの手数料を安くする裏技も紹介します! この記事があなたの稼ぎの手助けになれば幸いです。   BitMEXの公式サイト   BitMEX(ビットメックス)とは?追証無しの100倍トレードを使いこなせ! | CoinPartner(コインパートナー) BitMEX(ビットメックス)は、香港に拠点を置く暗号資産(仮想通貨)取引所です。目玉のレバレッジはなんと最高100倍!しかも日本語対応!そんなBitMEXについて、登録方法から使い方、そして取引の方法まで、コインパートナーが全部解説します! 続きを読む 目次 BitMEXの手数料一覧表! BitMEXのTaker手数料 BitMEXのMaker手数料 BitMEXのFunding手数料 BitMEXの決済手数料 BitMEXの入出金手数料 BitMEXのレバレッジに注意しよう! BitMEXの手数料を国内の有名取引所と比較 BitMEXでお得に取引する方法 BitMEXのFunding手数料履歴の確認方法 BitMEXの手数料を安くする裏技 BitMEXの手数料まとめ   BitMEXの手数料一覧表! BitMEXでかかる手数料は大きく分けて5つあります。 ビットコインFX取引をする際はこの手数料を全て把握し、お得に取引するようにしましょう! この5つの手数料を表でまとめると以下のようになります↓↓ 種類 金額 Taker手数料 0.075% Maker手数料 -0.025% Funding手数料 -0.375%~0.375%の間で変動(8時間毎) 決済手数料 0.05% 入出金手数料 なし(ただし送金手数料はかかる)   それぞれの手数料について詳しく説明していきましょう。 BitMEXのTaker手数料 Taker手数料は別名、成行注文手数料とも呼ばれます。 これは、注文を出したらすぐに取引が成立する値段で暗号資産(仮想通貨)のやり取りをするときにかかる手数料のことをいいます。   例えば、 ビットコインの相場がちょうど100万円のとき「1ビットコインを100万円で買うぞ!」と注文を出した場合は、すぐ取引が成立します。 このように、相場の現在値で注文を出し、すぐに取引を成立させる注文を成行注文といいます。 成行注文する際にかかる手数料がTaker手数料です。 また、成行注文の他に指値注文という取引方法があります。指値注文はMaker手数料のところで詳しく説明しますが、取引する値段を自分で指定することができます。 成行注文は指値注文と比べてすぐに取引が成立するというメリットがあります。 暗号資産(仮想通貨)の注文方法とは?成行注文と指値注文のメリット・デメリットまとめ! | CoinPartner(コインパートナー) 暗号資産(仮想通貨)の現物取引には2種類の注文方法(成行注文と指値注文)があります。この記事では、成行注文と指値注文のメリット・デメリット、使い分け方まで解説しています!さらに、BITPOINTの実際の取引画面を用いて注文の具体的手順も解説します! 続きを読む   種類 金額 Taker手数料 0.075%   BitMEXのMaker手数料 Maker手数料は指値注文手数料とも呼ばれます。 指値注文は成行注文とは違い、取引する値段を自分で指定することができる注文方法です。 先程の例を用いて説明します。 ビットコインの相場が100万円のとき「1ビットコインを95万円で買うぞ!」って言った場合は、すぐには取引が成立しませんよね。こういう注文方法を指値注文といいます。 指値注文ですと、自分の指定する値段で取引できるメリットがありますが、ビットコインの相場が指定した値段にならなかった場合、取引は成立しません。   指値注文をする際にかかるMaker手数料は-0.025%です。 「えっ、マイナスってどういうこと?」って思いますよね。なんと、BitMEXでは指値注文をすると手数料が貰えるのです! 例えば、1BTC(今のレートで約450000円)の指値注文が成立すると、0.00025BTC(今のレートで約112円)が受け取れます。 BitMEXでは指値注文をすると手数料が貰えることから、ほとんどの投資家が指値注文を利用しています。   「オーダーブック」で全ユーザーの指値注文を確認することができます↓↓ 相場とずれた値段で注文を出すということは、相場が動きやすくなります。 相場より高い値段で注文出す人が多いと相場は上昇し、逆に相場より低い値段で注文を出す人が多いと、相場は下降していきます。 取引所としては相場は動いてくれた方が取引が活発になるので、ありがたいわけです。 したがって、BitMEXではMaker手数料をマイナスにしているのです。 BitMEXで取引する際は指値注文をするようにし、Maker手数料で稼ぎましょう!! 種類 金額 Maker手数料 -0.025%   BitMEXのFunding手数料 BitMEXでは「ロング(買い)」か「ショート(売り)」のポジションをとっているときにFunding手数料というものがかかります。 これは毎回の取引ではなく、8時間ごとに手数料が取られるという仕組みになっています。 ちなみに日本時間の5時・13時・21時の8時間おきにとられます。 Funding手数料は-0.375%から0.375%の間で変動し、時によって変わります。 Funding手数料は「資金調達率」のところで確認することができます。   資金調達率がプラスの時は、「ロング(買い)」ポジションの場合は手数料を払う必要があり、逆に「ショート(売り)」ポジションの場合は手数料をもらうことができます。 資金調達率がマイナスの時は、「ロング(買い)」ポジションだと手数料をもらうことができ、「ショート(売り)」ポジションの場合は手数料を払うことになります。   ロングポジション ショートポジション 資金調達率プラス 手数料を払う 手数料を貰らえる 資金調達率マイナス 手数料を貰らえる 手数料を払う   上の写真の例では資金調達率が-0.0245%なので、1BTC(今のレートで約450000円)のロングポジションを持っていた場合、0.000245BTC(今のレートで約110円)を受け取ることができます。   種類 金額 Funding手数料 -0.375%~0.375%の間で変動   BitMEXの決済手数料 決済手数料とは持っているポジションを決済する際にかかる手数料です。 BitMEXの決済手数料は0.05%となっています。 10万円分のポジションを決済したときは50円、100万円分のポジションを決済したときは500円がかかります。 ポジションを決済する度に決済手数料がかかってしまいますので、頻繁な取引はあまりおすすめできません。   種類 金額 決済手数料 0.05%   BitMEXの入出金手数料 入出金手数料とは暗号資産(仮想通貨)を入出金する際にかかる手数料です。 入金手数料と出金手数料に分けて説明していきます。 入金手数料 BitMEXでは入金するときに手数料を一切取っていません。   ですが、BitMEXに入金しようと思った場合は日本円を直接入金することはできません。 いったん日本円をビットコインに変えてから、ビットコインをBitMEXに送る必要があります。   ビットコインをBitMEXに送るとき、BitMEXは入金手数料は取りませんが、送金手数料(マイナー手数料)がかかってしまいます。 送金手数料とは、ビットコインのマイナーに支払う手数料で、払えば払うほど早く送金できます。 ビットコインにかかる手数料は下記の記事で詳しく解説しています↓↓   ビットコイン(BTC)の手数料とは?入出金・取引・送金にかかる手数料を比較し、安いお得な取引所を3つ紹介! | CoinPartner(コインパートナー) ビットコインの手数料っていくらかかるの?と思っても手数料の種類は多いし取引所によって違うため比較するのはとても難しいですよね。そこで今回はコインパートナーがビットコインにかかる手数料をすべて紹介し、安くておすすめできる取引所を3つに厳選しました 続きを読む   出金手数料 出金手数料も、入金手数料と同様で手数料はかかりません。 ただし、BitMEXから他のところへビットコインを送る場合、BitMEX自体にお金を払うことはありませんが、普通に送金手数料がかかるので注意してください。   種類 金額 入金手数料 無料 出金手数料 無料   BitMEXのレバレッジに注意しよう! BitMEXで取引をする場合、レバレッジをかけると思いますが、レバレッジをかけた分だけ手数料が変化するので注意してください。 例えば、元手10万円でレバレッジをかけないで取引する場合、Taker手数料は75円支払い、Maker手数料は25円受け取れます。 しかし、それをBitMEXの最高であるレバレッジ100倍で取引するとTaker手数料は7500円支払い、Maker手数料は2500円の受け取りになります。 つまり、成行注文で取引すると元手のお金に対して7.5%もの手数料がかかってしまうことになるのです。 レバレッジ取引は大きな利益をあげられる可能性がありますが、その分手数料も大きくなってしまいますので、注意が必要です。     BitMEXの手数料まとめ Taker手数料は0.075% Maker手数料は0.025% レバレッジで手数料は大きくなる Funding手数料は0.375%~-0.375%で変動する 決済手数料は0.05% ...