Advertisment

週間アクセスランキング

海外FXボーナスおすすめランキング【2020年9月最新版】ボーナスの種類別におすすめの海外FX業者を紹介!

「海外FX業者で一番ボーナスがお得なのってどこなんだろう、、?」 そのような疑問を抱えてはいませんか? 確かに、せっかく海外FXをやるならちょっとでもお得なところで始めたいですよね! この記事では海外投資エージェントが、そんな海外FX業者のボーナスについて詳しく紹介していきます1 総合的におすすめの業者、ボーナスの種類別におすすめの業者から、ボーナスを使う上で知っておくべきクッションや税金についても徹底解説します! 目次 海外FXボーナス総合おすすめ第1位:FXGT 海外FXボーナス総合おすすめ第2位:GEMFOREX 海外FXボーナス総合おすすめ第3位:XM Trading 海外FX口座開設ボーナスのおすすめ業者TOP3 海外FX入金ボーナスおすすめ業者TOP3 海外FXキャッシュバックボーナスおすすめ業者TOP3 海外FX独自ボーナスおすすめ業者TOP3 海外FX損失補填ボーナスおすすめの業者 そもそも海外FXのボーナスとは 海外FXボーナスの「クッション」とは 海外FXボーナスを含めた税金について 海外FXのボーナスに関するQ&A 海外FXボーナス まとめ 海外FXボーナス総合おすすめ第1位:FXGT FXGTのボーナス FXGTのボーナス・キャンペーン一覧 開催期間:2020年9月 初回入金ボーナス:50% 2回目入金ボーナス:30%(当サイト登録限定) 取引キャッシュバック:10%(1日〜10日) 口座開設ボーナス:3000円 FXGTでは、9月も豪華なボーナスを開催しています!! 入金・口座開設ボーナスに加え、9月は取引した際のスプレッドの10%のキャッシュバックというキャンペーンを開催しています!! また、これらの豪華なボーナスに加え、当サイト限定で2回目入金30%ボーナスも開催しています!! 是非この海外投資エージェント限定のスペシャルキャンペーンを生かして海外FXを始めましょう!! FXGTの登録はこちら FXGTの特徴 FXGTの特徴 暗号資産(仮想通貨)の取り扱っている 最大レバレッジ500倍 24時間365日サポート FXGTは、2019年12月に設立された非常に新しいFX業者兼仮想通貨取引所です。 FXGTは、もともとCryptoGTという暗号資産(仮想通貨)取引所が運営元である為、暗号資産の取引もできます! まだ出来て間もないですが、ボーナスも豪華で対応も充実しているFXGTは一番おすすめの海外FX業者です! FXGTの登録はこちら FXGTの特徴や評判、口座開設方法などを徹底解説!...

【Augur(REP)購入方法】オーガーのお得な買い方は?おすすめの取引所はPoloniex!

「Augur(オーガー)を買いたい!でもベストな購入方法がわからない・・・」 面白いアルトコインを見つけたら、どこで買うのがお得かすぐに知りたいですよね。 この記事ではAugurを取り扱う3社の取引所を比較した結果、Poloniexで買うことをおすすめしています! Poloniexをオススメする理由と、実際にPoloniexでリスクを購入する方法を紹介します! さらにAugurの特徴や、購入後の保管方法までわかるようにしているので参考にしてみてください! Augurとは?特徴や将来性をおさらい! 未来予測市場を作る! Augurはイーサリアムを元にした分散型予測市場です。 未来の出来事を予想して掛け金を立て、正しければ報酬を得る仕組みです。 これを用いてみんなで未来を予想しようというのがAugurのコンセプトです。 Augurの通貨単位はREPで、Augurは英語で「占い師」、「予言」という意味、REPは「Reoutation(評判)」からとっています。 ギャンブルを公正に行える! Augurではユーザーが自由に賭け事を作ったり、参加できます。 Augurの賭け事の特徴はユーザーがすべての取引を監視でき、胴元のいない公正な取引ができることです! 予想に関する取り決め、掛け金、オッズ、事実認定などが、スマートコントラクトによりすべてブロックチェーンに記録されています。 ただし、国によっては賭け事として法規制の対象となる恐れもあるという問題点もあります。 保険に革命をもたらすかも! 実は、保険は賭け事に似ています。 「この先の一定期間中に病気になる」という予測に掛け金を立てると、病気になった場合報酬がもらえます。 この掛け金と報酬がそれぞれ保険料と保険金に当たります。 よって分散型予測市場は、胴元のいないより公正な保険として利用できると言われています! 目次 Augurの購入はPoloniexがおすすめ!全3社の取引所を比較してわかった結果 PoloniexでAugurを購入するまでの流れ 買い方の3ステップ! Augurはどうやって保管する?おすすめのウォレットを紹介!  Augurの購入方法についてのまとめ   Augurの購入はPoloniexがおすすめ!全3社の取引所を比較してわかった結果 Augurが買える取引所3社比較早見表 Augurの取引を行っている主要な3つの取引所Poloniex、BITTREX、Krakenで手数料を比較しました! 取引所 取引手数料 取り扱い銘柄数 Poloniex Maker:0.15~0.0% Taker:0.25%~0.05% 約70種 BITTREX 0.25% 250種以上 Kraken 0.16~0.0% 17種 (Maker手数料・・・取引板を立てる際の手数料、Taker手数料・・・取引板を消費して取引する場合の手数料) (PoloniexとKrakenについては高額な取引をした場合に手数料が低くなります。)   手数料と銘柄数からおすすめはBittrexかPoloniexですが、基本的にBittrexは新規口座開設をストップしている(2018/04/20現在)ため、コインパートナーとしてはPoloniexをおすすめします! ちなみにKrakenはアメリカの取引所ですが日本語に対応しています!ただし登録や入金に時間がかかってしまう場合があるようです。 英語でも使いやすい!初級者から上級者までオススメのPoloniex Poloniexは世界最大級の取引所の一つで、シンプルで洗練されたチャートが使いやすく、その高い機能性から取引の上級者に好んで使われている取引所です。 英語表記なので使いづらそうに見えるかもしれませんが、目で見てわかりやすいUIなので初心者の人も直感的に操作できると思います! さらにPoloniexではレバレッジ取引もできるので、暗号資産(仮想通貨)のレバレッジ取引をしたい方にもオススメです。 Poloniex公式ホームページ PoloniexでAugurを購入するまでの流れ 買い方の3ステップ! さっそくPoloniexで取引を行う方法を実践していきます! ここでは3つのステップが必要で、 口座を開設する 入金する 取引を始める の順に行います。 スマートフォンのアプリは非公式のものしか存在しないのでブラウザで行いましょう。 STEP1 口座を開設する 口座の開設に必要なものはメールアドレスと本人認証用のパスポートの2つです! 用意ができたらPoloniexのトップページにアクセスします。 Poloniexにここからアクセス! 上の画面で国名とメールアドレス、パスワードを設定してアカウントを作成します。 入力したメールアドレスに届く確認用のURLにアクセスしてメールアドレスを認証します。届かない場合はメールフィルターに引っかかっている可能性もあるので迷惑メールボックスなどもチェックしましょう! 次に以下の本人確認画面に移ります!本人確認についてはこちらの記事に詳しく書いていますが簡潔に説明します! 上の画面で名前と住所、電話番号を入力します。 I agree to the Term of Use にチェックをつけたら「Begin Verification」をクリック!   ※住所の書き方について 海外では日本とは逆に、小さい方から順に住所を書いていきます。 例えば「東京都豊島区東池袋3丁目7番9号ASONE東池袋ビル301」の場合、 「#301, ASONE Higashi-ikebukuro Bldg, 3-7-9,...

バイナンス(Binance)とは?特徴・評判・登録方法・使い方をわかりやすく解説

「バイナンスを使ってみたいけど、海外の取引所だから怖くて登録に踏み切れない。」 そんな悩みを抱えてはいませんか? たしかに海外の取引所は「怪しい」とイメージされ、敬遠されがちです。 しかし、国内取引所だけでは手数料も高く、購入できる通貨も少ないため大きな利益を出すのが難しいのが現状です。 その点、バイナンスは多くの暗号資産(仮想通貨)を安く購入できる取引所であり、利用することで今まで以上に利益を上げることができる可能性があります! この記事ではバイナンスの特徴・評判から具体的な使い方まで海外投資エージェントが解説しています。 バイナンス公式サイトへ 目次 バイナンス(Binance)とは? バイナンス(Binance)の特徴 バイナンス(Binance)の注意点 バイナンス(Binance)の評判・口コミ バイナンス(Binance)の手数料 バイナンス(Binance)の登録・口座開設方法 バイナンス(Binance)の使い方 バイナンス(Binance)のスマホアプリ バイナンス(Binance)の取引ツール バイナンス(Binance)まとめ バイナンス(Binance)とは? バイナンス(Binance)のポイント! 「世界一の取引所」と呼ばれる急成長中の取引所! 本人確認が不要!2~3分で取引を開始できる! 登録のハードルは実はとても低い! バイナンスは取引高・登録者数が非常に多く、「世界一の暗号資産(仮想通貨)取引所」と称されるほど、世界的に有名な暗号資産(仮想通貨)取引所です。 海外の取引所であるため日本人には敬遠されがちですが、世界で最も利用者数が多い取引所であり、むしろ世界的に見れば利用が少ないのは日本人くらいかもしれません。 またバイナンスは本人確認なしでも1日2BTCまでなら出金が可能であり、2~3分で済む登録を行うだけで取引を開始することができます。 国内の取引所は実際に取引を開始するまでに数日から数週間かかってしまうので、バイナンスはとても手軽に取引を開始できる取引所と言えます。 バイナンス(Binance)の基本情報 取引方法 現物、暗号資産(仮想通貨)FX 最大レバレッジ倍率 125倍 取扱通貨数 現物:175種類 FX:24種類 取引手数料 現物:0.1% FX:0.02~0.04% 日本語対応 × スマートフォン対応 ○ セキュリティ対策 二段階認証 ログインパズル認証 サポート 英語でサポートあり   バイナンスに登録する バイナンス(Binance)の特徴 バイナンス(Binance)の特徴 世界最大の取引所 手数料が安い 取り扱い通貨が150種類以上 レバレッジ最大125倍のFX取引 ハードフォークした通貨を配布 IEO(Initial Exchange Offering)がアツイ FTXのレバレッジトークンを取引できる 世界最大の暗号資産(仮想通貨)取引所 バイナンスは、暗号資産(仮想通貨)取引高・登録者数世界第1位です。 登録者数が多いということは多くの人々がバイナンスのことを信頼しているということを意味します。 また、取引高が多いので取引が約定しやすく、いつでも安心して取引できます。 いま世界で最も安心して使える暗号資産(仮想通貨)取引所と言えます。 手数料が安い バイナンスの現物取引の取引手数料は、通常は一律で約定額の0.1%です。 他の海外取引所と比較するといかにバイナンスの手数料が安いかがはっきりとわかります。 取引所 取引手数料 バイナンス (Binance) taker:0.1% maker:0.1% フォビ (Huobi) taker:0~0.2% maker:0~0.2% ビットトレックス (Bittrex) taker:0.25% maker:0.25% ポロニエックス (Poloniex) taker:0.1~0.2% maker:0~0.08% さらにBNB(バイナンスコイン)で支払うと手数料の割引があり、現在は取引手数料が0.075%になります。 またFX取引の場合は、maker手数料が0.02%、taker手数料が0.04%とさらに安くなっています。 この手数料の安さがバイナンスの人気の秘訣です。 取り扱い通貨が150種類以上! 2020年3月6日現在、バイナンスの取扱通貨数は175種類となっています。 国内最多の取扱通貨数を誇るCoincheckが11種類なので、圧倒的に多いのが理解できるかと思います。 これは海外取引所の中でも多く、人気の通貨はほぼ全て取引することができます。 そしてその中には、価格が暴騰する可能性を秘めているアルトコインも多く含まれています。 少ない投資額で大きなリターンを得たい投資家におすすめです。 レバレッジ125倍でFX取引 2019年からBinance FuturesというFX取引を始めました。 仕組みはBitMEXとほぼ同じですが、 ・レバレッジ最大125倍 ・証拠金がUSDT この2点が大きな違いです。 出来高も非常に大きいので、安心して取引できます。 Player...

Binance(バイナンス)の使い方は?登録方法から取引方法まで、画像付きでわかりやすく解説!

「Binance(バイナンス)って海外の暗号資産(仮想通貨)取引所だから、使い方が分からないな」 なんて思っていませんか? たしかに、海外取引所を利用するうえで言語やセキュリティ面など不安な点が多くありますよね。 そこで海外取引投資エージェント編集部がBinanceの使い方をわかりやすく解説していきます! これを読めば、不安点も解消でき、日本の取引所と同様に利用できるはずです。 ぜひこの機会に、Binanceという新しい取引所を使い取引を始めてみましょう! Binanceの登録はこちらからどうぞ 目次   Binance(バイナンス)のメリット Binance(バイナンス)のデメリット Binance(バイナンス)の登録・ログイン方法 Binance(バイナンス)の二段階認証の設定方法 Binance(バイナンス)の出金額を増やす方法 Binance(バイナンス)の入金方法 Binance(バイナンス)の取引方法 Binance(バイナンス)のスマホアプリ・使い方 Binance(バイナンス)の出金方法 まとめ Binance(バイナンス)のメリット Binance(バイナンス)のメリット 手数料が安い! 取扱い通貨は160銘柄以上! アプリでも手軽に取引ができる セキュリティ対応が迅速 日本語対応している Binance(バイナンス)は、国内の取引所では得られないメリットが多数存在します。 ここでは以上の5つを紹介していきたいと思います。 手数料が安い! バイナンスの取引手数料はどの通貨でも一律0.1%と、とても安いです。そして、この取引手数料をBNB(Binanceが発行している暗号資産(仮想通貨))で支払うと、さらに取引手数料が安くなります。 加えて、登録から1年間は、取引手数料が0.1%の50%OFF の0.05%で取引を行うことができます。 Bianceの手数料割引率 時間 1年目 2年目 3年目 4年目 5年目~ 割引率 50%OFF 25%OFF 12.5%OFF 6.75%OFF 値下げなし この表から見ても、まだ取引所に登録していない人はBinance(バイナンス)で取引を行うことはとてもお得です! バイナンスの手数料が、本当に安いのかを確かめたい方はこちらへ↓ Binance(バイナンス)の手数料は安いのか?他の取引所と比較してみた! |...

海外仮想通貨・ビットコイン取引所おすすめランキング【2020年9月最新】目的別に海外取引所20社を比較

「海外の取引所に手を出してみたいけど、どこが良いのかわからない...」 あなたは今、こう考えてはいませんか? たしかに世界に100種類以上あると言われている取引所を自分で比較するのは難しいですよね...。 そこで今回は海外投資エージェントがみなさんに代わって、海外の取引所を調査し、おすすめの海外の取引所を紹介します! 取引所を選ぶ上で気になるポイントを徹底調査し、まとめてあるので、これさえ読めば、あなたも海外の取引所を活用できます! 目次   海外仮想通貨・ビットコイン取引所おすすめ第1位:bybit(バイビット) 海外仮想通貨・ビットコイン取引所おすすめ第2位:FXGT 海外仮想通貨・ビットコイン取引所おすすめ第3位:CryptoGT(クリプトGT) 海外仮想通貨取・ビットコイン引所おすすめ第4位:Binance(バイナンス) 仮想通貨・ビットコインFX(レバレッジ取引)におすすめの海外取引所TOP3 草コイン投資におすすめの海外仮想通貨・ビットコイン取引所3選 おすすめの中では目当ての海外仮想通貨・ビットコイン取引所が見つからない方へ 一目でわかる!海外取引所を表で完全比較 海外仮想通貨・ビットコイン取引所のメリット 海外仮想通貨・ビットコイン取引所のデメリット 海外仮想通貨・ビットコイン取引所選びで失敗しないための5つのポイント 海外仮想通貨・ビットコイン取引所を登録する前におすすめの国内取引所に登録しよう! 海外仮想通貨・ビットコイン取引所への送金はGMOコインがおすすめ 海外取引所で購入した暗号資産(仮想通貨)の保管は「Ledger Nano S」で行おう! 海外仮想通貨・ビットコイン取引所に関するQ&A 海外仮想通貨・ビットコイン取引所おすすめ...

Binance(バイナンス)での入金・出金方法と手数料を徹底解説!海外取引所を使いこなそう!

「Binance(バイナンス)の入金・出金方法がわからない...」 そのように悩んでいる方も多いのではないでしょうか? たしかに、Binanceは日本円を取り扱っていないですし、さらに英語表記なのでわかりにくいですよね。 この記事では、海外投資エージェントがBinanceの送金(入金・送金)に焦点をあてて、その具体的な方法や、知っておきたい手数料についてまとめました! これを読んで安心してBinanceを使いこなしてください!   まだバイナンスに登録・口座開設していない方はこちらから↓ 5分で完了!Binanceの口座解説はこちら! →Binanceの最新の評判や口コミについてはこちらで詳しく解説しています! 目次 Binanceの入金(送金)手数料一覧 Binanceの入金方法 Binanceの出金方法 Binanceの送金上限の解除方法 Binanceの入金時の注意点 Binanceの入金・出金まとめ Binanceの入金(送金)手数料一覧 通貨名(通貨単位) 送金手数料 ビットコイン(BTC) 0.0005BTC イーサリアム(ETH) 0.01ETH リップル(XRP) 0.25XRP ライトコイン(LTC) 0.001LTC イオス(EOS) 0.1EOS ネオ(NEO) 0NEO バイナンスコイン(BNB) 0.19BNB USドル(USDT) 3.4USDT 送金手数料は上の表の通りです。 暗号資産(仮想通貨)ごとに設定されています。 例えば、ビットコインの場合、送金手数料は0.0005BTCです。 現在のレート(1BTC=30万円)なら送金手数料は約150円です。 表からも分かる通り、Binanceは日本円を取り扱っていません。   Binanceに入金する場合は、ビットコインで入金する必要があります。 詳しい手順はこの後解説していきます!   Binanceの手数料についてもっと詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。↓ Binance(バイナンス)の手数料は安いのか?他の取引所と比較してみた! | CoinPartner(コインパートナー) 今人気急上昇中の取引所Binance。その魅力の一つに「手数料が他の取引所に比べて圧倒的に安い!」というものがありますが、実際にどれほど違うのかを比較してみました!Binanceでの取引を考えている方はぜひご一読ください! 続きを読む   Binanceの入金方法   Binanceの入金方法はカンタン4ステップ! ①国内取引所に登録する【GMOコインがおすすめ】 ②国内取引所で日本円を入金する ③国内取引所でビットコインを購入する ④国内取引所からBinanceへビットコインを送金する   国内取引所に登録する Binanceに入金する準備として、まずは国内取引所に登録しておきましょう! 先ほども述べたとおり、Binanceは日本円を取り扱っておらずビットコインで入金する必要があります。 (※イーサリアムやリップルでも構いません。基本的にビットコインで送金している人が多いです。) 海外投資エージェントおすすめの国内取引所はGMOコインです。 運営会社が大手企業で、セキュリティ対策も万全です! また、送金手数料が無料なので、Binanceに送金する際に手数料がかからなくてお得です! GMOコインの口座開設はこちら 国内取引所で日本円を入金する GMOコインへの登録が完了したら、日本円を入金しましょう! 次の2通りの方法があります。 国内の取引所ならほとんどが以下の2つの入金方法に対応しています。 即時入金 振込入金 海外投資エージェントとしては「即時入金」がおすすめです!(上の左側の画像) 手数料が無料で、いつでも即時に入金が完了します。(GMOコインへの反映が早いです。)   GMOコインの操作方法は、 「入出金」→「日本円」とクリックして、金融機関を選択すると入金画面になります。 国内取引所でビットコインを購入する GMOコインへの入金が完了したらBinanceへ送金する分のビットコインを購入しましょう! GMOコインはビットコインを 販売所 取引所 の2つの取引方法で購入することができます。 販売所はスプレッド手数料(売値と買値の差額)がかかってしまうので、取引所を使うのがおすすめです!   操作方法は、 「取引所」→「現物取引」とクリックすると上のような取引画面になるので取引数量を記入しましょう。 これで国内取引所でのビットコインの購入は完了です。 国内取引所からBinanceへビットコインを送金する 国内取引所からBinanceへビットコインを送金する手順 Binanceにログインしてアドレスを表示しておく 国内取引所のビットコイン送付画面で、宛先欄にBinanceのアドレスを記入する まずはBinanceにログインして、Binanceのアドレスを表示します。↑ 右上の「Funds」→「Deposits」とクリックすると上のような画面になります。 通貨名を「BTC」に選択するとBinanceのBTC預入用のアドレスが表示されます。 アドレスをコピーしておいてください。   次にGMOコインにログインします。↑ 「入出金」→「暗号資産(仮想通貨)」→「送付」とクリックします。 そして通貨を「ビットコイン」に選択します。 ビットコインの送付先の記入画面になるので、先ほどコピーしたBinanceのアドレスをコピペします。 「登録する」をクリックすると送金画面になります。   Binanceへの入金後の取引方法など、詳しい使い方についてはこちらの記事をご覧下さい。↓ Binance(バイナンス)の使い方!登録・入金方法やスマホアプリの使い方を解説! | CoinPartner(コインパートナー) 英語でしか見れないしBinanceの使い方がいまいちわからない。そんな方のために、コインパートナーが登録から入出金、取引の仕方をスクショと共に徹底解説します!これを読んでBinanceでお得に取引していきましょう! 続きを読む   Binanceの出金方法 Binanceの出金はカンタン3ステップ! ①送金先のアドレスを表示してコピーしておく ②Binanceの2段階認証を設定する ③Binanceから送金する   ここではBinanceの出金方法を解説します。 Binanceにログインする前に、出金先のアドレスを表示しておきましょう。 そのアドレスをコピーしたらBinanceにログインします。 画面右上の「Funds」→「Withdrawal」とクリックします。 Binanceではセキュリティ上の理由で、2段階認証を設定していないと出金をすることができません。   2段階認証を設定していないと以下のような画面になります。↓ 2段階認証の設定には5分もかからないので、この機会にすぐ設定しておきましょう! コインパートナーのおすすめは「Google...

最新記事

BINANCE(バイナンス)の投票とは?参加方法や過去の投票結果、通貨に投票する際の判断基準をわかりやすく解説!

「BINANCE(バイナンス)の投票ってどんな機能なんだろう…」 このような疑問を持っていませんか? たしかに他の取引所ではあまり見られない機能である分、BINANCE(バイナンス)自体は知っていてもその中の投票機能についてはなかなか理解する機会はありませんよね。 この記事では海外投資エージェントがそんなBINANCE(バイナンス)の投票機能における基本的な特徴や投票のメリットについて解説していきます。 さらには投票の参加方法や投票の際に通貨をどんな基準で選べば良いのか3つのポイントについても紹介していきます! BINANCE(バイナンス)の投票についてまとめると... バイナンスに新規上場する通貨を決めるための人気投票 バイナンスに口座を持っている人であれば保有しているBNB数に応じて投票することができる 応援しているプロジェクトが勝てばそのトークンをもらえる可能性がある 2018年から1年弱の休止期間を経て2019年に形式を変えて復活 投票する際はプロジェクトの価値・将来性や開発体制の信頼性、コンプライアンスをチェックする BINANCEの登録はこちら 目次   BINANCE(バイナンス)とは BINANCE(バイナンス)の投票とは BINANCE(バイナンス)の投票のメリット BINANCE(バイナンス)の過去の投票結果 BINANCE(バイナンス)の投票への参加方法 BINANCE(バイナンス)で投票する通貨を見極める3つのポイント BINANCE(バイナンス)の投票まとめ BINANCE(バイナンス)とは BINANCE(バイナンス)のおすすめポイント 取引高・登録者数世界一の超人気取引所! 最大レバレッジは125倍 200種類以上もの豊富な取扱通貨 取引手数料は一律0.1%と比較的安め バイナンス(Binance)は全世界において圧倒的な人気を誇っている暗号資産(仮想通貨)取引所で、「世界一の暗号資産(仮想通貨)取引所」とも言われています。 設立年 2017年7月 CEO Changpeng Zhao(趙長鵬、ジャオ・チャンポン) 登録者数 1000万人以上(2018年11月時点) 取引高 1日あたり120億ドル(約1.3兆円) 最大レバレッジ 125倍 取扱通貨 現物:175種類 FX:24種類 取引手数料 0.1% 取引高・登録者数世界一という圧倒的な人気を誇る取引所として知られており、安い手数料や通貨の豊富さでも人気を拡大しています。 また独自通貨のBNB(バイナンスコイン)を扱っており、手数料をBNB払いに設定すれば通常の半分(0.05%)の手数料で取引ができることも大きな魅力です。 BINANCEの登録はこちら バイナンス(Binance)とは?特徴・評判・登録方法・使い方をわかりやすく解説 |...

MEX(メックス)とは?仮想通貨FX取引所の特徴から登録方法・使い方まで画像で完全解説!

暗号資産(仮想通貨)FXには「MEX」という取引所が良いらしいけど、どんな取引所なんだろう? そうお考えではないですか? そんなあなたのために、この記事ではMEXの特徴と、具体的な使い方を解説します! 目次 MEX(BitMEX)の特徴 MEX(BitMEX)の注意点 MEX(BitMEX)の登録方法 MEX(BitMEX)の2段階認証設定方法 MEX(BitMEX)の入出金方法 MEX(BitMEX)の基本的な使い方 MEX(BitMEX)まとめ   MEX(BitMEX)の特徴 MEXは、正しくはBitMEX(ビットメックス)という海外の暗号資産(仮想通貨)取引所です。 FXに特化した取引所として多くのトレーダーに親しまれ、MEX(メックス)の愛称がついています。 世界一の取引高を誇るMEXを使いこなすことができれば、暗号資産(仮想通貨)で得するチャンスをひろげることができます! MEX公式ホームページ それではさっそくMEXの特徴を見てみましょう! サービス内容一覧表 取り扱い通貨 BTC(XBT/USD) ETH(ETH/XBT) XRP(XRP/XBT) BCH(BCH/XBT) LTC(LTC/XBT) ADA(ADA/XBT) TRX(TRX/XBT) 取引の種類 デリバティブ取引 入出金手数料 無料 取引手数料 -0.050%~0.075% レバレッジ 最大100倍 MEXではビットコインが「BTC」ではなく「XBT」と表記されます。 最大100倍のレバレッジ取引が可能 <各取引所のビットコイン最大レバレッジ倍率> 取引所 最大レバレッジ倍率 BitMEX 100倍 bitFlyer 4倍 DMMビットコイン 4倍 GMOコイン 4倍 Poloniex 2.5倍 MEXの最大の特徴は、最大100倍のレバレッジ取引ができることです! 国内では金融庁の規制により最大でも25倍のレバレッジ取引しかできませんが、MEXは香港の取引所であるため金融庁の規制対象外であり100倍のレバレッジ取引をすることができます! レバレッジ倍率が低いと得られる利益に限界がありますが、レバレッジが100倍であれば小さな値動きでも大きな利益をあげることができます! 一方で、ロスカットが早くなり小さな価格変動でも大損してしまうリスクも発生します。 追証がないので借金が発生しない 通常の取引所ではサーバーのエラーなどでロスカットが遅れ証拠金を超える損失が生まれた際には、損失を補填する追加保証金が借金として請求されます。 例えばbiFlyerでは証拠金の50%未満になった時点で強制的にロスカットが起きるはずでしたが、ロスカットが正しく機能せず450万円の借金が生まれてしまうような事例もあります。   その点MEXでは損失がでた場合でも追証が発生しないため、元手がゼロのなることはあっても借金が発生することはありません! MEXの公式ホームページにおいても借金が発生しないことが明言されているので、高いレバレッジ倍率でも安心して取引することができます。 Q 破産する可能性はありますか? A いいえ。弊社の証拠金・清算プロセスは、BitMEX でのトレーダーの証拠金残高がゼロ未満になるのを確実に回避するように、巧妙に設計されています。 Source: BitMEX公式ホームページ 本人確認が必要ない 国内の取引所では、規制によりパスポート写真の提出など本人確認が必要です。本人確認書類の提出後も審査などにより実際に取引ができるようになるまで数日かかる場合も多いです。 MEXでは本人確認書類の提出が必要なく、メールアドレスの登録だけですぐに取引を行うことができます。そのため取引を開始するまで約1分しかからず利便性がとても高い特徴を持ちます! テストネットでデモトレードができる FXは利益が大きくなる分損失も大きくなるため、チャートが読めない初心者にとってはなかなか挑戦しづらいものです。またMEXは機能が多い分、操作が複雑であるため操作ミスも起きやすい仕様になっています。 そこでMEXでは実際のお金ではなくデモトレードができるテストネットを公開しています。 実際にお金を動かす前に暗号資産(仮想通貨)FXがどのようなものかを体験することができるのです。 テストネットでは0.01BTCを元手にデモトレードを開始します。   なおテストネットの価格はメインネットに対応していないので取引量もかなりすくなくあてになりません。チャートを読む練習などには適さないので、あくまで注文の出す方法を練習したり、APIが正しく機能するかなどを試す際に使いましょう。 テストネットはこちらから。   MEX(BitMEX)の注意点  日本円の入金ができない MEXは海外の取引所であるため日本円の入金ができません。 そのためMEXで取引を行うには、必ず国内でビットコインを購入しMEXに送金する必要があります。 暗号資産(仮想通貨)や海外取引所に慣れていない初心者にとっては、暗号資産(仮想通貨)の送金は少々不便に感じるかもしれません。   MEXへのビットコインの送金は、GMOコインがおすすめです。 ビットコインの取引手数料も送金手数料も無料であるため、手数料がかかることなく送金を行うことができます。また上場企業であるGMOグループが運営する取引所であるため、操作ミスなどにも迅速に対応してもらえます! GMOコイン公式ホームページへ GMOコインの評判・メリット・デメリットは?口コミから見える実態を調査! | CoinPartner(コインパートナー) GMOクリック証券でも有名なGMOグループが暗号資産(仮想通貨)取引所を開設したということで、みなさんも高い前評判は聞いたことがあるかもしれません。その実態は?設立当初のウリは現在どうなっているのでしょうか? 続きを読む   現物取引はできない MEXはFXに特化した取引所です。 FXでは暗号資産(仮想通貨)を購入した・売却したと「仮定」して取引をするため、現物の暗号資産(仮想通貨)と法定通貨がやりとりされることはありません。 証拠金としてビットコインを使うので、トレード結果によってビットコインの数量が増減します。   現物取引とFXの詳しい違いはこちらをご覧ください。 暗号資産(仮想通貨)FXとは?おすすめ取引所を比較、税金からスプレッドまで詳しくご紹介 | CoinPartner(コインパートナー) 暗号資産(仮想通貨)FXとは、暗号資産(仮想通貨)を用いた証拠金取引です。外国為替のFXと同じように、相場が下がっている時でも利益を上げることができます。ただし、暗号資産(仮想通貨)FXはリターンもリスクも莫大な諸刃の剣です。暗号資産(仮想通貨)FXをよく知っておきましょう! 続きを読む   日本語訳の精度がイマイチ 海外の暗号資産(仮想通貨)取引所の中では珍しく、MEXのホームページやスマホアプリは日本語に対応しています。 とはいうものの、日本語訳の質は低くところどころなにが言いたいのかわからない箇所があります。 上のスクリーンショットを見るとわかるように、MEX特有の固有名詞が多いということもありますが、何が言いたいのかわからない箇所が大半ですね。 「日本語に対応しているし全く問題なさそう!」と思っているとどこかで行き詰まったり、よくわからないまま操作ミスをしてしまう危険性があるので気をつけましょう。 スマホアプリがない MEXはApp StoreやGoogle Play等にスマホアプリを公開していません。 しかしショートカットをホーム画面に追加することで、アプリのようにMEXで取引することができます。   MEX(BitMEX)の登録方法 MEXの口座開設手順はこれだけ! メールアドレスとパスワードを設定する 送られてくるメールのリンクをクリックする MEXは本人確認が不要であるためメールアドレスの登録だけで口座開設することができます。 登録料・維持費はともに無料で登録は1分で終わります。   さらに以下のリンクからMEXに登録すると6ヶ月のあいだ手数料が10%オフになります! MEXの口座をおトクに開設する!   メールアドレスとパスワードを設定する   MEXの登録ページからMEXに登録するメールアドレスとログインパスワードを設定します。 メールアドレスは他の取引所との併用では無く、ハッキングリスクを低減させるためにもMEX専用のメールアドレスを作り、それを登録したほうが良いでしょう。 名前は必須ではありませんが、2段階認証端末が使えなくなってしまった場合に使うため登録しておいたほうが良いかもしれません。 手数料10%オフでMEXを始める 送られてくるメールのリンクをクリックする 登録ボタンをクリックすると、登録したメールアドレス宛に確認メールが届くので、メールを検証をクリックすれば登録は完了です。   MEX(BitMEX)の2段階認証設定方法 MEXでは2段階認証をおこなわずとも取引を開始することは可能ですが、セキュリティの向上には必須なので必ず行うようにしましょう! 2段階認証の必要性などについてはこちらの記事をご覧ください。 2FA(2段階認証)とは?暗号資産(仮想通貨)のセキュリティで必須の2FAのバックアップ・再設定方法などを解説! | CoinPartner(コインパートナー) 暗号資産(仮想通貨)投資では、なぜ2FA(2段階認証)が必須なのでしょうか? 2FAで面倒な経験をしたCoinPartnerが、必須な理由と、2FAを設定しただけで安心してはいけない理由などを、どこよりも丁寧に解説します!! 続きを読む   それで2段階認証の手順を説明します。 まずMEXにログインします。 右上のメールアドレスの欄をクリックし「アカウントとセキュリティ」を選択します。 次に「2段階認証を有効化」の欄から2段階認証アプリを選択します。 コインパートナーではGoogleAuthenicatorをおすすめしています。 スマホのGoogle Autenicatorのアプリで表示されるQRコードを読み取ります。 スマホにGoogle...

BitMEXの評判は?特徴やメリット・デメリットを初心者向けに解説

「BitMEX(ビットメックス)の評判ってどうなの?」 と思っている方も多いかと思います。 BitMEXは最大レバレッジが100倍であること以外にも様々なメリットがあります。 そんなBitMEXの特徴やメリット、デメリット、評判を詳しく解説しています。 この記事を読めば、BitMEXの良さがすぐにわかります! 目次 BitMEXとは BitMEXのメリット BitMEXの特徴を他の取引所と比較 BitMEXのデメリット BitMEXの評判・口コミ BitMEXの評判 まとめ   BitMEXとは BitMEXは、レバレッジ(FX)取引に特化した海外の取引所です。 レバレッジ取引とは、元手の何倍もの資金を使って暗号資産(仮想通貨)を売買する手法のことです。 海外の取引所ですが、日本語にも対応しており、英語が苦手な方でも問題なく利用できます。 取引の種類 レバレッジ取引 最大レバレッジ倍率 100倍 通貨ペア 8種類 取引手数料 -0.025%/0.075% スプレッド 約0.01% 日本語対応 ◯ スマホアプリ × BitMEXは、取り扱い通貨数は多くないですが、すべての通貨がレバレッジ取引を行うことができます。 取引量が多く、手数料も安いので大変おすすめの取引所です。BitMEXの口座開設はこちら! BitMEXのメリット BitMEXのメリットはいくつかありまあすが、ここでは6つ紹介します。 BitMEXのメリット レバレッジ100倍まで対応している 取引量が多い アルトコインでもレバレッジ取引ができる 追証がなく安全性が高い 手数料が安い 登録は本人確認がいらない レバレッジ100倍まで対応している BitMEXの最大の特徴は、レバレッジを100倍までかけることができる点です。 レバレッジ取引とは、元手の何倍もの資金を使って暗号資産(仮想通貨)を売買する手法のことです。 例えば、元手が10万円の場合、レバレッジを100倍にすると、1000万円の取引を行うことができます。 その分、ハイリスク・ハイリターンな投資手法になります。 国内のレバレッジ取引に対応している取引所と最大レバレッジを比較すると以下のようになります。 取引所名 最大レバレッジ倍率 BitMEX(ビットメックス) 100倍 GMOコイン 10倍 DMM Bitcoin(DMMビットコイン) 4倍 BITPoint(ビットポイント) 4倍 bitbank Trade(ビットバンク・トレード) 20倍 国内では、法律でレバレッジ取引が25倍までしか認められていません。 そのため、レバレッジを大きくかけて取引することができません。 レバレッジ取引がしたいのであれば、BitMEXで行いましょう。 暗号資産(仮想通貨)のレバレッジ取引とは?メリット・デメリット、おすすめ取引所や儲けるポイントまで解説します! | CoinPartner(コインパートナー) 暗号資産(仮想通貨)のレバレッジ取引とは、暗号資産(仮想通貨)を用いた証拠金取引のことを言います。暗号資産(仮想通貨)のレバレッジ取引はハイリスクハイリターンの取引方法です。この記事では、レバレッジ取引のメリット・デメリット、おすすめ取引所から儲けるポイントまで解説します! 続きを読む 取引量が多い BitMEXは、世界最大級の取引量を誇る取引所です。 以下の画像のように、ビットコインだけで言えば、BitMEXは圧倒的に一番取引量の多い取引所です。 取引量が多いと、取引に流動性が高くなります。 そのため、売買が成立しやすいというメリットがあります。 また取引量が多いということは、それだけ多くの人に信頼されているということでもあります。 アルトコインでもレバレッジ取引ができる BitMEXでは、アルトコインもレバレッジ取引を行うことができます。 多くの国内の取引所は、ビットコインのみレバレッジ取引を行うことができます。 また、アルトコインのレバレッジ取引が可能な場合であっても、最大レバレッジはとても低くなっています。 取引所名 レバレッジ取引対応通貨 最大レバレッジ倍率 BitMEX(ビットメックス) ビットコイン(BTC/XBT) イーサリアム(ETH) リップル(XRP) ライトコイン(LTC) EOS トークン(EOS) ビットコインキャッシュ(BCH) トロン(TRX) カルダノ(ADA) 100倍 50倍 20倍 33.33倍 20倍 20倍 20倍 20倍 GMOコイン ビットコイン(BTC) イーサリアム(ETH) リップル(XRP) ライトコイン(LTC) ビットコインキャッシュ(BCH) 10倍 5倍 5倍 5倍 5倍 DMM Bitcoin(DMMビットコイン) ビットコイン(BTC) イーサリアム(ETH) リップル(XRP) ライトコイン(LTC) ビットコインキャッシュ(BCH) イーサリアムクラシック(ETC) ネム(XEM) 4倍 4倍 4倍 4倍 4倍 4倍 4倍 BITPoint(ビットポイント) ビットコイン(BTC) 4倍 bitbank Trade(ビットバンク・トレード) ビットコイン(BTC) 20倍 以上のように、BitMEXではアルトコインを高いレバレッジで取引することが可能になっています。 追証がなく安全性が高い BitMEXでは追証がありません。 追証とは追加保証金の略語で、一定の証拠金維持率を下回った場合に追加で証拠金を入金することです。 つまり追証とは、レバレッジ取引に失敗してしまった時に発生する取引所への借金のことです。 追証がないということは、BitMEXでレバレッジ取引をして借金を負う可能性はないため、安心して取引することができます。 BITPointやbitFlyerでは追証があるので、気をつける必要があります。 手数料が安い BitMEXは手数料が安く設定されています。 特にmaker手数料は-0.025%なので、取引すると手数料を受け取ることができます。 taker手数料は0.075%なので、なるべくmakerで注文することをお勧めします。 また、実質的な取引手数料を意味するスプレッドもとても狭くなっています。 BitMEX(ビットメックス)の手数料はいくら?手数料を安くする裏技も紹介! | CoinPartner(コインパートナー) BitMEXは追証なしで100倍までレバレッジをかけられる取引所として有名です。とはいえ、手数料がとても複雑で、「儲けたつもりが、手数料込みで考えると損していた!」そんなことを防ぐために、手数料について完璧に理解しましょう。 続きを読む 登録は本人確認がいらない 国内の取引所では、規制によりパスポート写真の提出など本人確認が必要です。 本人確認書類の提出後も審査などにより、実際に取引ができるようになるまで数日かかる場合も多いです。 しかしBitMEXでは、本人確認書類の提出が必要なく、メールアドレスの登録だけですぐに取引を行うことができます。 そのため取引を開始するまで約1分しかからず利便性がとても高いです。 【完全版】BitMEX(ビットメックス)の登録方法と使い方|画像付きで詳しく解説! | CoinPartner(コインパートナー) BitMEX(ビットメックス)は100倍レバレッジ取引が可能な香港の暗号資産(仮想通貨)取引所です。取引画面や仕組みが少し複雑ですが、登録方法から取引方法などを詳しく解説したこの記事を読めば、使い方をマスターできること間違いなしでしょう! 続きを読む BitMEXの特徴を他の取引所と比較 取引手数料、レバレッジに対応している通貨、最大レバレッジ倍率、追証の有無、ロスカット、スマホアプリの有無について、取引所5社で比較しています。 取引所名 取引手数料 (maker/taker) スプレッド レバレッジ取引 対応通貨 最大レバレッジ 倍率 追証 ロスカット スマホアプリ BitMEX(ビットメックス) -0.025%...

おすすめ

coinbase(コインベース)の特徴や評判、口座開設方法などを徹底解説!

「coinbase(コインベース)って一体なんなんだろう...」 そのような悩みを抱えてはいませんか? 暗号資産(仮想通貨)をやっているとたまに聞く「coinbase(コインベース)」について知りたいですよね! 今回の記事は、注目の暗号資産(仮想通貨)取引所である「coinnbase(コインベース)」についてです! 海外投資エージェントがcoinbaseの特徴やメリット・デメリット、登録方法から使い方まで徹底解説します! これを読めばcoinbaseについて丸わかりです!! coinbaseについてまとめると 利用者3000万人超えの超人気取引所 近年日本への進出に向け着々と準備を進めている セキュリティに絶大な信頼を誇る 手数料が比較的高い 日本語対応はまだしていないが、日本人スタッフ求人の話も出ており実現は間近 安心のセキュリティ! coinbaseの登録はこちら 目次 coinbase(コインベース)の特徴 coinbase(コインベース)のメリット coinbase(コインベース)のデメリット coinbase(コインベース)の口コミ・評判 coinbase(コインベース)の手数料・スプレッド coinbase(コインベース)の取扱通貨 coinbase(コインベース)の取引ツール coinbase(コインベース)の登録方法  coinbase(コインベース)の使い方  coinbase(コインベース)の入金・出金方法  coinbase(コインベース)に関するQ&A coinbase(コインベース)まとめ coinbase(コインベース)の特徴 coinbase(コインベース)の基本情報 取引方法 販売所、取引所 取扱通貨 26種類 レバレッジ × 取引手数料 0.1〜0.3% 日本語対応 × スマホ対応 ◯ coinbase(コインベース)は暗号資産(仮想通貨)市場初、上場せずに評価額が10億円を越えたことで有名です。 取引方法は販売所と取引所の二通りで、レバレッジ取引は提供していません。 以前までは主要5種類の取り扱いでしたが、現在は12種類の暗号資産(仮想通貨)で26ペアまで取引することができます 残念ながら、現在日本ではcoinbaseが利用できず、暗号資産(仮想通貨)を売買するにはアメリカの身分証明書が必要となっています。 ただ、後ほど紹介しますが現在は日本への進出に向けて積極的に準備を整えており、近い将来日本でも利用できるようになる可能性はかなり高いと注目を集めています。 coinbaseの特徴 圧倒的な利用者数の多さ 着々と進む日本への進出 証券や決済の分野への積極進出 ここではcoinbaseについて上の3つの特徴を解説していきます。 coinbaseの登録はこちら 圧倒的な利用者数の多さ   coinbaseは、2019年7月の時点で利用者が3000万人を超える超人気取引所として注目を集めています。 これは国内の大手仮想通貨取引所であるbitFlyerが2019年3月の時点で250万超のユーザー数であることから見ても、とても大きな数であることがわかります。 世界中のトレーダーが愛用しているcoinbaseは当然信頼性も高く、海外投資初心者の方でも安心して利用することができます。 着々と進む日本への進出   現在、coinbase(コインベース)は、日本で暗号資産(仮想通貨)事業を展開するにあたり日本の法律を遵守し、金融庁に確認を取りながら進めています。 実際、2018年6月4日に日本支社の設立と日本での取引を開始するという発表をしており、現在は日本での求人も行っています。 また、三菱東京UFJ銀行とも業務提携をしており、三菱UFJフィナンシャルグループ(MUFG)は、総額10億円もの資金をcoinbaseに提供しました。 現在三菱東京UFJ銀行はMUFGコインという独自の暗号資産(仮想通貨)の実証実験を行うなど暗号資産(仮想通貨)に興味を示しており、将来的に銀行と暗号資産(仮想通貨)取引所であるcoinbaseの連携が強固なものになれば一気に便利になるのではないかと期待されています! 証券や決済の分野への積極進出   coinbaseは、証券などの金融分野、そして決済サービスの分野への進出に積極的で、暗号資産(仮想通貨)の信頼性と実用性の向上に先陣を切って挑戦しています。 実例を挙げると、暗号資産(仮想通貨)決済サービスで暗号資産(仮想通貨)をギフトカードの扱いで決済に使用することができるサービスを始めました。 また、アメリカの金融機関Keystone Capital Corpを買収した理由の一つとして、有価証券を売買する資格を得るためではないかと言われています。 このように、暗号資産(仮想通貨)関連のサービスの実装をいち早く行っているcoinbaseでは、今後他にはないような新しいサービスを展開してくことが期待できます。 coinbase(コインベース)のメリット coinbaseのメリット セキュリテイは世界一 ...
- Advertisement -

人気記事

CryptoGT(クリプトGT)の評判・メリット・デメリットは?口コミから見える実態を調査!

「CryptoGT(クリプトGT)を使ってみたいけど、評判ってどうなのかな?」 そのように思っている方も多いのではないでしょうか? たしかに、実際の評判を知らずに海外の暗号資産(仮想通貨)取引所に登録するのは少し不安ですよね。 実は、CryptoGTは日本でも人気の海外取引所です! そこで、海外投資エージェント編集部がCryptoGTのメリット・デメリットを整理した上で実際のトレーダーによる評判や口コミからCryptoGTの実態を徹底調査しました! 目次 CryptoGT(クリプトGT)とは CryptoGT(クリプトGT)のメリット CryptoGT(クリプトGT)のデメリット CryptoGT(クリプトGT)の評判・口コミ CryptoGT(クリプトGT)の評判まとめ CryptoGT(クリプトGT)とは CryptoGT(クリプトGT)とは、、 2018年設立のレバレッジ特化の暗号資産(仮想通貨)取引所 業界最大500倍のレバレッジ 海外取引所だが日本語完全対応 日本国内でも人気の海外取引所 CryptoGT(クリプトGT)とは、キプロス島に本社がある2018年に設立された比較的新しい暗号資産(仮想通貨)取引所です! CryptoGTは、海外取引所ながら日本語完全対応であり、暗号資産(仮想通貨)業界最大の500倍のレバレッジをかけることが出来ます! この2つの特徴を持っていることから、CryptoGTは日本人にも大変人気のある取引所となっています! 【会社概要】 運営会社 Hatilo LTD 所在地 キプロス 最大レバレッジ 500倍 取引手数料 無料 取扱通貨 12種類(レバレッジのみ) CryptoGT公式サイトはこちら CryptoGT(クリプトGT)のメリット CryptoGTは、海外取引所とは思えない特徴があります。 そういったCryptoGTの7つのメリットについて解説します! CryptoGT(クリプトGT)のメリット 業界最大の500倍レバレッジ 追証がないから借金の心配がない 通貨ペアが58種類で世界一 基本的な手数料はすべて無料 カスタマーサポートが日本語完全対応 スマホアプリにMT5が搭載 両建てが可能 業界最大の500倍レバレッジ CryptoGT最大の魅力はレバレッジを最大500倍までかけられるという事です! 1万円の証拠金を用意するだけで、なんと500万円分の投資ができるということです。 国内取引所でもレバレッジ取引はできますが、最大でも4倍で、今後2倍へと制限されます、、、 他に人気のある海外取引所でもここまでのハイレバレッジをかけることができる取引所はありません! 是非、CryptoGTのハイレバレッジを体感してみてください! CryptoGT公式サイトはこちら 追証がないから借金の心配がない!   CryptoGTには追証(追加保証金)がありません! 追証がないということは、証拠金以上の損失を負うことはないということです! これは、借金になることがないとも言い換えられるので、暗号資産(仮想通貨)FXをやる人にとっては非常に重要なポイントと言えるでしょう! CryptoGTの登録はこちら 通貨ペアが58種類で世界一!   CryptoGTの通貨ペアは、58種類もあります! 実は、この58種類という数はレバレッジ取引に特化している取引所では世界一なんです! また海外取引所でありながら、日本円建てで取引する事も可能となっています。 また、法定通貨だけでなく、証拠金として様々な暗号資産(仮想通貨)を用いることができます! CryptoGT公式サイトはこちら 基本的な手数料はすべて無料!   CryptoGTの入出金手数料や取引手数料は無料となっています! これらの無駄な手数料をちゃんと節約できるのは、大変嬉しいですよね! 暗号資産(仮想通貨)FXをする場合、ついつい取引回数が増えて、取引手数料が負担になっていまいます。 CryptoGTならば、そこまで気にせず頻繁に取引をすることができるのでおすすめです! CryptoGTの登録はこちら カスタマーサポートが日本語完全対応   CryptoGTは、海外取引所ながら日本語完全対応です! カスタマーサポートも日本語で対応してるため、何かあった際も国内取引所と同じように問い合わせをする事が出来ます! また、カスタマーサポートの対応は、迅速かつ丁寧な対応をしてくれると評判です! CryptoGTの登録はこちら スマホアプリにMT5が搭載 CryptoGTにはスマホアプリがあります。 MT5(Meta Trader 5)というトレードツールを備えており、非常に快適に取引することができます! アプリを使うためには、WEBサイトからCryptoGTに登録しておく必要があります! 登録は無料&5分で完了するので、是非この機会に登録しておいてください! CryptoGT公式サイトはこちら 両建てが可能!   両建てとは、同じ銘柄に対して買いと売りのポジションを持つ取引方法のことです。 CryptoGTではこの両建てが可能になっています! 暗号資産(仮想通貨)FXをやる上で、両建てを使いこなせるとトレードの幅がグンと広がります! 是非、CryptoGTで両建てを使いこなしてみてください! CryptoGTの登録はこちら CryptoGT(クリプトGT)のデメリット CryptoGTのメリットは十分知る事が出来たかと思います! 次にちゃんと知っておくべきCryptoGTのデメリットについても説明します! 良いところだけでなく、悪いところもちゃんと知っておきましょう。 CryptoGT(クリプトGT)のデメリット ロスカットの基準が厳しい 日本円での入出金が出来ない レバレッジ取引のみで現物は扱っていない ロスカットの基準が厳しい CryptoGTでは、証拠金維持率が100%を下回ると強制ロスカットが発生する仕組みになっています。 ロスカットの基準は、取引所のよって様々ですが、CryptoGTの証拠金維持率100%という基準は、比較的厳しめだと言えます。 高いレバレッジ倍率をかけたり、口座残高ギリギリで取引してしまうと、すぐにロスカットされてしまうので注意が必要です!   日本円で入出金が出来ない これは海外取引所にありがちなことですが、CryptoGTは日本円で入出金を行うことができません! CryptoGTに入金する場合は、国内の取引所であらかじめビットコインを購入してから、自分のCryptoGTのアドレスに送金するのが良いでしょう。 ただし、日本円建てでの取引は可能になっています。 海外取引所に送金するための国内取引所は、GMOコインがおすすめです! GMOコインなら送金手数料が無料になっているので、手数料を無駄に取られる事なく海外取引所を使用することができるようになります! GMOコインの登録はこちら GMOコインの特徴は?セキュリティ日本一の暗号資産(仮想通貨)取引所!? |...

Changellyとは?基本から使い方やメリットデメリット、評判を解説!

みなさん、暗号資産(仮想通貨)の取引を始めてからしばらくすると様々なアルトコインに手を出し、色々な取引所を使い始めますよね? そんな時に必ず悩むのが、「アルトコインからアルトコインに変える時に一旦BTCや法定通貨を経由しないといけないのがめんどくさいな」であったり、「毎回取られる手数料をどうにか節約できないものか」といったことです。私も最初は色々考えました。 しかし、みんなが必ず悩むことがあるならば、それを解決するサービスも必ず生まれてきます。 そして今回紹介するのは、そういった悩みを解決するサービス「Changelly」です! Changellyを使いこなせば、あなたも明日からBTCや法定通貨を経由しなければならない面倒臭さや手数料のお悩みから解放されるかもしれません! 目次 Changellyとは? Changellyの特徴(メリット) Changellyの使い方 Changellyのデメリット Changellyの評判 ChangellyのQ&A まとめ Changellyとは? 「What is Changelly? - Changelly is an instant cryptocurrency exchange providing the best crypto-to-crypto rates on the...

Fコインの特徴・評判・取り扱い通貨・登録方法を解説!話題の仮想通貨取引所を使いこなそう!

「Fコインってどんな取引所なんだろう?」そんな風に思ってはいませんか? Fコインは比較的新しい取引所で日本語サイトもないので分かりづらいですよね。 この記事では、Fコインの手数料、取り扱い通貨を海外投資エージェントが分かりやすく説明しています。 また、Fコインの使い方も画像付きで分かりやすく解説しています。 目次 Fコインの特徴 Fコインのメリット Fコインの評判・口コミ Fコインの取り扱い通貨 Fコインの手数料 Fコインの登録・口座開設方法 Fコインの2段階認証 Fコインの本人確認 Fコイン まとめ   Fコインの特徴 Fコインの基本的な情報は下の表で確認することができます。 項目 設立日 2018年5月 取引手数料 0.1% 取り扱い通貨 10種類 通貨ペア 30種類 アプリ Android/iosアプリあり 所在地 中国 Fコインは、2018年4月から運営を開始した暗号資産(仮想通貨)取引所です。 創業者はHuobiの元CTO(最高技術責任者)です。大きな取引所を支えていた技術力と信頼から多くのユーザーに期待されています。 実際に、2018年のスタート時点ではFコイン取引所はβ版でしたが、創業1年足らずで1日で当日の世界最高取引高の7500億円を記録しました。 暗号資産(仮想通貨)の取引量の平均が1000億円程度であることを考えるとFコインに対するユーザーの期待が分かります。 Fコインのメリット 独自トークンFTによる利益の配当がある   FTトークンとはFコイン暗号資産(仮想通貨)取引所がが独自に発行しているICOトークンです。 FTトークンをもっていると取引所の収益が配当される、Fコイン取引所の手数料が還元されることで注目を集めています。   このFTトークンでは取引所の収益が配当としてもらえる書きましたが、FTトークンの保有率によって最大80%の収益が配当として配られます。 また、Fコイン取引所では取引手数料が0.1%に設定されていますがFTトークン保有者は50%還元の0.05%になります。 経営の透明性が高い   Fコイン暗号資産(仮想通貨)取引所では、毎日の取引所の収益を公開しています。 暗号資産(仮想通貨)取引所に経営の透明性をもたせるため、Fコイン所有者に配当額を発表するための仕組みだと思われます。 海外では、経営の実態が分からない非公認の取引所が存在します。 また、運営者の暗号資産(仮想通貨)の持ち逃げ事件なども起きています。 経営の透明性があることでこういったリスクが抑えられています。 安全性が高い   Fコインでは、顧客資産の95%をコールドウォレットを用いて管理しています。 コールドウォレットとは、暗号資産(仮想通貨)管理するためのウォレットで、常時ネットに接続しておらず資産の移動をする際にのみネットに繋がる仕組みのウォレットのことをいいます。 そのため、ウイルスなどの危険にさらされる時間が短くなり、ハッキングなどによる資産の流失を防ぎやすくなります。 また、Fコインでは2段階認証も導入しています。 2段階認証とは、パスワードに合わせて認証用のコードがもう一つ必要になります。 パスワードが盗まれても、もう一つコードが必要になるので乗っ取られて暗号資産(仮想通貨)を流失するリスクを抑えることができます。 これら2つの点からFコインは安全性が高いと言えます。 口座開設がとても簡単   Fコインは、口座開設の際に、本人確認が必要ありません。 メールアドレスやパスワードなどを入力するだけで取引を開始することができるので1分ほどで口座開設は完了します。 ただし、2BTCもしくは20ETH以上の取引を行う際には本人確認が必要になります。   Fコインの評判・口コミ 配当が毎日もらえるので嬉しい   配当が毎日もらえて嬉しいという意見は多くありました。 暗号資産(仮想通貨)のトレードで利益を出すのは大変なので毎日しっかり配当のもらえるFコインはすごく人気です。 FTトークンの価値上昇に疑問   Fコイン暗号資産(仮想通貨)取引所を使う人にとっては意味のある通貨になっていますが、それ以外は使い道がありません。 その使い道や将来性に不安を感じ長期保有を避ける人もたくさんいます。 Fコインの取り扱い通貨 Fコインは ビットコイン(BTC) イーサリアム(ETH) リップル(XRP) ライトコイン(LTC) ビットコインキャッシュ(BCH) イーサリアムクラシック(ETC) イオス(EOS) ビットコインSV(BCH) アイオタ(IOTA) FTトークン(FT) の10種類の通貨を取り扱っています。   米ドル、BTC、ETH、FTの4つの通貨を軸に30種類の通貨ペアがあります。 Fコインの手数料 暗号資産(仮想通貨)取引所 取引手数料 Fコイン 0.1% Binance 0.1% GMOコイン 0.01% DMMビットコイン 無料 Fコインの手数料は海外暗号資産(仮想通貨)取引所としては平均的な価格です。 FTトークンを使用する場合は手数料が50%になるので実質的な手数料は0.05%になっていて海外暗号資産(仮想通貨)取引所としては非常に安いです。 ビットコインやイーサリアムなどを買う際には国内取引所をおすすめします。 アルトコインなどを購入する際はFコインをおすすめします。 Fコインの登録・口座開設方法   Fコインの登録には本人確認書類の提出が必要ありません。そのため、1分程度で登録することができます。 まずは公式サイト(https://www.fcoin.com/)のトップページにある「sign up」をクリックしてください 上のような画面になります。メールアドレスを入力し緑のRegisterボタンをクリックしてください。 この画面では、図をパズルの穴に当てはめます。クリックしたまま横にずらしちょうどいい所でとめましょう。 図がはまっていれば承認され次に進みます。 登録したアドレスにはFコインからメールが届きます。 メールアドレス、パスワード、ユーザーネームなどを入力します。 「Email code」と書かれている所には先ほど届いたメールにコードが書かれているので確認し入力しましょう。 入力が終わり次第緑のボタンを押し次に進みましょう。 再度、パズルが出てきます。もう一度同じことをします。 パズルが終わると、左下に口座開設が成功したと表示されます。 先ほど、登録したメールアドレスとパスワードを使いログインし、取引を始めましょう! Fコインの2段階認証   まず、スマホにアプリをインストールする必要があります。 Androidの方は「Google認証」をインストールします。 iosの方は「Authenticator」をインストールします。 「settings」から「SEQURITYsettings」に移動しOTPのリンクをクリックします。 表示された緑のボタンをクリックし次に進んでください! 表示されたQRコードをAndroidの方はGoogle認証、iosの方はAuthenticatorを使って読み取ります。 読み取ると、6桁のコードが表示されます。読み取るとメールアドレスにもコードが送られてきます。 メールに送られてきたコードを先に、読み取り表示された6桁のコードを最後の欄に入力し 緑のボタンを押せば2段階認証完了です。 Fコインの本人確認 Fコインでは、口座開設時には本人確認は必要ありませんが、一度に2BTCもしくは20ETH以上の入出金を行う場合には、パスポートによる本人確認が必要になります。 ウェブサイトからログインして取引画面を表示させます。 そして、赤く囲まれているところをクリックしてください! 緑のボタンをクリックし次の画面に移動してください! 緑のボタンを再度押し、次の画面に移動してください。   パスポートの顔写真、パスポートの顔写真のページ・Fcoinとその日の日付を書いた紙をもった自分の写真の3枚の写真をアップロードします。 緑のボタンをクリックし本人確認の申請の完了です。 Fコイン まとめ いかがでしたか? 今回はFコインの特徴やメリットそして使い方について書きました。 Fコインは、創業者に対する技術力の期待も高く、これからさらに人気になっていくであろう取引所です。 この記事をみて、取引所の登録を判断してください!    

【Bithumb Global使い方】5分で分かる入金・出金・アプリでのFX取引方法

「Bithumb Global(ビッサムグローバル)の使い方が知りたい。。。」 こう思ってはいませんか? 確かに、新しく暗号資産(仮想通貨)取引所を開設してみたものの使い方をよく知らないでいるのは少しもったいないですよね。 この記事では海外投資エージェント編集部がBithumb Global(ビッサムグローバル)の特徴について触れた上で、登録方法、入出金方法、取引方法について画像付きでわかりやすく解説しています! さらにBithumb Global(ビッサムグローバル)のスマホアプリの使い方についても詳しく解説しています。 この記事を読んで早速Bithumb Global(ビッサムグローバル)を使いこなしていきましょう! 目次 Bithumb Global(ビッサムグローバル)とは? 【1分でできる】Bithumb Global(ビッサムグローバル)の登録方法 Bithumb Global(ビッサムグローバル)の入金・出金方法 Bithumb Global(ビッサムグローバル)の暗号資産(仮想通貨)取引方法 Bithumb Global(ビッサムグローバル)のスマホアプリの使い方 Bithumb Global(ビッサムグローバル)の使い方まとめ Bithumb Global(ビッサムグローバル)とは? 暗号資産(仮想通貨)取引所名 Bithumb Global(ビッサムグローバル) 設立日 2019年5月 運営会社 Bithumb(ビッサム) 会社所在地 韓国 日本語対応 ◯ 公式アカウント 公式HP Twitter Facebook Bithumb Global(ビッサムグローバル)は、2019年5月に韓国の大手暗号資産(仮想通貨)取引所Bithumb(ビッサム)が自身のノウハウを活かし、さらに利便性を高めて設立した新しい暗号資産(仮想通貨)取引所です。 韓国だけでなく世界中への進出を考えて開発されており、日本をはじめカナダやイギリスなどへ向けて準備が進められています。 そんなBithumb Global(ビッサムグローバル)の特徴を以下で4つ紹介していきます。 Bithumb Global(ビッサムグローバル)の特徴 取り扱い通貨が多い 本人確認せずに簡単に登録できる ...

Latest Reviews

BINANCE(バイナンス)の投票とは?参加方法や過去の投票結果、通貨に投票する際の判断基準をわかりやすく解説!

「BINANCE(バイナンス)の投票ってどんな機能なんだろう…」 このような疑問を持っていませんか? たしかに他の取引所ではあまり見られない機能である分、BINANCE(バイナンス)自体は知っていてもその中の投票機能についてはなかなか理解する機会はありませんよね。 この記事では海外投資エージェントがそんなBINANCE(バイナンス)の投票機能における基本的な特徴や投票のメリットについて解説していきます。 さらには投票の参加方法や投票の際に通貨をどんな基準で選べば良いのか3つのポイントについても紹介していきます! BINANCE(バイナンス)の投票についてまとめると... バイナンスに新規上場する通貨を決めるための人気投票 バイナンスに口座を持っている人であれば保有しているBNB数に応じて投票することができる 応援しているプロジェクトが勝てばそのトークンをもらえる可能性がある 2018年から1年弱の休止期間を経て2019年に形式を変えて復活 投票する際はプロジェクトの価値・将来性や開発体制の信頼性、コンプライアンスをチェックする BINANCEの登録はこちら 目次   BINANCE(バイナンス)とは BINANCE(バイナンス)の投票とは BINANCE(バイナンス)の投票のメリット BINANCE(バイナンス)の過去の投票結果 BINANCE(バイナンス)の投票への参加方法 BINANCE(バイナンス)で投票する通貨を見極める3つのポイント BINANCE(バイナンス)の投票まとめ BINANCE(バイナンス)とは BINANCE(バイナンス)のおすすめポイント 取引高・登録者数世界一の超人気取引所! 最大レバレッジは125倍 200種類以上もの豊富な取扱通貨 取引手数料は一律0.1%と比較的安め バイナンス(Binance)は全世界において圧倒的な人気を誇っている暗号資産(仮想通貨)取引所で、「世界一の暗号資産(仮想通貨)取引所」とも言われています。 設立年 2017年7月 CEO Changpeng Zhao(趙長鵬、ジャオ・チャンポン) 登録者数 1000万人以上(2018年11月時点) 取引高 1日あたり120億ドル(約1.3兆円) 最大レバレッジ 125倍 取扱通貨 現物:175種類 FX:24種類 取引手数料 0.1% 取引高・登録者数世界一という圧倒的な人気を誇る取引所として知られており、安い手数料や通貨の豊富さでも人気を拡大しています。 また独自通貨のBNB(バイナンスコイン)を扱っており、手数料をBNB払いに設定すれば通常の半分(0.05%)の手数料で取引ができることも大きな魅力です。 BINANCEの登録はこちら バイナンス(Binance)とは?特徴・評判・登録方法・使い方をわかりやすく解説 |...

MEX(メックス)とは?仮想通貨FX取引所の特徴から登録方法・使い方まで画像で完全解説!

暗号資産(仮想通貨)FXには「MEX」という取引所が良いらしいけど、どんな取引所なんだろう? そうお考えではないですか? そんなあなたのために、この記事ではMEXの特徴と、具体的な使い方を解説します! 目次 MEX(BitMEX)の特徴 MEX(BitMEX)の注意点 MEX(BitMEX)の登録方法 MEX(BitMEX)の2段階認証設定方法 MEX(BitMEX)の入出金方法 MEX(BitMEX)の基本的な使い方 MEX(BitMEX)まとめ   MEX(BitMEX)の特徴 MEXは、正しくはBitMEX(ビットメックス)という海外の暗号資産(仮想通貨)取引所です。 FXに特化した取引所として多くのトレーダーに親しまれ、MEX(メックス)の愛称がついています。 世界一の取引高を誇るMEXを使いこなすことができれば、暗号資産(仮想通貨)で得するチャンスをひろげることができます! MEX公式ホームページ それではさっそくMEXの特徴を見てみましょう! サービス内容一覧表 取り扱い通貨 BTC(XBT/USD) ETH(ETH/XBT) XRP(XRP/XBT) BCH(BCH/XBT) LTC(LTC/XBT) ADA(ADA/XBT) TRX(TRX/XBT) 取引の種類 デリバティブ取引 入出金手数料 無料 取引手数料 -0.050%~0.075% レバレッジ 最大100倍 MEXではビットコインが「BTC」ではなく「XBT」と表記されます。 最大100倍のレバレッジ取引が可能 <各取引所のビットコイン最大レバレッジ倍率> 取引所 最大レバレッジ倍率 BitMEX 100倍 bitFlyer 4倍 DMMビットコイン 4倍 GMOコイン 4倍 Poloniex 2.5倍 MEXの最大の特徴は、最大100倍のレバレッジ取引ができることです! 国内では金融庁の規制により最大でも25倍のレバレッジ取引しかできませんが、MEXは香港の取引所であるため金融庁の規制対象外であり100倍のレバレッジ取引をすることができます! レバレッジ倍率が低いと得られる利益に限界がありますが、レバレッジが100倍であれば小さな値動きでも大きな利益をあげることができます! 一方で、ロスカットが早くなり小さな価格変動でも大損してしまうリスクも発生します。 追証がないので借金が発生しない 通常の取引所ではサーバーのエラーなどでロスカットが遅れ証拠金を超える損失が生まれた際には、損失を補填する追加保証金が借金として請求されます。 例えばbiFlyerでは証拠金の50%未満になった時点で強制的にロスカットが起きるはずでしたが、ロスカットが正しく機能せず450万円の借金が生まれてしまうような事例もあります。   その点MEXでは損失がでた場合でも追証が発生しないため、元手がゼロのなることはあっても借金が発生することはありません! MEXの公式ホームページにおいても借金が発生しないことが明言されているので、高いレバレッジ倍率でも安心して取引することができます。 Q 破産する可能性はありますか? A いいえ。弊社の証拠金・清算プロセスは、BitMEX でのトレーダーの証拠金残高がゼロ未満になるのを確実に回避するように、巧妙に設計されています。 Source: BitMEX公式ホームページ 本人確認が必要ない 国内の取引所では、規制によりパスポート写真の提出など本人確認が必要です。本人確認書類の提出後も審査などにより実際に取引ができるようになるまで数日かかる場合も多いです。 MEXでは本人確認書類の提出が必要なく、メールアドレスの登録だけですぐに取引を行うことができます。そのため取引を開始するまで約1分しかからず利便性がとても高い特徴を持ちます! テストネットでデモトレードができる FXは利益が大きくなる分損失も大きくなるため、チャートが読めない初心者にとってはなかなか挑戦しづらいものです。またMEXは機能が多い分、操作が複雑であるため操作ミスも起きやすい仕様になっています。 そこでMEXでは実際のお金ではなくデモトレードができるテストネットを公開しています。 実際にお金を動かす前に暗号資産(仮想通貨)FXがどのようなものかを体験することができるのです。 テストネットでは0.01BTCを元手にデモトレードを開始します。   なおテストネットの価格はメインネットに対応していないので取引量もかなりすくなくあてになりません。チャートを読む練習などには適さないので、あくまで注文の出す方法を練習したり、APIが正しく機能するかなどを試す際に使いましょう。 テストネットはこちらから。   MEX(BitMEX)の注意点  日本円の入金ができない MEXは海外の取引所であるため日本円の入金ができません。 そのためMEXで取引を行うには、必ず国内でビットコインを購入しMEXに送金する必要があります。 暗号資産(仮想通貨)や海外取引所に慣れていない初心者にとっては、暗号資産(仮想通貨)の送金は少々不便に感じるかもしれません。   MEXへのビットコインの送金は、GMOコインがおすすめです。 ビットコインの取引手数料も送金手数料も無料であるため、手数料がかかることなく送金を行うことができます。また上場企業であるGMOグループが運営する取引所であるため、操作ミスなどにも迅速に対応してもらえます! GMOコイン公式ホームページへ GMOコインの評判・メリット・デメリットは?口コミから見える実態を調査! | CoinPartner(コインパートナー) GMOクリック証券でも有名なGMOグループが暗号資産(仮想通貨)取引所を開設したということで、みなさんも高い前評判は聞いたことがあるかもしれません。その実態は?設立当初のウリは現在どうなっているのでしょうか? 続きを読む   現物取引はできない MEXはFXに特化した取引所です。 FXでは暗号資産(仮想通貨)を購入した・売却したと「仮定」して取引をするため、現物の暗号資産(仮想通貨)と法定通貨がやりとりされることはありません。 証拠金としてビットコインを使うので、トレード結果によってビットコインの数量が増減します。   現物取引とFXの詳しい違いはこちらをご覧ください。 暗号資産(仮想通貨)FXとは?おすすめ取引所を比較、税金からスプレッドまで詳しくご紹介 | CoinPartner(コインパートナー) 暗号資産(仮想通貨)FXとは、暗号資産(仮想通貨)を用いた証拠金取引です。外国為替のFXと同じように、相場が下がっている時でも利益を上げることができます。ただし、暗号資産(仮想通貨)FXはリターンもリスクも莫大な諸刃の剣です。暗号資産(仮想通貨)FXをよく知っておきましょう! 続きを読む   日本語訳の精度がイマイチ 海外の暗号資産(仮想通貨)取引所の中では珍しく、MEXのホームページやスマホアプリは日本語に対応しています。 とはいうものの、日本語訳の質は低くところどころなにが言いたいのかわからない箇所があります。 上のスクリーンショットを見るとわかるように、MEX特有の固有名詞が多いということもありますが、何が言いたいのかわからない箇所が大半ですね。 「日本語に対応しているし全く問題なさそう!」と思っているとどこかで行き詰まったり、よくわからないまま操作ミスをしてしまう危険性があるので気をつけましょう。 スマホアプリがない MEXはApp StoreやGoogle Play等にスマホアプリを公開していません。 しかしショートカットをホーム画面に追加することで、アプリのようにMEXで取引することができます。   MEX(BitMEX)の登録方法 MEXの口座開設手順はこれだけ! メールアドレスとパスワードを設定する 送られてくるメールのリンクをクリックする MEXは本人確認が不要であるためメールアドレスの登録だけで口座開設することができます。 登録料・維持費はともに無料で登録は1分で終わります。   さらに以下のリンクからMEXに登録すると6ヶ月のあいだ手数料が10%オフになります! MEXの口座をおトクに開設する!   メールアドレスとパスワードを設定する   MEXの登録ページからMEXに登録するメールアドレスとログインパスワードを設定します。 メールアドレスは他の取引所との併用では無く、ハッキングリスクを低減させるためにもMEX専用のメールアドレスを作り、それを登録したほうが良いでしょう。 名前は必須ではありませんが、2段階認証端末が使えなくなってしまった場合に使うため登録しておいたほうが良いかもしれません。 手数料10%オフでMEXを始める 送られてくるメールのリンクをクリックする 登録ボタンをクリックすると、登録したメールアドレス宛に確認メールが届くので、メールを検証をクリックすれば登録は完了です。   MEX(BitMEX)の2段階認証設定方法 MEXでは2段階認証をおこなわずとも取引を開始することは可能ですが、セキュリティの向上には必須なので必ず行うようにしましょう! 2段階認証の必要性などについてはこちらの記事をご覧ください。 2FA(2段階認証)とは?暗号資産(仮想通貨)のセキュリティで必須の2FAのバックアップ・再設定方法などを解説! | CoinPartner(コインパートナー) 暗号資産(仮想通貨)投資では、なぜ2FA(2段階認証)が必須なのでしょうか? 2FAで面倒な経験をしたCoinPartnerが、必須な理由と、2FAを設定しただけで安心してはいけない理由などを、どこよりも丁寧に解説します!! 続きを読む   それで2段階認証の手順を説明します。 まずMEXにログインします。 右上のメールアドレスの欄をクリックし「アカウントとセキュリティ」を選択します。 次に「2段階認証を有効化」の欄から2段階認証アプリを選択します。 コインパートナーではGoogleAuthenicatorをおすすめしています。 スマホのGoogle Autenicatorのアプリで表示されるQRコードを読み取ります。 スマホにGoogle...

BitMEXの評判は?特徴やメリット・デメリットを初心者向けに解説

「BitMEX(ビットメックス)の評判ってどうなの?」 と思っている方も多いかと思います。 BitMEXは最大レバレッジが100倍であること以外にも様々なメリットがあります。 そんなBitMEXの特徴やメリット、デメリット、評判を詳しく解説しています。 この記事を読めば、BitMEXの良さがすぐにわかります! 目次 BitMEXとは BitMEXのメリット BitMEXの特徴を他の取引所と比較 BitMEXのデメリット BitMEXの評判・口コミ BitMEXの評判 まとめ   BitMEXとは BitMEXは、レバレッジ(FX)取引に特化した海外の取引所です。 レバレッジ取引とは、元手の何倍もの資金を使って暗号資産(仮想通貨)を売買する手法のことです。 海外の取引所ですが、日本語にも対応しており、英語が苦手な方でも問題なく利用できます。 取引の種類 レバレッジ取引 最大レバレッジ倍率 100倍 通貨ペア 8種類 取引手数料 -0.025%/0.075% スプレッド 約0.01% 日本語対応 ◯ スマホアプリ × BitMEXは、取り扱い通貨数は多くないですが、すべての通貨がレバレッジ取引を行うことができます。 取引量が多く、手数料も安いので大変おすすめの取引所です。BitMEXの口座開設はこちら! BitMEXのメリット BitMEXのメリットはいくつかありまあすが、ここでは6つ紹介します。 BitMEXのメリット レバレッジ100倍まで対応している 取引量が多い アルトコインでもレバレッジ取引ができる 追証がなく安全性が高い 手数料が安い 登録は本人確認がいらない レバレッジ100倍まで対応している BitMEXの最大の特徴は、レバレッジを100倍までかけることができる点です。 レバレッジ取引とは、元手の何倍もの資金を使って暗号資産(仮想通貨)を売買する手法のことです。 例えば、元手が10万円の場合、レバレッジを100倍にすると、1000万円の取引を行うことができます。 その分、ハイリスク・ハイリターンな投資手法になります。 国内のレバレッジ取引に対応している取引所と最大レバレッジを比較すると以下のようになります。 取引所名 最大レバレッジ倍率 BitMEX(ビットメックス) 100倍 GMOコイン 10倍 DMM Bitcoin(DMMビットコイン) 4倍 BITPoint(ビットポイント) 4倍 bitbank Trade(ビットバンク・トレード) 20倍 国内では、法律でレバレッジ取引が25倍までしか認められていません。 そのため、レバレッジを大きくかけて取引することができません。 レバレッジ取引がしたいのであれば、BitMEXで行いましょう。 暗号資産(仮想通貨)のレバレッジ取引とは?メリット・デメリット、おすすめ取引所や儲けるポイントまで解説します! | CoinPartner(コインパートナー) 暗号資産(仮想通貨)のレバレッジ取引とは、暗号資産(仮想通貨)を用いた証拠金取引のことを言います。暗号資産(仮想通貨)のレバレッジ取引はハイリスクハイリターンの取引方法です。この記事では、レバレッジ取引のメリット・デメリット、おすすめ取引所から儲けるポイントまで解説します! 続きを読む 取引量が多い BitMEXは、世界最大級の取引量を誇る取引所です。 以下の画像のように、ビットコインだけで言えば、BitMEXは圧倒的に一番取引量の多い取引所です。 取引量が多いと、取引に流動性が高くなります。 そのため、売買が成立しやすいというメリットがあります。 また取引量が多いということは、それだけ多くの人に信頼されているということでもあります。 アルトコインでもレバレッジ取引ができる BitMEXでは、アルトコインもレバレッジ取引を行うことができます。 多くの国内の取引所は、ビットコインのみレバレッジ取引を行うことができます。 また、アルトコインのレバレッジ取引が可能な場合であっても、最大レバレッジはとても低くなっています。 取引所名 レバレッジ取引対応通貨 最大レバレッジ倍率 BitMEX(ビットメックス) ビットコイン(BTC/XBT) イーサリアム(ETH) リップル(XRP) ライトコイン(LTC) EOS トークン(EOS) ビットコインキャッシュ(BCH) トロン(TRX) カルダノ(ADA) 100倍 50倍 20倍 33.33倍 20倍 20倍 20倍 20倍 GMOコイン ビットコイン(BTC) イーサリアム(ETH) リップル(XRP) ライトコイン(LTC) ビットコインキャッシュ(BCH) 10倍 5倍 5倍 5倍 5倍 DMM Bitcoin(DMMビットコイン) ビットコイン(BTC) イーサリアム(ETH) リップル(XRP) ライトコイン(LTC) ビットコインキャッシュ(BCH) イーサリアムクラシック(ETC) ネム(XEM) 4倍 4倍 4倍 4倍 4倍 4倍 4倍 BITPoint(ビットポイント) ビットコイン(BTC) 4倍 bitbank Trade(ビットバンク・トレード) ビットコイン(BTC) 20倍 以上のように、BitMEXではアルトコインを高いレバレッジで取引することが可能になっています。 追証がなく安全性が高い BitMEXでは追証がありません。 追証とは追加保証金の略語で、一定の証拠金維持率を下回った場合に追加で証拠金を入金することです。 つまり追証とは、レバレッジ取引に失敗してしまった時に発生する取引所への借金のことです。 追証がないということは、BitMEXでレバレッジ取引をして借金を負う可能性はないため、安心して取引することができます。 BITPointやbitFlyerでは追証があるので、気をつける必要があります。 手数料が安い BitMEXは手数料が安く設定されています。 特にmaker手数料は-0.025%なので、取引すると手数料を受け取ることができます。 taker手数料は0.075%なので、なるべくmakerで注文することをお勧めします。 また、実質的な取引手数料を意味するスプレッドもとても狭くなっています。 BitMEX(ビットメックス)の手数料はいくら?手数料を安くする裏技も紹介! | CoinPartner(コインパートナー) BitMEXは追証なしで100倍までレバレッジをかけられる取引所として有名です。とはいえ、手数料がとても複雑で、「儲けたつもりが、手数料込みで考えると損していた!」そんなことを防ぐために、手数料について完璧に理解しましょう。 続きを読む 登録は本人確認がいらない 国内の取引所では、規制によりパスポート写真の提出など本人確認が必要です。 本人確認書類の提出後も審査などにより、実際に取引ができるようになるまで数日かかる場合も多いです。 しかしBitMEXでは、本人確認書類の提出が必要なく、メールアドレスの登録だけですぐに取引を行うことができます。 そのため取引を開始するまで約1分しかからず利便性がとても高いです。 【完全版】BitMEX(ビットメックス)の登録方法と使い方|画像付きで詳しく解説! | CoinPartner(コインパートナー) BitMEX(ビットメックス)は100倍レバレッジ取引が可能な香港の暗号資産(仮想通貨)取引所です。取引画面や仕組みが少し複雑ですが、登録方法から取引方法などを詳しく解説したこの記事を読めば、使い方をマスターできること間違いなしでしょう! 続きを読む BitMEXの特徴を他の取引所と比較 取引手数料、レバレッジに対応している通貨、最大レバレッジ倍率、追証の有無、ロスカット、スマホアプリの有無について、取引所5社で比較しています。 取引所名 取引手数料 (maker/taker) スプレッド レバレッジ取引 対応通貨 最大レバレッジ 倍率 追証 ロスカット スマホアプリ BitMEX(ビットメックス) -0.025%...

海外FX業者

海外FXボーナスおすすめランキング【2020年9月最新版】ボーナスの種類別におすすめの海外FX業者を紹介!

「海外FX業者で一番ボーナスがお得なのってどこなんだろう、、?」 そのような疑問を抱えてはいませんか? 確かに、せっかく海外FXをやるならちょっとでもお得なところで始めたいですよね! この記事では海外投資エージェントが、そんな海外FX業者のボーナスについて詳しく紹介していきます1 総合的におすすめの業者、ボーナスの種類別におすすめの業者から、ボーナスを使う上で知っておくべきクッションや税金についても徹底解説します! 目次 海外FXボーナス総合おすすめ第1位:FXGT 海外FXボーナス総合おすすめ第2位:GEMFOREX 海外FXボーナス総合おすすめ第3位:XM Trading 海外FX口座開設ボーナスのおすすめ業者TOP3 海外FX入金ボーナスおすすめ業者TOP3 海外FXキャッシュバックボーナスおすすめ業者TOP3 海外FX独自ボーナスおすすめ業者TOP3 海外FX損失補填ボーナスおすすめの業者 そもそも海外FXのボーナスとは 海外FXボーナスの「クッション」とは 海外FXボーナスを含めた税金について 海外FXのボーナスに関するQ&A 海外FXボーナス まとめ 海外FXボーナス総合おすすめ第1位:FXGT FXGTのボーナス FXGTのボーナス・キャンペーン一覧 開催期間:2020年9月 初回入金ボーナス:50% 2回目入金ボーナス:30%(当サイト登録限定) 取引キャッシュバック:10%(1日〜10日) 口座開設ボーナス:3000円 FXGTでは、9月も豪華なボーナスを開催しています!! 入金・口座開設ボーナスに加え、9月は取引した際のスプレッドの10%のキャッシュバックというキャンペーンを開催しています!! また、これらの豪華なボーナスに加え、当サイト限定で2回目入金30%ボーナスも開催しています!! 是非この海外投資エージェント限定のスペシャルキャンペーンを生かして海外FXを始めましょう!! FXGTの登録はこちら FXGTの特徴 FXGTの特徴 暗号資産(仮想通貨)の取り扱っている 最大レバレッジ500倍 24時間365日サポート FXGTは、2019年12月に設立された非常に新しいFX業者兼仮想通貨取引所です。 FXGTは、もともとCryptoGTという暗号資産(仮想通貨)取引所が運営元である為、暗号資産の取引もできます! まだ出来て間もないですが、ボーナスも豪華で対応も充実しているFXGTは一番おすすめの海外FX業者です! FXGTの登録はこちら FXGTの特徴や評判、口座開設方法などを徹底解説!...

海外FX業者おすすめ人気ランキング!全20社に口座開設し比較してみた【2020年9月最新】

「海外FX始めたいけど、色々ありすぎてどこの業者使えば良いか分からない、、、」 そんな悩みを抱えてはいませんか? 海外FX業者は、それぞれ特徴がある為どこを使うかで結果は大きく変わります。 実は、始めるのにお得な業者があるけどそれを使わなかったり、日本語対応されていなくて使い方がちょっと分からなかったりと、海外FXならではの起こりうるミスがあります。 そこでこの記事では、海外投資エージェントが、実際に使ってみて分かった、おすすめの海外FX業者をランキング形式で紹介します!! 目次 海外FX業者おすすめ第1位:XM Trading 海外FX業者おすすめ第2位:GemForex 海外FX業者おすすめ第3位:AXIORY(アキシオリー) 海外FX業者おすすめ第4位:FXGT 海外FX業者選びで失敗しないための5つのポイント 海外FX業者は用途に応じて使い分けよう! 海外FX業者を使用する際の注意点 海外FX業者に関するQ&A 海外FX業者おすすめ まとめ 海外FX業者おすすめ第1位:XM Trading XM Tradingの特徴 人気No.1の海外FX業者 最大レバレッジ888倍 約定スピードが非常に速い 日本語完全対応 最短5分で口座開設! XMの登録はこちら XM Tradingは、2009年に設立された海外FX業者です。 日本では非常に人気で、海外FX業者では日本人口座開設数No.1です! 日本語でのサポートが充実しており、トレードも使いやすい為、海外FXを始めるならXMが一番おすすめの海外FX業者となっています。 XM Tradingの評価項目 最大レバレッジが888倍 XMの魅力は、レバレッジが最大888倍かけられることです! 国内のFX業者は、最大25倍までと定められていますが、XMを使えばその何倍ものレバレッジをかけてトレードが出来ます! XMのこの倍率は、海外FX業者の中でもかなり高い方です!XMを使ってこの超ハイレバレッジを体験してみてください! レバレッジ取引がおすすめな海外暗号資産(仮想通貨)取引所は?海外の人気暗号資産(仮想通貨)取引所10社を徹底比較! | CoinPartner(コインパートナー) レバレッジができる海外の人気暗号資産(仮想通貨)取引所10社を徹底比較!この記事では暗号資産(仮想通貨)のレバレッジ取引とは何か、メリットや注意点をまとめた上で海外の暗号資産(仮想通貨)取引所人気10社についてレバレッジの観点から徹底比較し、おすすめの取引所を3つ紹介しています! 続きを読む 追証なしのゼロカットシステム採用 XMは、追証を要求しないゼロカットシステムを採用しています。 ゼロカットシステムがあることで、証拠金以上の損失はXMが補填してくれるシステムです。 このシステムがあると、借金の心配をすることなく取引をすることが出来ます! 圧倒的な約定スピードでストレスフリーなトレード 実は、、XMは注文の99.35%を1秒以内に約定することが出来ます! これは、XMが次世代NDD(ノーディングデスク)と呼ばれる発注方法を採用しているからなんです。 この発注方法によって、XMならば注文が殺到する時間帯でもストレスのない快適なトレードを行うことが出来ます。 日本語完全対応だから安心安全 XMのサイトは、日本語に完全対応しています! また、日本人オペレーターによるサポートもあり、メールは平日24時間対応・ライブチャットは午前9時から午後9時まで対応しています。 海外のFX業者の為、英語での理解が必要かと思われますが、XMであれば英語が分からなくても、初めての海外FXでも安心して使うことが出来ます! 取引するたびにポイントが貯まる XMでは、ロイヤリティーポイント(XMP)という、独自のポイントサービスがあります。 このポイントは、取引をするたびに貯まっていき、他のボーナスと併用して同時に使用することができるポイントです。 取引の継続期間が長ければ長いほど、もらえるポイント量は増えていきます。このポイントを、現金に換金や証拠金として利用することが出来ます! XMの公式サイトはこちら XM Tradingのボーナス・キャンペーン XMのボーナス・キャンペーン 新規登録で3000円ボーナス ...

iForex(アイフォレックス)の特徴や評判、口座開設方法などを徹底解説!

「iForex(アイフォレックス)ってどんなFX業者なんだろう?」 あなたは今、そうお考えではないですか? 有名な海外FX業者ということもあって気になるけど、本当に安心して利用できるのか、不安ですよね。 この記事では海外投資エージェントがiForex(アイフォレックス)の特徴やメリット・デメリット、登録方法、使い方について詳しく解説していきます。 この記事を読めばiForex(アイフォレックス)についての不安点や疑問点が解決し、すぐにでも取引を始められます! 早速iForex(アイフォレックス)について学んでいきましょう。 iForex(アイフォレックス)の特徴を簡単にまとめると… 20年以上の実績とライセンスを保有したうえでの運営で信頼性バツグン!! 追証なしのゼロカット(自動ロスカット)システムで借金のリスクはゼロ ロスカット水準はなんと0%!! スプレッドが狭く、取扱銘柄は800種類以上 日本語完全対応で、カスタマーサポートも充実 スキャルピング禁止なので注意 iForexの登録はこちこちらから 目次   iForex(アイフォレックス)とは iForex(アイフォレックス)のメリット iForex(アイフォレックス)の注意点・デメリット iForex(アイフォレックス)の口コミ・評判 iForex(アイフォレックス)の手数料・スプレッド iForex(アイフォレックス)キャンペーン・ボーナス iForex(アイフォレックス)スマホアプリ iForex(アイフォレックス)登録方法・口座開設方法 iForex(アイフォレックス)入金・出金方法【使い方】 iForex(アイフォレックス)まとめ iForex(アイフォレックス)とは 運営会社 Formula Investment House...

FXGTの特徴や評判、口座開設方法などを徹底解説!

「FXGTってどんな取引所?」 こう思ってはいませんか? たしかに、FXGTはつい最近設立されたこともあり、情報も少なく戸惑ってしまいますよね。 この記事では海外投資エージェントが、そんなFXGTの特徴やメリット・デメリット、口座開設方法、使い方などについて網羅できるよう詳しく解説しています! この記事を読んで早速FXGTで投資生活をスタートさせましょう! FXGTを簡単に説明すると... FXだけでなく暗号資産(仮想通貨)など他の投資商品も取引できる レバレッジは最大500倍 為替ペアは48種類、暗号資産(仮想通貨)は13種類の取り扱い 口座開設は簡単1分で完了! 海外投資エージェント限定入金ボーナス200% FXGTの登録はこちら 目次 FXGTの特徴 FXGTのメリット FXGTのデメリット FXGTの手数料・スプレッド FXGTの取扱通貨 FXGTのキャンペーンボーナス FXGTの登録方法 【使い方】FXGTの入出金・取引方法 FXGTまとめ FXGTの特徴 運営会社 360 Degrees Markets Ltd 所在地 セーシェル共和国 設立 2019年12月 取扱通貨 為替:48ペア 暗号資産(仮想通貨):13ペア 金属:5ペア 株価指数:8ペア 個別株:54ペア 取引手数料 無料 最大レバレッジ倍率 500倍 日本語対応 ◯ FXGTは2019年12月にセーシェルFSAでファイナンスを取得し設立された、比較的新しいFX取引所です。 主に暗号資産(仮想通貨)トレーダーに人気の取引所で、FXだけでなく暗号資産(仮想通貨)も多く取り扱っています。 取引の際の最大レバレッジは500倍で、手数料は無料となっています。 まだまだ設立したばかりの取引所ですが、今後の信頼構築に期待がかかっています。 今なら海外投資エージェントからの登録限定で入金200%ボーナスをやっているので、是非この機会に登録してみてください! FXGT公式サイトはこちら 大手暗号資産(仮想通貨)取引所CryptoGTによって設立 FXGTは、2018年に設立された大手暗号資産(仮想通貨)取引所CryptoGT(クリプトGT)が運営元となって設立された取引所です。 新興業者とはいえ、CryptoGTの運営ノウハウを活かした安心の取引体制を整えています。 海外取引所ではあるものの、日本円での入金にも対応しており初心者でも手軽に利用することができます。 暗号資産(仮想通貨)も取り扱っている 先ほども紹介しましたが、FXGTは暗号資産(仮想通貨)取引所であるCryptoGTによって設立されたFX取引所です。 そのためFXだけでなく暗号資産(仮想通貨)も豊富に取り扱っており、「FXと暗号資産(仮想通貨)のハイブリットな取引所」としても注目を集めています。 また、他にも株式や金属など様々な投資商品を取り扱っており、FXだけでなく幅広い投資をしたい方には特におすすめの取引所です。 取引ツールはMT5のみ 一般的なFX取引所では、取引ツールにMT4(Meta Trader 4)とMT5(Meta Trader 5)を採用していますが、FXGTでは最新型であるMT5のみを取引ツールとして採用しています。 まだまだMT4の方が搭載しているEA・インジケータは多く、既にMT4を使っている方は鞍替えを躊躇してしまうかもしれません。 しかし今後MT5の開発が進み、新たにEA・インジケータが搭載される可能性は十分にあるため、あまり大きな問題と捉える必要はないでしょう。 FXと暗号資産(仮想通貨)のハイブリット! FXGTに登録する FXGTのメリット FXGTのメリット ゼロカットシステムにより借金が生まれない クライアントポータル(マイページ)が使いやすい ...

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の特徴や評判、口座開設方法などを徹底解説!

「GEMFOREX(ゲムフォレックス)とはどんなFX業者なんだろう…」 こう思ってはいませんか? 海外のFX業者ということもあって、本当に安心して利用できるのか、気になりますよね。 この記事では海外投資エージェントがそんなGEMFOREX(ゲムフォレックス)の特徴、メリット・デメリット、登録方法から使い方まで詳しく紹介しています。 この記事を読めばGEMFOREX(ゲムフォレックス)について網羅的に理解することができます! 読み終わる頃には実際にGEMFOREX(ゲムフォレックス)に登録し、すぐに取引を始められるようになりますよ! GEMFOREX(ゲムフォレックス)についてまとめると... 最大1000倍までレバレッジがかけられる 追証いらずのゼロカットシステムで借金のリスクなし 無料の自動売買ツールやミラートレードで見てるだけでも稼げる! 日本語完全対応・日本人スタッフによるサポートで国内業者並みの使いやすさ 国内取引所と違い変動スプレッドなので注意が必要 万全のサポート体制で安心の取引! GEMFOREXの登録はこちら 目次 GEMFOREX(ゲムフォレックス)の特徴 GEMFOREX(ゲムフォレックス)のメリット GEMFOREX(ゲムフォレックス)のデメリット GEMFOREX(ゲムフォレックス)の口コミ・評判 GEMFOREX(ゲムフォレックス)の手数料・スプレッド GEMFOREX(ゲムフォレックス)のキャンペーンボーナス GEMFOREX(ゲムフォレックス)の取扱通貨 GEMFOREX(ゲムフォレックス)の取引ツール GEMFOREX(ゲムフォレックス)の登録・口座開設方法 GEMFOREX(ゲムフォレックス)の使い方 GEMFOREX(ゲムフォレックス)に関するQ&A GEMFOREX(ゲムフォレックス)まとめ GEMFOREX(ゲムフォレックス)の特徴 GEMFOREXの基本情報 運営会社 GEM GROUP NZ LIMITED 会社所在地 バヌアツ 最大レバレッジ倍率 1000倍 取扱通貨 33ペア 追証 なし ロスカット 証拠金維持率50% 入出金手数料 無料 日本語対応 ◯ GEMFOREX(ゲムフォレックス)は、2010年に日本人により香港で設立された自動売買ソフト(EA)の提供サービスから発展してできた海外FX業者です。 最大レバレッジは1000倍までかけることができ、33ペアもの通貨を取引することができます。 日本人によって作られたこともあり、公式サイトは完全日本語対応で日本人スタッフによる万全のサポート体制を整えています。 2019年6月にニュージーランドの金融ライセンスを取得しており、海外投資に詳しくない方でも安心して利用することができます! GEMFOREXの特徴 最大レバレッジ1000倍 追証いらずのゼロカットシステム 150を超える無料の自動売買ソフト(EA) ここではそんなGEMFOREXについて上の3つの特徴を紹介していきます。 GEMFOREXの登録はこちら 最大レバレッジ1000倍   GEMFOREXは最大で1000倍のレバレッジをかけて取引することができます。 レバレッジ取引とは、取引所に元手(証拠金)を預け、その証拠金の何倍分もの取引を行う取引のことです。 例えば上の図のように最大レバレッジが5倍の取引所の場合、10万円の元手(証拠金)で10×5=50万円分の取引まですることができます。 損失も大きい分、少ない資金でも大きく稼ぐことができるのが特徴です。 国内の取引所では最大レバレッジは法律により25倍までと定められていますが、GEMFOREXでは最大1000倍までかけることができるため、大きく稼ぎたい方には特におすすめの取引所です! 追証いらずのゼロカットシステム GEMFOREXは、追証(取引所に預けた証拠金以上の損失を被る際に、自身の口座から取引所に自動で証拠金を追加するシステム)のないゼロカットシステムを採用しています。 ゼロカットシステムとは、追証をなくし取引所に預け入れている残高を下回った分の損失については運営会社が補填してくれるシステムのことです。 これにより借金を負う可能性もなくなり安心して取引することができます! 150を超える無料の自動売買ソフト(EA) GEMFOREXでは150種類を超える自動売買ソフト(EA)を無料で利用することができます。 自動売買ソフトは、事前にどのような状況・条件で注文を発動し、どういう状況・場面で決済するかといった一連の取引をプログラムとして組むことで自動的に利益を出すトレードサービスのことです。 これらのプログラムは有料でしか利用することができない取引所が多いですが、GEMFOREXは150を超えるプログラムを全て無料で利用することができます。 人気のプログラムや成績の良いプログラムが都度掲載されるため、自分のお気に入りのプログラムを見つけ手軽に自動売買で稼ぐことができます! 自動売買ツールも充実! GEMFOREXの登録はこちら GEMFOREX(ゲムフォレックス)のメリット GEMFOREXのメリット ...

初心者向け

「海外取引所で暗号資産(仮想通貨)を購入してみたいけど、何だか難しそうだな、、、」 そんな悩みを抱えてはいませんか? 確かに、「海外」取引所を使って暗号資産(仮想通貨)を購入するのに何かハードルがあるように感じますよね。 この記事では、そんな悩みを海外投資エージェントが解決します! 海外での暗号資産(仮想通貨)購入方法から、おすすめの取引所、おすすめの暗号資産(仮想通貨)、注意点やコツなど徹底的に解説していきます! 海外取引所での暗号資産(仮想通貨)の購入方法   海外取引所で暗号資産(仮想通貨)を購入するのは3つのSTEPで簡単に出来ます! 海外取引所では、国内では購入できない暗号資産(仮想通貨)が何百何千とあります! 登録は3分もあれば完了するので是非登録してみてください! 国内にはない暗号資産(仮想通貨)が150種類以上/ Binanceの登録はこちら   目次 海外取引所で暗号資産(仮想通貨)を購入するメリット 海外取引所での暗号資産(仮想通貨)の購入はたったの3STEP 海外取引所で暗号資産(仮想通貨)の現物を買うならBinance(バイナンス)がおすすめ 海外取引所でしか購入できないおすすめの暗号資産(仮想通貨) 【購入する前に知っておきたい】海外に送金するならGMOコインが一番おすすめ 実際の海外取引所での購入方法をBinance(バイナンス)で解説 海外取引所で暗号資産(仮想通貨)を購入する時の注意点 海外で暗号資産(仮想通貨)を購入する時のコツ 暗号資産(仮想通貨)の購入方法に関するQ&A〜海外ver〜 海外取引所の暗号資産(仮想通貨)購入方法 まとめ   海外取引所で仮想通貨を購入するメリット わざわざ海外取引所を使う意味がいまいち分からない方もいると思います。 まずは、海外取引所を暗号資産(仮想通貨)の購入に使うメリットを解説します! 取扱通貨が日本国内取引所の10倍以上ある!   まず一番のメリットは、海外の取引所は取扱暗号資産(仮想通貨)の種類がとても豊富です!! 例えばBinance(バイナンス)には、160種類以上の暗号資産(仮想通貨)を取り扱っています! 日本国内では一番取扱通貨が多いCoincheckでも12種類なので、Binance一つでCoincheckの10倍もの暗号資産(仮想通貨)を選ぶことができます! また、現在暗号資産(仮想通貨)自体は2000種類以上あるとも言われているので、今は全くの無名だが将来的に爆上がりするコインが海外取引所なら見つかるかもしれません。 Binanceの登録はこちら 海外取引所は取引手数料が圧倒的に安い!   海外取引所は、取引手数料が安いという魅力があります。 例えば、Binanceでは取引手数料が0.1%となっています。 国内取引所は、スプレッドと合わせて平均的に1〜3%ほどあるので、Binanceの手数料の安さが分かると思います! また、Binanceでは、BNB(バイナンスコイン)を手数料の支払いに使うことで最大50%の割引にもなります! Binanceの登録はこちら 最大500倍のレバレッジがかけられる!   海外取引所は、最大で500倍のレバレッジがかけることができます! 日本国内の取引所は、現在最大4倍になっており、金融庁の方針的に今後は2倍に統一されるようです。 CryotoGTという海外取引所では、ビットコインFXに最大500倍のレバレッジをかけることができます! ハイリスクにはなりますが、ハイリターンを狙う人にとっては海外取引所の高いレバレッジは魅力的になるでしょう。 CryptoGTの登録はこちら 海外取引所での仮想通貨の購入はたったの3STEP 海外取引所で暗号資産(仮想通貨)の購入はたったの3STEPでできます! 国内取引所の口座を既に持っている場合は、新規口座開設から購入までで10分程で完了します。 ①海外取引所に口座開設する   最初に海外取引所に口座開設をします! 海外取引所は、本人確認書類が不要でメールアドレスとパスワードの設定で完了するところがほとんどです! 登録自体は3分もあれば完了すると思います! ②国内取引所から送金する   現状ほとんどの海外取引所には日本円の入金が出来ません。 そのため国内の取引所からBTCやETHなどの暗号資産(仮想通貨)を海外取引所に送金します。 海外取引所へ送金するならGMOコインがおすすめです! GMOコインでは、暗号資産(仮想通貨)の送金手数料が無料なため、お得に送金出来ちゃいます! GMOコインの登録はこちら ③暗号資産(仮想通貨)を購入する   入金が完了しましたら、その暗号資産(仮想通貨)で、欲しい物を購入します。 取引所によって建替できる暗号資産(仮想通貨)が異なりますので気をつけましょう。 海外取引所で仮想通貨の現物を買うならBinance(バイナンス)がおすすめ 日本では取り扱っていないような暗号資産(仮想通貨)が欲しい方は、Binance(バイナンス)がおすすめです! Binanceは、「世界一の取引所」と称されるほどの名実共に高い取引所です。 Binanceは、160種類以上の暗号資産(仮想通貨)を取り扱っていますので、国内では見つからないような通貨がきっと見つかります! また、取引手数料が0.1%と非常に安いので、他に海外取引所よりもお得に取引することが出来ます! 国内にはない暗号資産(仮想通貨)を買うなら/ Binanceの登録はこちら バイナンス(Binance)とは?特徴・評判・登録方法・使い方をわかりやすく解説 | CoinPartner(コインパートナー) バイナンス(Binance)は初めて海外取引所を使うという人に最も適した取引所です。手数料が安く取扱通貨数が100を超える豊富さで、さらに本人認証なしで本格的に取引をできるからです。レバレッジ125倍の先物取引も開始。そんなバイナンスをコインパートナーが詳しく解説! 続きを読む 海外取引所でしか購入できないおすすめの仮想通貨 日本国内では購入できない暗号資産(仮想通貨)の中で将来性が高いと思われるおすすめの物を3つ紹介します! 海外取引所でしか購入できないおすすめの暗号資産(仮想通貨)3つ ウェーブス(WAVES) バイナンスコイン(BNB) コスモス/アトム(COSMOS/ATOM) ウェーブス(WAVES) ウェーブスは、独自のトークンを発行できるプラットフォーム型の暗号資産(仮想通貨)です! ウェーブスには、スマートコントラクトが導入されており、ウェーブスのプラットフォームでは、たったの1WAVES(約150円)支払えば、誰もが気軽にトークンを発行することができます。 実際にあの「バーガーキング」では、独自のWhoppercoinを発行しポイントして利用しているようです。 現状では、開発途上という印象がありますが、今後の動向次第では大きく成長する可能性を秘めていると思われます。 BinanceでWAVESを購入する バイナンスコイン(BNB) BNB(バイナンスコイン)は、Bianaceは発行しているトークンです。 BNBは、希少性を維持するために四半期毎にBinanceが買戻し、その分を破棄(バーン)されています。 このBNBは、Bianceでとても役に立つ機能があります!BNBを使うことで手数料が安くなったり、新規上場通貨の投票に参加できたり、基軸通貨として使うこともできます! 草コイン特有の持っていて使い道が無くなったという事態には陥らない草コインになっています。 BinanceでBNBを購入する 暗号資産(仮想通貨)Binance Coin(バイナンスコイン/BNB)の特徴・将来性・価格・購入方法を徹底解説! | CoinPartner(コインパートナー) 暗号資産(仮想通貨)のBNB(Binance coin/バイナンスコイン)について徹底解説します!Binanceで購入することのできるBNBの特徴、将来性、購入方法まで丁寧にご紹介します!BNBを、口コミなどから評価します! 続きを読む コスモス/アトム(COSMOS/ATOM) Cosmos(コスモス)とは、全く異なるブロックチェーンを繋げて、相互に運用・拡張できるようにするプロジェクトです。ATOM(アトム)は、そのCOSMOS上で使われるトークンを指します。 現状の発行されている暗号資産(仮想通貨)は、多くが独自のブロックチェーンを構築していますが、いきなり「BTCとETHを直接取引する」ことはできません。 そこでCosmosは、自身を仲介させることで異なるブロックチェーン同士を繋ぎます。 CosmosはDAppsをjavaなどのメジャーなプログラミング言語で開発が可能なため、DApps開発で覇権を握っているイーサリアムからCosmosへの流入可能性が考えられています。 BinanceでCosmosを購入する 【購入する前に知っておきたい】海外に送金するならGMOコインが一番おすすめ ここまで海外取引所での購入方法の流れや、オススメの取引所・暗号資産(仮想通貨)を紹介してきましたが、実際に購入する前に知っておいてもらいたいことがあります! 海外取引所に送金するために使う取引所はGMOコインが一番おすすめです! GMOコインは、送金手数料が無料になっています!(各マイナーに対しての手数料は仕組み上かかります) それに加え、日本円の入出金手数料も無料なので、海外取引所で利益を得て換金する際にもお得に出金できます! 使い勝手もよく、手数料もお得なため、総合的に海外取引所を使用するならば、国内取引所ではGMOコインがおすすめです! 海外送金手数料無料/ GMOコインの登録はこちら 実際の海外取引所での購入方法をBinance(バイナンス)で解説 次は、実際におすすめの取引所であるBinanceでの暗号資産(仮想通貨)を購入する際の手順を解説します! 先ほど紹介した海外取引所でしか買えないおすすめの3つの通貨は、Biananceで購入することができます! Binanceの公式サイトはこちら Binanceへの入金方法 Binanceへの入金方法 BinanceにログインしてBTCアドレスを表示 GMOコインからBTCアドレスへ送金する BinanceにログインしてBTCアドレスを表示 まずはBinanceにログインして、BinanceのBTCのアドレスを表示します。↑ 右上にある「Funds」→「Deposits」とクリックすると上のような画面になります。 通貨名を「BTC」に選択するとBinanceのBTC送金用のアドレスが表示されます。 ここのアドレスはコピーしておきましょう! GMOコインからBTCアドレスへ送金する 次にGMOコインにログインしていきます。 画面左側メニューから「入出金」→「暗号資産(仮想通貨)」→「送付」とクリックします。 そして通貨を「ビットコイン(BTC)」に選択します。 ビットコインの送金先の記入画面になりますので、先ほどコピーしたBinanceのBTCアドレスを貼り付けます 「登録する」をクリックすると送金画面になり、送金まで実行できます。 Binanceでの注文方法 次は、Binanceでの実際の注文方法です! 取引画面の見方から実際の取引方法まで画像と共に説明していきます! Binance取引画面の見方 こちらが取引画面です。右側上部で取引したい通貨を選択できます。そして、左側にあるのが取引板です。 赤文字が売り板、緑文字が買い板で、今出ている売り注文、買い注文を見ることができます。 赤文字の一番下が最も安値の売り板、緑文字の一番上が最も高値の買い板で、その二つの境目には最終約定価格が表示されています。注文の履歴は右下に一覧として表示されます。 そして中央、チャートの下に位置するのが取引フォームです。 Binanceの注文方法 Binanceでは、「Market:成行注文」 「Limit:指値注文」...
Advertisment

海外仮想通貨取引所

Most Popular

BINANCE(バイナンス)の投票とは?参加方法や過去の投票結果、通貨に投票する際の判断基準をわかりやすく解説!

「BINANCE(バイナンス)の投票ってどんな機能なんだろう…」 このような疑問を持っていませんか? たしかに他の取引所ではあまり見られない機能である分、BINANCE(バイナンス)自体は知っていてもその中の投票機能についてはなかなか理解する機会はありませんよね。 この記事では海外投資エージェントがそんなBINANCE(バイナンス)の投票機能における基本的な特徴や投票のメリットについて解説していきます。 さらには投票の参加方法や投票の際に通貨をどんな基準で選べば良いのか3つのポイントについても紹介していきます! BINANCE(バイナンス)の投票についてまとめると... バイナンスに新規上場する通貨を決めるための人気投票 バイナンスに口座を持っている人であれば保有しているBNB数に応じて投票することができる 応援しているプロジェクトが勝てばそのトークンをもらえる可能性がある 2018年から1年弱の休止期間を経て2019年に形式を変えて復活 投票する際はプロジェクトの価値・将来性や開発体制の信頼性、コンプライアンスをチェックする BINANCEの登録はこちら 目次   BINANCE(バイナンス)とは BINANCE(バイナンス)の投票とは BINANCE(バイナンス)の投票のメリット BINANCE(バイナンス)の過去の投票結果 BINANCE(バイナンス)の投票への参加方法 BINANCE(バイナンス)で投票する通貨を見極める3つのポイント BINANCE(バイナンス)の投票まとめ BINANCE(バイナンス)とは BINANCE(バイナンス)のおすすめポイント 取引高・登録者数世界一の超人気取引所! 最大レバレッジは125倍 200種類以上もの豊富な取扱通貨 取引手数料は一律0.1%と比較的安め バイナンス(Binance)は全世界において圧倒的な人気を誇っている暗号資産(仮想通貨)取引所で、「世界一の暗号資産(仮想通貨)取引所」とも言われています。 設立年 2017年7月 CEO Changpeng Zhao(趙長鵬、ジャオ・チャンポン) 登録者数 1000万人以上(2018年11月時点) 取引高 1日あたり120億ドル(約1.3兆円) 最大レバレッジ 125倍 取扱通貨 現物:175種類 FX:24種類 取引手数料 0.1% 取引高・登録者数世界一という圧倒的な人気を誇る取引所として知られており、安い手数料や通貨の豊富さでも人気を拡大しています。 また独自通貨のBNB(バイナンスコイン)を扱っており、手数料をBNB払いに設定すれば通常の半分(0.05%)の手数料で取引ができることも大きな魅力です。 BINANCEの登録はこちら バイナンス(Binance)とは?特徴・評判・登録方法・使い方をわかりやすく解説 |...

MEX(メックス)とは?仮想通貨FX取引所の特徴から登録方法・使い方まで画像で完全解説!

暗号資産(仮想通貨)FXには「MEX」という取引所が良いらしいけど、どんな取引所なんだろう? そうお考えではないですか? そんなあなたのために、この記事ではMEXの特徴と、具体的な使い方を解説します! 目次 MEX(BitMEX)の特徴 MEX(BitMEX)の注意点 MEX(BitMEX)の登録方法 MEX(BitMEX)の2段階認証設定方法 MEX(BitMEX)の入出金方法 MEX(BitMEX)の基本的な使い方 MEX(BitMEX)まとめ   MEX(BitMEX)の特徴 MEXは、正しくはBitMEX(ビットメックス)という海外の暗号資産(仮想通貨)取引所です。 FXに特化した取引所として多くのトレーダーに親しまれ、MEX(メックス)の愛称がついています。 世界一の取引高を誇るMEXを使いこなすことができれば、暗号資産(仮想通貨)で得するチャンスをひろげることができます! MEX公式ホームページ それではさっそくMEXの特徴を見てみましょう! サービス内容一覧表 取り扱い通貨 BTC(XBT/USD) ETH(ETH/XBT) XRP(XRP/XBT) BCH(BCH/XBT) LTC(LTC/XBT) ADA(ADA/XBT) TRX(TRX/XBT) 取引の種類 デリバティブ取引 入出金手数料 無料 取引手数料 -0.050%~0.075% レバレッジ 最大100倍 MEXではビットコインが「BTC」ではなく「XBT」と表記されます。 最大100倍のレバレッジ取引が可能 <各取引所のビットコイン最大レバレッジ倍率> 取引所 最大レバレッジ倍率 BitMEX 100倍 bitFlyer 4倍 DMMビットコイン 4倍 GMOコイン 4倍 Poloniex 2.5倍 MEXの最大の特徴は、最大100倍のレバレッジ取引ができることです! 国内では金融庁の規制により最大でも25倍のレバレッジ取引しかできませんが、MEXは香港の取引所であるため金融庁の規制対象外であり100倍のレバレッジ取引をすることができます! レバレッジ倍率が低いと得られる利益に限界がありますが、レバレッジが100倍であれば小さな値動きでも大きな利益をあげることができます! 一方で、ロスカットが早くなり小さな価格変動でも大損してしまうリスクも発生します。 追証がないので借金が発生しない 通常の取引所ではサーバーのエラーなどでロスカットが遅れ証拠金を超える損失が生まれた際には、損失を補填する追加保証金が借金として請求されます。 例えばbiFlyerでは証拠金の50%未満になった時点で強制的にロスカットが起きるはずでしたが、ロスカットが正しく機能せず450万円の借金が生まれてしまうような事例もあります。   その点MEXでは損失がでた場合でも追証が発生しないため、元手がゼロのなることはあっても借金が発生することはありません! MEXの公式ホームページにおいても借金が発生しないことが明言されているので、高いレバレッジ倍率でも安心して取引することができます。 Q 破産する可能性はありますか? A いいえ。弊社の証拠金・清算プロセスは、BitMEX でのトレーダーの証拠金残高がゼロ未満になるのを確実に回避するように、巧妙に設計されています。 Source: BitMEX公式ホームページ 本人確認が必要ない 国内の取引所では、規制によりパスポート写真の提出など本人確認が必要です。本人確認書類の提出後も審査などにより実際に取引ができるようになるまで数日かかる場合も多いです。 MEXでは本人確認書類の提出が必要なく、メールアドレスの登録だけですぐに取引を行うことができます。そのため取引を開始するまで約1分しかからず利便性がとても高い特徴を持ちます! テストネットでデモトレードができる FXは利益が大きくなる分損失も大きくなるため、チャートが読めない初心者にとってはなかなか挑戦しづらいものです。またMEXは機能が多い分、操作が複雑であるため操作ミスも起きやすい仕様になっています。 そこでMEXでは実際のお金ではなくデモトレードができるテストネットを公開しています。 実際にお金を動かす前に暗号資産(仮想通貨)FXがどのようなものかを体験することができるのです。 テストネットでは0.01BTCを元手にデモトレードを開始します。   なおテストネットの価格はメインネットに対応していないので取引量もかなりすくなくあてになりません。チャートを読む練習などには適さないので、あくまで注文の出す方法を練習したり、APIが正しく機能するかなどを試す際に使いましょう。 テストネットはこちらから。   MEX(BitMEX)の注意点  日本円の入金ができない MEXは海外の取引所であるため日本円の入金ができません。 そのためMEXで取引を行うには、必ず国内でビットコインを購入しMEXに送金する必要があります。 暗号資産(仮想通貨)や海外取引所に慣れていない初心者にとっては、暗号資産(仮想通貨)の送金は少々不便に感じるかもしれません。   MEXへのビットコインの送金は、GMOコインがおすすめです。 ビットコインの取引手数料も送金手数料も無料であるため、手数料がかかることなく送金を行うことができます。また上場企業であるGMOグループが運営する取引所であるため、操作ミスなどにも迅速に対応してもらえます! GMOコイン公式ホームページへ GMOコインの評判・メリット・デメリットは?口コミから見える実態を調査! | CoinPartner(コインパートナー) GMOクリック証券でも有名なGMOグループが暗号資産(仮想通貨)取引所を開設したということで、みなさんも高い前評判は聞いたことがあるかもしれません。その実態は?設立当初のウリは現在どうなっているのでしょうか? 続きを読む   現物取引はできない MEXはFXに特化した取引所です。 FXでは暗号資産(仮想通貨)を購入した・売却したと「仮定」して取引をするため、現物の暗号資産(仮想通貨)と法定通貨がやりとりされることはありません。 証拠金としてビットコインを使うので、トレード結果によってビットコインの数量が増減します。   現物取引とFXの詳しい違いはこちらをご覧ください。 暗号資産(仮想通貨)FXとは?おすすめ取引所を比較、税金からスプレッドまで詳しくご紹介 | CoinPartner(コインパートナー) 暗号資産(仮想通貨)FXとは、暗号資産(仮想通貨)を用いた証拠金取引です。外国為替のFXと同じように、相場が下がっている時でも利益を上げることができます。ただし、暗号資産(仮想通貨)FXはリターンもリスクも莫大な諸刃の剣です。暗号資産(仮想通貨)FXをよく知っておきましょう! 続きを読む   日本語訳の精度がイマイチ 海外の暗号資産(仮想通貨)取引所の中では珍しく、MEXのホームページやスマホアプリは日本語に対応しています。 とはいうものの、日本語訳の質は低くところどころなにが言いたいのかわからない箇所があります。 上のスクリーンショットを見るとわかるように、MEX特有の固有名詞が多いということもありますが、何が言いたいのかわからない箇所が大半ですね。 「日本語に対応しているし全く問題なさそう!」と思っているとどこかで行き詰まったり、よくわからないまま操作ミスをしてしまう危険性があるので気をつけましょう。 スマホアプリがない MEXはApp StoreやGoogle Play等にスマホアプリを公開していません。 しかしショートカットをホーム画面に追加することで、アプリのようにMEXで取引することができます。   MEX(BitMEX)の登録方法 MEXの口座開設手順はこれだけ! メールアドレスとパスワードを設定する 送られてくるメールのリンクをクリックする MEXは本人確認が不要であるためメールアドレスの登録だけで口座開設することができます。 登録料・維持費はともに無料で登録は1分で終わります。   さらに以下のリンクからMEXに登録すると6ヶ月のあいだ手数料が10%オフになります! MEXの口座をおトクに開設する!   メールアドレスとパスワードを設定する   MEXの登録ページからMEXに登録するメールアドレスとログインパスワードを設定します。 メールアドレスは他の取引所との併用では無く、ハッキングリスクを低減させるためにもMEX専用のメールアドレスを作り、それを登録したほうが良いでしょう。 名前は必須ではありませんが、2段階認証端末が使えなくなってしまった場合に使うため登録しておいたほうが良いかもしれません。 手数料10%オフでMEXを始める 送られてくるメールのリンクをクリックする 登録ボタンをクリックすると、登録したメールアドレス宛に確認メールが届くので、メールを検証をクリックすれば登録は完了です。   MEX(BitMEX)の2段階認証設定方法 MEXでは2段階認証をおこなわずとも取引を開始することは可能ですが、セキュリティの向上には必須なので必ず行うようにしましょう! 2段階認証の必要性などについてはこちらの記事をご覧ください。 2FA(2段階認証)とは?暗号資産(仮想通貨)のセキュリティで必須の2FAのバックアップ・再設定方法などを解説! | CoinPartner(コインパートナー) 暗号資産(仮想通貨)投資では、なぜ2FA(2段階認証)が必須なのでしょうか? 2FAで面倒な経験をしたCoinPartnerが、必須な理由と、2FAを設定しただけで安心してはいけない理由などを、どこよりも丁寧に解説します!! 続きを読む   それで2段階認証の手順を説明します。 まずMEXにログインします。 右上のメールアドレスの欄をクリックし「アカウントとセキュリティ」を選択します。 次に「2段階認証を有効化」の欄から2段階認証アプリを選択します。 コインパートナーではGoogleAuthenicatorをおすすめしています。 スマホのGoogle Autenicatorのアプリで表示されるQRコードを読み取ります。 スマホにGoogle...

BitMEXの評判は?特徴やメリット・デメリットを初心者向けに解説

「BitMEX(ビットメックス)の評判ってどうなの?」 と思っている方も多いかと思います。 BitMEXは最大レバレッジが100倍であること以外にも様々なメリットがあります。 そんなBitMEXの特徴やメリット、デメリット、評判を詳しく解説しています。 この記事を読めば、BitMEXの良さがすぐにわかります! 目次 BitMEXとは BitMEXのメリット BitMEXの特徴を他の取引所と比較 BitMEXのデメリット BitMEXの評判・口コミ BitMEXの評判 まとめ   BitMEXとは BitMEXは、レバレッジ(FX)取引に特化した海外の取引所です。 レバレッジ取引とは、元手の何倍もの資金を使って暗号資産(仮想通貨)を売買する手法のことです。 海外の取引所ですが、日本語にも対応しており、英語が苦手な方でも問題なく利用できます。 取引の種類 レバレッジ取引 最大レバレッジ倍率 100倍 通貨ペア 8種類 取引手数料 -0.025%/0.075% スプレッド 約0.01% 日本語対応 ◯ スマホアプリ × BitMEXは、取り扱い通貨数は多くないですが、すべての通貨がレバレッジ取引を行うことができます。 取引量が多く、手数料も安いので大変おすすめの取引所です。BitMEXの口座開設はこちら! BitMEXのメリット BitMEXのメリットはいくつかありまあすが、ここでは6つ紹介します。 BitMEXのメリット レバレッジ100倍まで対応している 取引量が多い アルトコインでもレバレッジ取引ができる 追証がなく安全性が高い 手数料が安い 登録は本人確認がいらない レバレッジ100倍まで対応している BitMEXの最大の特徴は、レバレッジを100倍までかけることができる点です。 レバレッジ取引とは、元手の何倍もの資金を使って暗号資産(仮想通貨)を売買する手法のことです。 例えば、元手が10万円の場合、レバレッジを100倍にすると、1000万円の取引を行うことができます。 その分、ハイリスク・ハイリターンな投資手法になります。 国内のレバレッジ取引に対応している取引所と最大レバレッジを比較すると以下のようになります。 取引所名 最大レバレッジ倍率 BitMEX(ビットメックス) 100倍 GMOコイン 10倍 DMM Bitcoin(DMMビットコイン) 4倍 BITPoint(ビットポイント) 4倍 bitbank Trade(ビットバンク・トレード) 20倍 国内では、法律でレバレッジ取引が25倍までしか認められていません。 そのため、レバレッジを大きくかけて取引することができません。 レバレッジ取引がしたいのであれば、BitMEXで行いましょう。 暗号資産(仮想通貨)のレバレッジ取引とは?メリット・デメリット、おすすめ取引所や儲けるポイントまで解説します! | CoinPartner(コインパートナー) 暗号資産(仮想通貨)のレバレッジ取引とは、暗号資産(仮想通貨)を用いた証拠金取引のことを言います。暗号資産(仮想通貨)のレバレッジ取引はハイリスクハイリターンの取引方法です。この記事では、レバレッジ取引のメリット・デメリット、おすすめ取引所から儲けるポイントまで解説します! 続きを読む 取引量が多い BitMEXは、世界最大級の取引量を誇る取引所です。 以下の画像のように、ビットコインだけで言えば、BitMEXは圧倒的に一番取引量の多い取引所です。 取引量が多いと、取引に流動性が高くなります。 そのため、売買が成立しやすいというメリットがあります。 また取引量が多いということは、それだけ多くの人に信頼されているということでもあります。 アルトコインでもレバレッジ取引ができる BitMEXでは、アルトコインもレバレッジ取引を行うことができます。 多くの国内の取引所は、ビットコインのみレバレッジ取引を行うことができます。 また、アルトコインのレバレッジ取引が可能な場合であっても、最大レバレッジはとても低くなっています。 取引所名 レバレッジ取引対応通貨 最大レバレッジ倍率 BitMEX(ビットメックス) ビットコイン(BTC/XBT) イーサリアム(ETH) リップル(XRP) ライトコイン(LTC) EOS トークン(EOS) ビットコインキャッシュ(BCH) トロン(TRX) カルダノ(ADA) 100倍 50倍 20倍 33.33倍 20倍 20倍 20倍 20倍 GMOコイン ビットコイン(BTC) イーサリアム(ETH) リップル(XRP) ライトコイン(LTC) ビットコインキャッシュ(BCH) 10倍 5倍 5倍 5倍 5倍 DMM Bitcoin(DMMビットコイン) ビットコイン(BTC) イーサリアム(ETH) リップル(XRP) ライトコイン(LTC) ビットコインキャッシュ(BCH) イーサリアムクラシック(ETC) ネム(XEM) 4倍 4倍 4倍 4倍 4倍 4倍 4倍 BITPoint(ビットポイント) ビットコイン(BTC) 4倍 bitbank Trade(ビットバンク・トレード) ビットコイン(BTC) 20倍 以上のように、BitMEXではアルトコインを高いレバレッジで取引することが可能になっています。 追証がなく安全性が高い BitMEXでは追証がありません。 追証とは追加保証金の略語で、一定の証拠金維持率を下回った場合に追加で証拠金を入金することです。 つまり追証とは、レバレッジ取引に失敗してしまった時に発生する取引所への借金のことです。 追証がないということは、BitMEXでレバレッジ取引をして借金を負う可能性はないため、安心して取引することができます。 BITPointやbitFlyerでは追証があるので、気をつける必要があります。 手数料が安い BitMEXは手数料が安く設定されています。 特にmaker手数料は-0.025%なので、取引すると手数料を受け取ることができます。 taker手数料は0.075%なので、なるべくmakerで注文することをお勧めします。 また、実質的な取引手数料を意味するスプレッドもとても狭くなっています。 BitMEX(ビットメックス)の手数料はいくら?手数料を安くする裏技も紹介! | CoinPartner(コインパートナー) BitMEXは追証なしで100倍までレバレッジをかけられる取引所として有名です。とはいえ、手数料がとても複雑で、「儲けたつもりが、手数料込みで考えると損していた!」そんなことを防ぐために、手数料について完璧に理解しましょう。 続きを読む 登録は本人確認がいらない 国内の取引所では、規制によりパスポート写真の提出など本人確認が必要です。 本人確認書類の提出後も審査などにより、実際に取引ができるようになるまで数日かかる場合も多いです。 しかしBitMEXでは、本人確認書類の提出が必要なく、メールアドレスの登録だけですぐに取引を行うことができます。 そのため取引を開始するまで約1分しかからず利便性がとても高いです。 【完全版】BitMEX(ビットメックス)の登録方法と使い方|画像付きで詳しく解説! | CoinPartner(コインパートナー) BitMEX(ビットメックス)は100倍レバレッジ取引が可能な香港の暗号資産(仮想通貨)取引所です。取引画面や仕組みが少し複雑ですが、登録方法から取引方法などを詳しく解説したこの記事を読めば、使い方をマスターできること間違いなしでしょう! 続きを読む BitMEXの特徴を他の取引所と比較 取引手数料、レバレッジに対応している通貨、最大レバレッジ倍率、追証の有無、ロスカット、スマホアプリの有無について、取引所5社で比較しています。 取引所名 取引手数料 (maker/taker) スプレッド レバレッジ取引 対応通貨 最大レバレッジ 倍率 追証 ロスカット スマホアプリ BitMEX(ビットメックス) -0.025%...

BitMEX(ビットメックス)の手数料はいくら?手数料を安くする裏技も紹介!

「BitMEXを使ってみようと思うけど手数料はどのくらいなの?」 「何回も取引しているうちに、気付いたら手数料で大損してた!なんてことがないようにしたい」 そうお悩みではありませんか? そんなあなたに朗報です! この記事を読めば、取引の種類ごとに手数料を解説しているのでBitMEXの手数料について完璧にわかります! しかも、レバレッジ取引で手数料負けしない方法やメイカー手数料というものを使って稼ぐ方法、さらに、BitMEXの手数料を安くする裏技も紹介します! この記事があなたの稼ぎの手助けになれば幸いです。   BitMEXの公式サイト   BitMEX(ビットメックス)とは?追証無しの100倍トレードを使いこなせ! | CoinPartner(コインパートナー) BitMEX(ビットメックス)は、香港に拠点を置く暗号資産(仮想通貨)取引所です。目玉のレバレッジはなんと最高100倍!しかも日本語対応!そんなBitMEXについて、登録方法から使い方、そして取引の方法まで、コインパートナーが全部解説します! 続きを読む 目次 BitMEXの手数料一覧表! BitMEXのTaker手数料 BitMEXのMaker手数料 BitMEXのFunding手数料 BitMEXの決済手数料 BitMEXの入出金手数料 BitMEXのレバレッジに注意しよう! BitMEXの手数料を国内の有名取引所と比較 BitMEXでお得に取引する方法 BitMEXのFunding手数料履歴の確認方法 BitMEXの手数料を安くする裏技 BitMEXの手数料まとめ   BitMEXの手数料一覧表! BitMEXでかかる手数料は大きく分けて5つあります。 ビットコインFX取引をする際はこの手数料を全て把握し、お得に取引するようにしましょう! この5つの手数料を表でまとめると以下のようになります↓↓ 種類 金額 Taker手数料 0.075% Maker手数料 -0.025% Funding手数料 -0.375%~0.375%の間で変動(8時間毎) 決済手数料 0.05% 入出金手数料 なし(ただし送金手数料はかかる)   それぞれの手数料について詳しく説明していきましょう。 BitMEXのTaker手数料 Taker手数料は別名、成行注文手数料とも呼ばれます。 これは、注文を出したらすぐに取引が成立する値段で暗号資産(仮想通貨)のやり取りをするときにかかる手数料のことをいいます。   例えば、 ビットコインの相場がちょうど100万円のとき「1ビットコインを100万円で買うぞ!」と注文を出した場合は、すぐ取引が成立します。 このように、相場の現在値で注文を出し、すぐに取引を成立させる注文を成行注文といいます。 成行注文する際にかかる手数料がTaker手数料です。 また、成行注文の他に指値注文という取引方法があります。指値注文はMaker手数料のところで詳しく説明しますが、取引する値段を自分で指定することができます。 成行注文は指値注文と比べてすぐに取引が成立するというメリットがあります。 暗号資産(仮想通貨)の注文方法とは?成行注文と指値注文のメリット・デメリットまとめ! | CoinPartner(コインパートナー) 暗号資産(仮想通貨)の現物取引には2種類の注文方法(成行注文と指値注文)があります。この記事では、成行注文と指値注文のメリット・デメリット、使い分け方まで解説しています!さらに、BITPOINTの実際の取引画面を用いて注文の具体的手順も解説します! 続きを読む   種類 金額 Taker手数料 0.075%   BitMEXのMaker手数料 Maker手数料は指値注文手数料とも呼ばれます。 指値注文は成行注文とは違い、取引する値段を自分で指定することができる注文方法です。 先程の例を用いて説明します。 ビットコインの相場が100万円のとき「1ビットコインを95万円で買うぞ!」って言った場合は、すぐには取引が成立しませんよね。こういう注文方法を指値注文といいます。 指値注文ですと、自分の指定する値段で取引できるメリットがありますが、ビットコインの相場が指定した値段にならなかった場合、取引は成立しません。   指値注文をする際にかかるMaker手数料は-0.025%です。 「えっ、マイナスってどういうこと?」って思いますよね。なんと、BitMEXでは指値注文をすると手数料が貰えるのです! 例えば、1BTC(今のレートで約450000円)の指値注文が成立すると、0.00025BTC(今のレートで約112円)が受け取れます。 BitMEXでは指値注文をすると手数料が貰えることから、ほとんどの投資家が指値注文を利用しています。   「オーダーブック」で全ユーザーの指値注文を確認することができます↓↓ 相場とずれた値段で注文を出すということは、相場が動きやすくなります。 相場より高い値段で注文出す人が多いと相場は上昇し、逆に相場より低い値段で注文を出す人が多いと、相場は下降していきます。 取引所としては相場は動いてくれた方が取引が活発になるので、ありがたいわけです。 したがって、BitMEXではMaker手数料をマイナスにしているのです。 BitMEXで取引する際は指値注文をするようにし、Maker手数料で稼ぎましょう!! 種類 金額 Maker手数料 -0.025%   BitMEXのFunding手数料 BitMEXでは「ロング(買い)」か「ショート(売り)」のポジションをとっているときにFunding手数料というものがかかります。 これは毎回の取引ではなく、8時間ごとに手数料が取られるという仕組みになっています。 ちなみに日本時間の5時・13時・21時の8時間おきにとられます。 Funding手数料は-0.375%から0.375%の間で変動し、時によって変わります。 Funding手数料は「資金調達率」のところで確認することができます。   資金調達率がプラスの時は、「ロング(買い)」ポジションの場合は手数料を払う必要があり、逆に「ショート(売り)」ポジションの場合は手数料をもらうことができます。 資金調達率がマイナスの時は、「ロング(買い)」ポジションだと手数料をもらうことができ、「ショート(売り)」ポジションの場合は手数料を払うことになります。   ロングポジション ショートポジション 資金調達率プラス 手数料を払う 手数料を貰らえる 資金調達率マイナス 手数料を貰らえる 手数料を払う   上の写真の例では資金調達率が-0.0245%なので、1BTC(今のレートで約450000円)のロングポジションを持っていた場合、0.000245BTC(今のレートで約110円)を受け取ることができます。   種類 金額 Funding手数料 -0.375%~0.375%の間で変動   BitMEXの決済手数料 決済手数料とは持っているポジションを決済する際にかかる手数料です。 BitMEXの決済手数料は0.05%となっています。 10万円分のポジションを決済したときは50円、100万円分のポジションを決済したときは500円がかかります。 ポジションを決済する度に決済手数料がかかってしまいますので、頻繁な取引はあまりおすすめできません。   種類 金額 決済手数料 0.05%   BitMEXの入出金手数料 入出金手数料とは暗号資産(仮想通貨)を入出金する際にかかる手数料です。 入金手数料と出金手数料に分けて説明していきます。 入金手数料 BitMEXでは入金するときに手数料を一切取っていません。   ですが、BitMEXに入金しようと思った場合は日本円を直接入金することはできません。 いったん日本円をビットコインに変えてから、ビットコインをBitMEXに送る必要があります。   ビットコインをBitMEXに送るとき、BitMEXは入金手数料は取りませんが、送金手数料(マイナー手数料)がかかってしまいます。 送金手数料とは、ビットコインのマイナーに支払う手数料で、払えば払うほど早く送金できます。 ビットコインにかかる手数料は下記の記事で詳しく解説しています↓↓   ビットコイン(BTC)の手数料とは?入出金・取引・送金にかかる手数料を比較し、安いお得な取引所を3つ紹介! | CoinPartner(コインパートナー) ビットコインの手数料っていくらかかるの?と思っても手数料の種類は多いし取引所によって違うため比較するのはとても難しいですよね。そこで今回はコインパートナーがビットコインにかかる手数料をすべて紹介し、安くておすすめできる取引所を3つに厳選しました 続きを読む   出金手数料 出金手数料も、入金手数料と同様で手数料はかかりません。 ただし、BitMEXから他のところへビットコインを送る場合、BitMEX自体にお金を払うことはありませんが、普通に送金手数料がかかるので注意してください。   種類 金額 入金手数料 無料 出金手数料 無料   BitMEXのレバレッジに注意しよう! BitMEXで取引をする場合、レバレッジをかけると思いますが、レバレッジをかけた分だけ手数料が変化するので注意してください。 例えば、元手10万円でレバレッジをかけないで取引する場合、Taker手数料は75円支払い、Maker手数料は25円受け取れます。 しかし、それをBitMEXの最高であるレバレッジ100倍で取引するとTaker手数料は7500円支払い、Maker手数料は2500円の受け取りになります。 つまり、成行注文で取引すると元手のお金に対して7.5%もの手数料がかかってしまうことになるのです。 レバレッジ取引は大きな利益をあげられる可能性がありますが、その分手数料も大きくなってしまいますので、注意が必要です。     BitMEXの手数料まとめ Taker手数料は0.075% Maker手数料は0.025% レバレッジで手数料は大きくなる Funding手数料は0.375%~-0.375%で変動する 決済手数料は0.05% ...